ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ ■映画や音楽、本、ゲームについて

2023年公開の映画「フェラーリ(Ferrari)」にてエンツォ・フェラーリを演じるアダム・ドライバーの映像が初公開!「フェラーリ最悪の時」がついに語られる

投稿日:

2023年公開の映画「フェラーリ(Ferrari)」にてエンツォ・フェラーリを演じるアダム・ドライバーの映像が初公開!「フェラーリ最悪の時」がついに語られる

| レース要素抑えめ、おそらくはヒューマンドラマになるものと思われる |

エンツォ・フェラーリの苦渋の決断、そして苦悩の日々をアダム・ドライバーが熱演

さて、長い調整期間を経てようやく撮影が開始されたと報じられたエンツォ・フェラーリの伝記映画「Ferrari(邦題は未定、米国では2023年公開予定)」。

監督は「コラテラル」のマイケル・マンですが、同氏はTVシリーズの「マイアミ・バイス」のプロデューサーを務めたことでも知られ、同作品中にて(当時のフェラーリのインポーターとのタイアップによって)テスタロッサを使用することでフェラーリの知名度を大きく向上させた人物でもあり、その人物がエンツォ・フェラーリの伝記映画を撮影するというのもまた”なんらかの縁”ということになりそうですね(同氏は20年も今回の企画を練り続けていたという)。

今回、エンツォ・フェラーリ役、アダム・ドライバーのイメージが初めて公開

そして今回、「Ferrari」にてエンツォ・フェラーリを演じるアダム・ドライバーの画像がはじめてリリースされていますが、この映画の舞台は1957年の夏だといい、よってエンツォ・フェラーリはこのとき58歳もしくは59歳。

アダム・ドライバーは現在38歳であり、特殊メイクによって高齢に見せかけているものの、実際のエンツォ・フェラーリよりも若く、かつスマートに見えるように思います。

なお、1957年の夏というのはエンツォ・フェラーリにとって「人生最悪」の時期だったとも考えてよく、結婚生活の破綻、フェラーリの破産危機、そして筋ジストロフィーによって最愛の息子ディノが24歳で倒れるといった不幸が相次ぐことに。

この映画「Ferrari」では、その年のミッレミリアへの参戦を決めたフェラーリの決断を描くことになるといいますが、そこでエンツォ・フェラーリの不幸は終わらず、逆境の中で挑んだミッレミリアではアルフォンソ・デ・ポルタゴが観客を巻き込む死傷事故を起こしてしまい、エンツォ・フェラーリはその責任を問われ起訴される(結果的に無罪)といった追い打ちも。※この事故が原因で、イタリア政府は国内における公道を使用したレースを禁止することになる

「Ferrari」にはこんなキャストも

そしてこのFerrariには豪華キャストとスタッフが集結していることも話題の一つであり(なんといっても監督がマイケル・マンなので)、アカデミー賞にノミネートされたアダム・ドライバーはじめ、エンツォ・フェラーリの妻役にはペネロペ・クルス、愛人のリナ・ラルディ役にはシャイリーン・ウッドリー、レーシングドライバーのピエロ・タルッフィ役にはパトリック・デンプシー(ポルシェとの関係が深く、ポルシェを駆ってレースに参戦したこともある)。

マイケル・マンは「コラテラル」にてどうしても「夜の街にオレンジ色の照明」が欲しかったといい、その照明をアメリカ中探し回ってロケ地を決定したほどのこだわり派ですが、マイケル・マンを支える撮影監督にはアカデミー賞受賞のエリック・メッサーシュミット、編集には「JFK」や「ブラックホーク・ダウン」でアカデミー賞を受賞したピエトロ・スカリア。

ちなみに本作品はブロック・イェーツの著書「エンツォ・フェラーリ〜その男とマシン」を映画化したものだと報じられています。

あわせて読みたい、フェラーリ関連投稿

フェラーリ
ついに映画「フェラーリ」が20年の歳月を経て5月から撮影開始!舞台は1957年の夏、「結婚生活の破綻」「破産寸前」「息子の死」を乗り越えてミッレミリアへ

| 監督は「フォードVSフェラーリ」のマイケル・マン |この記事のもくじ| 監督は「フォードVSフェラーリ」のマイケル・マン |1957年を境にエンツォ・フェラーリの運命は逆転し始めるマイケル・マンは ...

続きを見る

フェラーリが「フェラーリが登場するオススメの映画など映像作品、ベスト20」を一挙公開!いざ観てみようぞ
フェラーリが「フェラーリが登場するオススメの映画など映像作品、定番の20本」を一挙公開!いざ観てみようぞ

| フェラーリと映画との関連性は非常に強い |この記事のもくじ| フェラーリと映画との関連性は非常に強い |中には「フェラーリが登場しなければ話が成立しない」作品もフェラーリがオススメする「フェラーリ ...

続きを見る

映画「フォードVSフェラーリ」撮影のため製作された6台のうち、唯一公道走行が可能なフォードGTレプリカが販売
映画「フォードVSフェラーリ」撮影のため製作された6台のうち、唯一公道走行が可能なフォードGTレプリカが販売!証明書も付属し高値での落札が予想

| しかもエンジン、トランスミッションは現代のものが搭載されて実際に乗るのに適していそうだ |この記事のもくじ| しかもエンジン、トランスミッションは現代のものが搭載されて実際に乗るのに適していそうだ ...

続きを見る

参照:Variety

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ, ■映画や音楽、本、ゲームについて
-, , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5