>その他イタリア車 ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

ピニンファリーナが新型車「B95」を予告。創業者の積年の夢をさらに追求、ラインナップを拡充し「自動車メーカー」としての道を歩む

ピニンファリーナが新型車「B95」を予告。創業者の積年の夢をさらに追求、ラインナップを拡充し「自動車メーカー」としての道を歩む

| ピニンファリーナはフェラーリとの決別の後、自動車メーカーとしての道に活路を見出している |

現時点では「B95」についてボディ形状やパワートレーンについても明かされていない

さて、アウトモビリ・ピニンファリーナが「B95」と名付けらたブランニューモデルを予告し、8月17日に発表するもよう。

これは現在発売済みの「バッティスタ」とは全く別のモデルだと思われ、発表時にはおそらく別の名が付与されるものと思われます。

現時点ではこの新型車について詳細は語られていないものの、ピニンファリーナによればB95は「イタリアン・ブランドからのまったく新しい提案であり、最近明らかにされたプーラ・ヴィジョン・コンセプトにインスパイアされたディテールを特徴とする」とし、さらには「目の肥えた顧客を満足させる ”絶妙なデザイン "を備えた "技術的傑作 "である」とも。

こういったコメントを見る限り、新しいB95は4つ以上のシートを備え、高い日常性と芸術性を持つハイライダーとなるのかもしれませんね。※ただしプーラ・ヴィジョンから拝借するのは「ディティール」だとしているので、バッティスタの別バージョンである可能性も否定できない

ピニンファリーナが最新コンセプト「ピューラ・ヴィジョン」発表。内外装には画期的な素材や技術を使用し、未来の自動車産業における新しい価値観を提言
ピニンファリーナが最新コンセプト「ピューラ・ヴィジョン」発表。内外装には画期的な素材や技術を使用し、未来の自動車産業における新しい価値観を提言

| 現代の自動車業界において、デザインハウスでしか踏み込めないスペースが数多く残されている | その意味では、デザインハウスの存在意義は非常に大きい さて、長年フェラーリのデザインを担当してきたピニン ...

続きを見る

ピニンファリーナはいま、新たな次元へ

ピニンファリーナはもともとコーチビルダーとしての創業となっていますが、その後フェラーリのデザインを請け負うことで大きく運命が変わります。

つまりは「フェラーリのデザインを行っている」という看板によって多くの依頼が舞い込むこととなるわけですね(そのぶん、フェラーリとの契約内容は主従的なものであったと言われる)。

実際のところ、中東の富裕層やブルネイ王室はピニンファリーナの大手顧客であったといい、自身が購入したフェラーリをピニンファリーナへと依頼してカスタムする例が多数。

【動画】ブルネイ国王はフェラーリF40を11台、すべて異なる仕様でピニンファリーナにカスタムさせていた!

| そのカーコレクションが破格なのは知っていたが | 所有するエキゾチックカーについて、様々なウワサのあるブルネイ。ブルネイは天然資源を多く持つ裕福な国として知られますが、同時に国王(スルターン)のカ ...

続きを見る

フェラーリ458のワゴン「ヴェニス」や458スパイダーは非常に有名な例ですが、この他にも多数のワンオフモデルが存在し、こういった依頼がピニンファリーナにとっての基調な収入源であったとも報じられています。

29280831747_57cf808336_b

ただ、その後フェラーリが自社内製デザインへと切り替えるのと前後して業績が悪化して(フェラーリが自社でワンオフモデルを製造するようになったことも影響していると思う)インドのマヒンドラへと吸収されていますが、ベルトーネのように消滅するよりはずっといいのかもしれません

フェラーリ456GTワゴン「ヴェニス」が目撃される!ブルネイ王室がオーダーした特別仕様
超希少、フェラーリ456GTワゴン「ヴェニス」が目撃される!ブルネイ王室がオーダーした特別仕様で価格は1台1.75億、なんと7台同時に発注した模様

| ただし目撃されたフェラーリ456GTヴェニスはこのシルバーの個体1台のみ | さて、フェラーリ456GT「ワゴン」がロンドンの路上にて目撃。このフェラーリ456GTワゴンはブルネイの王族(スルタン ...

続きを見る

そしてその後、マヒンドラの資金力をもって再起をはかり、そこで設立されたのが市販車部門の「アウトモビリ・ピニンファリーナ」。

自社の名を関した市販モデルは創業者であるバッティスタ”ピニン”ファリーナの積年の夢であったといわれますが、その孫世代が創業者の名を冠したピュアエレクトリックハイパーカー「バッティスタ」を発売することになり、そして今回のB95が第二弾ということに。

Pininfarina-Pura (2)

なお、ピニンファリーナは(プーラ・ヴィジョンを見てもわかるように)ハイパーカー専業メーカーを目指しているわけではなく、富裕層の要望に答えることができるラインナップを揃えることを目標としているといい、そこで今回のB95のの発表となったのだと思われます。

現時点ではボディ形状はおろか乗車可能な人数、はたまたパワートレーンについても不明なままではあるものの、モントレー・カー・ウィークでの発表を待ちたいところですね。

合わせて読みたい、ピニンファリーナ関連投稿

ピニンファリーナ創業者の知られざる逸話。「フォードからチーフデザイナーに誘われたが断った」

| ピニンファリーナはフォード専属デザイナーに誘われていた | ピニンファリーナはペブルビーチにて、有力顧客のみに対し初の市販モデルにしてハイパーカー、「PF0」を公開したとされていますが、今回ピニン ...

続きを見る

ピニンファリーナ・バッティスタに5台のみの特別限定モデル登場。なんとピニンファリーナの甥は最初のF1 GPの優勝者、その甥であるニーノへのオマージュ
ピニンファリーナ・バッティスタに5台のみの特別限定モデル登場。なんとピニンファリーナの甥は最初のF1 GPの優勝者、その甥であるニーノへのオマージュ

| このバッティスタ・エディツィオーネ・ニーノ・ファリーナは何から何までもが特別仕様 | 実車はニック・ハイドフェルドのドライブにてダイナミックデビュー予定 さて、ピニンファリーナがエレクトリックハイ ...

続きを見る

ブガッティがボリードのブレーキ開発について語る。ブレンボとの2年にわたる共同開発を行い「フロントブレーキローターはブレンボ史上最大」に
ブガッティがボリードのブレーキ開発について語る。ブレンボとの2年にわたる共同開発を行い「フロントブレーキローターはブレンボ史上最大」に

Bugatti | ブガッティ・ボリードの開発が完了し、実際にサーキットを走行しラップタイムを刻むのが楽しみである | ブガッティはドライのみではなくウェット状況においても最大限のパフォーマンスを発揮 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->その他イタリア車, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,