ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

通常は5時間かかる道のりもランボルギーニなら2時間!パトカー仕様のウラカンが平均速度230km/hで移植用臓器を届ける

投稿日:2020/11/10 更新日:

| ランボルギーニ・ウラカンならばほかのクルマにはできないことも可能に |

さて、ランボルギーニはローマやボローニャ警察にウラカンのパトカーを提供していることでも知られますが、これはガヤルド時代(2004年〜)にはじまるランボルギーニの伝統の一つ。※正式名称は”ウラカン LP610-4ポリツィア(Huracan LP610-4 Polizia)

プロモーション目的という側面もあるとは思われるものの、パトカーというタフな用途にも耐えうるという”信頼性のアピール”に一役買っているとも言えそうですね。

ランボルギーニ・ウラカンがイタリアにて「2台目」のパトカーに。ほかランボルギーニのパトカーを紹介

ランボルギーニはガヤルド時代から車両をイタリア警察に提供しており、ウラカンに代が変わってからもパトカーとして車両を供与。今回はその一台(そちらはローマ警察用)に加えて「もう一台の」ウラカンを、ランボル ...

続きを見る

ウラカン・パトロールカーには臓器移植用の設備が備わる

なお、このランボルギーニ製パトロールカーは、ガヤルド時代より、主にイベントへの登場による啓蒙活動、そして臓器の輸送を行うことを目的としており、フロントトランクには専用の冷蔵ボックスが収まっていることでも知られます。

4

JUN
パドヴァで臓器を受け取る!

そして今回イタリア警察がその臓器輸送の様子をTwitterにて公開し、ロイターがシェアすることで広く知られることとなっていますが、イタリア北部ヴェネト州パドヴァを出発して492キロ離れたローマのジェメリ大学病院へと移植用臓器(腎臓)を運ぶ様子が収められています。

2

通常のクルマだと早くても5時間はかかる道のりを、このウラカンLP610-4ポリツィアは2時間ちょっとで走り切り、その平均速度はなんと230km/h(最高速度ではなく平均速度)。

3

JUN
ローマに到着!

ウラカンは駆動方式に4WDを採用しますが、路面状況によらず最高のパフォーマンスを発揮することができ、実際にイタリア警察そして病院も「臓器を的確かつ迅速んい輸送できるのはウラカンならでは」と絶大な信頼を寄せているようです。

1

ポリスカー仕様ランボルギーニを運転できるのは一握りの「パイロット」のみ

ガヤルド時代からの共通点として、このポリスカー使用のランボルギーニは誰でも運転できるわけではなく、およそ20人程度で構成された精鋭部隊(もちろん車両コントロールの訓練を受けている)のみがステアリングホイールを握ることを許されており、警察の中でも憧れの存在なのかもしれませんね。

あわせて読みたい、関連投稿

「ランボルギーニのパトカー風」ラッピングが施されたフェラーリFF?しかも褪色加工で味わいのある仕上がりに

| ルーフにはパトライトもちゃんと装備 | セレブ向けのカーラッピングを多数手がけるラップゾーンが、今回新しくフェラーリFFのラッピングを公開。モチーフとなったのはイタリア警察に寄贈されたランボルギー ...

続きを見る

【動画】ワイルド・スピードで有名になった「ライカン・ハイパースポーツ」。その価格3.5億、アブダビ警察が世界で最も高価なパトカーを公開

| 所有するパトカーを合算した金額だとドバイ警察のほうがおそらく高額に | 「ライカン・ハイパースポーツ」の生産で知られるWモータースが新しくプロモーションビデオを公開。これはアブダビ警察が所有するラ ...

続きを見る

【動画】製造元はライカン・ハイパースポーツをリリースした「Wモータース」!ドバイ警察がまたスーパーなパトカーを導入したぞ

| ドバイがまた凄そうなパトカーを導入した | ドバイ警察はブガッティ・ヴェイロンやランボルギーニ・アヴェンタドールなどのスーパーカーをパトカーとして保有していることで知られますが、今回は別の意味で凄 ...

続きを見る

参照:Reuters

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5