ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

製造されたのは4台のみ!「ランボルギーニの聖杯」とまで言われた伝説のミウラSVJが中古市場に登場。いったいいくらで取引されるのか想像できないな・・・

投稿日:2021/07/15 更新日:

製造されたのは4台のみ!「ランボルギーニの聖杯」とまで言われた伝説のミウラSVJが中古市場に登場

| いったいいくらで取引されるのか想像もつかない |

ランボルギーニ・イオタ/SVJについては謎が多い

さて、わずか4台のみが新車として製造されたと言われるミウラSVJ(3台説もあるが、ランボルギーニの公式見解だと”4台”と記されている)。※ほかにもミウラSVJが存在するが、それらはミウラSVをSVJスペックにコンバートしたもの

このミウラSVJは「イオタ」にインスパイアされて製造されたモデルですが、もともとのイオタはランボルギーニのテストドライバーであるボブ・ウォレスがモータースポーツに参戦するために製作した車両だとされ、しかしランボルギーニは会社としてモータースポーツへの参戦を禁じていたため、ボブ・ウォレスはこの「極秘に製造したモデル」に”J(イオタ)”という暗号名を付与したものだとされています(”J”はFIAのツーリングカー/GTカークラスのために定めた付則)。

ランボルギーニが「4台しか生産しなかった」ミウラSVJをレストアし公開。公の場にて展示されるのは「初」

| ミウラSVRはかの「イオタ」に触発されて製造されたオーナーのオーダーによって4台のみが生産 |この記事のもくじ| ミウラSVRはかの「イオタ」に触発されて製造されたオーナーのオーダーによって4台の ...

続きを見る

ただしオリジナルのイオタは事故により全焼

そしてこの「イオタ」はVIP顧客であるアルフレード・ベルポナー博士に販売されることになったものの、残念ながら納車直前に高速走行中の事故で全焼し、つまり「廃車」に(エンジンは取り出され、別のミウラに移植されたようだ)。

ちなみに「イオタ」そのものはモータースポーツ用に製作された車両であり、ミウラとは関連性が薄かったと言われますが(つまりミウラをチューンしたものではない)、ミウラの外観を持っていたのは上述の理由によって「モータースポーツ用ということを隠さねばならなかった」からだとされ、そこでミウラの外板をカモフラージュとして使用したというのが通説のようですね。

Lamborghini-Miura-SVJ (7)

ただ、顧客の間にこの「イオタ」のウワサが拡がり、ランボルギーニは顧客の求めに応じてイオタ同様の外観を持つミウラを(新車として)4台製造することになり、加えてすでに製造されたミウラを「イオタ仕様」へとコンバートした例もあったといい、これらは7台が存在したと言われます。※後年、さらにその存在が明らかになった個体もあり、どんどんミウラSVJの数が増えている

Lamborghini-Miura-SVJ (6)

「サーキットの狼」に影響を与えたミウラSVRがランボルギーニの手によってレストア。日本へ帰還

| 1976年以降、日本人によって所有され日本を出ることはなかった | ランボルギーニが「もっとも有名なミウラ」として知られる”ミウラSVR”のレストアを完了した、と発表。 これはもちろんランボルギー ...

続きを見る

このミウラは「新車製造」されたミウラSVJのうち一台

そして今回販売されているミウラSVJ(当然価格は非公開。数億円なのは間違いない)ですが、これはミウラSVJスペックとして新車製造された4台のうち1台。

Lamborghini-Miura-SVJ (8)

シャシーナンバーは5090で「コルシカ・カー」と呼ばれており、最初の納車はフランスの不動産開発業者。

Lamborghini-Miura-SVJ (5)

その後複数オーナーの手を経ることになりますが、その過程ではシルバーにペイントされることもあり、しかし2012年には3年がかりのレストアを終え、オリジナルカラーの「ロッソ・グラナダ」へと戻されることに。

Lamborghini-Miura-SVJ (9)

走行距離はわずか19,582km、そしてコンディションの良さから「ランボルギーニの聖杯」とまで呼ばれているようですね。

Lamborghini-Miura-SVJ (10)

ランボルギーニ・ミウラSVJのインテリアはこうなっている

そしてこちらは今回販売されるランボルギーニ・ミウラSVJのインテリア。

レッドとブラックのコンビという珍しい仕様です。

もちろんレストアによって「オリジナル」へと戻されているのだと思われますが、さすがフランス人のオーダーによるクルマといった印象です。

Lamborghini-Miura-SVJ (2)

ハーネスは車体に直接固定されたアンカーに取り付けられています。

Lamborghini-Miura-SVJ (3)

センターコンソールにはホイヤー製ストップウォッチ。

Lamborghini-Miura-SVJ (4)

合わせて読みたい、ランボルギーニ・ミウラ関連投稿

ランボルギーニ・ミウラ
【動画】世界で一台、「もっとも有名なミウラ」を見てきた!ランボルギーニ ミウラ イオタSVRはあまりに過激なスーパーカーだった

| スーパーカー世代であれば、誰もが一度は見てみたいと思ったあのクルマ | さて、ランボルギーニ大阪さんが新しくオープンさせたショールーム内に展示されている超レアカー、「ミウラ・イオタSVR」。このミ ...

続きを見る

スズキの軽自動車をベースにした、超絶クオリティの「ランボルギーニ・ミウラSVR」レプリカが話題に

Gazooにて、「世界に1台しか存在しない、ランボルギーニ・イオタSVR仕様のスズキ CARA(フル公認)」という記事が公開に。 これを見るとこのレプリカを作り上げたオーナーさんの情熱に感服するよりほ ...

続きを見る

参照:Kidston

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5