ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

まさかのランボルギーニLM002の「6輪化」レンダリング!もともと燃費が「リッター750m(1kmも走らない)」のLM002だけにリッター500mくらいに悪化しそう

投稿日:2021/12/25 更新日:

まさかのランボルギーニLM002の「6輪化」レンダリング!もともと燃費が「リッター750m(1kmも走らない)」のLM002だけにリッター500mくらいに悪化しそう

| ただ、ランボルギーニLM002ほど6輪化にふさわしいクルマは存在しないように思う |

実際にこのクルマを作って欲しいところだが(中東あたりで実現しそう)

さて、これまでにも「ありそうでない」もしも系レンダリングを公開してきたアビメレック・デザイン。

今回はランボルギーニLM002の「6輪化」レンダリングを公開していますが、この6輪化はひとつのブームでもあり、レンダリングや現実世界であっても多くのクルマの「6輪化」がなされています。

【動画】溢れんばかりのランクル愛!まさかのランドクルーザー「6輪」カスタムが登場、ここまで愛情と情熱が注がれたカスタムをボクは見たことがない
【動画】溢れんばかりのランクル愛!まさかのランドクルーザー「6輪」カスタムが登場、ここまで愛情と情熱が注がれたカスタムをボクは見たことがない

| 内外装の統一感、エンブレム、そしてシートベルトにまでこだわった究極のカスタム |この記事のもくじ| 内外装の統一感、エンブレム、そしてシートベルトにまでこだわった究極のカスタム |ウインドウを除く ...

続きを見る

ランボルギーニLM002はこんなクルマ

ランボルギーニLM002の歴史は1977年の「チーター」まで遡ることができますが、これはアメリカの政府関連機関、MTI(Mobility Technology International)から軍用車としての開発依頼を受けたのがはじまり。

ただし他競合に破れて正式採用とはならず(HAMVEEにその座を奪われたと言われる)、ランボルギーニはこのチーター(LM001)開発にかけた費用の「モト」をとるべく市販モデルへと転用し、そこで1986年に発売されたのが「LM002」。※LM=Lamborghini Militalyの意味で、名称からもルーツが伺える

初期プロトタイプのLM001ではエンジンはV8エンジンを横置きミドシップ(エンジン型式は違えど1966-1973年に生産されたミウラと同じレイアウト)としており、しかしこれは「操縦性に難があった」とされてエンジンをフロントへと移動させて現在のLM002として市販していますが、この際に積まれたV12エンジンは「カウンタックと同じ」。

ボディサイズは全長4900mm、全幅2000mm、全高1850mm、ホイールベースは3000mm、車体重量2700キロという巨大なサイズと重量を誇っており、「自動車史上初の」豪華SUVとしても知られています。

ランボルギーニがウルス発表前にそのルーツ「LM002」を振り返る。カウンタックのエンジン搭載、モンスターSUV

ランボルギーニ・ウルスの先祖、「LM002」を振り返ってみよう ランボルギーニ・ウルスは12/4に公開されることが決まっていますが、その前哨戦としてランボルギーニはその祖先とも言える「LM002」につ ...

続きを見る

6輪化されたランボルギーニLM002はこんな感じ

そしてこちらが実際に6輪化されたランボルギーニLM002ですが、背景として選ばれたのは「マイアミ」。

265441674_454093049403585_7045097046685855436_n

なお、アビメレック・デザインによればグランド・セフト・オート(GTA。その舞台となるヴァイス・シティはマイアミをモチーフにしている)の世界観に影響を受けたといい、そう聞くといかにもGTAに登場しそうな雰囲気でもありますね。

265169057_454093039403586_7982917734505760694_n

最近は現実世界においても多くの「レンダリングにインスパイアされた」カスタムカーが存在するので、もしかするとこの「6輪ランボルギーニLM002」を作るショップが登場するんじゃないかと考えたりしますが、LM002が製造されたのは(1986年から1993年の間に)328台のみなので、現存する台数を考慮するに、あまりの希少さに「ここまで改造する」人はいないかもしれませんね。

264098385_454093059403584_5172690476940965767_n

ちなみにLM002の燃費は「リッター750メートルくらい」だと言われており、これを6輪化すれば「リッター500メートル」くらいに悪化してしまう可能性もありそうです(リッター1キロに満たないのは相当な衝撃)。

264551226_454093062736917_9019141688583142324_n

合わせて読みたい、ランボルギーニLM002関連投稿

ウルスの先祖、ランボルギーニLM002の限定モデル「アメリカン」が競売に。ウルスの2倍以上の価格で落札される

| レストアにかけた歳月はなんと5年 | ランボルギーニLM002がRMサザビーズがニューヨークにて開催したオークションへと出品され、約5200万円にて落札。 この価格は「予想の範囲内」ではあったそう ...

続きを見る

燃費はリッターあたり750”メートル”!それでも普通にランボルギーニLM002を乗っている人がこんなにいた

| 意外とランボルギーニLM002を普通に乗っているツワモノが多かった | オーストリアはウィーンにてランボルギーニLM002が目撃。 雰囲気からするにイベント等に参加しているわけではなく、日常的にこ ...

続きを見る

ランボルギーニが「クリスマス・ドライブ」開催!北イタリアのクリスマスマーケットへLM002とウルスを連ねて訪問

ウルスだとクリスマスツリーも楽々積める ランボルギーニが公式にてウルスとLM002とを連ねた「クリスマス・ドライブ」を実施。今回その様子がプレスリリースとともに公開されていますが、ランボルギーニが自ら ...

続きを見る

参照:Abimelec Design

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ
-, , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5