>ランボルギーニ

限定20セット、リバティーウォーク「LBシルエットワークス ランボルギーニ・アヴェンタドール GT EVO」3台目が完成!今回は今までにないイエローとブラックの大胆な塗り分け

2022/01/17

限定20セット、リバティーウォーク「LBシルエットワークス ランボルギーニ・アヴェンタドール GT EVO」3台目が完成!今回は今までにないイエローとブラックの大胆な塗り分け

| フロントとリアにはウラカンSTO風のYアローグラフィック入り |

うまく塗り分けたせいか、けっこうシンプルにも見える

さて、リバティーウォークがランボルギーニ・アヴェンタドール用にリリースしているエアロキット「LBシルエットワークス ランボルギーニ・アヴェンタドール GT EVO」。

これは同社のアヴェンタドール用エアロキットの最終形態とも呼べるもので、20セットのみがリリースされ、今回で「装着3例目」となります。

今回の個体は今までにないイエローとブラックとの塗り分けを持っており、フロントとリアにはウラカンSTOに(オプションで)用いられるYアローグラフィックのような柄が再現されています。

Liberty-Walk-Lamborghini-Aventador-6

LBシルエットワークス ランボルギーニ・アヴェンタドール GT EVOの内容はこうなっている

そしてこの「LBシルエットワークス ランボルギーニ・アヴェンタドール GT EVO」キットの価格につき、すべてにドライカーボンを選択した場合は1870万円、FRPだと946万円、ドライカーボンとFRPとを部位によって組み合わせたものだと1094万5000円~1232万円。

Liberty-Walk-Lamborghini-Aventador-7

さらには加工と取り付けにかかる費用、サスペンション(エアサス)や専用エキゾーストシステム、タイヤ/ホイールにそれらの取付工賃も必要となり、総額だとかなりのコストとなることは必至です。

なお、キットの内容は下記の通り。

  • フロントバンパー&アッパーカナード
  • フロントアンダーカナード
  • フロントフェンダーエクスチェンジ
  • ドアアウターパネル
  • サイドアウターパネル/インナーパネル
  • リアクォーターフェンダー
  • リアアウターフェンダー
  • リアバンパーアッパーカバー
  • リアディフューザー
  • リアウイング
  • ボンネットフード
  • エンジンフード&フィン
Liberty-Walk-Lamborghini-Aventador-4

なお、これだけ派手なエアロキットを装着しているにもかかわらずシンプルに見えるのは「うまく塗り分けを考えている」からだと思われますが、マットブラックの使い方はかなり秀逸。

Liberty-Walk-Lamborghini-Aventador-1

サイドから見ると、ルーフとCピラー、シャークフィンにリアウイングとが一体化しているようにも見えますね。

Liberty-Walk-Lamborghini-Aventador-3

そしてシャークフィンやウイングをマットブラックにしたことでいっそう車体がワイドに、そして低く見えるように思います。

ディフューザーには(ここ最近のチューンドカーではお約束になった)イエローのハイライト。

Liberty-Walk-Lamborghini-Aventador-5

ホイールもマットブラック。

Liberty-Walk-Lamborghini-Aventador-8

このエアロキットはもともとの車体をカットしたり、穴を開けたりする必要があるので取り付けに関するハードルが非常に高くなっており、さらにはけして運動性能や走行性能が高くなるわけでもないため、ともすると批判されることもあって、しかし「見ている分には」けっこう楽しく、ぼくとしては「これはこれでアリなんじゃないか」と考えています。

あわせて読みたい、リバティーウォーク x ランボルギーニ・アヴェンタドール関連投稿

ポルシェデザインが「世界最薄折りたたみスマートフォン」オナー・マジックV2 RSRを発売。筐体は911のフロントフードをイメージ、カラーはアゲートグレー
ポルシェデザインが「世界最薄折りたたみスマートフォン」オナー・マジックV2 RSRを発売。筐体は911のフロントフードをイメージ、カラーはアゲートグレー

Honor | ポルシェデザインは様々な電子機器メーカーとのコラボレーションによってPCやスマートフォンを発売している | もちろんポルシェ専用の特別仕様を持っているものの、その価格は「安くない」 さ ...

続きを見る

LBシルエットワークス ランボルギーニ・アヴェンタドール GT EVO
パーツだけで1870万円!リバティーウォークが「LBシルエットワークス ランボルギーニ・アヴェンタドール GT EVO」発表。限定20セットのみの超過激エアロ

| それでもアメリカ西海岸あたりでは実際にオーダーするオーナーが多そうだ | さて、これまでにもランボルギーニ・アヴェンタドール向けに様々なボディキットを発表してきたリバティーウォーク。2013年に東 ...

続きを見る

【動画】米セレブのカスタムしたランボルギーニ・アヴェンタドールSVがカッコいい!リバティーウォークの限定エアロにミリタリーグリーン

| このグリーンを使う人はなかなかいない | ロサンゼルスを拠点に、セレブ向けのカスタムカーを製作することで知られる「RDB」。今回は米シンガー、クリス・ブラウンのランボルギーニ・アヴェンタドールSV ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ
-, , , , , , ,