ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

ランボルギーニは来たるべき電動化に対して方向性を決めかねている?ピュアエレクトリックはGT路線のみ、スーパースポーツは代替燃料の実用化前提で内燃機関を維持?

投稿日:2022/04/17 更新日:

ランボルギーニ・シアン

| ただし内燃機関実用化の前にはウラカン、そしてアヴェンタドールの後継モデルをPHEVにて登場させねばならない |

クリーンな「電動化」、そしてワイルドなイメージを求めるランボルギーニの顧客とをマッチさせることは難しい

さて、ランボルギーニは今年発売するウラカンの派生モデル、そしてウルスのフェイスリフト版を最後に電動化へとシフトする予定ではありますが、その方向性については現在まだまだ「模索中」であるもよう。

今回ランボルギーニCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏が語ったところによると、「我々の顧客は変わりつつある」とのこと。

どう変わっているのかというと、「電動化が当たり前として育ってきた若い世代の顧客は、持続可能な製品を好む傾向にある」としており、ランボルギーニであったとしても「エコな」クルマを求めるようになっているのだそう。

ランボルギーニの未来には「ハイブリッド化の成功が不可欠」

そして同氏が続けるには「新しい時代にて、新しい顧客を獲得するには、ハイブリッド化を成功させることが鍵であり、プラグインハイブリッド化されるアヴェンタドール後継モデル、ウラカン後継モデルを成功させねばならない」。

ただ、アヴェンタドール最終モデル「LP7804ウルティメ」については一瞬にて完売しており、これはいかにV12エンジン、そしてガソリンエンジンに対する支持が厚いかを示しており、いかに客層が変わりつつあるといっても、新しい客層にばかり目を向けていると、旧来の顧客が離れてしまう可能性もあって、このあたりの匙加減が難しいのかもしれません。

ちなみにフェラーリの場合は「F1繋がり」にてハイブリッド化をうまく移行させるものと思われ、しかしランボルギーニにはこれまで、そして現在であっても「エレクトリック」と関係する部分がなく、よってランボルギーニは「どうやってハイブリッドへの移行をスムーズに成功させるか」を考えている、ということになりそうです(そう考えると、ル・マン24時間レースのハイパーカークラスに、ハイブリッドレーシングカーで参戦するのが手っ取り早いのかも)。

ランボルギーニ・セスト・エレメントが3億円で中古市場に登場!限定20台、内外装ほぼカーボン、重量999kg、570馬力のスーパースポーツ

ランボルギーニは完全電動化に対しては一歩引いた構えを見せる

そしてハイブリッドの「後」、つまりピュアエレクトリックカーについてですが、これに関してステファン・ヴィンケルマンCEOは「現在、ピュアエレクトリックハイパーカーは市場に受け入れられていない。それは販売台数を見れば明らかだ」と語っており、「ただし5年後、6年後、10年後については誰もわからない」とも。

こういった考え方もあり、ランボルギーニは今のところピュアエレクトリックスーパーカーの投入計画を持たないようで、2027年頃に発表されるであろう「第4のランボルギーニ」そしてピュアエレクトリックカーは(既報の通り)4座のGTになるとされ、かつてのエスパーダのようなクルマとなり、ただし最低地上高が上げられる可能性も報じられています。

ランボルギーニ
ランボルギーニ初のEVは4座クーペではなく「最低地上高の高い、2+2か4座の、これまでに存在しないセグメントのクルマになる」。CEOが現在の状況を報告

| ある意味、フェラーリ初のSUV、プロサングエのライバルはウルスよりもこちらかも |この記事のもくじ| ある意味、フェラーリ初のSUV、プロサングエのライバルはウルスよりもこちらかも |ここ数年、ラ ...

続きを見る

なお、ランボルギーニがピュアエレクトリックスポーツに向かわない理由はもう一つあり、それは「代替燃料」の実用化。

いわゆる合成燃料ということですが、これが実用化されればガソリンエンジン搭載車はそのまま生き残ることができ、エレクトリック化する必要がなくなるというわけですね。

そしてステファン・ヴィンケルマンCEOは、「ガソリンエンジンを積んだランボルギーニを好む顧客」について「彼らは、自分の車で走っているときに、道行く人々に親指を立てて貰う必要があります。自分がそのクルマを好きかどうかよりも、他の人がそのクルマを好きかどうかが重要であり、それが我々の生きている世界なのです」ともコメント。

この考え方についてはかなり極端かもしれませんが、いずれにせよ、ランボルギーニは「ピュアエレクトリックモデルは新しい顧客を対象とし、サステナブルで日常性のあるクルマ」とて考え、しかし一方でこれまでのランボルギーニのように「エクストリームな」外観を持つスーパーカーも必要だと認識していて、しかしその中間に相当する「プラグインハイブリッドスーパーカーをどう作るべきか」について頭を悩ませている、ということになりそうです。

合わせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

ランボルギーニ
ランボルギーニ初のピュアEVはアウディとポルシェとの共同開発、そして2+2となり2027年あたりに発売との報道。プラットフォームはVWグループ入魂のSSP

| ランボルギーニはフェラーリやマクラーレン、アストンマーティンと比較して「VWグループのシナジー効果」の恩恵に浴することができる |この記事のもくじ| ランボルギーニはフェラーリやマクラーレン、アス ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンSTO
ランボルギーニがその将来のあり方について公式サイト上でアンケート実施中!パワートレインについては「内燃機関」「PHEV」「ピュアエレクトリック」「水素」の選択肢があるぞ

| スーパーカーメーカーはときどき、こういったアンケートを実施する |この記事のもくじ| スーパーカーメーカーはときどき、こういったアンケートを実施する |ランボルギーニが実施するアンケート内容はこう ...

続きを見る

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12が「スチール製ロールケージを持たずにFIAのハイパーカー規定をクリア」した第一号に
ランボルギーニCEOが近い将来を語る!「2022年にはウラカンとウルスに新モデル」「アヴェンタドール後継は2023年」「ウラカン後継は2024年」「第4のランボは2+2」

| なお、ウラカン後継モデルのエンジンはV10を継続しない可能性もありそうだ |この記事のもくじ| なお、ウラカン後継モデルのエンジンはV10を継続しない可能性もありそうだ |ウルスは2022年にモデ ...

続きを見る

参照:TopGear

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ
-, , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5