ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

ランボルギーニが自社博物館を「再々」リニューアル!今回の改装は規模が大きく、60周年を迎えるに当たり過去を総括、そして未来へと向かう準備を行う

投稿日:2023/01/22 更新日:

ランボルギーニが自社博物館を「再々」リニューアル!今回の改装は規模が大きく、60周年を迎えるに当たり過去を総括、そして未来へと向かう準備を行う

| ランボルギーニは2020年にも博物館をリニューアルしたばかりではあるが |

展示企画第一弾は「過去の60年の歴史の偉大さを物語る」

さて、ランボルギーニが本社併設の博物館をリニューアルした、と発表。

この博物館は2020年にも一度リニューアルされており、「ランボルギーニ・ミュージアム・オブ・テクノロジーズ=MUDETEC」という名称に変更したものの、今回はまたランボルギーニ博物館(ムゼオ・アウトモビリ・ランボルギーニ=Museo Automobili Lamborghini)へと改名されています。

ランボルギーニが博物館を再オープン、そしてシアン・ロードスターの機能を説明する動画を公開。けっこう意外な装備もあるようだ

| さすがシアンはランボルギーニのフラッグシップだけあって技術の見本市状態 |この記事のもくじ| さすがシアンはランボルギーニのフラッグシップだけあって技術の見本市状態 |展示内容からは「ミウラ・コン ...

続きを見る

635155_v2

ランボルギーニ博物館はこう変わった

そして今回の変更の範囲は過去最大だと言ってもよく、現代的なレイアウトとデザインへ(画像を見ると真っ白になっている)、そして展示車両も含めて全面的にリニューアルされており、 新たに設けられた展示「THE FUTURE BEGAN IN 1963」では、ランボルギーニの最初の60年の歴史の中で、最も象徴的な時代と代表的な瞬間が再現されている、とのこと。

635154_v2

この展示内容は1963年にフェルッチオ・ランボルギーニが同社を創業してから今日に至るまでのブランドとその製品の進化を示しているといい、ここに展示される19台の車両は、いずれもランボルギーニのDNAを特徴づけるものばかりで、ランボルギーニの象徴的な技術およびデザインを物語る内容となっています。

635162

展示コーナーは3つに別れ、「ヘリテージ」ではランボルギーニの市販第一号車である350GT、そしてミウラS、エスパーダ、カウンタックLP400、ウラッコ、LM 002がまずは来場者を迎えます。

635158_v2

「コンテンポラリー」ではディアブロGT、ムルシエラゴSV、ガヤルド・ペルフォルマンテ・スパイダー、ウラカン・ペルフォルマンテ、アヴェンタドールSVJ、ウルス、GT3といったアウディに(ランボルギーニが)買収されたのちの車両が並ぶことに。

635149_v2

そして「フューオフ」なるコーナーもあり、こちらではレヴェントン、セスト・エレメント、ヴェネーノ、チェンテナリオ、シアン、カウンタックLPI 800-4といった少量限定モデルが並びます。

635152_v2

ランボルギーニはかく語る

今回、ランボルギーニ博物館の正式オープンに際し、ランボルギーニの会長兼CEO、ステファン・ヴィンケルマン氏は「2023年は、この新しいミュージアムで幕を開ける、独創的な活動と活発な展開に満ちた年になることでしょう。私たちは、国際的なイベント、イニシアティブ、想像を超える活動を通じ、我が社の60周年記念を祝う計画を持っています」。

635143_v4

さらに「私たちは、1960年代の初めにフェルッチオ・ランボルギーニが行った挑戦から始まり、その後に先駆的で革命的なアイデアによって発展し、歴史を上書きし続け、ハイエンドスーパースポーツカーの道を形成するイノベーションを提供してきたのです。ランボルギーニは、これまでも、そしてこれからも、未来を見据えることを止めないブランドなのです」とも。

635169

そして今回、おそらくはじめて公の場にて「60周年」記念ロゴが使用されていますが、このロゴは今後様々なイベントや製品、広告物において使用されることななりそうですね。

635150_v2

ランボルギーニ
ランボルギーニが「60 アニヴェルサリオ」の名称とロゴをパテント申請!ロゴにはミウラっぽい牛のツノが見え、創業60周年の2023年に向けて何らかの発表がありそう

| ランボルギーニ60周年記念モデルがまさかの「ミウラ・オマージュ」ということはないと思うが |この記事のもくじ| ランボルギーニ60周年記念モデルがまさかの「ミウラ・オマージュ」ということはないと思 ...

続きを見る

さらにランボルギーニはプレスリリースにて「この展示では、それぞれの時代のルールを破り、常に新しいベンチマークを設定してきたこと、それぞれのニューモデルが意図的に型破りで革命的な方法で誕生したことを強調しています。ランボルギーニのすべてのスーパースポーツカーには、少なくともひとつの破壊的なアイデアが盛り込まれており、当初は突拍子もないように思われたものの、自動車の進化に取り入れられ、自動車のほぼすべての面を常に洗練させることにつながったのです」と述べており、今後も様々な展示物やイベントを期待していいのかも。

635146_v3

なお、ランボルギーニ博物館は上述のとおりランボルギーニ本社に併設されていますが(というか、同じ建物である)、この本社は1963年にフェルッチョ・ランボルギーニが会社を興した際と同じ土地に建っており、その後改築されて現在に至っています(イタリアの自動車メーカーは、フェラーリ然り、マセラティ然り、創業の地にて今まで創業し続けている例が多い)。

635142

さらにランボルギーニはこれまでの自社の”主なトピック”として「1963年に創業、1964年に最初の市販車の350GTを発売、1966年にミウラ発売、1970年に工場拡大、1971年にカウンタック発表、1990年にディアブロ発売、1993年にスーパーカーにおける初の四輪駆動を導入、1998年にはアウディによる買収、2001年にはムルシエラゴ発売、2003年にガヤルド発売、2004年にチェントロ・スティーレ(デザインスタジオ)設立、2011年にアヴェンタドール発売、2015年CO2ニュートラル工場を建設、2018年にウルス発売、2023年には中期計画となるディレッツォーネ・コル・タウリを発表」を挙げており、そしてもちろんここからは今まで以上に輝かしい歴史を積み重ねてゆくことになるのでしょうね。

635147_v3

合わせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

ランボルギーニが「最初にV12エンジンを積んだ車」、350GTを振り返る。フェラーリのエンジニアを雇い入れ、目標値を10馬力超えるごとにボーナスをはずんでいたことが明らかに
ランボルギーニが「最初にV12エンジンを積んだ車」、350GTを振り返る。フェラーリのエンジニアを雇い入れ、目標値を10馬力超えるごとにボーナスをはずんでいたことが明らかに

| ランボルギーニは創業当時から今に至るまで「打倒フェラーリ」 |この記事のもくじ| ランボルギーニは創業当時から今に至るまで「打倒フェラーリ」 |ランボルギーニは創業当初から一定の成功を収め、むしろ ...

続きを見る

レゴテクニックによる「実物大」ランボルギーニ・シアンFKP37が完成
ランボルギーニが2025年までのロードマップを発表!2024年にはガソリン車を全廃し全車ハイブリッドに、そして2025年以降には「初の」EVを発表

| ランボルギーニは新たなる新天地「コル・タウリ」を目指す |この記事のもくじ| ランボルギーニは新たなる新天地「コル・タウリ」を目指す |ついに「第4の」ランボルギーニ投入計画が具体的にそのロードマ ...

続きを見る

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12
まったく「ブレない」スーパーカーメーカー、ランボルギーニ。そのモデル名、ボディカラー名、ホイール名などは神話や星座に関係し、こういった由来を持っている

| ランボルギーニのエンブレム自体が「牡牛座」を表している |この記事のもくじ| ランボルギーニのエンブレム自体が「牡牛座」を表している |設立以降、何度オーナーが変われども星座や神話に由来する名称を ...

続きを見る

参照:Lamborghini

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ
-, , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5