ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>パガーニ

これで本当に終わり?パガーニ・ゾンダ760ロードスター「最後の一台」がロシアのチューナー経営者に納車、ボディカラーは「リキッドメタル」

投稿日:2022/06/07 更新日:

これで本当に終わり?パガーニ・ゾンダ760ロードスター「最後の一台」がロシアのチューナー経営者に納車、ボディカラーは「リキッドメタル」

| 多くのゾンダオーナーが「760スペック」への改修を行うが、これはもともと760スペックにて製造された「新車」のようだ |

そしてこれ以上、ゾンダの新車が作られることはないと考えていいのかも

さて、パガーニは現在「ウアイラ」シリーズについてその生産を終えようとしており、ここからは新しいハイパーカーシリーズ「C10」の発表を行おうというところ。

ただ、ウアイラの前の「ゾンダ」シリーズについても未だに高い人気を誇っており、パガーニは顧客の求めに応じて追加生産を行っていたものの、ちょっと前にはもう新規にてゾンダの受注を受けない」ともアナウンスしています(希少性保持のためだと思われる)。

パガーニが新型ハイパーカー「C10」のティーザー画像を投下!創業者のレオナルド・ダ・ヴィンチ好きが明らかに、そして予約金4000万円にもかかわらず完売とのウワサ
パガーニが新型ハイパーカー「C10」のティーザー画像を投下!創業者のレオナルド・ダ・ヴィンチ好きが明らかに、そして予約金4000万円にもかかわらず完売とのウワサ

| このC10はパガーニ最後の「ガソリンエンジン搭載」ハイパーカーになると思われる |この記事のもくじ| このC10はパガーニ最後の「ガソリンエンジン搭載」ハイパーカーになると思われる |おそらくはレ ...

続きを見る

ただしその後もゾンダの納車は続く

ただ、その後であってもゾンダの納車が続いており、これらはおそらく「受注締め切り前」にオーダーを受けていたものだと思われますが、今回納車されたのは文字通り「本当に最後」のゾンダなのだそう。

4

3台限定のうち「最後」のパガーニ・ゾンダHPバルケッタが納車される!その価格は20億円、トップを持たない純粋なスピードスター
3台限定のうち「最後」のパガーニ・ゾンダHPバルケッタが納車される!その価格は20億円、トップを持たない純粋なスピードスター

| パガーニ・ゾンダはなんだかんだ言いながらチョコチョコと製造され納車されているようだ |この記事のもくじ| パガーニ・ゾンダはなんだかんだ言いながらチョコチョコと製造され納車されているようだ |ただ ...

続きを見る

仕様としてはルイス・ハミルトンが所有していた「760LH」同様の760馬力仕様、しかしオープントップの「ロードスター」。

3

このボディカラーは「金属の表面を磨き上げた」ように見える”リキッドメタル”だと紹介されています。

8

テールランプはボディカラーにあわせたのか、すっきりしたクリアレンズ。

1

人気の高い「リアフェンダー上のエアインテーク」も取り付けられています。

パガーニ・ゾンダ760ロードスターのデザインスケッチはこんな感じ

こちらはこのゾンダ760ロードスターのデザインスケッチ。

たしかにボディ表面には「リキッドメタル」感が溢れていますね。

12

ちなみにこのゾンダ760ロードスターの車体デザインしたのは、以前に「ゾンダLM-Rラグノ」などのデザインを公開したLmm23デザイン

11

え?パガーニがまたゾンダの新バリエーション追加?ゾンダLM-Rラグノが(レンダリングにて)公開
え?パガーニがまたゾンダの新バリエーション追加?ゾンダLM-Rラグノが(レンダリングにて)公開

| もちろん非公式、デザインスタジオが独自にそのスペックを設定 |この記事のもくじ| もちろん非公式、デザインスタジオが独自にそのスペックを設定 |ただしスピードスター流行の今、実際に発売しても面白そ ...

続きを見る

なお、注文したのはロシアのチューナー「トップカー」の代表であるオレッグ・エゴロフ氏で、同氏にはこれまでにも「ウアイラ・イモラ」の納車を受けている他、トップカーの顧客のためにワンオフのウアイラをデザインしたことがあり、パガーニとはかなり密接な関係にあるもよう。

10

パガーニがこっそりと「史上最も過激な」ウアイラのワンオフモデルを納車!これまでのいかなるウアイラとも異なるエアロパッケージ

| 注文したのはトップカーの創立者 | パガーニがこっそりとウアイラのワンオフそしてもっとも過激なモデル「イモラ」を公開。パガーニのスタッフ、そして「ウアイラ・イモラ」のオーナーとの間で納車イベントが ...

続きを見る

パガーニ・ゾンダ760ロードスターの内装はこうなっている

そしてこちらはゾンダ760ロードスターのインテリア。

タンレザーにホワイトというかなり珍しいカラーを持っており、ステアリングホイールには「ウッドとリベット」が用いられているところから見るに、クラシカルな路線を追求しているようですね。

センタートンネルカバーにもリキッドメタル、そしてボディ同様にメタリックグレーのストライプが入ります。

2

そしてメタリックグレーは随所に用いられており、メーターパネルにも。

6

スピードメーターは400キロスケール。

7

リアのファイヤーウォールもタンレザーにメタル。

ゾンダの多くにはカーボンファイバーが多用されていますが、この760ロードスターの場合、やはりクラシックそして重厚な雰囲気を追求しているようですね。

5

合わせて読みたい、パガーニ関連投稿

ルイス・ハミルトンが7年間所有したパガーニ・ゾンダ760LHを売却!購入時の価格は1億7000万円、売却額はおそらく6億円以上か
ルイス・ハミルトンが7年間所有したパガーニ・ゾンダ760LHを売却!購入時の価格は1億7000万円、売却額はおそらく6億円以上か

| パガーニ・ゾンダのスペシャルモデルはこのところ急激に価値を上げている |この記事のもくじ| パガーニ・ゾンダのスペシャルモデルはこのところ急激に価値を上げている |さらに「ルイス・ハミルトン」とい ...

続きを見る

パガーニ史上もっとも過激な「イモラ」の公式画像公開!5台限定、一台は中国行きが確定。エンジンはAMG製827馬力、価格は4億円以上か

| もちろんウアイラ史上もっともパワフル、そしてアグレッシブ |この記事のもくじ| もちろんウアイラ史上もっともパワフル、そしてアグレッシブ |エアロパッケージは専用デザインこんな記事も読まれています ...

続きを見る

パガーニの最新ワンオフモデル、ウアイラ「NC」が公開!シュノーケルにリアウイング、内外装は「ブルー、レッド、ホワイト」そしてカーボン
パガーニの最新ワンオフモデル、ウアイラ「NC」が公開!シュノーケルにリアウイング、内外装は「ブルー、レッド、ホワイト」そしてカーボン

| いったいパガーニのワンオフモデルはどれくらい存在するのかが気になるところ |この記事のもくじ| いったいパガーニのワンオフモデルはどれくらい存在するのかが気になるところ |シンプルな仕様を見るに、 ...

続きを見る

参照:oleg_topcar

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->パガーニ
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5