ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>日産/インフィニティ(Infiniti)

納車前からリコール?新型フェアレディZのAT車が「Pに入れてもクルマが動く可能性」があるため北米にて販売が全面停止、調査が開始されることに

投稿日:

日産フェアレディZ

| やはり新型ユニットは何が起きるかわからない |

おそらくリコール対応には相当な手間がかかりそう

さて、北米にて「オートマチックトランスミッションを搭載したフェアレディZにつき、日産が各ディーラーへと販売停止命令を出した」との報道。

これは日本のように「売れすぎ」という理由ではなく、新たに搭載される9速オートマチック仕様の場合、「P」レンジに入れてもロックがかからずにクルマが動いてしまうという理由から。

現在まだリコールは出されていないとのことですが、日産が現在この問題を調査していると報じられています。

日産が公式に「7月末にてフェアレディZの受注を停止」と発表!売れすぎに加えパーツの手配ができず、「まずは受注分を生産することに注力」
日産が公式に「7月末にてフェアレディZの受注を停止」と発表!売れすぎに加えパーツの手配ができず、「まずは受注分を生産することに注力」

| 日産はサプライチェーン問題によって一度納車開始時期を後ろ倒しにしているが |この記事のもくじ| 日産はサプライチェーン問題によって一度納車開始時期を後ろ倒しにしているが |どうやら予想を超える受注 ...

続きを見る

日産はすでに別車種にて同様の問題が発生

今回の件に関し、日産の広報担当者であるジョナサン・ビューラー氏は「日産は、この問題を調査している間、2023年式日産(フェアレディ)Zのオートマチック・トランスミッション車において、品質留保を2022年8月29日に開始しました。調査は現時点で進行中です。ショールームやその他のステージにあるかどうかに関わらず、あらゆるATモデルの販売停止を行います」とコメント。

nissan-fairlady-z

なお、この9速オートマチックは2020-2022年のピックアップトラック「フロンティア」と「タイタン」にも搭載されており、すでに北米では二度のリコールが出されているそうですが、この際の理由としては、特定のパーツの寸法にバラツキがあり、そのため「パーキング」が適切に作動しないというもの。※米国道路交通安全局によると、「トランスミッションハウジング内のパーキングロッドとウェッジの間の抵抗により、動作をさせるためのパーツの動きが阻害される可能性がある」としている

フロンティアとタイタンでは合計で20万台のリコールとなっていて、現在リコール実施のための対応を進めていると報じられ、実際にリコール対応が開始されるのは11月1日からだとされています。

日産としては、リコール対応によって問題が解決するまで、フロンティアとタイタンのオーナーには「駐車時にはパーキングブレーキをかけるよう」注意を促しているそうですが、この問題を解決するにはトランスミッションを車体から下ろし、いったん「開ける」必要もあるものと思われ、(日産にとっては)相当なコスト負担となりそうですね。

この9速オートマチック・トランスミッションは「メルセデス・ベンツ製」がベース

ちなみにこの9速オートマチック・トランスミッションはジャトコが開発したJR913E型ですが、ベースとなっているのはメルセデス・ベンツ(当時はダイムラー)社の「9G-TRONIC」。※当時、ルノー=日産とダイムラーとはパワートレイン含む包括的な提携を行っており、GT-Rのシリンダー内コーティング技術がメルセデス・ベンツに使用されたこともある

これをベースにジャトコのエンジニアが改良を施したのが日産フェアレディZ等に使用される9速オートマチックであり、改良点は主にNVH(ノイズ、バイブレーション、ハーシュネス)に主眼を置いたものだとされています。

参考までに、新型フェアレディZ)のトランスミッションケースの横には「Z」の刻印がある、と公式に紹介されていますね。

2023-Nissan-Z-transmission-housing_2

新型フェアレディZのデザインはS30とZ32だけではなく歴代Zから着想を得ていた!そのほか「日本刀モチーフ」「黄金比を採用」など新要素が公開
新型フェアレディZのデザインはS30とZ32だけではなく歴代Zから着想を得ていた!そのほか「日本刀モチーフ」「黄金比を採用」など新要素が公開

| 新型フェアレディZのデザインには思ったよりも様々な要素が詰め込まれている |この記事のもくじ| 新型フェアレディZのデザインには思ったよりも様々な要素が詰め込まれている |デザイナーによる歴代フェ ...

続きを見る

合わせて読みたい、新型フェアレディZ関連投稿

nissan-fairlady-z
ウソのような本当の話!新型フェアレディZは「騒音規制の計測方法がAMとMTで異なるため」MTのほうがより静かなマフラーを装着している

| そうしないとマニュアル・トランスミッション車では騒音規制をクリアできない |この記事のもくじ| そうしないとマニュアル・トランスミッション車では騒音規制をクリアできない |まさかこんな事情があった ...

続きを見る

【動画】こんなに早く見れるとは思わなかったな。新型フェアレディZとGRスープラ、マスタングとの加速対決が公開。さらには「MTとATのZ」のタイマンも
【動画】こんなに早く見れるとは思わなかったな。新型フェアレディZとGRスープラ、マスタングとの加速対決が公開。さらには「MTとATのZ」のタイマンも

| 新型フェアレディZのパワーは十分だが、タイヤのグリップがイマイチなようだ |この記事のもくじ| 新型フェアレディZのパワーは十分だが、タイヤのグリップがイマイチなようだ |新型フェアレディZの「A ...

続きを見る

タミヤが1/24 フェアレディZ(プラモデル)を発売するぞ!さらにはボクの愛するタイレル6輪(F1)も1/10、1/12、1/20サイズで登場だッ!※さすがタミヤ
タミヤが1/24 フェアレディZ(プラモデル)を発売するぞ!さらにはボクの愛するタイレル6輪(F1)も1/10、1/12、1/20サイズで登場だッ!※さすがタミヤ

| さすがはタミヤ、モデル化に際してのこだわりよう、そしてモデルのセレクトにニヤニヤが止まらない |この記事のもくじ| さすがはタミヤ、モデル化に際してのこだわりよう、そしてモデルのセレクトにニヤニヤ ...

続きを見る

参照:Autoblog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->日産/インフィニティ(Infiniti)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5