ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ ■映画や音楽、本、ゲームについて

ランボルギーニが「エンジン・ソング V10編」をSpotifyに公開!アイドリング、巡航時、最大出力発生時それぞれのサウンドを編集して24曲の楽曲を作成

投稿日:2022/11/22 更新日:

ランボルギーニが「エンジン・ソング V10編」をSpotifyに公開!アイドリング、巡航時、最大出力発生時それぞれのサウンドを編集して24曲の楽曲を作成

| ランボルギーニは様々な方向からデジタル社会に対応しようとしている |

ランボルギーニはもう二度とV10エンジンを積まない可能性も

さて、ランボルギーニは先日V12エンジンのサウンドをフーリエ変換にて「音楽にした」プレイリストをSpotify上に公開していますが、今回はその「V10エンジン版」をリリースした、とアナウンス。※続いてV8版も公開するようだ

なお、ランボルギーニは少し前にウラカンのファイナルモデルであるウラカン・ステラートの画像を公開しており、これは事実上の「V10エンジン最終モデル」となる可能性が大。

ランボルギーニが放つ「スーパーカー+オフローダー」、ウラカン・ステラートのビジュアル解禁!リベット留めオーバーフェンダー、ロックガードが大迫力
ランボルギーニが放つ「スーパーカー+オフローダー」、ウラカン・ステラートのビジュアル解禁!リベット留めオーバーフェンダー、ロックガードが大迫力

| このクルマがメーカー純正だとは到底信じられない人も多いだろう |この記事のもくじ| このクルマがメーカー純正だとは到底信じられない人も多いだろう |しかしこういったクルマを発売してくるのが「ランボ ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカン後継モデルはV8ツインターボ搭載か

アヴェンタドール後継モデルはハイブリッド化されるもののV12エンジンを継続採用することが決まっており、しかしウラカン後継モデルはV10エンジンを廃止してV8エンジンを搭載するという説が濃厚となっていて、つまりV10エンジンは「これっきり」の可能性も。

ランボルギーニ
マジカヨ!ランボルギーニ・ウラカン後継モデルはV8ターボ+ハイブリッド、ただし7,000回転までは「NA+モーター」、そこから10,000回転までは「ターボ」という前代未聞のセットアップに

| さすがはランボルギーニ、すべての条件を満たし、しかも予想外のソリューションを提供するようだ |この記事のもくじ| さすがはランボルギーニ、すべての条件を満たし、しかも予想外のソリューションを提供す ...

続きを見る

そして今回ランボルギーニが発表したのがV10エンジンをフィーチャーした楽曲で、さらに細かくいうとウラカン・テクニカのV10エンジンにインスパイアされたものだと紹介されています。

ランボルギーニにてNVH(ノイズ、バイブレーション、ハーシュネス)を担当するマリオ・マウトーネ氏によれば「ウラカン・テクニカの運転席でのサウンド体験は没入感があり、ドライブの楽しさを高めるという研究結果があります。クーペでありながら、ルーフを下ろしてスパイダーを運転しているような感覚を味わうことができるのです」。

628888_v2

そしてランボルギーニとのコラボレーションによって楽曲の製作を担当した音楽プロデューサー、アレックス・トレカリーチ氏によれば、「ウラカン・テクニカの10気筒エンジンが発する低回転から高回転に至るまでのシンフォニーによって完璧なリスニング体験を提供する」とのことで、そのイメージについては「リラックスした雰囲気と軽快さを演出」「友人、週末、楽しみ、そして車に乗って踊りに行くときの感覚を思い起こさせるエレクトロニック・ミュージック」だと説明。

V10ミュージックは24曲構成

このV10ミュージックについてはV12のときと同様に「フーリエ変換」を用いて編曲され、音響心理学の原理との調和、音響と純粋な感情の間の物理学を加えることで比類なきシンフォニーを生み出しており、やはりV12版エンジン・ソング同様にアイドリング、4,500rpmでの巡航速度、8,000rpmでの最大出力という3つのステージを再現した楽曲を作成しているようですね。

628892_v3

なお、V10エンジンはポルシェ・カレラGT、レクサスLFAにも搭載され、美しいサウンドを発生することでも知られますが、マリオ・マウトーネ氏は「我々のV10は、エンジンから排気系、インテークマニホールドに至るまで、まるで楽器のようにチューニングされているのです。さらに痛快なことに、V10の場合、音域と周波数は女性の美しい歌声のように、美しいハイテンションを届けてくれます」。

アイドリング時には41.2ヘルツ、4,500rpmでは92.5ヘルツ、8,000rpmでは164.81ヘルツという周波数を発するとされますが、これはV12エンジンのそれぞれ「92.50Hz、98Hz、103.83Hz」とも異なる特性を持っており、とりわけ高回転では高い周波数を発していて、これをテクノやポップ、ロックを組み合わせることで独自の世界観を表現している、と紹介されています(せっかくランボルギーニのV10モデルに乗っているので、一度聴いてみようと思う)。

 

合わせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

ランボルギーニがV12エンジンのサウンドを回転域別に「音楽に仕立て上げ」Spotifyにて配信!その名も「エンジン・ソング」、エンジン音をAIにてフーリエ変換
ランボルギーニがV12エンジンのサウンドを回転域別に「音楽に仕立て上げ」Spotifyにて配信!その名も「エンジン・ソング」、エンジン音をAIにてフーリエ変換

| もしかするとランボルギーニは同様の手法にてピュアエレクトリックカーのサウンドを「生成」するのかも |この記事のもくじ| もしかするとランボルギーニは同様の手法にてピュアエレクトリックカーのサウンド ...

続きを見る

ランボルギーニのNFT第二弾、アヴェンタドールLP780-4ウルティメとアーティストのコラボモデルが2億円で落札!まだまだNFTに対する期待は高い
ランボルギーニのNFT第二弾、アヴェンタドールLP780-4ウルティメとアーティストのコラボモデルが2億円で落札!まだまだNFTに対する期待は高い

| 今回は「実車」が含まれるということもあり大きく価格が上がったものと思われる |この記事のもくじ| 今回は「実車」が含まれるということもあり大きく価格が上がったものと思われる |この勢いだとさらなる ...

続きを見る

ランボルギーニ×ドゥカティのコラボバイク第二弾、ストリートファイターV4 ランボルギーニが630台限定にて発売!ランボオーナー専用の特別モデルも63台追加
ランボルギーニ×ドゥカティのコラボバイク第二弾、ストリートファイターV4 ランボルギーニが630台限定にて発売!ランボオーナー専用の特別モデルも63台追加

| 日本国内価格は発表されていないものの、アメリカだと950万円から |この記事のもくじ| 日本国内価格は発表されていないものの、アメリカだと950万円から |たその価格も十分納得できる特別な仕様を持 ...

続きを見る

参照:Lamborghini

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ, ■映画や音楽、本、ゲームについて
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5