ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

2022年

ランボルギーニの2022年は過去最高の9,233台!ウルス、ウラカンも記録更新、納車待ち期間は1年半に。日本は現在5番目に大きな市場

ランボルギーニの2022年は過去最高の9,233台!ウルス、ウラカンも記録更新、納車待ち期間は1年半に。日本は現在5番目に大きな市場

| ランボルギーニは排他性を強調する戦略を採用、そのため「多品種小ロット生産」へ | そのため各モデルでは常に「完売」の状態が続いている さて、現在各社がその業績を公開しており、とくにプレミアムセグメ ...

ベントレーが3年連続で販売記録を更新し、2022年にははじめて納車台数が15,000台の大台に。最も売れたのはベンテイガだが、モデル/地域ともにうまくバランスが取れている

ベントレーが3年連続で販売記録を更新し、2022年にははじめて納車台数が15,000台の大台に。最も売れたのはベンテイガだが、モデル/地域ともにうまくバランスが取れている

| ベントレーは他ブランドに比較して特定モデルや特定地域に大きく依存せず、バランスよく不況に強い構成を誇っている | 他ブランドに比較すると中国やSUVへの依存率が低く、「波」を受けにくいようだ さて ...

トヨタ

トヨタが2022年も「世界販売1位」となることがほぼ確定。現時点で2位のVWに214万台の差をつけており、事実上ここからVWにの逆転は不可能だと報じられる

| トヨタ、フォルクスワーゲンともにそれぞれの事情に翻弄される | おそらくフォルクスワーゲンはここから中国のシェアを失い続けるだろう さて、トヨタが26日に2022年11月までの世界販売台数を公表し ...

【動画】トヨタが2022年新型クラウンのディティールをチラ見せ!なぜトヨタはここまで大きくクラウンを変える決心をしたのか?思えば今までにもその兆候が見られたようだ

【動画】トヨタが2022年新型クラウンのディティールをチラ見せ!なぜトヨタはここまで大きくクラウンを変える決心をしたのか?思えば今までにもその兆候が見られたようだ

| 今までの「ゼロクラウン」「クラウン ビヨンド」はクラウンをリセットし、既存イメージを書き換えるための挑戦だった | そしてもう、「今なんとかしないと」どうにもできないところまで来たのかもしれない ...

テスラ

北米における2022年第1四半期のプレミアムセグメント登録状況が公開!テスラがBMWやメルセデスを抑えて圧倒的首位を獲得、市場シェアは21.8%に

| テスラのライバルと目されたリビアン、ルシードはテスラに迫るどころか既存自動車メーカーのEVに駆逐されそうだ | 意外なことにメルセデス・ベンツEQSの健闘が目立ち、ポルシェ・タイカンを抑える さて ...

【動画】チューダーがロレックスの初代エクスプローラーIIっぽい「ブラックベイPRO」、GMTマスターIIのコンビっぽい「ブラックベイGMT S&G」を発表

【動画】チューダーがロレックスの初代エクスプローラーIIっぽい「ブラックベイPRO」、GMTマスターIIのコンビっぽい「ブラックベイGMT S&G」を発表

| いったんはロレックスから「離れる」方向性を見せたチューダーだったが、今回はロレックスに「寄せて」きたようだ | 39ミリのブラックベイPROはなかなか魅力的 さて、チューダー(チュードル)も202 ...

【動画】ロレックス2022年新作腕時計パート2!ヨットマスター42に初のYG、デイデイトにも初のPT+フルーテッドベゼルが登場。ロレックスは常に進み続けている

【動画】ロレックス2022年新作腕時計パート2!ヨットマスター42に初のYG、デイデイトにも初のPT+フルーテッドベゼルが登場。ロレックスは常に進み続けている

| 腕時計業界広しといえど、金属の加工技術にかけてはロレックス以上のブランドはないだろう | そのうちロレックスもチタン、サファイアクリスタルケースを採用するのかもしれない さて、ロレックスの2022 ...

【動画】ロレックスが2022年新作腕時計を発表、まさかのGMTマスターIIに「レフティ」しかもグリーンベゼルが登場。エアキングはより「プロ志向」が高められた仕様へ

【動画】ロレックスが2022年新作腕時計を発表、まさかのGMTマスターIIに「レフティ」しかもグリーンベゼルが登場。エアキングはより「プロ志向」が高められた仕様へ

| おそらくロレックスが「レフティ」を発売するのは初めてだと思う | ロレックスは個々のモデルの性格とルーツをより明確に、そしてより強調する方向へと動いている さて、ロレックスが予告通り2022年新作 ...

フェラーリが全モデルに2022年のF1マシン「F1-75」の車体色、ロッソF1-75オパコを選べるようになったと発表!フェラーリがサテンフィニッシュを採用するのは珍しい

フェラーリが全モデルに2022年のF1マシン「F1-75」の車体色、ロッソF1-75オパコを選べるようになったと発表!フェラーリがサテンフィニッシュを採用するのは珍しい

| フェラーリが開幕と同時にその年のF1マシンと同じカラーを用意する例はかなり珍しいと思う | このままF1-75が快進撃を続ければ、歴史に残るF1マシンとなりそうだ さて、先日フェラーリ296GTB ...

アルファロメオC42

アルファロメオが「レトロ仕様」の2022年F1マシン「C42」を公開!中国人初のF1ドライバー、チョウ・グァンユを迎えランキング上昇を狙う

2022/3/1    , , ,

| アルファロメオは昨年を10チーム中9位という不本意な結果で終えている | 新レギュレーションと新ドライバーラインナップによって一気に浮上を狙う さて、2022年シーズンのF1マシンにつき、「最後の ...

アルピーヌが2022年シーズンのF1マシン「A552」を発表!カラーリングはピンクとブルーの2パターン、サイドポッドの絞り込みは最大レベル?

アルピーヌが2022年シーズンのF1マシン「A552」を発表!カラーリングはピンクとブルーの2パターン、サイドポッドの絞り込みは最大レベル?

2022/2/23    , ,

| 新レギュレーション導入初年度ということもあって各社とも独自性あふれるデザインに | ただし今後は上位チームのソリューションにあわせたデザインに集約されそうだ さて、2022年シーズンから新レギュレ ...

フェラーリが2022年シーズンのF1マシン「F1-75」発表!新レギュレーションをアグレッシブに解釈したデザイン、そして1990年前後の「もっとも美しかったF1マシン」のカラーリングが復活

フェラーリが2022年シーズンのF1マシン「F1-75」発表!新レギュレーションをアグレッシブに解釈したデザイン、そして1990年前後の「もっとも美しかったF1マシン」のカラーリングが復活

| 75周年を迎えた今年、フェラーリは今年こそトップを狙う | 2022年からホイールが18インチに、そしてグラウンドエフェクトが復活 さて、フェラーリが2022年シーズンに向けたF1マシン、「F1- ...

ジャガー

2022年1月の国内輸入車登録状況!コンパクトカーに人気が集中、一方でジャガーは前年比3.5倍、ロータスは2.7倍。ジャガーは撤退前の在庫処分なんじゃないかと心配に

| ここ最近ずっと販売が下がり続けていたジャガーにとってこの数字は異常でしかない | 輸入車全般的に、国産車の傾向とよく似た動きをしているようだ さて、2022年1月の国内輸入車登録台数が発表に。全体 ...

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5