ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■ファッションや腕時計、雑貨など

グランドセイコーより「セイコー110周年記念」限定モデル登場!漆塗りに高蒔絵、ブリリアントハードチタンケースに鎧織ストラップを備えて1,815,000円

投稿日:

グランドセイコーより「セイコー110周年記念」限定モデル登場!漆塗りに高蒔絵、ブリリアントハードチタンケースに鎧織ストラップを備えて1,815,000円

| グランドセイコー110周年記念限定モデル「SBGW295」はその仕様を見るに「割安」だと考えていいだろう |

バーインデックス、Grand Seiko文字はなんと立体の高蒔絵

さて、グランドセイコーより「セイコー腕時計110周年」記念モデル「SBGW295」が2月24日より世界限定500本、1,815,000円にて発売開始。

この腕時計のテーマは「人に寄り添い、ともに時を刻む」だといい、実際に人とともにあったセイコーの腕時計における110年の歴史の集大成。

さらには日本らしい技術「黒漆」「高蒔絵」を採用した1本となっています。

ちなみにぼくはグランドセイコーの腕時計を所有したことはありませんが、その仕上げに関する技術については魅力を感じているものの、全体的な印象があまりに「地味」ということもあり、なかなか購入できずにいるのが現状です(1本は所有すべきだと考えているが、ぼくにとって身につける場も限られており、なかなか手が出ない)。

セイコーはこんな歴史を歩んできた

そこでセイコーの歴史を振り返ってみると、現在のセイコーの起源でもある服部時計店を興した服部金太郎は1881年に腕時計の修繕と販売から事業をスタートさせており、1992年に掛け時計の製造を手掛け、そこから1913年に国産初の腕時計「ローレル」をリリースすることに。

なお、この「ローレル」は2014年、日本機械学会より「日本の機械技術や産業の発展に寄与し、国民生活や文化に貢献した文化的遺産として次世代へ伝えるべき存在である」として奇界遺産へと認定されている、とのこと。

1

「グランドセイコー」の誕生はその後の1960年となるのですが、これは「スイス製腕時計に負けない、世界で通用する国産高級腕時計」を標榜して誕生しており、最初のモデルは国産腕時計だとはじめて「スイス・クロノメーター検査基準優秀級規格」に準拠したモデルとして発売されたそうですが、当時の上級国家公務員の初任給が12,000円であったところ、25,000円にて発売されたというので、かなりな高級品であったようですね(ただ、初任給と腕時計との価格的比率でいうと、現代のグランドセイコーのほうが差が大きい)。

セイコー腕時計110周年記念モデル「SBGW295」はこんな仕様を持っている

そこでこのセイコー腕時計110周年記念モデル「SBGW295」を見てみると、初代グランドセイコーの復刻とも言えるデザインを持ち、さらには日本の伝統工芸「漆芸」を盛り込んだ、腕時計を超えて芸術作品とも言えるモデル。

一方、ケースには(当時は技術的観点から、腕時計のケース素材としては一般的ではなかったと思われる)ブリリアントハードチタンを使用するなど現代的な側面も持っており、まさに過去と現在とを結びつける腕時計だとも考えられます。

4

漆が用いられるのはもちろんダイヤルですが、漆は耐久性が非常に高いことから古来日本では様々な身の回り品に使用されており、そして今回SBGW295に使用されるのは生産量が限られる純国産漆(海外産に比較すると扱いが難しいものの、発色を長期間維持できる)。

そしてこのSBGW295の大きな特徴がダイヤルの上に施される「高蒔絵」で、これは金沢の漆芸家、田村一舟氏によって施されたもの。

この高蒔絵はバーインデックスとGrand Seikoロゴに使用されているのですが、立体感を出すために何度も塗り重ねてこれを再現することになり、言うまでもなく非常に高い技術力が要求されることになります(よこくれを500本ぶんも作ったなと思う)。

なお、ダイヤルは端に向かうに従い「カーブする」形状を持ち、分針と秒針もまた、このカーブに沿って曲げられることで「文字盤と針とのクリアランス」を最小化しています(優れた腕時計であることを示す要素の一つはこの”文字盤と針とのクリアランス”であり、たとえばパテックフィリップやオーデマピゲはこれが非常に小さく、極限すれば文字盤の上に針を描いたかのように見えるほどである)。

2

ケース素材は上述のとおりブリリアントハードチタン、そしてこの素材は通常のチタンと同等クラスの軽量性を保ちつつ、ステンレススティールの2倍の硬さを誇るとされ、漆と同様に高い耐久性を誇るため、「長く愛用できること」というグランドセイコーの信条、そして今後の資産となりうる110周年記念限定モデルとしては理想的な素材かもしれません。

このブリリアントハードチタンの表面には、熟練の研磨紙によるザラツ研磨が施され、漆黒のダイヤルとのマッチングを高めており、さらにケースバックは手巻キャリバー9S64が見えるようにシースルー化(ケースバックにはシリアルナンバーも刻印される)。

1

標準のストラップはグランドセイコーとして初の「クロス」つまり織物を使用していますが、これは「かつて武士の鎧兜を編み上げた、日本の伝統的な手法」である鎧織を用いているといい、細く裁断した牛革を糸とを織り込んでいるのだそう。

バックルはワンプッシュ三つ折れ方式、そして替えベルトとして柔らかいレザーも付属しています。

230201_seiko_0-1

合わせて読みたい、セイコー関連投稿

セイコーのダイバーズウォッチをロレックス風にカスタム
【動画】これ流行っとるん?セイコーのダイバーズウォッチをロレックス「グリーンサブ」「ヨットマスター」「GMTマスターII」へと変身させるカスタム

| ちょっと弄るだけでセイコーのベーシックなダイバーズウォッチがこんなにカッコよくなるとは | さて、どうやら一部で流行っているらしいのが「セイコーのダイバーズウォッチをロレックス風に」というカスタム ...

続きを見る

ロレックス、グランドセイコー、ランゲを顕微鏡で拡大してみた
【動画】ロレックスファンには厳しい現実?ロレックス、グランドセイコー、A.ランゲ&ゾーネの腕時計を200倍の顕微鏡で拡大してみたらこうなった

| ロレックスはやはり「実用時計」?細部の仕上げにまではあまり注意が払われていないようにも | さて、高級腕時計の細部を「顕微鏡で見てみる」というショッキングな動画が公開。これはユーチューバー「スイス ...

続きを見る

【動画】本当にグランドセイコーはいい腕時計なのか!ロレックス・サブマリーナと細部を比較してみた。両者の考え方の差が明確に

| 甲乙つけることができない部分もあるが、明白に優劣が見える部分も | さて、ロレックス・サブマリーナ116655LNとグランドセイコー・スポーツSBGA229との比較動画が公開に。ロレックス・サブマ ...

続きを見る

参照:Seiko

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■ファッションや腕時計、雑貨など
-, , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5