>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタ「新型GRスープラはニュルを7:40で走れる」←7:40はレクサスLFA、ブガッティ・ヴェイロンと同じタイムだが・・・

本当に実現できれば一大事 トヨタのスポーツ車両統括責任部長、多田哲哉氏によると、GRスープラはニュルブルクリンクを7分40秒程度で走行できる、とのこと。ただし現在のところはニュルブルクリンクのタイムアタックを行っていないので「想像」の範囲に留まりそうですが、新型スープラは幾度となくニュルブルクリンクを走り込むことで熟成を重ねており、そこから得た感触であれば実際にこのタイムを出すことは難しくないのかもしれません。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向け ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

新型BMW 7シリーズ発表!「キドニーグリルは40%大きくなり、5cm高くなった」。なおBMWエンブレムもあわせて巨大化

これでBMWも「脱金太郎飴」デザインへとシフト 直前にオフィシャルフォトがリークされてしまった新型BMW 7シリーズが公式に公開。今回は「新型」とはいえどもフェイスリフト(マイナーチェンジ)に該当する改良となります。ただ、内外装において「見える部分」は大幅にアップデートされており、アッパーマーケットにおいて影響力を強めようというBMWの強い意思を見て取れる内容となっているようですね。 こちらもオススメ、関連投稿BMWが1/2シリーズをフェイスリフト。前後ランプの改良がメインで内外装の変更は極小新型BMW ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

新型トヨタGRスープラにはMT追加の可能性も。「無視できないほどの要望があればMT搭載も考えねばならない」

過去にはMTを実際にテスト済み、その上でATのみとした経緯も GRスープラが発表されてから数日が経ちましたが、市場の反応は概ね良好。おそらくは最大の市場となる北米からもとくにネガティブな意見は出ていないようで、そのほとんどは好意的、いや熱狂的とも言えるものばかり。新型GRスープラはBMW Z4との共同開発ではありますが、目に入る部分でZ4との共通点は(ドアミラーを除くと)見当たらず、トヨタのデザイナーは本当にいい仕事をした、と考えています。 なお、新型GRスープラは非常に複雑な面構成を持っていて、それはお ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン600LTスパイダー参上。グローブボックスなし、カーペットもなし。リトラクタブルルーフは「布よりも軽い」

完全に妥協を廃したピュアスポーツ マクラーレンが先般よりティーザーキャンペーンを展開していた「600LTスパイダー」を公開。「600LT」は570Sをベースにしたマクラーレンきってのハードコアモデルですが、そのオープンモデルが「600LTスパイダー」となります。 ”マクラーレンオレンジ”の600LTが公開。加えて本国価格は185500ポンド(2750万円)と発表 こちらもオススメ、関連投稿日本でもマクラーレン600LTがお披露目。価格は2999万9000円、1年間のみの限定生産”マクラーレンオレンジ”の6 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >スバル(SUBARU) ■外国ネタ・旅行など ■ニュース

香港では日本車人気が加速中!GT-Rやシビック・タイプR、スバルBRZのほかミニバンのカスタムも大人気

香港で人気の日本社ははスポーツモデルかミニバンだ さて、香港で見かけた日本車たちを紹介。香港は日本やイギリスと同じ「右ハンドル」国ということで古くから日本車が輸出されており、そのため日本車の人気がもともと高い地域でもあります。そして現在人気の日本車というと「スポーツカー」「ミニバン」。そのほかだとコンパクトカーは時々見かけるものの、セダンは欧州勢(特にジャーマンスリー)に押されて日本車はあまり走っていないようですね。※せいぜいレクサスのセダンくらい こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!RX-7 ...

ReadMore

>フォード(FORD) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

フォルクスワーゲンとフォードが提携!電気自動車や自動運転関連技術を共有しコスト削減に動く

フォルクスワーゲン版「フォードF-150」、フォード版「ワーゲンバス」が登場するかも ロイターによると、フォルクスワーゲンとフォードとが提携を行うと発表した、とのこと。両社とも非常に大きな規模を誇る自動車メーカーですが、電気自動車や自動運転関連技術、トラックやバンといった商用車部門での共同開発を行ってゆくことが目的だと伝えられています。※2017年の売上高だと、フォルクスワーゲンは1位、フォードは6位 こちらもオススメ、関連投稿【動画】ブガッティが3Dプリンタで製造した新型ブレーキキャリパーを公開。「重量 ...

ReadMore

■このサイトについて >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWは新型Z4の加速タイムを”スープラ超え”に上方修正。新型スープラのスペックよりも劣るのが我慢できなかった模様

BMW Z4の0-60マイル加速タイムが4.4秒から3.9秒に修正される トヨタは先日デトロイト・モーターショーにて新型スープラを発表しましたが、その際に公表したのが「0-100km/h加速4.3秒」という数字。アメリカだとキロではなく「マイル」が使用されるため、「時速0-60マイル(時速96キロ)」が「0-100キロ」の代わりに用いられるのが一般的ですが、この「0-60マイル」だと新型トヨタ・スープラは4.1秒という数字を誇ることになります。 この記事のあとによく読まれている投稿

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW 7シリーズの公式画像がリーク!新旧BMW 750Liを比較してみると大きなキドニーグリルが格好良く見えてきた

新旧7シリーズを比較すると、やはり新型のほうが高級感と威厳があるようだ 先日、おそらくカーコンフィギュレーター上のものと思われる画像が流出した新型BMW7シリーズですが、今回はオフィシャルフォトっぽい画像がリーク。ちなみに新型7シリーズ自体は一両日中に発表される予定であり、その直前になっての流出、ということになります。BMWの場合、これまでにも8シリーズやX5、X7の画像が発表直前にリークされていて、比較的「漏れやすい」会社なのかもしれません。 ついに新型BMW 7シリーズのオフィシャルフォトがリーク。キ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連

ゲンバラが0-100km/h加速2.38秒の「911GTR 8XX Evo-R」発表!前後リベット留めのオーバーフェンダーを持ち「993GT2」風のルックス

ボディパネルはフルカーボン ポルシェチューナーとして知られるゲンバラ(Gemballa)が991世代の911ターボをベースにチューンした「ゲンバラGTR 8XX Evo-Rの実車を公開。ゲンバラはすでに昨年、「構想」としてのGTR 8XX Evo-Rを公開していますが、この時点での「目標」出力は828馬力、0-100キロ加速2.3秒というスペック。今回発表された実車はこれに少し届かず「810馬力」「2.38秒」とやや目標に遅れるものの、ノーマルの911ターボの出力「580馬力」はもちろん、911GT2RS ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

CG職人がいい仕事をした。新型スープラがオープンになるとこうなる、というレンダリング

トヨタは間違いなく新型スープラにオープンモデルを設定したいと考えているはずだが 新型車が発表されると必ず出てくる、「もしも」系レンダリング。今回もおなじみのX-TOMI DESIGNが「スープラ・コンバーチブル(カブリオレ)」のCG発表一番乗りとなっていますが、なかなかに完成度の高い作品となっており、オフィシャルフォトといっても通用しそう。そしてこの後も続々と同様のレンダリングが登場し、中には「タルガ(エアロトップ)」「ワゴン」「トラック」「オフローダー」といったレンダリングが登場するのは想像に難くないと ...

ReadMore



>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

新型メルセデス・ベンツGクラスが登場。より高級に、より快適に、よりタフなスーパーSUV

更新日:

| 今まで、これほどまでに”変わらない”ことをテーマにしたモデルチェンジがあっただろうか |

メルセデス・ベンツがついに新型Gクラスを公開。
実車はデトロイト・モーターショーでのお披露目となりますが、まずはオンラインでのアンヴェールとなります。
画像を見ても分かる通り、これまでのGクラスとほぼ同じ。
これはもちろんGクラスのDNAを維持した結果となっているのは明白で、しかし目立たない部分、見えない部分は大きく進化しているようですね。








大き変わったのはその中身

こちらはフレーム。
これまでのラダーフレームを踏襲していることがわかります。

2019-Mercedes-Benz-G-Class-002

トランスミッションやサスペンション。
フロントサスペンションはすでに公開されたとおり、サブルウイッシュボーンへと発展。

2019-Mercedes-Benz-G-Class-004

なお先代に比べて重量はなんと170キロも軽量化。
これはアルミやマグネシウムなどの軽量素材を使用することで達成された、としています。

2019-Mercedes-Benz-G-Class-005

外装は主にエアロダイナミクスの向上が行われた

2019-Mercedes-Benz-G-Class-1

見た目「変わらない」新型Gクラスですが、フロントバンパーやフードの角が「丸く」なったことでエアロダイナミクスも改善された、とのこと。
ヘッドライトやグリルのデザイン変更で「新型」だとかろうじて分かるレベルです。

2019-Mercedes-Benz-G-Class-043

サイドビューも先代とほぼ一緒。
スペアタイヤを背負っているところも同じですね。
車体そのものは先代に比べて53ミリ長く、12.1ミリ広くなった、とのこと。
バランス良く「拡大コピー」されたためか、ほぼディメンションは同じように見えます。

2019-Mercedes-Benz-G-Class-016



内装の進化は大きい

やはり大きく変わったのは内装。
これは先の投稿でも紹介していますが、スイッチ類のレイアウトは先代のものを踏襲しながらもそのインターフェースが大きく進化。
ですが切り立ったフロントウインドウ、短いダッシュボードなどは先代譲りで、これも「DNA」を感じさせる部分です。
基本的にはステアリングホイール、12.3インチの液晶ディスプレイ、など「全て」が置き換えられることに。

ボディサイズが大きくなったぶん内装も広くなり、足や肩、肘が内装に接触するような機会が大幅に減った、とも(後席レッグルームは150ミリも拡大)。

内装オプションとしては16スピーカー構成を持つブルメスター・サラウンド・システム、デジーノ・レザー、アクティブ・マルチ・コンツアー・シートパッケージ(マッサージやシートヒーター、ベンチレーションが内蔵)、さらにはエクスクルーシブ・インテリア・プラス・パッケージ(ドア内張り、ダッシュボード、センターコンソールがナッパレザー張りに)も。

乗り心地も大きく変わったとされ、ノイズやバイブレーションが大きく低減され、これらは「飛躍的な進歩」と試乗レポートでも伝えられるところですね。

2019-Mercedes-Benz-G-Class-041

本質はオフローダー

快適かつ高級な乗り心地/装備を持ったといえども「オフローダー」という本質は変わらず、これもすでにデフロックなどの機能が公開されているとおり。
水深70センチまでの渡河能力を持ち、アプローチアングルは31度、デパーチャーアングルは30度。

オフロード走行に特化した「Gモード」を持つことも明らかになっており、スポーツカーの「スポーツモード」とは逆にアクセルやステアリングシステムの反応がスローになり、ダンパーの設定も変更になる、とのこと。

2019-Mercedes-Benz-G-Class-042

当初は4リッターV8ツインターボ(416馬力)+9速AT(9Gトロニック)からのスタート。
日本での価格は不明ですが、欧州での価格は€107,040.50とアナウンスされています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.