>ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■近況について ■ニュース

今日のランボルギーニ・ウラカン。フロントバンパーの飛び石キズを自家調合タッチアップで補修してみた

| なるべく飛び石を受けないように走っていたつもりだったが | さて、先日コーティングをメンテナンスしていただいた際に発見した飛び石キズ。その場所はフロントバンパー中央で、傷はさほど深くなく、その幅1.5ミリくらい。放っておいてもいいかというほどの微細なものですが、今回はあえてその傷を補修してみようと思います。補修に使用するのはタッチアップペイントで、上の画像は周囲にペイントがつかないよう、傷のまわりにマスキングテープを貼ったところ。 こちらもオススメ、関連投稿アウディTT純正タッチペン「ベガスイエロー」 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】ユーチューバー、フェラーリ本社のあるマラネロへ。街中はフェラーリだらけ、謎のF8トリブートも走行中

| F8トリブートは最後の排ガステスト中?もしかするとハードコアモデルも | 我らがユーチューバー、Shmee150氏が自身のフェラーリGTC4ルッソにてイタリアはマラネロへ。Shmee150氏は以前にもフェラーリFFに乗っていたことがあると記憶していますが、フェラーリに対してはスポーツ性よりも日常性を求めているように思われます(そのかわり、スポーツ性はマクラーレンに求めているようだ)。そしてマラネロといえばフェラーリ本社のある地ですが、そこで見かけた数々のフェラーリを紹介、というのが今回の内容となってい ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

テキサスにて、放置された11台の希少なフェラーリが発見される。オーナーが売却を試みるも売れないままに死去→その野ざらしに

| それにしても自宅敷地内にフェラーリを11台も放置できるとは | 貴重なフェラーリ11台が「野ざらし」の状態で発見され、「いったいなぜこんなことが」と話題に。2015年までのフェラーリが一箇所に集められて放置されており、その内容としては348、456、テスタロッサ、400i(オープンにコンバートされている)、308QV、308GTS、モンディアル、モンディアル・スパイダー等。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場この内容 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >ポルシェ911関連 >日産/インフィニティ(Infinity) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】アウディR8、ポルシェ911カレラ4S、BMW M850i、日産GT-R。4WDレイアウトのハイパワースポーツの加速競争、ブレーキング競争を見てみよう

| 10年選手のGT-Rが最新鋭スポーツと渡り合えるのはまさに驚愕 | Carwowがちょっと面白い「4WDスポーツカー」のみのドラッグレース企画を実施。メンバーはアウディR8 パフォーマンス、日産GT-R NISMO、BMW M850ixDrive、新型ポルシェ911カレラ4S。いずれも4WDシステムを持ちますが、エンジン搭載位置についてアウディR8はミッド、GT-RとM850iはフロント、そして911はリア。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!RX-7、GT-Rはじめマツダ、日産の「もし ...

ReadMore

>ベントレー(Bentley) >マセラティ(Maserati) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

その価格2900万円!ベントレー100周年記念本が発売に。購入者は自分の写真をページ内に入れて「ベントレーの歴史」となることが可能

| 実際に購入するのはどんな人なのか興味のあるところ | ベントレーは今年で創業100周年を迎え、重量30kg、800ページという強烈なボリュームを持つ記念本”The Bentley Centenary Opus”を発売。この本は「三種類の」バージョンにて発売され、もっとも安価なもの(価格は未公開)は「センテナリー・エディション(Centenary Edition)」で500冊の限定。表紙には実車に採用されるのと同じエンブレムが使用され、加えてベントレーの実車と同じレザーによって装丁されることに(ケースも ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

メキシコ政府がナイス判断。「奪われた人々へ」返還することを目的にランボルギーニなど高級車を競売にかけ、収益金にて貧困層の救済を開始

| 壊すのではなく「与える」ことが重要だと思う | メキシコ政府が、「犯罪者から押収した」クルマ82台を競売にかける、と発表。これら82台の中にはランボルギーニ・ムルシエラゴ・ロードスター、シボレー・カマロ、フォードF-150、そのほかコルベットやメルセデス・ベンツ、BMW、マスタング、ポルシェ、さらにはMINIやフィアット500、フォルクスワーゲン・ビートルなど多種多様なクルマが含まれています(動画に出てくる)。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク ...

ReadMore

>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 >ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費 ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンのコーティングメンテナンス完了!外装は透明感のある輝きに、内装は真っ白に

| これでまた一年キレイなクルマに乗れることに | さて、先日コーティングのメンテナンスに出していたランボルギーニ・ウラカン。無事にメンテナンスが終了し、早速引き取って来たところ。お願いしていたのは兵庫県は尼崎にある「煌(きらめき)」さんですが、メンテナンスを依頼するのは今回で二回目です。 今日のランボルギーニ・ウラカン。年に一度のコーティングメンテナンスに出してきた! こちらもオススメ、関連投稿ポルシェ718ケイマンのキーホルダーを「作って」みた。ボッテガ・ヴェネタ、エルメス製品を合体ガレージに「LAM ...

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェが「レストアしない」と決めた、重量わずか450kgのヒルクライムマシン、910/8。その理由とは

| 「レストアしない」のはレストアによってそのオリジナリティが失われるから | ポルシェミュージアムには640台もの「未レストア」車両があるそうですが、その中でレーシングカーは3台のみ。そしてその3台のうちの一台がこの「910/8ベルクスパイダー(シャシーナンバー031)」。この910/8ベルクスパイダーについては、これまでポルシェミュージアムに展示されたことはなかったそうですが、今回ついに「はじめて」一般向けに公開されることに。 910/8ベルクスパイダーはスチール製スペースフレームに樹脂製のボディを持 ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダ・アクセラ改め「マツダ3」国内発表!上質かつ快適さを目指して内外装、パワートレーン、制御技術すべてが進化。欧州プレミアムコンパクトに真っ向から挑む

| ファストバックの価格は2,181,000円~3,621,400円、6MTも | マツダが日本国内にて「マツダ3」を発表。これまで「マツダ3」は日本以外の国において使用されていた名称であり、日本では「アクセラ」の名を使用。ただし今回のモデルチェンジに際し、(トヨタ「ヤリス」同様に)マツダ3という、世界標準の呼称を日本でも使用することに決定した、とアナウンスされています。なお、マツダによると新型「マツダ3」は新世代商品の第一弾だとされ、”日常が鮮やかに輝くパーソナルカー”というコンセプトを掲げています。※ ...

ReadMore

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

なかなかEVが一般化する日は来ない?米ではあとをたたないEVスペースに駐車するガソリン車に罰金、VWは「一台売って38万の赤字」

| なぜエレクトリック化は「予想した通りに」進まないのか | 現在、世界中の自動車メーカーが進める「エレクトリック化」。特に熱心なのはフォルクスワーゲングループですが、BMWやメルセデス・ベンツもそれに続く形です。一方、消費者ではEVに関心があるという割合は高くなく、メーカー側がEVを発売しても思ったほど売れずに「笛ふけど踊らず」な状態。 こちらもオススメ、関連投稿VWがゴルフGTI最強モデル「TCR」の詳細画像を公開。専用エアロ、そしてクーリングやブレーキも強化され専用ボディカラーも「最強GTI」、VW ...

ReadMore



■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■近況について ■ニュース

新名神の開通区間(川西〜新神戸)を走ってきた!速度をコントロールする、日本初「ペースメーカーライト」も

投稿日:2018/03/21 更新日:

| さっそく新名神の開通したて区間を走ってきた |

さて、2018年3月18日に川西〜新神戸間が開通したばかりのE1A新名神高速道路(NEXCO西日本のページはこちら)。
いままでぼくが住む地域から神戸に行くのはけっこう手間(渋滞する場所を抜けなくてはならない)だったものが、これが出来たことで一気に時間が短縮されることに。
ぼくの場合は「箕面とどろみ」が最寄りインターとなり、ここから一気に神戸ジャンクションまで走れることになります。








これで車のクラッチにも負担がかからない

それまでは下道で40分くらいかけて中国自動車道豊中インターまで行く必要があり(渋滞する)、帰りもやはり豊中インターで降り、そこから渋滞に巻き込まれながら帰る必要があったわけですね。

正直なところこれは車のクラッチにはあまり良いとは言えず、そのために神戸に行くのをためらうことが多かったものの、これで渋滞を気にせず神戸方面へと行けることに。
なお、これまで中国自動車道を通っていた時にはもう一つ問題があって、それは帰り(東行き)の際に必ず遭遇する「宝塚トンネルの渋滞」。

とにかくこの渋滞は関西では有名で、ロボットクラッチの車だと(ランボルギーニ・ガヤルドのEギアやフェラーリF430のF1、マセラティ・グラントゥーリズモのカンビオコルサなど)この渋滞でクラッチを焼いた、警告が出たという話も多数。
ストップ&ゴーが多いことに加えて「ジリジリ進む」ことになり、ロボットクラッチ(セミオートマティック、シングルクラッチ)にとって、この「半クラッチでちょっとだけ動く」のが一番負担がかかるわけですね。

つまり半クラッチの時間を極力短くする必要があるので「グッと」アクセルを踏み込むことになりますが、そのため前の車が動いてもすぐには進まず、ちょっと距離が開いてから車をスタートさせることに(距離が開いていないのに加速すると追突してしまう)。

あとはアクセルを抜いて惰性で進むことになるものの、とにかくここを走ると車(のクラッチ)が焦げ臭くなることがあって、心理的負担がキツイ区間でもあります。

shinmeishin3

「日本初」ペースメーカーライト

しかしながら今回E1A新名神開通によってその区間を通る必要がなくなったのが非常に嬉しく、早速神戸へ出かけることに。
道路がきれいなのはもちろんですが、NEXCO西日本自慢の「日本初の先進技術」が盛り込まれた道路には「へえー」と感心すること多数。

ぼくが最も驚いたのは「ペースメーカーライト」で、これはトンネル内のLED照明にグリーンLED(正確にはマルチカラー)が組み込まれており、この速度で走るといい、というペースを示してくれる(光の流れる速度で走ればOK)もの。
宝塚トンネルの渋滞は「トンネルに入ることで精神的圧迫感を感じ、車速が落ちる」ことで引き起こされると言われますが、それの防止も兼ねているようですね(NEXCOによると、逆にスピード出しすぎを抑える効果も)。

こちらが実際にその様子を録画したものですが、ホワイトの照明内に並行しグリーンのライトが「走って」いるのを確認できます。
動画だとちょっとわかりにくいものの、肉眼だとけっこうはっきりと確認でき、かなり「未来っぽさ」を感じるところでもありますね。

さらにこのマルチカラーLEDは落下物などがあって注意喚起を行う必要がある際にはイエロー、事故発生時にはレッドに光る(点滅する)とのこと。

そのほかの先進装備は事故発生時に「発生現場まで自走するロボットカメラ」、「双眼監視カメラ」「路側表示板」「本線情報板・インター入口情報板」などなど。



宝塚北サービスエリアも見逃せない

そして新名神神戸エリアの新名所とも言える「宝塚北サービスエリア」も大人気。
上り、下り両方からアクセスできますが、ぼくが行った時は行きも帰りも「満車(収容可能台数は400台)」で入れず。

ホームページを見るに有名ラーメン店の「どうとんぼり神座」はじめ「道のみなと」「めん処つる庵」「タカラヅカキッチン」「西谷食堂花ぐるま」が入るフードコート、関西の有名スイーツ店(「アンリ・シャルパンティエ」「神戸フランツ」「パブロ」「モンロワール」「福壽堂秀信」「ユーハイム」「ゴンチャロフ」)が集合した物販コーナー、さらにはインスタ映えを狙った鉄腕アトムのトピアリーがある模様。

そのほか入居しているお店は現時点で「Yogorino(ヨゴリーノ)」「きんぎんDO-」「TAKORAZUKA」「逆瀬川商店」「LINE DANCE」「森のパンお宝サン」「Tezuka Pockets (手塚治虫グッズ)」といったところ。
しばらくすればさほど混まなくなると思われ、頃合いを見計らって再度挑戦してみたいと思います。

shinmeishin

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。 6000万円くらいを記録していた時期もありますがそれが4500万円くらい(新車価格と同じくらい)になり、 ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。 たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が5 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。 その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが ...

-■その他自動車関連ニュース・ネタなど, ■近況について, ■ニュース
-, ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.