ad-728





>フェラーリ(Ferrari)

生産80台のみ、フェラーリSAアペルタの中古が登場。価格1.15億なるもピーク時より値下がり

2018/04/15

| 超希少モデル、フェラーリSAアペルタの中古が登場 |

フェラーリSAアペルタの中古がスペインより登場。
フェラーリSAアペルタは599GTO(限定生産599台)のオープンモデル(”アペルタ”はオープンの意味)で、生産はわずか80台のみ。
フェラーリは限定シリーズにも”少量で”オープンモデルを追加したり、そもそもオープンモデル自体が限定であったりする場合が多く、そのため「フェラーリのオープンモデル」の価格は必然的に高騰することに。

フェラーリのオープンモデルは常に高価値

ラ・フェラーリにおいても「クーペ」は500台の生産ですが、オープンモデルの「アペルタ」は210台。
458スペチアーレ(クーペ)は限定モデルではなかったものの、そのオープンモデルの458スペチアーレAは499台のみの限定モデルであり、その価値が異常に高くなっています。

2011-ferrari-599-sa-aperta-jl-magna-03-copy

反面、ランボルギーニの場合は限定モデルにおいてもクーペとオープンとを同数(チェンテナリオ、レヴェントン、アヴェンタドール・アニヴェルサリオ、SVも同様)製造し、「ヴェネーノ」では逆にクーペ3台、オープン9台と「オープンのほうが多い」のも一つの特徴。
なお、フェラーリSAアペルタの前にはV12エンジンを持つオープンモデルとして575Mスーパーアメリカ(559台)、550バルケッタ・ピニンファリーナ(448台)が存在しています。

2011-ferrari-599-sa-aperta-jl-magna-06-copy

なお、フェラーリの限定モデルに「~9台」が多いのは、「求められる台数よりも常に1台少なく作る(ことで市場価値を高める)」という故エンツォ・フェラーリの考え方を反映したもの。
ラ・フェラーリの500台、ラ・フェラーリ・アペルタの210台という数字については、それぞれ499台、209台の限定生産であったものの、チャリティのために「1台づつ」が後に追加されたことが理由となっています。

2011-ferrari-599-sa-aperta-jl-magna-20-copy

とにかくフェラーリでは「オープンの限定モデルは非常に価値が高い」ことになりますが、今回の個体は高価換算で1億1500万円程度の販売価格。
近代のフェラーリで「億」という価格はかなり高いように思え、しかしこれまでもSAアペルタは1億3000万円~2億円程度で取引されているので、むしろ安い、と考えることもできます。

2011-ferrari-599-sa-aperta-jl-magna-16-copy

フェラーリSAアペルタのエンジンは6リッターV12、出力は670馬力。
これはベースとなる599GTOと同じものですね。
ちなみにこの個体は過去に1億7000万円で落札されたことがあり、その後1億4000万円で販売されていたこともあるようで、「その価値をちょっとづつ下げている」ことになりそう。

2011-ferrari-599-sa-aperta-jl-magna-11-copy

あわせて読みたいフェラーリSAアペルタ関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->フェラーリ(Ferrari)
-, , , ,