>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

さよならメルセデス・ベンツSLC。23年の生涯に幕を閉じるにあたり初代をイメージした最終記念モデル登場。同時に現行SLも終了に伴い特別仕様が登場

メルセデス・ベンツSLKは一つの時代を築いたと言っていい メルセデス・ベンツが「中国で売れないから」後継モデルはないとしていたSLC(旧SLK)に「ファイナル・エディション」を設定(日本への導入は未定)。つまりこれで現行SLCの寿命も終了ということになり、ついにその灯火が消えることに。「ファイナル・エディション」が設定されるのはSLC300とAMG SLC43で、面白いのはSLC43ボディカラーが「(初代SLK発表時のカラーをイメージした)サンイエロー」のみ、SLC300のボディカラーがセレナイトグレーで ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■近況について ■ニュース

意外とSクラスっぽい?やっぱりCLSとは別モノの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を見てきた

思っていたよりもかなり大きなクルマだった さて、日本でも発表されたばかりの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」。さっそく大阪はグランフロント内にあるのメルセデス・ミーへと展示車を見にゆくことに。展示車は「メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+」、つまり最強グレードで、ボディカラーはオブシディアンブラック、インテリアはレッドペッパー(AMGスポーツシート仕様)。理由は不明ですが、ショールーム内ではなく地下駐車場にて、施錠した状態かつ内装にはビニールのかかったままでの展示です。 メルセデス「4ド ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】その名は「ヒデト・ブルー」!世界で最も高価なペイントを持ち、オプション総額1億円を超えるブガッティ・シロンが東京にいた!

オーナー友人の開発による、特殊なメタルフレークを使用した「世界にひとつ」の塗装 世界中からスーパーカーのレビューを届けてくれる女性ユーチューバー、スーパーカーブロンディさん。これまでにもケーニグセグ・レゲーラや5000馬力のデヴェル・シックスティーン、アポロ・インテンサ・エモツィオーネ(IE)の試乗レビュー、ピニンファリーナ・バッティスタなどレア中のレア車のを紹介しています。そして今回はなんと「東京」から世界に一台のボディカラーを持つ、そしてオプション総額1億円を超えるブガッティ・シロンをレポート。 こち ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

【動画】アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートのオプショングリルは430万円!デザイン変わらず、しかも重量アップなるも、ここにお金を払うのが真のコレクター

製造にかかるのは3000時間、アルミ製なので見た目はシルバーに 以前に「4種類あるアストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートすべてをコンプリートした男」を紹介しましたが、それに引き続きその中の1台、ヴァンキッシュ・ザガート・ヴォランテが別のオーナーへと納車に。その様子を紹介するのは「4台コンプリート」時と同じくユーチューバーのMr JWW氏。そしてこれらを納車するのはイギリスにある「アストンマーティン最古のディーラー」とのこと。 【動画】総額数億円?アストンマーティン・ザガートシリーズ4台全てを同じカラ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダが欧州仕様マツダ3(アクセラ)のスペックを公開。上位モデルには181馬力のSkyactiv-Xエンジン+24Vハイブリッドシステム搭載

スカイアクティブGエンジンでもマイルドハイブリッドとドッキング 発表されるやいなや大きな反響を受け取ることとなった新型マツダ3(アクセラ)ですが、国内外から様々なレビューが登場しているほか、今回マツダが欧州仕様のスペックそして画像を大量に公開。これに先駆け、ドイツ国内仕様ではあるもののカーコンフィギュレーターが公開され、新しいボディカラーそしてオプションの詳細も判明していますね。 マツダが新型アクセラのカーコンフィギュレーターを公開。新色「ポリメタルグレー」に”デザインパッケージ”はなかなかナイス こちら ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU)

スバルが新型コンセプト「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)」の発表を予告。刺激的なクーペスタイルSUV?

レガシィを更に発展させた「たくましさ」「筋肉質」なデザイン スバルが2019年3月に開催されるジュネーブ・モーターショーにて、新型コンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)」を展示する、と公開。公開された画像ではその細部を知ることは出来ないものの、これまでのスバルとはやや異なる、しかし新型レガシィで見せた「たくましさを強調」したデザインを更に進化させた外装を持つようです。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

ドイツのチューナーがメルセデスAMG GT Rをカスタムし+65馬力の650馬力に。ボディカラーは「前後色違い」の個性的なルックスへ

それでもホイールは「純正」なのが質実剛健なドイツのチューナー風 ドイツのチューナー、FolstaがメルセデスAMG GT Rをチューン。流石にドイツのチューナーだけあって「質実剛健」ぶりを発揮し、外観よりもパワーアップに注力しているのが「ドイツのチューナーあるある」。そしてその出力はノーマルの585馬力から65馬力アップの650馬力へ。なお、パワーアップ後のパフォーマンスは非公開ですが、0−100キロ加速はノーマルの3.6秒から向上しているのは間違いのないところだと思われます。 こちらもオススメ、関連投稿 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ・ウルスがトラックになればこんな感じ?実際に富裕層向けチューナーがカスタムしそう

ランボルギーニ・ウルス”トラック”の後ろ半分は意外と普通 おなじみレンダリングアーティスト、Rain Prisk氏がランボルギーニ・ウルスの「ピックアップトラック」をレンダリングにて作成。ウルスは登場以来様々なレンダリングが作成されていますが、この「トラック」が出てきたのは意外と遅かったな、という印象です。なお、実際のウルスは予想を越える大きなヒットとなり(その”予想”の数字自体もかなり大きかった)、2019年もしくは2020年にはランボルギーニの販売を「(ウルス登場以前、2017年に比較して)倍」に押し ...

ReadMore

>テスラ(TESLA)

テスラ・モデル3のカスタム第一号登場。カーボンパーツ装着とローダウンにてイメージ一新。テスラはちょっとカスタムするとやたら格好良くなるようだ

相当な台数の販売が予想されるだけに今後カスタム市場も盛り上がりそう ランボルギーニやメルセデス・ベンツのカスタムを公開してきたRevozportですが、今回はテスラ・モデル3のカスタムを披露。これは「R-Zentric ワイドボディ・モデル3」と命名されており、見るからにアグレッシブ。ただ、今回公開されたのは「シュトラッセ(ストリート)」バージョンとなり、残念ながらワイドではなく「通常」ボディのようですね。 こちらもオススメ、関連投稿この内容でカスタム費用「680万円」は安い?フェラーリF12「クリエイテ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

ロリンザーが軍用Gクラスをレストモッド。ミリタリーテイストを残しつつもブラックとレッドのポップな仕上がりに

スイスアーミーからの「退役」車両をレストアがてらカスタム メルセデス・ベンツのカスタムで知られるロリンザーですが、「ロリンザー・クラシック」なる部門にてメルセデス・ベンツのレストアを行っており、今回はレストア+モディファイ=レストモッドによって生まれ変わった1993年製メルセデス・ベンツGクラスを公開。なお、同じくメルセデス・ベンツのチューナでもあるブラバスもレストア事業を開始していて、今後チューナーにとってもレストア、ひいてはレストモッドはひとつの大きなビジネスチャンスになるのかも。 え?あのブラバスが ...

ReadMore



>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ジャガー(Jaguar) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >ベントレー(Bentley) >マセラティ(Maserati) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >ロールスロイス(Rolls-Royce)

価値が上がるクルマ、維持できるクルマ、下がるクルマはどうやって決まるの?市場理論を考える(後編)

投稿日:

| どんなクルマの値が下がる? |

さて、「なぜ値が上がるクルマと値が下がらないクルマ、とめどなく値が下がるクルマ」があるかについての考察。
前編では「値が下がりにくいクルマ」につき、その理由として「限定」「突出した装備や付加価値がある」「代替性がない」「もともと割安」「実用品としての需要がある」「特定購買層がいる」ということを挙げましたが、後編では「いったん値は下がるが、そこからは安定するクルマ」「下げ止まらずに値が下がるクルマ」について考えてみたいと思います。








一定ラインから価格が下がりにくいクルマは?

中古になると新車価格から大きく価格は下がるものの、特定のところからは値段が下がらない(下がりにくい)というクルマも存在。
これには2つの理由があると考えていて、ひとつは「新車価格は高いが、中古になると割安」といえるもの。
そしてもう一つは「使いみちは限られるが、この価格(ここまで安くなったなら)なら買ってもいい」と思わせるもの。

たとえば高級輸入クーペは前者の筆頭。
マセラティ・グラントゥーリズモやアストンマーティン・ヴァンテージ(前モデル)、ジャガーF-Typeは新車で買うとけっこうな価格で、そして売るときに「相当に価格が下る」のは火を見るよりも明らか。
よって「中古であれば、買ってから売るときのことを考えたとしても、まだダメージは小さいからいっちょ買ってみようか」という理論が働くわけですね。
同じような例はやはり高級輸入SUVで、BMW X5/6、レンジローバーもこういった傾向があります。
よって、「ちょっとでも安い個体」が出てくれば一瞬で動くことに。

ほか、アウディS/RS、メルセデスAMG、BMW M系も同様の傾向があるようですね。

後者つまり「ここまで価格が下がったのであれば」として買われる代表格が「オープンカー」。
新車ではいずれも高価で、かつ用途が限られるので所帯持ちには手を出しにくいももの、中古で割安になれば「一時的に乗ってみる」「セカンドカーとして」という需要も。
よってBMW3シリーズカブリオレ、メルセデス・ベンツSLK、BMW Z4、アウディA5カブリオレなどは「新車からかなり価格が下がりやすい」「中古相場はかなり下がる」という性質があるものの、”一定のところで”下げ止まる傾向があるようです。

そのほかアウディS1、フォルクスワーゲン・シロッコ(R)など、新車では異常に高く、そのため数が出なかったものの、しかし魅力やパフォーマンスが低いわけではないので「一定価格まで下がると急に(需要と供給が一致して)動き出す」というモデルもありますね。
よってこれらも「極端に安くなる」ことは無い模様。



値が下がり続けるクルマは?

値が下がるクルマの代表格はズバリ「セダン」。
これはメルセデス・ベンツだろうがBMWだろうがアウディだろうが下がり続け、まるで「底なし」。
新車価格で1000万円を超えるクルマであろうとも「数十万円」になってしまうことも珍しくはなく、逆に考えると値が下がった高級セダンはお買い得(古くとも、当時の技術の粋を集めて作られている)。

中でも値下がりが激しいのは「ジャガー」「ホンダ」のセダンで、このあたりは買い支えるファンが「不在」なため。
同じジャガーでもスポーティークーペはセダンほど値が下がらない傾向にありますが、セダンはとことん下がるようですね。
ホンダも同様で、ミニバンやワゴンは実需に支えられ、その実用性の高さで買われることがあるものの、ホンダの中古セダン、とくにレジェンドなど高級セダンは壊滅的だと言って良さそう(レジェンドだと、2007-2008年式あたりでは50万円以下)。

ただしセダンの中でもマセラティ・クワトロポルテ/ギブリやトヨタ・クラウン、レクサスLSといった車種は人気で、これは「特定層からの需要がある」ということが理由なのでしょうね。

中古市場において、コンパクトカーは地方での「足」、ミニバンは「移動用」、商用版は「業務用」、SUVは寒冷地での「生活必需品」、スポーツカーは「走り屋入門」、スポーティークーペは「ファッション感覚」での需要があると思われるものの、型落ちセダンの需要はかなり少ないと考えられそう。

社用車で「型落ちセダン」を使うことも考えにくく、セダンを好むような紳士もやはり型落ちセダンを選ぶとは考えにくいので、中古市場においてセダンは相当に売りにくい、と考えられます。
これは高価格帯になればなるほどその傾向が顕著だと思われ、ベントレーやロールスロイスのセダンは中古車ショップにとって「できれば敬遠したい」車種なのかもしれません。

EVも価格下落が激しい車種

そしてもうひとつ値下がりが止まらないのが「EV」。
日産リーフの中古が30万円以下になったと報じられて話題になりましたが、とにかくEVは価格が下げ止まらない車種ですね。
一部では「バッテリーの劣化」が敬遠されて(人気と需要がなく)中古価格が下がっているとも言われますが、プリウスやアウトランダーPHEVの中古価格はさほど下がっておらず、となると「充電しないと動かない」ということが問題視されているのかもしれません。

EV nissan leaf

実際のところ同じ「EV」でもノートe-powerは日産にとって「30年ぶり」の販売首位となっており、現在もその勢いは継続中。
おそらく今年の「再量販モデル」になるのは間違いないと思われますが、「充電しなくていいEV」というのが爆発的にウケたのだと思われます。

つまり「EVは欲しいが価格が高く、かつ充電しないといけないのが困る」と考えている人が多く、そして「充電」に関する懸念は車両価格が30万円になってもひっくり返すことができない、ということになりそう。
ただしリーフが30万円で購入できるのであれば、それは家に充電設備のある人にとって「異常にお買い得」な選択である、とも考えています(税金が安かったら一台買って足代わりにしたいくらい)。

結局どんなクルマの値が上がって、どんなクルマの値が下がるの?

複雑な要素が絡むので一概には言えませんが、趣味性の高いクルマは一般に価値を維持しがち。
新車販売時には「奇抜すぎて」売れなくとも、その後は登録台数の少なさから価値を上げて「希少車」となる例もありますね。
トヨタFJクルーザーはこの最たる例だと言えそうです(まだこっそり新車販売を行っているようですが)。

そのほか特定の人が買う車も強く、ホンダ・シビック・タイプR(走り屋)やトヨタ・アルファード(マイルドヤンキー)の価格も高値維持。

一方で実用性を持つクルマ、たとえば4WDは寒冷地での需要があるので下がりにくく、SUVやハイエースも「実用面」での需要から価格が下げ止まる傾向があります。

そのほか、ピュアなスポーツカー(軽量でムダがなく、できればマニュアル・トランスミッション)の価値も長きに渡って維持できますが、これはハイテクデバイス満載のスポーツカーに対しても優勢を持つほか、むしろ輝きが色あせないため(スポーツカーの基本はいつでも軽く、締め上げられた足回りでもある)。

そして輸入高級クーペ/オープン/SUVもそれを好む層がいるので意外と高値安定。

中古市場において、その価格は「需要と供給」が決定することになり、よって新車の時人気がなかったからといって中古市場で安く買えるというわけでもなく、新車販売ランキング上位であった車のほうが「中古市場にあふれて」価格が大きく下がることも(トヨタ・アクアはこの例と言える)。

そして「何の変哲もない」「高級なだけ」の車も中古だと弱く、中古市場において強いのは「たとえマニアックでも、なんらかの強烈な個性があり、ファンがついている」車だということになりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ジャガー(Jaguar), >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), >ベントレー(Bentley), >マセラティ(Maserati), >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover), >ロールスロイス(Rolls-Royce)
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.