>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >中国/香港/台湾の自動車メーカー

メルセデス・ベンツの株が中国企業に買い占められる危機?提携相手の北京汽車がダイムラー株5%を買い進めているとの報道

| 上場している自動車メーカーは常に同様の危機にさらされている | 現在、メルセデス・ベンツは中国において 北京汽車(BAIC)、比亜迪汽車(BYD)というパートナーと提携済み。中国では(外国企業が)提携できるパートナーは2社までと決められているので、メルセデス・ベンツは「枠」を使い切っていることになりますが、ここでややこしいのが、メルセデス・ベンツの筆頭株主が(パートナー会社以外の第三者である)「吉利汽車」CEO、李書福氏である、ということ。つまり2つのパートナー以外、さらに言えばそれらの競争相手とも言 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ本社筋「ウルスのハードコアモデルを開発中」。2年以内に登場するとされるも、その詳細は全く不明

| まさか2シーター化されるようなことはないと思うが | カーメディア「Motor Trend」のライター、ジョニー・リバーマン氏が自身のインスタグラムにて語ったところでは、「ランボルギーニ・ウルスのハイパフォーマンスバージョンはすでに開発途中にある」とのこと。同氏はこの情報を「ランボルギーニの上級役職者から聞いた」としており、二年以内に発売されるだろう、と述べています。

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

こんなモノを買った。「オヴァディア&サンズとポーターとのコラボリュック」。吉田カバンのパーツにOVADIAならではのデザイン性がプラス

| 残念ながら日本未入荷 | オヴァディア&サンズ(OVADIA & SONS)とポーター(PORTER/吉田カバン)とのコラボリュックを購入。オバディア&サンズはちょっと聞き慣れないブランドだと思いますが、ニューヨークにて2010年に設立。スーツ、スポーツウェア、シューズ、アクセサリーなど様々な製品が揃い、基本的にはアメリカ生産にこだわるものの、一部製品はイタリアや日本へと発注しています。 ちなみに「サンズ」とあるので「親子でやってるブランド」というイメージもありますが、実際にブランドを運営する ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「我々はMTとRWDを捨てない。大きなモデルは4WDを採用するが、コンパクトなモデルにはRWDを残す。その理由はこうだ」

| 今後BMWのMモデルはグレード含めると異常な数にまで増えそうだ | BMWは現在「AT+4WD(xDrive)」へとシフト中。以前にBMWは「M3は軽量シンプルであるべきで、4WDは採用しない」と語っていたものの、おそらく新型M3には4WDが採用されそう。トランスミッションについても「MTやDCTはトルコンATに対して優位性を持たない」としてトルコンATを積極的にスポーツモデルへと採用しています。 次期BMW M3には「ピュア」「ベース」「コンペティション」3グレード設定とのウワサ。出力、駆動方式にも ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

限定フェラーリやポルシェを入手できる」としてお金をだまし取った伝説の走り屋。「湾岸ミッドナイト」のモデルだった有名人物がなぜ?

| 「ブラックバード」のモデルであり、ミニカー化までなされていた | 週刊文春(文春オンライン)が衝撃的なニュースを掲載。それは「世界で500台しかないフェラーリ売ります……逮捕された男は“伝説の走り屋”だった」というもので、日本では有名な走り屋がラ・フェラーリやポルシェ918スパイダーを販売すると偽り、お金をだまし取っていた、というもの。これによると、その伝説の走り屋「吉田栄一」容疑者がモナコの資産家から、ラ・フェラーリを入手できるとして合計2億5000万円を2016年までに受け取っていた、としています ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン「MSO」でカスタムした600LT登場。カーボンファイバーに加えボディカラーは”ヴェガ・ブルー”

ルーフにはMSO特性のシュノーケル マクラーレン・サンフランシスコがMSOにてカスタムした600LTの画像を公開。600LT発表時のボディカラーは、グレーにパールオレンジをかけたような「シケイン・エフェクト」ですが、この個体のボディカラーは「ヴェガ・ブルー」。マクラーレン自身もこれまでにいくつかの600LTを公開しているものの、このボディカラーは「初」だと思います。 こちらもオススメ、関連投稿マクラーレンが自社カスタムによる600LTスパイダーを公開。グレーに「MSOでしか選べない」グリーンのアクセント入 ...

ReadMore

>ミニ(MINI)

これがクラシックミニのレストモッド「ミニ・リマスタード」の内装だ!”スキーリゾートにぴったりの”1台1500万円、セレブな一台

| ボディカラーは”ストームブリンガー”と”スノーブラインド”の2トーン | ジュネーブ・モーターショーに出展されたクラシックミニのレストモッド、「ミニ・リマスタード」。これはイギリスのデビッド・ブラウン・オートモーティブ(David Brown Automotive)が発表したもので、クラシックミニをいったん「全部分解してから」1400時間をかけて再度組み上げたクルマ。パーツのほとんどはオリジナルパーツへと置き換えられ、もとのクラシックミニで使用するのはホワイトボディとエンジン、トランスミッションのみだ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「ミドシップスーパースポーツを作りたいが、それ単独では無理。次期i8の開発が決まれば、その兄弟として同時開発が可能となる」

| ただし現在では次期i8の可能性は低い | ときどき出てきては消える、「BMWがスーパーカー製造か」というウワサ。もうここ4年ほどこういった話が定期的に出ていますが、今回はBMW M部門のCEO、マーカス・フラッシュ氏がカーメディア「Motoring」にこう語っています。「我々は、キドニーグリルを装着した、ミッドシップレイアウトのスーパーカーに非常に興味を持っている。いかなる既存モデルとも共通性のない、単独で存在するハイパフォーマンスカーだ」。 BMWの役員「一生に一度は胸を張れるスーパーカーを作りたい ...

ReadMore

>アウディ(Audi) ■近況について ■ニュース

新型アウディTT 40 TFSIを見てきた!変更は最小限ながらも上位グレードのデザインが取り入れられてお買い得感が向上

| ただし基本的な価格がちょっと高い | 新型アウディTTが日本でも発表され、ディーラーに配備されたので早速アウディ箕面さんへ。展示車兼試乗車は、FFモデルとなる「アウディTT 40TFSI」です。この「40」そして4WD(クワトロ)モデルに付与される「45」といった名称は、現在アウディが本国において進めている「ヒエラルキー」を数値化したもの。メルセデスAMGの「43」や「63」のようなものですが、今回からアウディTTにも導入されたということになりますね。 こちらもオススメ、関連投稿新型アウディTT/TT ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren)

720Sの姿を借りたマクラーレンの新型ハイブリッドスポーツがテスト中。V6ターボ+エレクトリックモーターにて1000馬力?

| マクラーレンもフェラーリに対抗しないわけにはゆかない | マクラーレン720Sの「ハイブリッド版」プロトタイプが目撃に。なぜハイブリッドだと編別できるのかということですが、これは「電圧注意」の黄色いステッカーが車体に貼られているため。なおマクラーレンはハイブリッドに対して非常に積極的なメーカーとして知られ、マクラーレン初のハイパーカー「P1」はハイブリッドですし、最新ハイパーカー「スピードテール」もハイブリッド。

ReadMore



■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

資産としての購入はアリ?リシャール・ミルの腕時計に手を出そうかと考えてみる

投稿日:2018/05/20 更新日:

| リシャール・ミルの腕時計は資産たりうる? |

さて今日はリシャール・ミル・サロン心斎橋サロンへ。
新作が発表されたのでそのお披露目会ということになりますが、昨年11月のオープン時にはほぼ在庫がなかった状態も改善され、比較的展示される腕時計も豊富な状態。
それでも展示される腕時計は販売用ではなく「売約済」ばかりで、改めてそのおそるべき売れ行きには驚かされますね。※売約済みやそのほか購入者向けの特典などは撮影ができないので今回の写真は少ない








「億」超えも当たり前の腕時計

リシャール・ミル(Richard Mille)は「エクストリーム・ウォッチ」として知られ、その価格はおおよそ1000万円以上、そして1億円以上の腕時計も珍しくないというブランド。
ロレックス、パテックフィリップ、オーデマピゲなどほとんどのウォッチメゾンが時計職人による創立という経緯を持ち、腕時計製造技術をバックボーンとするのが特徴ですが、リシャール・ミルの場合はまず「コンセプト」ありきのブランドで、そのコンセプトを持つ腕時計に最適な素材や技術を使用して作るという方法。

よって特定技術や特定素材に依存しないブランドでもありますが、とにかく妥協しないことでも知られ、使用するチタンやカーボンにおいても「航空宇宙産業グレード」となり、ケースを固定する軸直径1ミリにも満たないチタンボルトは1本2万円ほどもする、とのこと。

よくリシャール・ミルは「ケースがチタンやカーボンなのにボリすぎ」と言われますが、それは同じチタンやカーボンであってもその「質」がまったく異なるためにボッタクリではなく、「どうしてもその価格」になってしまう、とも考えられます(同じ”牛肉”でも質によって価格が全く異なるように)。

watch2

リシャール・ミルの腕時計は高い資産価値を持つ

そのとんでもないこだわりようはあちこちで語られているのでここで詳しく説明しませんが、ぼくが注目したいのはその「資産価値」。

リシャール・ミルは「多品種少量生産」となり、どんなに人気が出たモデルでも増産しないことで知られることに。
そして生産数が非常に少ないため、多くのモデルにおいて中古品が「新品以上」の価格を付けている状態で、ロレックス・デイトナと同じく「新品のメーカー希望小売価格が一番安い」ということになりますが、新品を正規販売店で買うのが一番安価に入手できる方法。

ただ、上で述べたように「店舗にあるのはほとんど売約済み」で、新品で購入しようにもタマがない状態。
新品で買おうと思えば長い長いウエイティングリストに名を連ねる必要があり、1年から2年くらい(場合によってはもっと)手元に届くのを待つしかないのが現状です。

こうなるとこれに目をつけるのが投機筋で、時々買い占めで問題となっている中国人、そして世界各国のマフィア、投資グループがリシャール・ミルの腕時計を仕込んでいるのか中古相場もかなりな勢いで上昇中。
つまり現在リシャール・ミルの腕時計は「投機商品」へと様変わりしていることになりますが、このあたりもまさにロレックス・デイトナと同じ。

ロレックス・デイトナは決して生産量が少ない腕時計ではなく、しかし流通の段階で「どこかが」価格を吊り上げていて、それが「どこか」の利益に。
そしてそれがまかり通る理由としては「価格が上がると信じられているから(多くの消費者は、デイトナは人気があると信じ、高く売れると考えて購入している)」。
この「信じられている」というのは非常に重要で、これがバブルの原因となるわけですね。
なお、ぼくがロレックス・デイトナをあまり好まないのはこういった状況があるからで、「健全な相場とは言えないから」。
デイトナはいい腕時計だと思いますが(だからこそ二回も購入した)、この状況においてはどうしてもデイトナが札束にしか見えず、購入してもすぐに(利益が出るので)売ってしまいたいという衝動に駆られることになるわけですね。

DSC03198



現在はなんでも投機商品になりうる

ちなみに株式市場においてはかつて「その会社の将来性」「その会社の業績」で買われた時代もあったものの、今は「その株が上がると信じているから」という理由だけで(会社の内容を見ずに)買われることが多く、その「信じる」理由が「今現在株価が上がっているから」。
ビットコインはじめとする仮想通貨も同じで、「上がると誰もが信じている」ことが価格が上がる理由だと考えられます。

つまり現在の金融市場は理論ではなく感情で動いているということになりますが(理論で動くのであれば、経済学者は皆お金持ちになれる)、リシャール・ミルの腕時計もそれに近い状況なのかもしれません。

リシャール・ミルは「独立系」腕時計メーカーではあるものの、2001年設立という振興ブランドにも関わらず、すでに「超一流」ブランドに仲間入り。
よってこういったブランドを放っておくわけはなく、多くのブランドグループが買収を持ちかけるもののリシャール・ミルは頑としてこれを拒否。
理由はただ一つ、「大手の傘下に入るとやりたいことができなくなるから」。
つまり作りたくないものを作らされたり、売れ筋に特化したラインアップを強要されたりすることになり(このあたりフォードとキャロル・シェルビーとの衝突をイメージするとわかりやすい。もしくはディズニーに買われたスター・ウォーズか)、それが嫌だということなのでしょうね。

DSC02579

そう考えるとリシャール・ミルの(セカンダリーマーケットでの値上がり)状況は今後も継続されると思われ、たとえ高価であっても、他ブランドの腕時計を購入するよりも「失う金額が少なく」、もしくは得られる利益が大きく、資産として購入するのもアリなんじゃないかと思ったり。

要は株式や仮想通貨よりもリターンが大きいんじゃないかということですが、リシャール・ミルの相場は「下がりにくい」とも考えていて、その理由としては「超高級マーケット」に属している、ということ。
不況時に最もダメージを受けるのは、超高級マーケットではなく普及価格帯の製品だとされますが、これは歴史が示す通り。
「ダンヒル」創業者は米国視察に出た際、ちょうど世界恐慌を目の当たりにすることになり、市民が生活できなくなるほどの不況下でもティファニーはじめ高級宝飾店には富裕層が列をなしているのを見るにつけ、「どんな状況でも超高級マーケットは縮小しない」と判断し、ダンヒルを高級ブランドに育てようと決意した、と言われますね。

そういった事情を鑑みるに、動機が不純ではあるものの、リシャール・ミルに手を出してみようかと考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。 6000万円くらいを記録していた時期もありますがそれが4500万円くらい(新車価格と同じくらい)になり、 ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。 たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が5 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。 その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが ...

-■服や小物、時計、雑貨など, ■ニュース
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.