ad-728





>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリ488ピスタのスペシャルモデル「ピロティ・フェラーリ」全4色公開!”ブルー・ツール・ド・フランス”がナイス

| フェラーリ488ピスタ”ピロティ・フェラーリ”全4色が公開に |

フェラーリが488GTBのハードコアモデルとして「488ピスタ」を発表しましたが、これは「まず買えない(売ってくれない)」モデルで、中古市場では一気に「億」の値がつくんじゃないかと言われるクルマ。
そして、その488ピスタに対してさらに「ハードルが高い」限定バージョンとして設定されたのが「488ピスタ”ピロティ・フェラーリ”」。
ピロティ・フェラーリ(Piloti Ferrari)は「フェラーリ・パイロット」つまりフェラーリを駆ってレースに出るドライバーということになり、その名が示すように「フェラーリのスポーツプログラムに参加している顧客のみ」に購入権利が与えられる、とアナウンスされています。

購入できるのはフェラーリのレーシングプログラム参加者のみ

よってフェラーリ488ピスタ”ピロティ・フェラーリ”はモータースポーツ色を反映した仕様となっており、このカスタムを行うのはフェラーリのパーソナライゼーション・プログラムである「フェラーリ・テーラーメイド」。
カラーリングは2017年にWEC(ワールド・エンデュランス・チャンピオンシップ)でチャンピオンを獲得した、Alessandro Pier Guidi選手とJames Calado選手の乗る51号車をイメージしたもので、顧客は自身のカーナンバーを「51」の代わりに入れることができる、とアナウンスされています。

ボディカラーはこの「ロッソ・コルサ」のほか「ブルー・ツール・ド・フランス」「ネロ・デイトナ」「アルジェント・ニュルブルクリンク」といった、由緒あるレースやサーキットにちなんだ色がラインアップ。
今回フェラーリではその全4色(ロッソ・コルサはすでに公開済み)を紹介しています。

こちらはブルー・ツール・ド・フランス。

piloti-ferrari-blu-tour-de-france (2)

フェラーリと濃いブルーというのはあまり馴染みがない(しかし全く無いわけでもない)組み合わせですが、イタリアントリコローレとの相性は抜群。

piloti-ferrari-blu-tour-de-france

ネロ・デイトナ。

piloti-ferrari-nero-daytona

かなり凄みを感じさせるカラーで、こちらも人気が出そう。

piloti-ferrari-nero-daytona (2)

ホワイトとのコントラストが強く、サイドのラインがなんともスタイリッシュ。

piloti-ferrari-nero-daytona (1)

アルジェント・ニュルブルクリンク。

piloti-ferrari-argento-nurburgring

488ピスタ・ピロティフェラーリにはカーボンパーツが多用されますが、カーボンパーツとの対比が最もよく分かると思われるのがこのカラー。

piloti-ferrari-argento-nurburgring (1)

ドルフィンテールタイプのリアウイングもカーボン製。

piloti-ferrari-argento-nurburgring (2)

こちらがおなじみ「ロッソ・コルサ」の488ピロティ・フェラーリ。

インテリアについては全ボディカラー統一で「ブラックアルカンターラ×カーボン×イタリアントリコローレ」となるようですね。

ferrari-488-pista-piloti-ferrari (3)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , ,