■駄文(日々考えること) ■外国ネタ・旅行など

フィリピン大統領がまた6.5億円分の高級車を破壊。この現状について考えること

投稿日:

| この状況は人やモノに罪を転嫁しているだけで解決にならない |

フィリピンのドゥテルテ大統領がまたしてもスーパーカーをブルドーザーで粉砕。
これでこういった公開処刑は「3度目」だと思いますが、もう新鮮味はなくなったなと思うと同時に、「そんなことをしている場合ではないのでは」と思うことも。
なお、ドゥテルテ大統領がこういった「スーパーカー/高級車を破壊」しているのは見せしめのため。
現在フィリピンでは高級車に高額な関税(50%)が課されますが、その関税を逃れて輸入しようとするケースが後を絶たず、そういった「税金逃れ」を目的に不法に輸入されたクルマを集めて”公開処刑”することで犯罪を抑制しよう、としているわけですね。

もはや政治的ポーズ

なお、「最初」の公開処刑はそれなりに話題を集めており効果があったと思われるものの、2回目以降の映像を見ると、ドゥテルテ大統領は「笑いながら」これを行なっており、おそらくは1回目の反響が大きく、それに気を良くして2回目、3回目と(人気取りのために)公開処刑を行なっているように思えてならないわけです。

philippines2

なお、今回破壊されたクルマたちの総額は6億5000万円。

ぼくはここで思うのは、「フィリピンはほかにもっとやるべきことがあるのではないか」ということ。
つまりみせしめのために車を破壊するよりも重要なことがあると考えていて、そのひとつは「観光客対策」。
フィリピンはとにかくポッタクリで有名で、正規の料金でタクシーに乗れることは(マニラだと)ほとんどなく、そしてタクシーだけではなく、どこへいってもボッタクリ。

かのペニンシュラ・ホテルに泊まってもそれは同じで、なんとかして観光客からお金をだまし取ろうと(従業員ですら)するわけですね。
こういった状況だと観光客は疲弊してしまってもうフィリピンにはゆくまいと考えることになりそうですが、同じ東南アジアでもシンガポールだと観光客対策がしっかりしていて、安心して観光客がお金を支払い、楽しむことができるように。

シンガポールは工業や農業でお金を得る手段がほぼなく、観光や金融、貿易によってしか外貨を獲得できないという構造があり(このあたりドバイや香港と似ている)、そのために外貨獲得の手段がしっかりと考えられ確立されているということになりますが、フィリピンではそうではない、ということです。



よってフィリピンという国自体の成長が阻まれることになり、よって賃金も低く、そして賃金が低いから「ボッタクリ」や「麻薬」という犯罪に走らざるを得ないという現状があるとぼくは考えていて、そういった状況の中で「みせしめ」を行うことはあまり役に立たないとも思われ(しかも3回も)、6億5000万円のクルマを潰すのであれば、それらのクルマを売却したお金で貧困対策や観光客対策を行い、犯罪の根源となっている状況を是正すべきだとも考えています。

でないと、いつまでたってもこういった「血で血を洗う」状況が続くことになり、負の連鎖が巨大化し続けるだけで、しかしそういった負の連鎖を断ち切ることができるのは大統領その人だけであり、麻薬売人殺害や不法輸入車の破壊を行うことで環境が「変わる」のを待つのではなく、自らが環境を「変える」ことが国の発展に繋がるのだ、とも思うのですね。

たぶんフィリピンという国が「今現在こう」なのは、大統領が「こう」だからかもしれません。
不法に輸入されたクルマを潰して「罪も潰した」つもりになっているのかもしれませんが、それは違う。
たとえば中東でも、ドバイやアブダビのように、湧いてくる石油をうまく活用して発展する国もあれば、その利権を争って内乱や国民への弾圧が絶えない国もあり、つまりはその国のトップが変われば国も変わるはずだ、とも考えています。

奪うこと、罰すること、破壊することでは問題を解決できない場合も多々あり、そういった後ろ向きのことではなく(しかし本人は前向きだと考えている)ポジティブな行動で環境を変えることができる人が「真の指導者」なのでしょうね。

今回だと上述のように「売却」したお金でなにか人の役に立つことをする(フォードGTの一件はそれで落着)、高級車をパトカーなどに活用して観光客を誘致したり犯罪が割に合わないというプロモーションを行う(ミラノ警察)といった解決策もあり、クルマを潰すのではなく「活かす」方法を考えてほしいと切に願う次第です。

それでは動画を見てみよう

こちらがランボルギーニやポルシェが破壊される痛々しい動画、「President Duterte looks on as luxury cars get destroyed - Daily Mail」。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■駄文(日々考えること), ■外国ネタ・旅行など
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.