>シボレー(CHEVROLET) ■映画や音楽、本について ■ニュース

【動画】アイアンマン俳優がキャプテン・アメリカ俳優にカスタムしたカマロをプレゼント!その渋い仕様を見てみよう

投稿日:2018/09/18 更新日:

| ジェイ・レノ・ガレージに”キャプテン・アメリカ”カマロが登場 |

アメリカ西海岸のチューナー、スピードコア(SpeedKore)が1967年製シボレー・カマロをレストア&カスタム(レストモッド)。
ただしそのオーナーは「キャプテン・アメリカ」役で知られる俳優のクリス・エヴァンス氏で、かつこのクルマをクリス・エヴァンス氏に贈ったのは「アイアンマン」役のロバート・ダウニーJr.氏。

なお、ロバート・ダウニーJr.氏は生粋のカーマニア(と腕時計マニア)で知られ、以前にも自身のためにマスタングを同ショップにてカスタム。
このマスタングを相当に気に入り、そこで盟友であるクリス・エヴァンス氏にカマロをプレゼント、ということになったようですね。

アイアンマン俳優がオーダーした究極カスタムのマスタングが公開。今までにない「新しい」手法が満載

アイアンマンが作ったキャプテン・アメリカのクルマ

なお、今回のカスタムにおいては、ベース車選びからカスタムの内容まで、ロバート・ダウニーJr.氏が深く関わっているとのこと。

ボディカラーは「グリージョ・ヴェルデ」、つまりグリーンっぽいグリーン。
相当に渋いカラーですが、ロバート・ダウニーJr.氏は自身のマスタングにも「カーキイエロー」という常人離れしたカラーを選択していて、ひと味違うカスタムが得意なようです。

このカマロのカスタムにあたっては現代の要素もふんだんに取り入れ、リアサスペンションが「4リンク」となるなど、大幅に機能もアップデートされている模様。
本来はメッキであったと思われるパーツ類はダークかつマット仕上げとされ、このあたりのセンスにも驚かされます。

camaro4

プレートには「1967カマロRS スティーブ・ロジャース スペシャル・エディション カスタム・ビルト フォー クリス・エヴァンス」。
スティーブ・ロジャースはキャプテン・アメリカの本名ですね。

camaro

ステアリングセンターにはキャプテン・アメリカのシールドを再現!
メタルパーツはダーク&マット(モノトーン調)、そしてブラウンレザーにグレー調ウッドという仕上げで、「すごいなこのカスタム」と驚かざるを得ない仕様。

camaro8

シフトレバーはなく、ギアポジションの選択はプッシュボタンにて。
そしてギアのアップ、ダウンは「+」「-」ボタンで行う、という非常に珍しい操作方法を採用。

camaro7

エンジンルームやボンネットの裏側はマットグレー、スーパーチャージャーなどパーツ類もモノトーン。
このあたりインテリアの「グレー」とシンクロさせているものと思われますが、アメリカ人はこうやって「クルマを楽しむ」ことが本当に上手だなあ、と思います。

エンジンそのものはLS3 6.2リッターV8で、容量2.9リッターのスーパーチャージャーで加給。
何と出力は730馬力にまでパワーアップし、4速ATを介して後輪を駆動します。

camaro5

そしてお約束の「お出かけ」。

camaro2

今回は公道のほかにサーキットでの走行も。
サーキットでは何と「時速321キロ」を記録。していますが、年式や4速ATということを考えると、これは驚くべき数字ですね。

camaro3

それでは動画を見てみよう

こちらが渋い”キャプテン・アメリカ”カマロを紹介する動画、「Chris Evans' 1967 Camaro by SpeedKore - Jay Leno's Garage」。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->シボレー(CHEVROLET), ■映画や音楽、本について, ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.