ad-728





>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウルス関連 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・シンガポールへ行ってきた!ウルスはマットカラーが展示中、すでに納車も開始

2018/10/08

| ランボルギーニ・シンガポールへ行ってきた |

さて、アストンマーティン、フェラーリに続いてシンガポールのランボルギーニディーラーへ。
フェラーリと同じ並びにあり、距離にすると数百メートルほど離れたところにあります。
経営元は「Euro Sports Auto」という会社のようですね。

ランボルギーニ・シンガポールの店内はこんな感じ

ランボルギーニ・シンガポールの店内は最新のランボルギーニCIに乗っ取ったつくりで、グレーの床に白い壁、そして大型モニター。

IMG_0899

ウルスの模型も置いてありますね(けっこう大きい)。

IMG_0905

そしてランボルギーニのカスタムプログラム、「アドペルソナム」コーナーも。

IMG_0901

こちらはランボルギーニのボトル入りウォーター。
これまで訪問したどのディーラーでもこういったブランドロゴ入りの水を置いていて、必ず「水は?」と勧めてくれます。

IMG_0903

中には「コーヒはどう?」とか「昼食はもうとったか?」と聞いてくれるところもあり、全般的にはかなり親切。
もちろん最初に「日本から来た」ということ、「シンガポールに住んでいないのでクルマをここで買うことはなく、ただ興味があるだけ」だと伝えていますが、にもかかわらずどのディーラーもフレンドリーな印象です。

IMG_0858

なお、訪問した際のランボルギーニ・シンガポールでの展示車は「アヴェンタドールS」「ウルス」「ウラカン・ペルフォルマンテ」の3台。
スペース的にはもう少し台数を置けそうです。

IMG_0894

1Fが新車の展示スペースで、2Fは中古車展示スペース。
そしてショールーム裏手にはサービス工場が位置します。

IMG_0860

シンガポールではすでにウルスが3台納車済み

なお、ちょっと驚いたのはすでにウルスが3台も納車されている、ということ。
日本だとようやく展示車が到着したところですが、シンガポールはこれまでの例を見ても、かなり早い段階からデリバリーが開始されるようですね(ウルスのお披露目もかなり初期の段階だった)。

IMG_0884

そして展示車のボディカラーはマットグレー。

IMG_0867

リアバンパーの一部など、ボディ周りのいくつかはマットシルバー仕上げとなっており、マットグレーとの相性は抜群。

IMG_0865

フェンダーアーチもボディカラー同色のマットグレー。

IMG_0864

パっと見た印象は「完全にチューナーによるコンプリートカー」といった感じで、まるでマンソリーがカスタムしたかのような迫力があります。

IMG_0891

ホイールサイズは22インチ、タイヤ幅はなんと「325」。

IMG_0876

けっこう複雑な内部構造、そしてデザインを持つテールランプ。
透明の樹脂でカバーされており、このあたりはポルシェ・カイエン同様に最近のフォルクスワーゲングループにて積極的に採用される手法ですね。

ほかの画像はFacebookのアルバム「Lamborghini Singapore」に保存しています。

IMG_0872

ランボルギーニ・シンガポールはここにある

ランボルギーニ・シンガポールはフェラーリ、ポルシェ、マクラーレンと同じく「アレクサンドラ・ロードに居を構えています。
マリーナベイ地区からだと車で20分ほど、電車(MTR)であればレッドヒル(RED HILL)で下車すればOK。

IMG_0857

Lamborghini Singapore

ADDRESS:24 Leng Kee Road, #01-03, Singapore
TEL:6565 5995

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, >ランボルギーニ・ウラカン関連, >ランボルギーニ・ウルス関連, ■近況について, ■ニュース
-, , , , , ,