>ミニ(MINI)

ミニ「MKⅠ」誕生から60周年。内外装を特別に誂えた「ミニクーパーS 60イヤーズ・エディション・リミテッド」が500台限定で発売

ダークな色調を採用したシックなエクステリア/インテリアが特徴 ミニが「クーパーS 60イヤーズ・エディション・リミテッド( Cooper S 60 Years Edition limited )」を発表。これは1959年に誕生したオリジナルのBMCミニが60周年を迎えたことに対する記念モデルで、500台の限定販売だとアナウンスされています。現在のところイギリスのみでの販売(29,990ポンド)となるそうで、日本含む他の国でも設定されるかどうかは不明。 なお、「BMC」は「ブリティッシュ・モーター・コーポレ ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

なんとなくドライビンググローブを購入してみようと思う。「ゴルフ用」「バイク用」もけっこういいぞ

ドライブンググローブは昔からあまり進化していない さて、ふとドライビンググローブを購入しようと考えています。ドライビングのためというよりも、季節的な要因もあって「防寒」といった要素が強く、しかし運転中にグローブを装着するならば「より運転に適したものの方がいいだろう」と考えたわけですね。なお、ぼくはいくつかドライビングに使用するグローブを保有していますが、まずはそれらを見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿英国の老舗手袋ブランド「デンツ/DENTS」のドライビンググローブを買ってみたレクサスUXの見積 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

フォルクスワーゲン・ゴルフR、アウディTT、A3にリコール。「燃料パイプの接続に不具合があり、最悪の場合は燃料が漏れて発火」

フォルクスワーゲングループにしては珍しい内容でのリコール golf アメリカにて、フォルクスワーゲン・ゴルフR、アウディA3セダン、アウディA3カブリオレ、アウディTTクーペ、アウディTTロードスターが「発火の恐れがある」としてリコールに。現時点では北米のみの対応ということですが、フォルクスワーゲンがアメリカの(国土交通省に相当する)運輸省、NHTSA( National Highway Traffic Safety Administration )に届け出た内容だと「フューエルホースのクイックコネクター ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】有名ユーチューバー、納車されたマクラーレン・セナの詳細を解説。各種イベントにも出没し車両を披露

SHmee150氏はマクラーレン・セナをたいそう気に入った様子 先日マクラーレン本社(マクラーレン・テクノロジーセンター)にて自身のマクラーレン・セナと対面し、実際にドライブしたユーチューバー、Shmee150氏ですが、そのセナはいったんマクラーレン・マンチェスターに移されて仕上げが行われ、「晴れて納車」に。なお、スーパーカーではこういった「まず乗ってみてから納車」というケースがあり、これは主に「ファクトリーコレクション」というオプションを選択した場合が該当します。 【動画】人気ユーチューバー、無事にフォ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

例の「1350万円で販売された」80スープラが今度は5500万円で転売。スープラの価格高騰は天井知らずに?

いくらなんでもランボルギーニ・アヴェンタドールSと同じ価格は高すぎる つい先日、80スープラが1350万円で売却されたという話をお届けしたところですが、今回なんとそのスープラが間をおかず5500万円で売りに出されることに。1350万円でも「異常」な額ではあるものの、この5500万円はまさに「常軌を逸している」ともいえる額だと思います。そして、さらに驚かされるのはトヨタの正規ディーラー(シカゴ・ノースサイド・トヨタ)がこれを行っているということ。 アメリカにて80スープラが1350万円で取引される。GT-R ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタ「新型GRスープラはニュルを7:40で走れる」←7:40はレクサスLFA、ブガッティ・ヴェイロンと同じタイムだが・・・

本当に実現できれば一大事 トヨタのスポーツ車両統括責任部長、多田哲哉氏によると、GRスープラはニュルブルクリンクを7分40秒程度で走行できる、とのこと。ただし現在のところはニュルブルクリンクのタイムアタックを行っていないので「想像」の範囲に留まりそうですが、新型スープラは幾度となくニュルブルクリンクを走り込むことで熟成を重ねており、そこから得た感触であれば実際にこのタイムを出すことは難しくないのかもしれません。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向け ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

新型BMW 7シリーズ発表!「キドニーグリルは40%大きくなり、5cm高くなった」。なおBMWエンブレムもあわせて巨大化

これでBMWも「脱金太郎飴」デザインへとシフト 直前にオフィシャルフォトがリークされてしまった新型BMW 7シリーズが公式に公開。今回は「新型」とはいえどもフェイスリフト(マイナーチェンジ)に該当する改良となります。ただ、内外装において「見える部分」は大幅にアップデートされており、アッパーマーケットにおいて影響力を強めようというBMWの強い意思を見て取れる内容となっているようですね。 こちらもオススメ、関連投稿BMWが1/2シリーズをフェイスリフト。前後ランプの改良がメインで内外装の変更は極小新型BMW ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

新型トヨタGRスープラにはMT追加の可能性も。「無視できないほどの要望があればMT搭載も考えねばならない」

過去にはMTを実際にテスト済み、その上でATのみとした経緯も GRスープラが発表されてから数日が経ちましたが、市場の反応は概ね良好。おそらくは最大の市場となる北米からもとくにネガティブな意見は出ていないようで、そのほとんどは好意的、いや熱狂的とも言えるものばかり。新型GRスープラはBMW Z4との共同開発ではありますが、目に入る部分でZ4との共通点は(ドアミラーを除くと)見当たらず、トヨタのデザイナーは本当にいい仕事をした、と考えています。 なお、新型GRスープラは非常に複雑な面構成を持っていて、それはお ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン600LTスパイダー参上。グローブボックスなし、カーペットもなし。リトラクタブルルーフは「布よりも軽い」

完全に妥協を廃したピュアスポーツ マクラーレンが先般よりティーザーキャンペーンを展開していた「600LTスパイダー」を公開。「600LT」は570Sをベースにしたマクラーレンきってのハードコアモデルですが、そのオープンモデルが「600LTスパイダー」となります。 ”マクラーレンオレンジ”の600LTが公開。加えて本国価格は185500ポンド(2750万円)と発表 こちらもオススメ、関連投稿日本でもマクラーレン600LTがお披露目。価格は2999万9000円、1年間のみの限定生産”マクラーレンオレンジ”の6 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >スバル(SUBARU) ■外国ネタ・旅行など ■ニュース

香港では日本車人気が加速中!GT-Rやシビック・タイプR、スバルBRZのほかミニバンのカスタムも大人気

香港で人気の日本社ははスポーツモデルかミニバンだ さて、香港で見かけた日本車たちを紹介。香港は日本やイギリスと同じ「右ハンドル」国ということで古くから日本車が輸出されており、そのため日本車の人気がもともと高い地域でもあります。そして現在人気の日本車というと「スポーツカー」「ミニバン」。そのほかだとコンパクトカーは時々見かけるものの、セダンは欧州勢(特にジャーマンスリー)に押されて日本車はあまり走っていないようですね。※せいぜいレクサスのセダンくらい こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!RX-7 ...

ReadMore



■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■近況について ■ニュース

【試乗:BMW M2】これはもっとも楽しい”M”か?FRならではの良質な挙動を持つスポーツカー

更新日:

| BMW M2は最も楽しいMモデルとの呼び声が高い |

さて、大阪は舞洲にて開催された「Mサーキット・デイ2018」に参加。
これは日本各地で開催されるイベントで、本来は名称の通り「サーキット」で開催される類のものですが、大阪会場では舞洲スポーツアイランド”空の広場”に「特設コース」を作ってクローズドサーキットを再現した形となります。

当日はBMW M2、M3、M4クーペ、M5、M140i、M240iクーペ、X5M、M760Li xDriveといった車が用意され、特設コースもしくは会場から出て高速道路での試乗が可能に。

ぼくは今回M2とM5の予約を入れており、ここでその試乗の様子を紹介したいと思います。








BMW M2のスペックは?

BMW M2は現代では「比較的コンパクト」なサイジングが特徴です。
M3やM4が大きくなってしまった今、日本市場にとってはけっこう貴重なボディサイズを持っているとも言えそう。

L1050928

そしてエンジンは3リッター直6ターボ。
しかしM3/M4とは異なる形式で(M2コンペティションになるとM3/M4と同じエンジン形式)、これはM3/M4と差をつけるための措置であり、価格とパフォーマンスにおいてM3/M4と意図的にバランスを調整するための手段でもあります。

ボディサイズ:全長4475ミリ×全幅1855ミリ×全高1410ミリ
駆動方式:FR
エンジン:3リッター直6ターボ
出力:370馬力
トランスミッション:7速M DCT Drivelogic

BMW M2のフェイスリフトモデルが突然公開。前後ランプ、iDriveが変更に

BMW M2の外観を見てみよう

まずはBMW M2の外観をチェック(画像はM2コンペティション)。

やはりM2の特徴といえば「前後ブリスターフェンダー」。
短いボディに幅広フェンダーを装着しているため、サイズに余裕のあるM3/M4に比べて抑揚が大きくなり、まるでチューンドカーのような雰囲気もありますね。

L1050914

ドアミラーはおなじみ航空機モチーフの「Mミラー」。

L1050887

フロントフェンダーはグリル横から取り入れたエアが側面へと抜ける構造。
最近のハイパフォーマンスカーにはよく見られるデザインで、アウディのRSモデルにも採用されている意匠です。

BMWはフロントフェンダーの内圧を抜くためのスリットをフロントフェンダーやサイドステップに設けるなど、「意外に」エアロダイナミクスにこだわるメーカーでもありますね。

L1050911

そしてぼくが気に入ったのは「リアタイヤ」。
ツライチなのはもちろんですが、ちょっと「引っ張り」気味で、かつちょっと「キャンバー」角つき。
こういったところを見ても「これがメーカー純正だとは信じられない」ようなクルマでもあります。

L1050924

BMW M2を運転してみよう

さっそくドアを開けて運転席へ。
まず思うのは「意外と座面が高いな」というものですが、これはやはり2シリーズをベースにしているためでしょうね。

シートやステアリングポジションを調整し、その後ステアリングコラム左脇にあるスターターボタンを押してエンジンを始動。
そしてドアミラーを調整してセレクターレバーを「D」に入れて早速クルマをスタートさせます。

L1050908

試乗したM2のトランスミッションはDCT(デュアルクラッチ)ですが、クリープはなく、チョンとペダルを踏んでクリープ状態に。※BMWのDCTはちょっと扱い方が特殊

BMW「我々のDCTはATとは違う。MTと同じように扱うことが前提だ」→操作方法を動画でレクチャー

そのまま道路に出てゆっくり加速させますが、この時点では370馬力を感じさせないマイルドさで、かなり運転しやすいという印象。

試乗コースの途中にはトラックターミナルを通ることになりますが、M2はグラスエリアが広く視界が開けているので周囲の見切りがよく、トラックに囲まれるような状況でも問題ナシ。

狭い道路で大きく曲がるようなシーンでも回頭性はよく、1855ミリの幅を持つクルマとしては異例によく曲がるとも言えそうですね。

L1050905

M2のポイントは「重心が安定していること」「フロントの接地感が高い」

そのまま高速道路に乗り、状況の許す限り、そして法規制の範囲内で加速と減速とを繰り返しますが、かなり動きは「自然」。

五味康隆氏が(試乗前のトークショーで)「Mモデルはサスペンションの伸び側と縮み側との量が1:1なので重心の移動が少ない」「加速時にもフロントを浮かせずにリアを沈みこませるようにしているのでフロントの接地性が失われない」と述べていましたが、たしかに運転時にそのあたりに気をつけてみると「たしかにその通り」。



これはハンドリングに大きく影響することになり、たとえばダブルレーンチェンジやS字カーブでは「重心の移動」が少ないことが大きなメリットとなる模様。
今回のM2試乗で初めて気づくことになりますが、おそらくはアウディは伸び側が縮み側に比較して「長く」、そのために多少の重心移動が生じることになり、それで「S字が苦手」だったのかも(そしてそれをクワトロによるトルクベクタリングで補う)。

L1050890

フロントの接地性についても大きなメリットとなり、ステアリングホイールを切って加速するような状況でも「駆動力でクルマの向きを変える」ことがM2では非常に容易です。

どっしりした安定性は感じないものの「そう簡単には破綻しない」という安心感があり、安心してステアリングホイールを切り、安心してアクセルを踏めるクルマでもありますね。

そしてブレーキについても同様に安心感が感じられ、そこにナーバスさはなく、高速域からの減速、街中でブレーキを踏んでから完全停止するまでもずっと一定の制動力を発揮させることに。

L1050902

意外やM2はマイルドな性格を持っている

M2はジェレミー・クラークソン曰く「もっとも楽しいMモデル」だと発言していますが、ジェレミー・クラークソンの性格からして「そう言うからにはよっぽどスパルタンなんだろう」と試乗前に想像していたものの、実際に運転してみると意外やその性格はマイルドで、加速、ハンドリング、ブレーキ、そして挙動についてもまさに「自然」。

ガツンとくるような衝撃や急激な挙動の変化はなく、この点においてはM4のほうがスパルタンだと感じられるほど。

しかしながら「370馬力をここまで普通に乗れる」クルマというのを他には思いつかず、FRにもかかわらずどうやっても破綻させない安定性を持っているというのは特筆すべき点でもありますね。

加えてDCTのマナーも良く、変則ショックや低速域でのギクシャクした動きはなく、トルコンATと同じ感覚で乗ることが可能です。

L1050900

ドライブモードは「Sport」がちょうどいい

なお、ドライブモードを「スポーツ」に入れた際に変化するのは「ステアリングホイールの重さ」「アクセル操作に対するレスポンス」「シフトプログラム」「エキゾーストサウンド」で、M3/M4と違うのはサスペンションの硬さが変わらないこと。

しかしながら人間の感覚とはいいかげんなもので、ステアリングが重くなってサウンドが大きくなると「なんとなく足回りも硬くなったような」気になるのが不思議です。

M2の足回りについては初期のアタリがやや硬く、そこからが柔らかい、という印象。
ちなみにアウディやポルシェは初期のアタリが柔らかく、逆にそこからが硬く(ダンピングレートが高い)感じられ、セッティングがまったく異なるのは面白いところですね。

L1050901

印象としてはアウディRSモデル、ポルシェ718ケイマン/ボクスターのほうが直接的で俊敏だと感じますが、扱いやすさと乗り心地という点ではM2に軍配があがる模様。

ブレーキを踏んで荷重を移動させ、そこからステアリングホイールを切ってアクセルを踏んでクルマの向きを変えるという「FRの基本的な走らせ方」を楽しく、かつ無理なくできるという点においては「トルクベクタリングで無理やり曲がってしまう」アウディRSモデルとは大きな差異があり、ここはメーカーの考え方の差が大きく出ている部分です(どちらが良いか悪いかではなく、好みの問題ではある)。

ちなみにトヨタが「LFA」を開発する際にミドシップも検討したものの、挙動がピーキーになりすぎるとし、よって挙動がマイルドでコントロールしやすいFRレイアウトを選択したと言われますが、BMW M2はそういったFRのメリット、FRらしさを持つ優れたクルマだと言えそう。

総合的に考えると、この性能でこの価格というのはかなり「安い」とも言え、かつ中古市場を見る限り「もっとも値下がりしないBMW」と言っても良く、M2は現実的な選択としてかなりいいんじゃないか、と思った試乗でした。

L1050904

BMW M サーキットデイ当日の様子、M2のほかの画像はFacebookのアルバム「BMW M Circuit Day in Japan」に保存しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), >BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■近況について, ■ニュース
-, , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.