>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

新型BMW 8シリーズ・カブリオレ正式発表!クーペとは異なる豪華内外装が与えられ、価格は9%アップ

投稿日:

| 8シリーズ・カブリオレは「クーペとは別の」存在意義がある |

BMWが新型8シリーズ・カブリオレを正式発表。
今回発表されたのはトップレンジの「M850i xDrive」で、エンジンは4.4リッターV8ツインターボ(530馬力)、トランスミッションは8速AT、駆動方式は4WD。
0-100キロ加速は3.8秒、最高速度は時速250キロ(リミッターにより制限)、とアナウンスされています。
クーペ版の8シリーズが「0-100キロ加速3.7秒」なので8シリーズ・カブリオレでは+0.1秒遅れることになりますが、これはオープン化に伴う重量増加に起因していると考えて良さそう。※本国サイトでは「コンバーチブル」と表記されているものの、BMWは日本だとこれまでオープンモデルを「カブリオレ」と記載している

BMWは同一シリーズでも細かく仕様を分けるようになった

なおBMWは「Mモデル」のほかに今回の「M850」、Z3に設定された「M40」のように「M3」「M4」とは異なるコンセプトのバリエーションを展開していますが、「M+人桁数字」モデルはサーキット直結のスパルタンなモデル、「M+2/3桁数字」モデルは”サーキットまでは走らないが、それなりのパフォーマンスが欲しく、しかし快適性は犠牲にしたくない”人向け、という位置づけだとされています。

171d00ea-bmw-8-series-convertible-33

新型8シリーズ・カブリオレに採用されるのはメタルトップではなく「ソフトトップ」。
これは重量や、畳んだときのコンパクトさ、そして何よりも「ルーフを閉じたときの優雅さ」を重視したものだと思われ、時速48キロまでであれば走行中に開閉ができ、それにかかる時間はわずか15秒。

17b9f9e8-bmw-8-series-convertible-14

基本的なデザインは「8シリーズクーペ」に準ずるものの、8シリーズ・クーペでは「チタン調」となっていたキドニーグリル他の金属調パーツが、8シリーズ・カブリオレでは「メッキ」に。
当然これはモデルごとの性格を考慮したもので、8シリーズ・クーペは「スポーティ」、8シリーズ・カブリオレは「エレガント」に振り分けたものだと思われますが、最近のBMWはモデルごとにかなり細かく仕様を分けているようです(X4も”クーペ”SUVという性格を鑑み、チタン調パーツが採用されている)。

91fc7249-bmw-8-series-convertible-12

レーザーライトを内蔵するLEDヘッドライト、LEDテールランプ、20インチMライトウエイト・アロイホイールは標準で、オプションにて「Mエクステリア・カーボンファイバー・エクステリア・パッケージ」を選択可能。
これにはカーボン製のドアミラー、リアディフューザーインサート、エアインテークバー等が含まれる、とのこと。

65ee3e3b-bmw-8-series-convertible-15

走行に関わる機能としてはアダプティブMサスペンション、インテグラル・アクティブステアリング(後輪操舵も統合制御)、Mスポーツ・ブレーキシステム(ブルーキャリパー)があり、オプションではアクティブロール・スタビライザーを用意。

5775e5be-bmw-8-series-convertible-38

もちろん安全装備にもに抜かりはなく、パークディスタンス・コントロール、歩行者検知システムなど最高レベルの機能を備える、とのこと。
ドライバー・アシストに関するオプションではアクティブクルーズコントロール、レーンキーピングアシスト、アクティブサイドコリジョン・プロテクション、レーンデパーチャーワーニング、アクティブブラインドスポットモニター、クロストラフィックアーニングを含む「ドライビング・アシスタント・プロフェッショナル・パッケージ」を選択することができます。

650774ea-bmw-8-series-convertible-2



BMW M850i xDriveカブリオレのインテリアはこうなっている

インテリアは「豪華そのもの」で、X7同様にオフィシャルフォトでは明るいカラーのレザーを採用。
つまりラグジュアリーカラーにはこういったエレガントなカラーを用いるという方向性が最近のBMWに見られますが、これも今までではあまり見られなかった傾向であり、明らかにメルセデス・ベンツの上位クラスを意識してきたなあ、という感じ。

0116c876-bmw-8-series-convertible-16

装備としてはMスポーツ・ステアリング、ヒーター内蔵スポーツシート、イルミネーテッド・ドアシルプレート、メリノレザー張りのシート、アンビエントライト、12スピーカー内蔵ハーマンカードン製オーディオシステム、ヘッドアップディスプレイ、12.3インチデジタルメーター、10.25インチインフォテイメント・ディスプレイが主なところ。

内装オプションとしてはベンチレーションシート、Bowers & Wilkins製ダイヤモンド・サラウンドサウンドシステム等がラインアップされています。

29dd660a-bmw-8-series-convertible-17

M850i xDriveは欧州と米国では来年3月よりディーラーへの配備が開始され、北米での価格は1350万円ほど。
クーペに比べ110万ほど高い設定となっていますが、これは一般的な「オープン化に伴う価格増」から考えるとけっこう低い数字ですね。

VIA:BMW

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.