>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

CG職人がいい仕事をした。新型スープラがオープンになるとこうなる、というレンダリング

トヨタは間違いなく新型スープラにオープンモデルを設定したいと考えているはずだが 新型車が発表されると必ず出てくる、「もしも」系レンダリング。今回もおなじみのX-TOMI DESIGNが「スープラ・コンバーチブル(カブリオレ)」のCG発表一番乗りとなっていますが、なかなかに完成度の高い作品となっており、オフィシャルフォトといっても通用しそう。そしてこの後も続々と同様のレンダリングが登場し、中には「タルガ(エアロトップ)」「ワゴン」「トラック」「オフローダー」といったレンダリングが登場するのは想像に難くないと ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【動画】”世界最速の女性”が教える、メルセデス・ベンツGクラスで「水の中を渡るにはこうする」3つのポイント

この3つを理解しておけば無事に水中を走行可能 様々なメディアに登場し、極限下でのドライブテクニックを披露することで知られる、”4輪を走らせると世界最速の女性”ジェシー・コムズさんがメルセデス・ベンツGクラスにて「簡単に水の中を走る3つの方法」を公開。使用するのは新型メルセデス・ベンツGクラスで、実際にこれでザブザブと水中を走ってみようということですね。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセプト」登場ありそ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >韓国の自動車メーカー ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

BMWとノースフェイスとのコラボ、キャンパーコンセプトが公開。世界で最も進んだ”布”を使った、「テントとクルマの融合」

ただし誰がどういったシーンで使用するのかは謎 BMWがアウトドアブランド、ノースフェース(ザ・ノース・フェイス/THE NORTH FACE)とコラボした「キャンパーコンセプト」を発表。これはラスベガスで開催中の家電見本市「CES」で発表されたもので、なぜ家電のショーで発表されたかというと「素材に”物質”と”デジタル”」とを融合したから(説明を見てもよくわからない)。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

とても純正とは思えない!チューンドカー並の派手なエアロを持つレクサスRC F”パフォーマンスパッケージ”発表

トヨタはときどきこういった派手なクルマを出す会社でもあった すっかり話題はスープラ一色となってしまったデトロイト・モーターショーですが、その影でトヨタは新型レクサスRC Fを公開。もちろんこれはフェイスリフト後の新型RCをベースにしたハイパフォーマンス版ですが、標準モデルのRC Fに加え、カーボン製パーツやセラミックブレーキ、チタンマフラー等を装備する「パフォーマンス・パッケージ(Performance Package)」もあわせて発表しています。 左がRC F パフォーマンスパッケージ、右が通常のRC ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

あの人気ユーチューバーも早速注文!新型トヨタGRスープラのレビュー続々登場。リアハッチ開口部はボディ剛性確保のためかなり狭いつくりに

やはり細かいところは動画でないと伝わりにくい さて、発表されたばかりの新型トヨタ・スープラですが、国内外から動画レビューが続々登場。このタイミングでの公開ということは、事前に各メディア向けには発表が行われ、1/14の「解禁」にあわせて一斉にアップが始まった、ということになりそうです。 こちらもオススメ、関連投稿新型トヨタ・スープラの試乗レポート初登場!「室内に流れるエンジンサウンドはフェイク」「ブレーキには改善余地がある」【動画】レクサスUXの試乗レビュー到着!「レクサスUXは売れる要素を備え、ライバルよ ...

ReadMore

>スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルが北米限定「S209」発表。WRX STIベースでSTI史上最高の341馬力、オーバーフェンダーで殴り込み

北米市場専用なのが残念。日本での発売も期待 スバルが予告していたとおり、デトロイトモーターショーにて「SUBARU WRX STI S209」を発表。これまでの「S207」「S208」同様、スバル・テクニカ・インターナショナルがエンジンやシャシーをチューンしたもので、ドライブトレーン、そして内外装含めた特別仕様となっています(スバルの北米法人による”なんちゃって”ではなく、ちゃんとSTIが手を入れたクルマだと思われる)。 こちらもオススメ、関連投稿スバルが東京モーターショー詳細を公開。「S208/BRZ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウラカン関連

【動画】一般人が偶然ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダーに遭遇し、初めて走行状態を捉える。そのリヤの迫力は想像以上

今までのどんなスパイフォト/動画よりも鮮明 ランボルギーニはつい先日ウラカンのフェイスリフトモデル、「ウラカンEVO」を発表していますが、今回早くも「ウラカンEVOスパイダー」のプロトタイプが目撃に。過去にも一度スパイフォトが公開されているものの、「動画」としての走行状態が捕らえられたのは今回が初めてです。なお、動画を撮影したのはプロのスパイフォトグラファーではなく、偶然これを目撃した「一般の人」。 新型ランボルギーニ「ウラカンEVO」発表!640馬力、加速はフェラーリ488GTB以上、価格は2984万円 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

欧州仕様の新型スープラも発表!ベースグレードでも鍛造ホイール、ハイパフォーマンスブレーキ装着。90台のみの「マットカラー」限定モデルも登場

欧州仕様のスープラは走りに一切の妥協はない デトロイト・モーターショーにて発表されたA90世代の新型スープラですが、北米仕様に続き「欧州スペック」が公開に。現時点で北米ではその限定台数に言及していないものの、欧州仕様のスープラは初年度につき「年間900台」に供給が制限される、と公式発表がなされています。加えて、初回限定モデルとして、90台限定の「スープラA90エディション(Supra A90 Edition )」の発売もアナウンスされており、こうなると日本市場向けの価格や詳細についても発表が待たれるところ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

新型トヨタGRスープラの北米仕様は6気筒のみ。初回限定モデル「ローンチエディション」はこんな装備を持っている

トヨタは各国向けに限定モデルを用意する? トヨタは新型GRスープラを発表したばかりですが、その0-100キロ加速は「4.3秒」とトヨタ車史上最速。なお、日本の自動車メーカーが0-100km/h加速を公開することは非常に稀で、それだけトヨタは今回の新型スープラに自信がある、ということなのでしょうね。現在のところ日本での発売時期は「春」とだけ発表され、その詳細や価格は不明ですが、北米では「3.0」「3.0プレミアム」「ローンチエディション(限定)」の3つとなり、日本で導入される「2リッター4気筒」は販売されな ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

マスターテストドライバーは豊田章男社長!新型トヨタ・スープラは「自信を持ってお届けできる」

新型トヨタ・スープラの加速性能はポルシェ718ケイマンSをも上回る トヨタがデトロイト・モーターショーにて、17年ぶりとなるA90新型スープラを発表。今回公開されたスープラはBMW外共同開発となり、「BMW Z4」とシャシーを共有することが一つの特徴ですが、トヨタいわく「直6」「FR」といういずれの世代のスープラにも通じる特徴を軸に、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つにこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現した、とのこと。 さらに新型スープラの開発主任、 多田哲哉氏は ...

ReadMore



■新型車情報/スパイフォト/噂など ■バイク(自転車/自動二輪) ■ニュース

「聴こえるのはハートの鼓動だけ」。ハーレーダビッドソンがエレクトリックバイク「LiveWire」市販モデルを公開

投稿日:

| ハーレーダビッドソンはエレクトリック・バイクのリーディング企業を目指す |

ハーレーダビッドソンが2014年に発表したエレクトリック・コンセプト・バイク「LiveWire(ライブワイヤー)」の詳細を発表。
今回発表されたのは「市販モデル」の画像とスペックで、2014年当時は「5年位内に発売」としており、予定通りの2019年に発売、ということになりますね。

なお、キャッチコピーは「聴こえるのはハートの鼓動だけ」。
つまりあの”Vツインサウンド”はそこにはなく、自分の胸の高まり以外は聞こえないほどに静かである、ということだと思われます。

ハーレー・ダビッドソンは5年以内にエレクトリック・バイクを発売か。重役語る








インターフェースも新時代に突入

今回の発表によると、ハーレーダビッドソン・ライブワイヤーの発売は2019年1月とのこと。
加えてハーレーダビッドソンは「エレクトリック・バイクでのワールドリーダーになる」と宣言しており、2022年までには「すべてのバイクをエレクトリック化(ただしピュアエレクトリックなのか、ハイブリッドも含まれるのかはわからない)する」とも述べています。

-harley-davidson-livewire (6)

なお、バイクの場合は「ハイブリッド化」するにはそのサイズがクルマに比して小さすぎること、「エンジンとモーター」という2つの動力源が混在するので構造が複雑になること(パーツや製造コストも上がる)」、「構造の複雑化に伴って重量が増加すること」等を考えるに、バイクとハイブリッドとは相性が悪く、一気に「ピュアエレクトリック」まで進んだほうが良さそうですね。

-harley-davidson-livewire (8)

このLiveWire(ライブワイヤー)についてはハーレー・ダビッドソンいわく”アーバン・ストリート・ライダー”に向けてデザインされたとされ、クラシックなハーレーダビッドソンのデザインと革新的なデザインとを融合させた、と紹介。

-harley-davidson-livewire (1)

当然ながらLiveWireにガソリンエンジンはなく、動力源は「エレクトリックモーター」、そして電源を供給するのはリチウムイオンバッテリー。
この「動力用」リチウムイオンバッテリーとは別にも12Vリチウムイオンバッテリーを持ち、こちらはヘッドライト含むランプ類やウインカー、ホーン、メーター(タッチスクリーン)などを動作させるとされ、このあたり「カスタム派」にも安心な部分ですね。

-harley-davidson-livewire (3)

充電はこれまでの「給油口」のある位置から行うことになり、「SAE J1772(アメリカ規格)」「IEC type 2(世界統一規格)」に対応しています。

-harley-davidson-livewire (4)

なお、タッチスクリーン式のメーターには各種情報が表示される他、ブルートゥースによるスマートフォン接続、GPS機能も備える模様(やはり充電スタンドを探すにはこれが必要)。

-harley-davidson-livewire (5)

現時点ではLiveWireのスペックは明かされておらず「開発中」と見られますが、ハーレーダビッドソンいわく「スロットルを開くだけで強力なトルクと胸のすく加速を体験できる」としており、これまでのハーレーとはまた異なる走りを実現してくれそう。
なおABS、トラクションコントロールは標準装備。

-harley-davidson-livewire (2)

フレームそのものはアルミニウムで成形され、ホイールは17インチでタイヤはミシュラン製、サスペンションはショーワ製、そしてブレーキはブレンボ製、とのこと。

-harley-davidson-livewire (7)

これからバイクもエレクトリック化の道を進むことになるかと思いますが、そこで気になるのが「免許」。
エレクトリックバイクの免許はどうなるんだろうなということで、このLivewireのように、おそらくはリッターバイク並み、もしくはそれ以上の性能を持つであろうエレクトリックバイクに乗るにはどういった免許が必要なのか、ということですね。

変速機がなければ「AT免許」でOKということになりそうではあるものの、小型なのか中型なのか大型なのか、はたまた原付免許で乗れるのか、そのあたりは普及のカギを握る部分なのかもしれません(バイク業界が強力に政府に働きかけ、原付免許で乗れるようになれば、今までになかった客層を呼び込めることになり、バイク業界はここに一縷の望みを見出しているのかも)。

VIA:Harley-Davidson

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■新型車情報/スパイフォト/噂など, ■バイク(自転車/自動二輪), ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.