■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW X3 Mの画像がリーク。その外観、「330km/h」まで刻まれるスピードメーターが明らかに

出力は最高で500馬力と言われるが、さすがに300km/hは超えないだろう BMW X3 Mの外装そしてメーターパネルがリーク。上の画像もメーター内に表示されるX3 Mの姿ですが、外装デザインはこれで「決まり」ということになりそうです。なお、BMWは昨年9月にX3 M、X4 Mのティーザーキャンペーンをスタートさせており、カモフラージュつきながらもその姿を公開していますね。スペックについては不明ながらも、新開発の直6ターボが搭載されるとみられ、その出力は最大で454馬力を発生させる、という報道も。 BMW ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ・カイエン関連

【動画】ポルシェ・カイエン・クーペのプロトタイプがテスト中。なぜかアルファロメオ・ステルヴィオを同伴させての走行

ポルシェがまさかの「アルファロメオをベンチマーク」? ポルシェ・カイエンクーペと思われるプロトタイプのスパイ動画が登場。先日はスパイフォトが出回りましたが、「動画」は今回がはじめてかもしれません。この動画ではそのシルエットを確認でき、しかし「クーペ」とはいうものの、メルセデス・ベンツGLCクーペ/GLEクーペやBMW X4/X6ほどリアウインドウの傾斜はクーペ風ではなく、これはポルシェの属するフォルクスワーゲングループのSUV全般に見られる傾向。 実際にアディは「Q8」をクーペSUVとして位置付けていて、 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

【動画】メルセデスAMG ONEのレビュー動画登場。内外装のあの部分はこうなっていた

パワートレーンの問題が原因で開発は難航中 しばらく話題に乏しかったメルセデス・ベンツのハイパーカー、「AMG ONE」ですが、今回トップギアによる動画レビューが登場しています。メルセデスAMGは、この「ONE」について2019年より走行テストを開始すると(2018年秋の市販車公開時に)述べており、実際にプロトタイプが走行させてはいるものの、パワートレーンの調整にて開発が遅れている、とも言われていますね。 なお、メルセデスAMG ONEはF1マシンからそのまま移植したパワートレーンを持ちますが、これを「市販 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >パガーニ(PAGANI) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >デンマークの自動車メーカー >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) ■自動車・バイクの購入検討/比較など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他の国の車 >その他ポルシェ関連/ニュース ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

0-100km/h加速ランキング2019年最新版!上位は2秒台の争いに突入し、驚愕の「1秒台」も登場

ガソリン車でもそろそろ2秒台前半に突入しそう スポーツカーのスペックのうち、重要な要素として「0-100km/h(アメリカだと0-60mph)加速」が挙げられますが、ここで主だったクルマの数字をピックアップ。最新モデルに加え、参考のために過去モデルやヒストリックモデル(ランボルギーニ・カウンタックなど)の数値も拾っています。これを見ると、ポルシェが上位にあるのはもちろんですが、けっこうメルセデス・ベンツが頻繁に顔を出していて、このあたりはニュルブルクリンクのラップタイムランキング同様です(高級車のイメージ ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連

「100台の注文が集まれば生産する」とされたポルシェ・ケイマンGT4ラリー。718ケイマンGT4クラブスポーツをベースに生産決定

現段階では競技専用。公道走行可能なモデルの発売も熱望 先日、「100台の受注が集まれば生産する」と発表されたポルシェ・ケイマンGT4ラリー・コンセプト。今回ポルシェが正式に「ケイマンGT4ラリーを市販する」と発表し、つまり100台の受注が集まった、と考えて良さそう。なお、先日発表されたケイマンGT4ラリー”コンセプト”は981世代のケイマンGT4をベースとしていたものの、市販モデルは718ケイマンGT4クラブスポーツをベースにする、とのこと。 ケイマンGT4ラリー・コンセプトの詳細はこちら。 ポルシェ「ケ ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >フェラーリ(Ferrari) >フォード(FORD) >マクラーレン(McLaren)

今度はマクラーレン・セナが競売にて転売。同競売にはレクサスLFA、フォードGT、マクラーレン12Cハイスポーツなど限定車が一挙に登場

マクラーレンは他メーカーに比較すると転売が多いように思われる 米オークション会社バレット・ジャクソンが、自身の主催する競売にてマクラーレン・セナを出品する、と発表。マクラーレン・セナは500台のみの限定で、アメリカ市場には120台が割り当てられていますが、そのうちの一台が販売に供されるということになりますね。なお、このセナのシャシーナンバーは「005」なので、かなり早い段階で納車された個体ということもわかります。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向 ...

ReadMore

■近況について ■食べ物や飲み物など ■ニュース

トリュフ専門店「アルティザン ドゥ ラ トリュフ(ARTISAN DE LA TRUFFE)」へ行ってきた。チーズリゾットは絶品だ

どの料理もトリュフづくし さて、今回の香港グルメ紀行第一弾。ハーバーシティ内にある「アルティザン ドゥ ラ トリュフ(ARTISAN DE LA TRUFFE)」へ行ってきたわけですが、ここはその名の通りトリュフ専門レストラン。とくにこのお店を目指していたわけではないものの、なかなかにトリュフ専門店というのも珍しく、「いっちょトリュフでも食べてみるか」ということに。※日本だと東京ミッドタウンに入居している。本店はパリ こちらもオススメ、関連投稿香港グルメ紀行、「市場」編。新鮮な食材を使用した海鮮料理を食べ ...

ReadMore

>スウェーデンの自動車メーカー >中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus) ■ニュース

ロータスが今後「中国産」になるとの報道。親会社の吉利汽車が武漢に建設する新工場にて吉利、ボルボとともに生産予定

理論的に考えるとやっぱり「そうなる」 ロータスが中国の自動車メーカー「吉利汽車(Geely)」傘下となってしばらく経ちますが、その吉利汽車は中国・武漢に1500億円を投資して新しく工場を建設する見込み。そして今回ロイターが報じたのが、「ロータスも今後、吉利汽車の武漢工場で製造される」ということで、「わかっていたけど実際に報道されると、ちょっとショック」。 こちらもオススメ、関連投稿ボルボ/ロータスの親会社、吉利汽車が空飛ぶ車の会社を買収。今後はロータスも空へ?テスラが上海で「ギガファクトリー3」の建設に着 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アウディA1「オールロード」のスパイフォト。小粒でピリリと辛いアウトドア風味に?

アウディは「オールロード」をサブブランドとして確立したい? アウディA1"オールロード"とみられる車両のプロトタイプが走行中。その登場が公的に語られたことはないものの、ニュルブルクリンクほか、今回の寒冷地でもテストされるなど、発売に向けて具体的な動きが見えるのも事実です。これまでの「オールロード」はA4アバント、A6アバントをベースとしており、ワゴンボディの車高を上げ、樹脂製のクラディングやロックガード風のデザインを持つ前後バンパーやサイドシルが与えられ、ややワイルドな印象を持つ、というのがその文法。

ReadMore

>ポルシェ911関連 >ポルシェ・ケイマン関連 ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >ポルシェ・ボクスター関連 >ポルシェ・カイエン関連 >ポルシェ・マカン関連 >ポルシェ・パナメーラ関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェも「過去最高」の販売台数を更新。No. 1市場はやはり中国、そして成長率も中国がダントツに

マカンは全体の1/3を占めるほどのヒット商品に成長 すでにマクラーレン、ランボルギーニが「過去最高」の販売台数を記録したことを公表していますが、ポルシェも2018年の内容は過去最高であった、と発表。おそらくフェラーリ、アストンマーティン、ロールスロイスも同様に非常に好調な販売推移を発表すると思われますが、こういった状況を見るに世界経済はやはり「悪くはなく」、しかしダウが上がらないのはやはりトランプの招く「先行き不安」が原因なのかもしれません。 マクラーレンの2018年は+43.9%、4,806台へ成長。な ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:メルセデス・ベンツAクラス】もう上位モデルは不要?ブランド内でのヒエラルキーを崩しかねない高コスパモデル

投稿日:2019/01/06 更新日:

エントリーモデルなれど最新かつ最高の機能を持つインフォテイメントシステムを装備

さて、新型メルセデス・ベンツAクラス(A180 Style)に試乗。
最近メルセデス・ベンツが「ブランド若返り」のために力を入れているコンパクトクラスの「最右翼」で、上位モデル顔負けの装備が与えられていることが特徴です。

新型メルセデス・ベンツAクラスにおいては、TVCMでもお馴染みのAI搭載インフォテイメントシステム”MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)”が話題となっていますね。※新型Aクラスの公式サイトはこちら

メルセデス・ベンツA180はこんなクルマ

新型メルセデス・ベンツA180のエンジンは1.33リッター4気筒ターボ(136馬力)、トランスミッションは7速AT(DCT)、駆動方式はFF。

ボディサイズは全長4420ミリ、全幅1800ミリ、全高1420ミリ。
車体重量は1360キロと軽量で、最初回転半径は5メートルとこれまたコンパクト。
日本の道路事情にもマッチしたサイジングだと言えそうですね。

IMG_2963

なお、新型メルセデス・ベンツのグレードは初年度限定モデルの「Edition 1(もうほとんど完売)」を除くと「A180」「A180 Style」の2つで、A180の価格は328万円、A180 Styleの価格が369万円。

両者のエンジンや駆動系は同一で、その差はパワーシートやプライバシーガラス、パーキングアシスト、キーレスゴー、内装ではモニターサイズ(A180は7インチ、A180 Styleでは10.25インチ)など「快適装備にある」と捉えて良さそう。

そう考えると価格の安いA180を購入して「必要なオプション」だけを追加した方がいいようにも思えますが、売却時にはやはりA180 Styleのほうが「有利」だとも考えられ、購入時と売却時とで「ロスする金額」を考慮すれば、A180 Styleのほうが優れる、とも言えます。

IMG_2962

A180 Styleの装備としては「キーレスゴー」「アクティブパーキングアシスト」「シートヒーター」「パークトロニック」「メモリー付きフルパワーシート」「コンビニエンスオープニング/クロージング」といったものが挙げられ、この内容だけを見ても完全に上位モデルなみ。

L1060108

オプションパッケージだと「ナビゲーションパッケージ(これを装着しないとMBUXが使えないので必須)」、内外装がAMG風になる「AMGラインパッケージ」、「AMGレザーエクスクルーシブパッケージ」、「レーダーセーフティパッケージ」、「アドバンストパッケージ」ほかが用意されています。※全部装着すると120万円くらい

メルセデス・ベンツAクラスの外装はこんな感じ

新型メルセデス・ベンツAクラスの全体的な印象としては「ツルンとしている」というもの。
メルセデス・ベンツの競合たるBMWやアウディは、そのデザインに立体感をもたせ、プレスラインも複雑になる傾向にありますが、メルセデス・ベンツは逆にシンプルに、そして段差がなくなってきています。

IMG_2953

特にテールランプではその傾向が顕著で、BMWは「3Dデザイン」を押し出した立体構造を持つ(レクサスのようにボディからはみ出ている)のに対し、最新のメルセデス・ベンツはCLSしかり、このAクラス然り、「ボディと一体化」。

一方でヘッドライトの内部構造など「内側」はより複雑になってきているように思います(このあたりは上位モデルと差がつけられている)。

IMG_2954

メルセデス・ベンツAクラスのインテリアはこんな感じ

インテリアだとやはりデジタル式のメーターそして隣接する10.25インチのモニターが大きな特徴。

IMG_2952

一通り各部を操作して感じるのは、「各パーツの質感が非常に高い」こと。
取り付け精度や剛性が高く、たとえばドアインナーハンドルの操作感は他メーカーとは一線を画する、と考えています。

ウインカーやシフト操作、各種スイッチやエアコンのブロワーについてもそれは同様で、このあたり「ひとつひとつのパーツをしっかり作りん混んでいる」ということがわかりますね。

そして、そういった「作り込み」の賜物なのか、ドアを閉める時の音もまたほかメーカーの車よりも質感が高く、一切のビビリや不安定さを感じさせないもの(重厚というよりは、余計な音がせず、音の収束が異常に早い)。

L1060126

そのほかマルチファンクションステアリングホイールは上位モデルと共通しており、使用される素材やその加工も「エントリークラスの枠を超えた」もので、高い商品性を持っている、という印象ですね。

以前までメルセデス・ベンツはクラスごとに内装の機能や装備に差を設けていたものの、最近ではその差が極めて小さく(基本機能は同じになったと言っていい)、新しいモデルから最新の機能が与えられている、という印象(上位モデルだから最新や最高の機能が与えられるわけではない)。

こちらは発表直後に新型Aクラスを見てきたときの印象をまとめたもの。

MBUXはこういったシステム

MBUXは巨大なタッチ式ディスプレイと音声認識ソフト、AIからなる双方向型インフォテイメントシステムだと言うとわかりやすいかと思いますが、タッチパネルによる操作だけではなく、「ちょっと暑い」と言うとエアコンの温度を下げてくれたり、という操作も可能。

なお、MBUXの音声認識率はなかなかのもの。
ただ、何か喋りかけても反応が「ワンテンポ遅れる」印象はあり、しかしこのあたり慣れると問題はないかと思います(じきソフトウェアもバージョンアップされると思う)。

すでに動画で公開されているように、車内の温度や今日の天気、そして行き先の設定も簡単にできるので非常に便利ですね。

とくに住所や目的地入力については、最近の欧州車に採用されている「タッチパッド」は左ハンドル用に作られていて、もともと右手で操作するのが前提。
しかし日本のように「右ハンドル」になると、左手でセンターコンソールにあるタッチパッドを操作することになるので不便きわまりなく、しかし音声による操作だとそのあたりの問題が解決されることになります。

こちらの「メルセデス・ベンツ日本 プロダクトエキスパート」の人が説明する動画の方がわかりやすそう。

なお、TVCMではこんな動画も流されていますね。

メルセデス・ベンツAクラスで走ってみよう

さて、さっそく新型メルセデス・ベンツAクラスで走ってみましょう。
高い質感を持つドアを閉め、座り心地の良いシート(これはかなり高いレベルにあると思う)に腰を下ろして各ミラーやステアリングホイール、シートを調整してエンジンスタート。

エンジンスタート時の振動は非常に小さく、そしてドア開閉時の音同様にすぐに振動が収束するようですね。

走行してすぐに気づくのは、室内のノイズ、バイブレーション、ハーシュネスが高いレベルで抑えられていること。
とにかく快適な乗り心地を持っており、これまでのAクラスで感じた「跳ねるような」硬さはなく、かなり”しっとり”とした乗り味を持つようです。

IMG_2961
▲ボンネット内側には丸いエンボス。クラッシュ時の安全性、もしくはサウンドインシュレーターとしての機能を考慮したもの?

メルセデス・ベンツというと、とにかく「硬い」乗り心地で知られますが、新型Aクラスではずいぶんカドが取れた感があり、おそらく今後のメルセデス・ベンツはこの方向へと進むことになりそう。

加えてピッチやロールもかなり抑えられていて、そのサイズからは到底想像できない安定性を持つクルマだという印象。

そしてハンドリングにおいても大きく向上があり、これまでのメルセデス・ベンツは(ミドシップスポーツに乗り慣れているぼくの感覚では)いつもハンドルを切る量が足りずに「切り足す」こととなっていたものの、この新型Aクラスでは思ったラインを「ドンピシャ」で描くようで、かなり気持ちのいいフィーリングを持っています。

正直これは驚くべきレベルで、エントリーグレードの「A180」の足回りでこのレベルであれば、のちに投入されるA35そしてA45はどんだけイイんだろうな、とついつい期待してしまうほど。

IMG_2959
▲フロントフードの開閉もダンパー式に。あらゆる部分が上級移行している

試乗前に気になっていた「1.33リッターエンジン」についても通常走行では「十分以上の」トルクを発揮していて、まず街中だと不足を感じることはなさそう。

ただしメルセデス・ベンツの人の話では、「大人4人と荷物を載せると、ちょっと苦しそうな場面も」あり、かつ高速道路では「回転数をけっこう上げねばならない」ケースもあるそうで、このあたりは自分の使用環境とあわせ、今後発売されることにあるであろう「排気量の大きなエンジンが」必要かどうかを判断するのがベターかもしれません。

ちなみにトランスミッションはトルコン式の9速ではなく7速DCT。
よって「ガッチリとつながる」印象があるのもいいところですね。

IMG_2956

全体的にはこのクルマが「Aクラスであるとは」信じられないほどの出来栄えで、それは外装のデザインやインテリアの質感、そして機能や装備にはじまり、実際に走行したフィーリングに到るまで。

この価格でこのクルマが買えるのであれば、上位モデルを買う必要はないんじゃないかと思わせるほどの完成度を持っていて、ただただ驚かされるばかり、という印象です。

L1060092

あえて粗を探すならば、トランスミッションが7速”DCT”であるためにやや変速ショックがあり、加えてスタート時のクリープが小さいので、繊細なアクセル操作を心がけないと「クルマがぐっと前に出てしまう」場合があること。

そのほかはちょっとだけブレーキが唐突に効く印象があり(慣れですぐ改善する)、段差を持つ路面を走ると「やや」鋭い突き上げがあること。

しかしながらこれらもAクラスの「個性」だと考えれば魅力を少しでも阻害するものではなく、ほかのライバルや、これまでのAクラスに比べると「総合的に、ずっと優れた」クルマであるのは間違いはない、と考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), ■近況について, ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.