>ポルシェ911関連

貴重なポルシェ911GT2 RSを輸送中の船がなんと沈没!納車不可能になるもポルシェの英断にて911GT2 RSの再生産が決まる

顧客にはポルシェから事情を説明するための書簡が送られる ポルシェが生産の終わった911GT2 RSを再生産するという報道。911GT2 RSは1,000台が限定で発売されているものの、当然ながら発売前に完売し、つい最近その生産を終えたばかり。そして現在911GT2 RSは最後の生産を終えて出荷中であり、しかし3月17日にブラジルへ向けて出港した船がフランス領海にて沈没。その中にポルシェ911GT2 RSも積まれていたようですね。 こちらもオススメ、関連投稿光の速さで登場。新型ポルシェ911「スピードスター ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

ランボルギーニはハイブリッド用の電源としてスーパーキャパシタを使用する模様。「スーパースポーツにとってこれが最も効果的な解決策だ」

ランボルギーニはすでにスーパーキャパシタをアヴェンタドールに取り入れている ランボルギーニはアヴェンタドール後継モデルについてハイブリッド化を行うと明言していますが、今のところその手法は不明。なおハイブリッド化を行うのは運動性能追求のためではなく「環境規制対応」という側面が大きいと思われ、というのも2021年施行の「ユーロ7」によってランボルギーニのV12エンジンは大きなパワーダウンを余儀なくされる可能性があるため。 ランボルギーニ「V12自然吸気エンジンを今後の環境規制に適応させることは可能だ。だが、そ ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:マクラーレン720S/中編】ステアリング、ペダルなど操作系の剛性は比類ない。サスペンションはショック少なめ、ダンピングは強め

さて、マクラーレン720試乗「中編」。前回はその内外装を見てきましたが、内外装の印象としては、「歴史がないことを逆手に取って、現代の素材や技術をフルに活用し、マクラーレンが納得できるレベルで新しく設計されたクルマ」。つまり他スーパーカーメーカーのように(市販車の)歴史や設計/パーツの資産がないため、デザインにも「過去モデルへのオマージュ」を取り入れたり、既存パーツを流用したりといったことができない半面、「じゃあイチから作ろう」ということになったのだと思いますが、クルマに関する技術は日進月歩で、その最新の技 ...

ReadMore

>パガーニ(PAGANI)

【動画】パガーニ動画3連発。世界最大のパガーニミーティング、パガーニ本社でエアロパッケージをアップデートした「ゾンダ・ファンタズマEVO」など

パガーニは購入後もアップデートを行うことが可能なために長く乗ることができる さて、なにやら春になってパガーニの動きが活発に。そんなわけでパガーニ関連動画がいくつか公開されていますが、ここで数本を紹介してみたいと思います。まずは北米で開催されたパガーニの「世界最大級」ミーティング。ディーラーの開催したパガーニオーナーの集まりのようで、紳士淑女が続々会場へと登場する内容に。中にはこれまで見たことがないようなグラフィックを持つ個体も登場しており、「こんなにパガーニが納車されていたのか・・・」と思うことに。 こち ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ「ボクスターはEV化に適している。今年中にEV化するかどうかの判断を行うつもりだ」。もしかすると次期ボクスター/ケイマンはEVに

ポルシェは過去にピュアエレクトリック版ボクスター/ケイマンを試作している ポルシェがなんと「ボクスターをエレクトリック化する」という話が浮上。これはポルシェCEO、オリバー・ブルーメ氏がカーメディア「Which Car」に語ったもので、「ボクスターはエレクトリック化に適している」と前置きした上で、今年中に次世代ボクスターをエレクトリック化するかどうかを決定する、と述べています(ケイマンには触れられていない)。 こちらもオススメ、関連投稿ポルシェ718ケイマンのキーホルダーを「作って」みた。ボッテガ・ヴェネ ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン570Sスパイダーのカスタムが北米から。ブロンズホイールに車高ダウン、リアウイングの渋い一台

ブロンズホイールは北米で高い人気を誇る ホイールメーカー、ブリクストン(Brixton)によるマクラーレン570Sスパイダーのカスタムが公開に。ブラックのボディカラーにブロンズのホイール(ブリクストン製鍛造、PF10 Duro)がなんともゴージャスなイメージですが、最近はこのカラーの組み合わせがけっこう多く見られ、とくに北米では人気があるようです。 こちらもオススメ、関連投稿マクラーレンの考える「2050年のF1マシン」。その頃のレースはもはや「ゲーム」や「エンターテイメント」になっているのかも【動画】キ ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) >その他ポルシェ関連/ニュース

【動画】ゼロヨン無敵のマクラーレン720Sがついに王座を譲る時が来た!その相手は「フルエレクトリック」に改造されたポルシェ944

マクラーレン720Sにとっては、まるで悪夢のようだ マクラーレン720Sはとにかく「ドラッグレース最強」として知られ、それまでのキングであったテスラ・モデルS P100Dでも全く敵わないほど。フェラーリでもランボルギーニでも、ブガッティであっても、そして合法ドラッグレーサーであるダッジ・チャレンジャーSRTデーモンでも歯が立たないというのが現状ですが、今回なんとマクラーレン720Sが「完敗」してしまう相手が登場しています。 【動画】30本の勝負中、負けたのは2回だけ。ユーチューバーが自身のマクラーレン72 ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

ランボルギーニはさらなる限定アヴェンタドールを用意?「アヴェンタドールは我々の送り出す最後の”純粋な”V12モデルだ。ファイナルモデルなしにハイブリッド化は行わない」

まだまだアヴェンタドール後継モデルについては謎が多い ランボルギーニ・アヴェンタドールはすでに登場から8年が経過し、そろそろ次期モデルの声が聞こえてきそうなものですが、現在のところニューモデルのウワサはナシ。これにはアヴェンタドール後継モデルがハイブリッドになるという可能性が高く、そして現在のところバッテリー技術が「期待するレベルにはないため」開発を行おうにも開発するだけの環境が整っていない(開発している間にどんどんバッテリーが進歩する)、ということがあるのかも。※同じ理由で、ポルシェは2025年までは9 ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:マクラーレン720S/前編】ゼロヨン最速、F1コンストラクターが作った「スーパーカー」は合理性に溢れている

マクラーレン720は「目で見てわかる」機能性に溢れている さて、マクラーレン720Sに試乗。ぼくはマクラーレンのクルマを非常に高く評価していて、それはF1コンストラクターならではの合理的な設計(なにもかもが無駄なく最短距離でまとめられている)、そしてカーボンモノコックシャシー(カーボンモノセル)採用、パーツの取付剛性が高いというのが主なところ。もちろん他にも多くの評価すべきところがあるものの、この価格で「ここまでやった」クルマは他に例を見ず(驚くべきことに2400万円くらいの”540C”でもカーボンモノコ ...

ReadMore

>フォード(FORD) ■ニュース

【動画】マスタング史上最強モデル!シェルビーGT500の「ドライブモードごと」のアクセルレスポンスとサウンドはこう違う

やはりV8サウンドは刺激的 フォード・マスタング・シェルビーGT500の「各ドライブモードでのサウンドとエンジン吹け上がり」の差を収めた動画が公開に。マスタング・シェルビーGT500は「マスタング史上もっともパワフル」なクルマですが、最近のクルマらしくドライブモードを備えています。そのドライブモードとは「クワイエット」「ノーマル」「スポーツ」「トラック」の4つ。「クワイエット」は標準仕様のマスタングにも備わるモードではあるものの、わざわざこれがあるということは、「通常時でも音がどれだけデカいのか」というこ ...

ReadMore



>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:メルセデス・ベンツAクラス】もう上位モデルは不要?ブランド内でのヒエラルキーを崩しかねない高コスパモデル

投稿日:2019/01/06 更新日:

エントリーモデルなれど最新かつ最高の機能を持つインフォテイメントシステムを装備

さて、新型メルセデス・ベンツAクラス(A180 Style)に試乗。
最近メルセデス・ベンツが「ブランド若返り」のために力を入れているコンパクトクラスの「最右翼」で、上位モデル顔負けの装備が与えられていることが特徴です。

新型メルセデス・ベンツAクラスにおいては、TVCMでもお馴染みのAI搭載インフォテイメントシステム”MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)”が話題となっていますね。※新型Aクラスの公式サイトはこちら

メルセデス・ベンツA180はこんなクルマ

新型メルセデス・ベンツA180のエンジンは1.33リッター4気筒ターボ(136馬力)、トランスミッションは7速AT(DCT)、駆動方式はFF。

ボディサイズは全長4420ミリ、全幅1800ミリ、全高1420ミリ。
車体重量は1360キロと軽量で、最初回転半径は5メートルとこれまたコンパクト。
日本の道路事情にもマッチしたサイジングだと言えそうですね。

IMG_2963

なお、新型メルセデス・ベンツのグレードは初年度限定モデルの「Edition 1(もうほとんど完売)」を除くと「A180」「A180 Style」の2つで、A180の価格は328万円、A180 Styleの価格が369万円。

両者のエンジンや駆動系は同一で、その差はパワーシートやプライバシーガラス、パーキングアシスト、キーレスゴー、内装ではモニターサイズ(A180は7インチ、A180 Styleでは10.25インチ)など「快適装備にある」と捉えて良さそう。

そう考えると価格の安いA180を購入して「必要なオプション」だけを追加した方がいいようにも思えますが、売却時にはやはりA180 Styleのほうが「有利」だとも考えられ、購入時と売却時とで「ロスする金額」を考慮すれば、A180 Styleのほうが優れる、とも言えます。

IMG_2962

A180 Styleの装備としては「キーレスゴー」「アクティブパーキングアシスト」「シートヒーター」「パークトロニック」「メモリー付きフルパワーシート」「コンビニエンスオープニング/クロージング」といったものが挙げられ、この内容だけを見ても完全に上位モデルなみ。

L1060108

オプションパッケージだと「ナビゲーションパッケージ(これを装着しないとMBUXが使えないので必須)」、内外装がAMG風になる「AMGラインパッケージ」、「AMGレザーエクスクルーシブパッケージ」、「レーダーセーフティパッケージ」、「アドバンストパッケージ」ほかが用意されています。※全部装着すると120万円くらい

メルセデス・ベンツAクラスの外装はこんな感じ

新型メルセデス・ベンツAクラスの全体的な印象としては「ツルンとしている」というもの。
メルセデス・ベンツの競合たるBMWやアウディは、そのデザインに立体感をもたせ、プレスラインも複雑になる傾向にありますが、メルセデス・ベンツは逆にシンプルに、そして段差がなくなってきています。

IMG_2953

特にテールランプではその傾向が顕著で、BMWは「3Dデザイン」を押し出した立体構造を持つ(レクサスのようにボディからはみ出ている)のに対し、最新のメルセデス・ベンツはCLSしかり、このAクラス然り、「ボディと一体化」。

一方でヘッドライトの内部構造など「内側」はより複雑になってきているように思います(このあたりは上位モデルと差がつけられている)。

IMG_2954

メルセデス・ベンツAクラスのインテリアはこんな感じ

インテリアだとやはりデジタル式のメーターそして隣接する10.25インチのモニターが大きな特徴。

IMG_2952

一通り各部を操作して感じるのは、「各パーツの質感が非常に高い」こと。
取り付け精度や剛性が高く、たとえばドアインナーハンドルの操作感は他メーカーとは一線を画する、と考えています。

ウインカーやシフト操作、各種スイッチやエアコンのブロワーについてもそれは同様で、このあたり「ひとつひとつのパーツをしっかり作りん混んでいる」ということがわかりますね。

そして、そういった「作り込み」の賜物なのか、ドアを閉める時の音もまたほかメーカーの車よりも質感が高く、一切のビビリや不安定さを感じさせないもの(重厚というよりは、余計な音がせず、音の収束が異常に早い)。

L1060126

そのほかマルチファンクションステアリングホイールは上位モデルと共通しており、使用される素材やその加工も「エントリークラスの枠を超えた」もので、高い商品性を持っている、という印象ですね。

以前までメルセデス・ベンツはクラスごとに内装の機能や装備に差を設けていたものの、最近ではその差が極めて小さく(基本機能は同じになったと言っていい)、新しいモデルから最新の機能が与えられている、という印象(上位モデルだから最新や最高の機能が与えられるわけではない)。

こちらは発表直後に新型Aクラスを見てきたときの印象をまとめたもの。

MBUXはこういったシステム

MBUXは巨大なタッチ式ディスプレイと音声認識ソフト、AIからなる双方向型インフォテイメントシステムだと言うとわかりやすいかと思いますが、タッチパネルによる操作だけではなく、「ちょっと暑い」と言うとエアコンの温度を下げてくれたり、という操作も可能。

なお、MBUXの音声認識率はなかなかのもの。
ただ、何か喋りかけても反応が「ワンテンポ遅れる」印象はあり、しかしこのあたり慣れると問題はないかと思います(じきソフトウェアもバージョンアップされると思う)。

すでに動画で公開されているように、車内の温度や今日の天気、そして行き先の設定も簡単にできるので非常に便利ですね。

とくに住所や目的地入力については、最近の欧州車に採用されている「タッチパッド」は左ハンドル用に作られていて、もともと右手で操作するのが前提。
しかし日本のように「右ハンドル」になると、左手でセンターコンソールにあるタッチパッドを操作することになるので不便きわまりなく、しかし音声による操作だとそのあたりの問題が解決されることになります。

こちらの「メルセデス・ベンツ日本 プロダクトエキスパート」の人が説明する動画の方がわかりやすそう。

なお、TVCMではこんな動画も流されていますね。

メルセデス・ベンツAクラスで走ってみよう

さて、さっそく新型メルセデス・ベンツAクラスで走ってみましょう。
高い質感を持つドアを閉め、座り心地の良いシート(これはかなり高いレベルにあると思う)に腰を下ろして各ミラーやステアリングホイール、シートを調整してエンジンスタート。

エンジンスタート時の振動は非常に小さく、そしてドア開閉時の音同様にすぐに振動が収束するようですね。

走行してすぐに気づくのは、室内のノイズ、バイブレーション、ハーシュネスが高いレベルで抑えられていること。
とにかく快適な乗り心地を持っており、これまでのAクラスで感じた「跳ねるような」硬さはなく、かなり”しっとり”とした乗り味を持つようです。

IMG_2961
▲ボンネット内側には丸いエンボス。クラッシュ時の安全性、もしくはサウンドインシュレーターとしての機能を考慮したもの?

メルセデス・ベンツというと、とにかく「硬い」乗り心地で知られますが、新型Aクラスではずいぶんカドが取れた感があり、おそらく今後のメルセデス・ベンツはこの方向へと進むことになりそう。

加えてピッチやロールもかなり抑えられていて、そのサイズからは到底想像できない安定性を持つクルマだという印象。

そしてハンドリングにおいても大きく向上があり、これまでのメルセデス・ベンツは(ミドシップスポーツに乗り慣れているぼくの感覚では)いつもハンドルを切る量が足りずに「切り足す」こととなっていたものの、この新型Aクラスでは思ったラインを「ドンピシャ」で描くようで、かなり気持ちのいいフィーリングを持っています。

正直これは驚くべきレベルで、エントリーグレードの「A180」の足回りでこのレベルであれば、のちに投入されるA35そしてA45はどんだけイイんだろうな、とついつい期待してしまうほど。

IMG_2959
▲フロントフードの開閉もダンパー式に。あらゆる部分が上級移行している

試乗前に気になっていた「1.33リッターエンジン」についても通常走行では「十分以上の」トルクを発揮していて、まず街中だと不足を感じることはなさそう。

ただしメルセデス・ベンツの人の話では、「大人4人と荷物を載せると、ちょっと苦しそうな場面も」あり、かつ高速道路では「回転数をけっこう上げねばならない」ケースもあるそうで、このあたりは自分の使用環境とあわせ、今後発売されることにあるであろう「排気量の大きなエンジンが」必要かどうかを判断するのがベターかもしれません。

ちなみにトランスミッションはトルコン式の9速ではなく7速DCT。
よって「ガッチリとつながる」印象があるのもいいところですね。

IMG_2956

全体的にはこのクルマが「Aクラスであるとは」信じられないほどの出来栄えで、それは外装のデザインやインテリアの質感、そして機能や装備にはじまり、実際に走行したフィーリングに到るまで。

この価格でこのクルマが買えるのであれば、上位モデルを買う必要はないんじゃないかと思わせるほどの完成度を持っていて、ただただ驚かされるばかり、という印象です。

L1060092

あえて粗を探すならば、トランスミッションが7速”DCT”であるためにやや変速ショックがあり、加えてスタート時のクリープが小さいので、繊細なアクセル操作を心がけないと「クルマがぐっと前に出てしまう」場合があること。

そのほかはちょっとだけブレーキが唐突に効く印象があり(慣れですぐ改善する)、段差を持つ路面を走ると「やや」鋭い突き上げがあること。

しかしながらこれらもAクラスの「個性」だと考えれば魅力を少しでも阻害するものではなく、ほかのライバルや、これまでのAクラスに比べると「総合的に、ずっと優れた」クルマであるのは間違いはない、と考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), ■近況について, ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.