>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フィアットの格好良いコンセプトカー「ファストバック」。デザイナーが「アバルト版」、しかも市販バージョンのレンダリングを作成

たぶん市販時には「ファストバック」という名前ではなくなりそう FCA(フィアット・クライスラー・オートモビル)は2018年のサンパウロモーターショーにて「ファストバックコンセプト」を発表していますが、フィアットはこれを南米市場向けとして2020年に市販する、とアナウンス。つまり、残念ながら南米以外では発売されないということになり(実際にFCAは南米向けに「トロ」なるピックアップトラックも販売中)、しかし今回レンダリングアーティストがその「市販モデル」、そして「アバルトバージョン(アバルトと言うからには南米 ...

ReadMore

>ベントレー(Bentley)

今度は中東。ベントレーに「真珠テーマ」のベンテイガを5台も同時注文したオーナーが現る

その名も「ベントレー・ベンテイガ・パール・オブ・ガルフ・バイ・マリナー」 ベントレーが中東市場向けにベンテイガのスペシャルエディション「パール・オブ・ガルフ・バイ・マリナー(Pearl of the Gulf by Mulliner)を5台のみ生産した、と発表。これは文字通り中東の真珠産業への歴史へのオマージュとなり、内外装は「パール」をイメージした仕様を持っていますが、驚くべきはベントレーが設定した限定モデルではなく、中東のオーナーがベントレーに(5台も)注文したものだそう。 こちらもオススメ、関連投稿 ...

ReadMore

>中国/香港/台湾の自動車メーカー >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

まさに歴史的快挙。中国製イヴォークのパクリ車に対しランドローバーが勝訴。そして「海外の自動車メーカーが対中コピー訴訟で勝ったのはこれが最初」だという事実

「やられっぱなし」の状況がこれで少しは変化する? レンジローバー・イヴォークは中国において大変なヒットとなり、そのために中国の自動車メーカーが異ヴォークをすぐさまコピーして「Landwind X7」として発売したのは記憶にあたらしいところです。そしてジャガー・ランドローバーは当然これに対して法的措置を取り、しかしなんと中国の地方裁判所はジャガー・ランドローバーの主張を認めないという判断を下し、つまり「イヴォークのコピー車は合法」になってしまった、という後日談のおまけつき。 中国でイヴォークのコピー車「X7 ...

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース

ちょっと待って!ポルシェ「カーボンブレーキはホイールを汚したくない人が選ぶオプションだ。サーキットでは鋳鉄ディスクを推奨する」

しかも「カーボンディスクはサーキットを走ると劣化する」とも。PCCBの立場はどうなるの? ポルシェがカーボンセラミックディスクブレーキについて衝撃の発言。これはポルシェのオーストラリア法人にて技術担当を務めるポール・ワトソン氏が、カーメディア「WhichCar」に対して語ったもので、「カーボンセラミックディスクブレーキの寿命が長いというのは間違いだ。サーキットを走るとすぐに劣化する。カーボンセラミックブレーキは、ホイールがダストで汚れるのを嫌う人々が選択すべきオプションだ」という内容。 こちらもオススメ、 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

ロータスのハイパーカーはこうなる?「ロータス・イーヴル・ヴィジョンGTコンセプト」が公開

ロータスはウィリアムズと提携。これでハイパーカー開発が加速する? CGアーティスト、Antonio Paglia氏がロータスのハイパーカーという設定の「ロータス・イーヴル・ヴィジョンGTコンセプト」を公開。ロータスはそのクルマの名称に「E」ではじまるネーミングを採用しており、たとえば「エヴォーラ」「エラン」「エスプリ」「エリート」「エリーゼ」といった具合です。このコンセプトカーはその法則にのっとったことになりますが、「Evil」は「邪悪」「悪魔」という意味があり、その名の通りこのコンセプトカーはまさに「悪 ...

ReadMore

■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ロールスロイス「最近の顧客は運転手ではなく自身が運転するためにクルマを買う。しかも顧客は20代が多い」。日本でも時計とクルマが好きなニューリッチが急増中

アメリカでは「ニューマネー」、日本だと「アクティブ・ミレニアルズ」 ロールスロイスCEO、トルステン・ミュラー・エトベシュ氏によると、「最近の(ロールスロイスの)顧客は自身でクルマを運転するケースが増えている」とのこと。ロールスロイスというと古くから「ショーファードリブンカー」、つまり運転手付きのクルマとして知られ、自分で運転するほうがレアケース、というたぐいのクルマであったわけですね。 こちらもオススメ、関連投稿【試乗:ロールスロイス・カリナン】お金で買える最高の満足がここにある。”わかっている”人に向 ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

アウディ専門チューナー、ABTがRS5を+60に仕上げた「RS5-R」を発売。限定50台の過激チューンドカーがこちら

外装パーツの多くはカーボン製へ。エアロフリックも追加 アウディのチューンで知られるABTより、アウディRS5のコンプリートカー「RS5-Rスポーツバック」が発売に。これは世界50台限定にて発売されるもので、2.9リッターツインターボエンジンは450馬力から510馬力へと出力が増強。これはABTの開発によるECU、ラジエターへのウォーターインジェクション、カスタムエキゾーストシステム、インテークのアップグレード等によって達成されたもの。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスー ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデスAMG「将来的にすべてのモデルをHV化」。ただしその理由は性能向上ではなく環境対策

となるとスポーツカーメーカーとは決定的な差が生まれることに メルセデスAMGが「将来的には全てのモデルがハイブリッド化されることになる」と発言。現在メルセデス・ベンツ、AMGはともに直6エンジンを復活させ、これとエレクトリックモーターとを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを実用化。すでにメルセデスAMGではC53、E53、GLE53がハイブリッド化されている状態です。なお、これらはハイブリッド化といえども、スターター用モーターとアシスト用モーターを一体化させた「マイルドハイブリッド」という部類となり ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニがウルスと別に「タフでワイルドなLM002直接の後継」オフローダー発売とのウワサ。実際に社内では検討中らしい

ウルスのヒットがランボルギーニの考え方を変えた? lamborghini-lm002-urus ランボルギーニがなんと「LM002」の直接の後継とも言える、タフ&ワイルドなニューモデルを発売するのでは、というウワサ。ランボルギーニは「ウルス」を発売したばかりで、ウルスの発売にあたってはLM002との関連性が強調されたものの、やはりマニアは「両車を別モノ」と判断したようで、LM002後継を望む声が多いとされています。※ウルスにも”オフロードパッケージ”が存在するが、ハードコアなマニアには到底満足できないとい ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >その他アメリカ車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】貧困層33%のナイジェリア。古い車を修理して乗る習慣があるため「とんでもない希少車」が生き残っていることも

初代ポルシェ911、メルセデス・ベンツ300SLの姿も ナイジェリアにて、クラシックカーを保護する人々を捉えたドキュメンタリー映像が公開に。動画に登場するのは初代ポルシェ911、メルセデス・ベンツSL、ダッジ・チャージャーといったクルマたちですが、一般の認識からすると「かなりなポンコツ」。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場【動画】ボクの持ってるミニカーよりも多い。およそ「コレクションすべき」クルマをほぼすべて集めたであ ...

ReadMore



>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型スープラ開発秘話。「4気筒のほうが重量配分に優れ、楽しい」「ATしかない理由」「ドリフト向きではない」「FRの理由」「2シーターになったワケ」

投稿日:

さて、新型スープラが発表されて数日が経過してますが、どのメディアでも「スープラ一色」。

それだけスープラのインパクトが強かったということになり、かつ否定的な意見が殆ど見られないという傾向が見られ、つまりは「トヨタはスープラのリニューアルを成功させた」ということになりそうですね。

今に至るまで、新型スープラについて、国内外から様々な報道がなされていますが、その中からいくつかをピックアップしたいと思います。

新型スープラのマスタードライバーは豊田章男トヨタ社長

まず「ベストカー」。こちらは豊田章男トヨタ自動車社長、そして開発主任の多田哲哉氏のコメントを紹介しています。

豊田章男社長は新型スープラのマスタードライバーであることがすでに報じられていますが、その「マスタードライバー」となるために訓練を受け、その過程で80スープラにて相当な時間を走り込んだことに言及。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

トヨタは現在世界でも1、2位を争う規模を持つ自動車メーカーではあるものの、その社長がひとつの車種を開発するために自らステアリングホイールを握るというのは「他に例を見ない」ことかもしれませんね。

現代において自動車のプロモーション手法には様々なものがあり、しかしその会社のトップが開発に関わって、そして実際に発表の場でプレゼンテーションを行うというのはある意味で「もっとも効果的」なプロモーションだと言えそうです。

画像に含まれている可能性があるもの:車

新型スープラは「まずスープラありき」。そこからBMWと共有できるパーツや構造を模索

そして多田哲哉氏については、再度「BMW Z4とスープラとは異なる」ということを主張。

BMWとは開発チームやテストドライバーも完全に分けてそれぞれの開発を進めたと述べ、新型Z4とスープラとではサスペンションの取り付け方法などがまったく異なることについても言及。

開発スタンスとしては、「共通のクルマありき」で進めるのではなく、まずトヨタ側で「作りたいクルマ」を考え、そのクルマにおいてBMW Z4と共有できるものがないかを探していった、とのこと(このあたりはSUBARU BRZとトヨタ86、マツダ・ロードスターに対するアバルト124スパイダーとは全く異なるアプローチ)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

新型スープラはドライバビリティを重視。公道で楽しめることが大前提

そのほか、「ドライバーを裏切らない」ことを重要視し、アンダーステアが出ても切り足しにて曲がれること(トヨタはFRの操縦安定性を重要視しており、そそのためにレクサスLFAもミドシップが採用されなかった)、ドライバーに与えるインフォーメーションの観点から(営業からの猛反発に屈せず)2シーターとしたこと、燃費は一切気にせずパフォーマンスに集中したこと、軽量化にはとことんこだわったこと、一般道でも楽しめるよう、テストの90%は一般道で行ったことについても触れています。

「鼻先が軽く、下りで楽しいのは4気筒モデル」

そして「carview」では多田哲哉氏へのインタビューをメインに掲載。
まずはエンジンについて6気筒と4気筒があることについて、「6気筒はパワーやサウンドに優れ、ドライバーが乗った状態で前後重量配分が50:50」、「4気筒は空車状態で前後重量配分50:50、かつ鼻先が軽いのでワインディングの下りなどでは楽しめる」。

画像に含まれている可能性があるもの:車

面白いのは「足回りやブレーキについて、6気筒と4気筒で区別していない」と語っていることで、どのエンジンを選んでも同様のパフォーマンスを提供できるように配慮されていること。

新型スープラにATしか存在しない理由とは

そしてATしか(現時点で)ラインアップされていない理由については、まず「軽いから」。
使用されるのはZF製の8段トルコン式AT(8HP51)で、これはBMW Z4に採用されるのと同じものですね。

ただし、スポーツ性を追求するにあたり、トヨタの「スポーツATチーム」がBMWと特別なワーキングチームを組織して制御ロジックを開発したといい、多田氏いわく「MT待望論があることは十分理解しているが、まずはこのATに乗ってほしい」。

写真の説明はありません。

そして多田氏によれば、スープラ開発当初(7年前)はマニュアル・トランスミッションもしくはDCT(デュアルクラッチ)をメインに考えていたものの、様々な可能性を模索すると「このATしかない」という考えに落ち着いたそう。

たしかにBMW側も「この8速ATは最高のトランスミッション」だと述べていますね。

86は練習機、スープラはジェット戦闘機

加えて多田氏は、トヨタ86が練習機だとすると、GRスープラは「ジェット戦闘機」だという表現を用いていて、その差の大きさを強調。

ただし「扱いにくい」ということではなく、あくまでもスープラは”ニュートラルな特性”を目指しており、”オンザレール”の感覚で気持ちよく走れるセッティングを持っていて、「ドリフトマシン」として開発したわけではないということについても言及しています(一方で、相当な腕前があれば自由自在にドリフト可能なポテンシャルを持つらしい)。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

インタビューの最後では新型スープラのデザインについて触れ、「小さいながらも塊感がある」「ひと目でスープラだと分かる」ということを目指し、日本からデザイナーがドイツへと赴いて、2年半かけて作り上げたのが今回発表されたGRスープラの持つデザインである、とのこと。

画像に含まれている可能性があるもの:車

気になる新型トヨタGRスープラの価格は?

気になるスープラの価格ですが、トヨタは「価格」についてかなり意識したと思われ、多田氏もこれまでのインタビューにて「この価格で販売したいという制約があり、コストの制限があった」と語っていることからもそれは明らか。

北米では「6気筒のみ」の展開ですが、もっとも安価なモデルで49,990ドル(547万円くらい)。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

そして日本には「4気筒」モデルが投入されるため、もちろん価格はここから大きく下がると考えて良さそうです。

たとえばBMW 3シリーズの場合、4気筒エンジンを積む320i スポーツで543万円、6気筒エンジンで最も安価な「340iラグジュアリー」だと846万円。
価格差が300万円もあり、これをスープラにそのまま当てはめることができないものの、6気筒モデルの価格が4気筒モデルの「1.5倍くらい(6気筒高いな・・・)」と考えると、「6気筒のスープラの価格が547万円であれば、4気筒スープラの価格は360万円くらい」。

画像に含まれている可能性があるもの:車

もしくは、北米仕様スープラ上位モデル「3.0プレミアム」の価格である53,990ドル(590万円)から同様に計算すると、4気筒スープラの価格は390万円あたりということに。

いずれにせよ、トヨタは「安価にスポーツカーを提供するのがトヨタの責務」だと考えているはずで、戦略的に「400万円を切る」価格に設定されるのではないかと考えています。

なお、日本仕様のスープラに搭載されるエンジンは「どこ製」なのか今のところ不明。
ただしトランスミッションとの接続を考えると、これも「BMW製」だと考えるのが妥当かもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.