>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンEVOの内覧会へ!変わっていないようで「ほぼ全て」が変わっているその外装を見てみよう

投稿日:2019/03/15 更新日:

とくにリアセクションの変化は衝撃的

さて、ウラカンのフェイスリフトモデル、「ウラカンEVO」の発表会へ。
場所はランボルギーニ大阪さんの本町ショールームです。

なおウラカンEVOはすでに国内価格も公表されており、その価格は29,843,274円(税込み32,230,735円)。

ウラカンの「2970万円」からけっこう値上がりしていますが、ウラカンではオプション扱いだったガラスエンジンフード、ダイナミックステアリング(可変ステアリング)、流体磁性ダンパー(LMS)が装備され、さらには後輪ステアリング、これらを統合する制御システム 「LDVI( 
Lamborghini Dinamica Veicolo Integrata/ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ) 」が導入されたこと、何よりエンジンが「ウラカン・ペルフォルマンテと同じ」640馬力となったことを考えると、実質値下がりだと言っても良いレベル。※実際にどこまで標準装備なのかは不明なところがあり、後日正確なスペックを入手したいと思う

64629163_2311313969091892_2606052057743884288_o

なお、「ウラカンEVO」の主なトピックは下記の通り。

  • 出力が640馬力へ(エンジンは5.2リッターV10自然吸気)
  • 0-100km/h加速は3.2秒から2.9秒へ
  • 新デザインの外装を採用
  • 新デザインのホイール「Aesir(20インチ)」を採用
  • イメージカラーのArancio Xantoほか、新ボディカラー採用
  • 内装オプションとして「EVOトリム」追加
  • インテリアには8.4インチタッチスクリーン「HMI」装備
  • ドライビングダイナミクス集中管理システム「LDVI」装備
  • ダウンフォースはウラカンの7倍
  • 後輪ステアリング「LAWS」装備
  • 新車両制御システム「LDVI」導入

こちらはウラカンEVOアンヴェールの様子。

意外と「ウラカン」と「ウラカンEVO」の外観の差は大きい

パっと見た印象としては「意外と(オフィシャルフォト等から予想していたより)ウラカンから変わっている」というもの。
印象自体は紛れもない「ウラカン」ですが、前後バンパーの造形が大きく変わっていて、かつ「複雑」になっているために車格が上がったようにも感じられます。

62594779_2311314015758554_448227558719225856_o

フロントバンパー内は現在ランボルギーニが推し進める「グリルレス」。

64784429_2311314142425208_4874375954941607936_o

Y字が横向きに配置され、これによって幅が大きく広がったように見えますね。

64245048_2311313742425248_7224601644363677696_o

サイドステップの構造も変化し、サイドステップの下にブラックのパーツが装着。
この部分はオプションにてボディカラー同色へ変更することも可能です。

64730833_2311313539091935_1582423014505447424_o

サイドステップそのものの形状も変更に。
加えて、これまでリアフェンダー上にあった「HURACAN」のバッジはサイドステップ上へ移動して「HURACAN EVO」へ。

53838517_2252513268305296_7821495171001876480_n

リアセクションは大きく変わった部分で、ガラスエンジンフードはこれまでとおそらくは同じと思われるものの、「V10」バッジが一見して眼に入るように。
なお、そのサイズも大きくなっているようですね。

64632128_2311313445758611_4106220018964889600_o

そしてテールパイプは上方に移動。
ウラカン・ペルフォルマンテと同じ位置です。

62605405_2311314639091825_5913816671172165632_o

そしてテールエンドは「ダックテール」形状へと変更されていますが、これは「二段重ね」となっています。

このあたりが「ダウンフォースはウラカンの5倍」たる所以なのかもしれません。

64319946_2311313079091981_599761911956897792_o

このダックテールスポイラー形状はかなり秀逸で、大型化されたリアディフューザーとともに、ウラカンEVOとしてのアイデンティティを主張している部分です。

64438826_2311314112425211_7453747521223917568_o

そしてリアエンドの形状が変更されたために「Lamborghini」エンブレムは下に移動。

54517409_2252512324972057_3347685763213950976_n

グリルはこれまでの立体的なものから非常に薄いメッシュへ。
おそらくは(マクラーレン同様)軽量化を考慮したものと思われ、素材は(樹脂ではなく)金属のようです。
その形状は立体的で(湾曲している)、「単なるメッシュ」なのに高級感すら感じられるところ。

53726463_2252512278305395_1705939264551780352_n

そしてこのメッシュはリアのいたるところに。
リアのダクト類はすべてエアが通る構造を持ち、「ダミー」ではないところがさすがですね。

53871662_2252512811638675_8518289134433861632_n

ちなみにテールランプはウラカンと同じですが、その下すべて、そして左右テールランプの間は新しくデザインし直され、つまりリアはテールランプ以外全部の形状が改められています。

53739973_2252512751638681_5942002707584778240_n

このリアフェンダー後ろにある樹脂製のパーツは「車検対応」のためだと思われますが、この形状もウラカンから変更された部分。
とにかく変わっていないように見え、「いたるところが」変更されているのがウラカンEVOだと言えそうですね。

53229486_2252512908305332_6670068078790836224_n

こちらはウラカンEVOの外装を収めた動画。

その他の画像はFacebookのアルバム「Lamborghini Huracan Evo / ランボルギーニ・ウラカンEVO」に保存中。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニ・ウラカン関連, ■近況について, ■ニュース
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.