>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >韓国の自動車メーカー

米にて自動車ブランド別満足度調査結果。レクサスは安定の1位、韓国勢は下位に沈む。一方で欧州勢がランキングを上げ、日本車を脅かす位置にまで上昇

| 日本のメーカーはモバイルアプリ系に弱く、アメリカ人の求める基準に達していないようだ | アメリカン・カスタマー・サティスファクション・インデックス(ACSI)による、自動車メーカーの満足度調査が公表され、予想通りレクサスがトップに。なお、他社の調査ではヒュンダイやキアが上位に来るケースが見られますがlACSIの調査結果だとけっこう下に位置しており、この内容のほうが「自分の感覚に近い」と考えています。ここで、今回の内容についてその詳細を見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿米調査「購入段階での顧客 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

【動画】マットオレンジにグロスブラック!カラーを絞り「光沢」のコントラストで勝負したランボルギーニ・アヴェンタドール

| このカラーのアヴェンタドールSVJはじはじめて見た | 様々なボディカラーが存在するランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ。ネット上を見る限り、アクセント等も含めて「二台として同じボディカラーの個体はないんじゃないか」というほどですが、今回もまた、これまでに見たことがないカラーリングのアヴェンタドールSVJが登場。紹介するのはおなじみカナダのランボルギーニディーラーにてセールスパーソンを務めるヘザー・ボーレンタインさん。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニ大阪/神戸新サービス工場へ。限定ムルシエ ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

1台売って900万円の利益?ランボルギーニは大きく成長し、会社の評価額は今や2015年のフェラーリと同じ。上場すれば1兆2000億円の株式総額となり、上場検討中と報じられる

| ちょっと前までアウディから「売り飛ばすぞ」と言われていたのがウソのようだ | ランボルギーニはウルス発売以降、その販売台数を異常なまでに伸ばしていますが、ブルームバーグによると、そのおかげで企業の評価額が1兆2000億円相当にまで上昇した、とのこと。加えて今後ハイブリッドカー等の新型車が追加されれば、その利益率は30%程度まで改善され、フェラーリに並ぶ超高収益体制になる、とも指摘されています。ちなみにランボルギーニはちょっと前まで、フォルクスワーゲングループにとって「売却対象」のブランドであったと言わ ...

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスが米富豪向けに「フロリダのオレンジ」をイメージしたカリナンを発表。外装オレンジ、内装ホワイト

| 気軽には乗れない、「カーペットまでホワイト」 | ロールスロイスが、ワンオフにてカスタムされたカリナンを公開。これはペブルビーチにてお披露目されたもので、カーコレクターであるマイケル・フックス氏へと納車されるクルマだそう。ボディカラーはマイケル・フックス氏の指定による「フックス・オレンジ」で、会場ではロールスロイスCEO、トルステン・ミュラー・エトヴェシュ氏ミ自らがアンヴェールしたと伝えられており、それだけマイケル・フックス氏が重要な人物であることがわかります。 こちらもオススメ、関連投稿【試乗:ロー ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

発売されれば大ヒット?トヨタTjクルーザーが12月より予約開始、2020年に発売とのウワサ

| 一方、先行発売されると言われる北米のトヨタディーラー「何も聞いてない」 | ベストカーによれば、「Tjクルーザーの発売が確実」とのこと。記事では「当面は北米専用」「エンジンは2リッターと1.8リッターハイブリッド」「12月から予約開始」としており、国内投入はC-HRの販売がもう少し落ちた後に行うのでは、と見ています。なお、既報の通りC-HRの販売は下落傾向にあり、数ヶ月前にホンダ・ヴェゼルに逆転されることに。この理由はいくつかあると思われますが、ひとつは「デザインが斬新だったので飽きられやすかった」。 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型Cクラスの内装スパイフォト。メルセデス・ベンツはインフォテイメントシステムの普及で従来の「重厚で優雅な」デザインを維持できなくなる?

| これはボクの求めるメルセデス・ベンツじゃない | 新型メルセデス・ベンツCクラスのプロトタイプが目撃に。これまでも新型メルセデス・ベンツCクラスは何度かそのテスト風景が捉えられていますが、今回のトピックは「インテリア」の克明な画像が撮影されたこと。これを見るに、そのインテリアは大きく変わり、デジタル式のメインメーターに加え、センターコンソールには巨大な液晶パネルも確認できますね。なお、現行Cクラスは2014年に登場しており、現行メルセデス・ベンツのラインナップとしては「比較的古い」部類。設計自体も旧世 ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

カーボン✕チタン!軽量で視認性に優れる腕時計、G-SHOCK GWR-B1000(グラビティマスター)を買ってみた

| 見た目の「カーボン柄」、チタン製プッシュボタンが満足感を加速させる | さて、かねてより購入を考えていたカシオの腕時計、G-SHOCK”GWR-B1000-1A1JF”を購入。これはベゼルにエクスポーズドカーボン、本体ケースにカーボン混入樹脂、ボタン類にチタンを使用したという、クルマ好きになんとも受けそうな一本。さらには「タフソーラー」「電波(マルチバンド6)」採用ということでバッテリー交換や時刻合わせが不要なのもいいですね。 こちらもオススメ、関連投稿今度は「オーデマピゲ」っぽいG-SHOCKが登場 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン関連 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】なんとランボルギーニ・ウラカンを「MT化」した連中があらわれた!廃車のウラカンを購入してきて「理想のウラカン」を作り上げる

| これだけの技術、設備があれば「思い通りの」クルマができそうだ | なんとランボルギーニ・ウラカンのトランスミッションを「マニュアル」へとコンバートしたショップが登場。これはアメリカのB is for Buildで、以前にも「廃車となった日産GT-Rを格安で購入してきて再生した」ショップ。そして今回のウラカンも「ジャンク」を格安で仕込み、それに「自分たちが思ったようなカスタムを盛り込んで」仕上げよう、ということでプロジェクトが進行中。 【動画】ユーチューバー、アメリカで最も安い日産R35 GT-Rを買う ...

ReadMore

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

フォルクスワーゲンが70万台に及ぶ”超”大規模リコールを北米で実施、「駐車状態でなくともキーが抜け、勝手にクルマが動くことがある」

| 70万台のリコールは相当に規模が大きい | フォルクスワーゲンが、米国にてなんと679,027台という、70万台に迫る規模のリコールを発表。日本ではつい最近、年間販売台数の3.6倍に当たる17万台のリコールを実施していますが、この数が霞んでしまうほどの「超大規模リコール」だと言えそうです。 VWが3.6年分の販売台数に相当する17万台規模のリコール実施。ゴルフは5.7万台、ポロは5万台が対象となり「最悪の場合は走行不能」 こちらもオススメ、関連投稿VWがゴルフGTI最強モデル「TCR」の詳細画像を公開 ...

ReadMore

■このサイトについて >シボレー(CHEVROLET) >フォード(FORD) >その他アメリカ車

止まらぬカマロの販売減少にGMが喝!なんと「マスタングから買い換えるなら27万円値引きする」というプロモーションを大々的に展開

| そこまで苦しいのかシボレー・カマロ | とにかく下げ止まらないシボレー・カマロの販売低下ですが、シボレーは値下げしたり、フェイスリフトを行ったり、という手段を講じています。それでもフォード・マスタングやダッジ・チャレンジャーといったライバルに差をつけられることになり、今回シボレーが打ち出したのが「マスタングからの乗り換えなら、2500ドル(約27万円)を値引きする」という政策。これは全米規模で展開され、その期間は2019年9月3日まで。期間としては短いようにも思えるものの、おそらくですが、まずは「お試 ...

ReadMore



>ランボルギーニ・ウラカン関連 >その他イタリア車

「デ・トマソ・パンテーラ」復刻版「アレス・パンサー」がついに生産へ。7800万円、650馬力、リトラクタブルヘッドライト、そして中身はランボルギーニ

投稿日:

ちなみにテールランプはシボレー・コルベット

先般より少しづつ情報が公開されていた、アレスデザインによる「プロジェクト・パンサー」。
これはかの「デ・トマソ・パンテーラ」を現代によみがえらせるというもので、今回そのプロダクションスペックが画像とともに公開されています。

なお、正式名称は「アレス・パンサー(ARES PANTHER)」。
アレスデザインの代表はダニ・バハー氏で、前ロータスCEO、そしてその前はフェラーリの副社長を務めた人物です。

ホイールはセンターロックではなく、走行性能関してはさほど重視していない?

公開された内容によると、ランボルギーニ・ウラカンをベースとし、しかしエンジン出力は610馬力から650馬力へ。
これはECU変更、エキゾーストシステムの変更によって達成された、とのこと。

画像に含まれている可能性があるもの:車

トランスミッションは7速デュアルクラッチ、駆動方式は4WDを採用し、ランニングギアはウラカンと共通のようですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なお、アレス・デザインは「コーチビルダー」という立場で、既存のクルマを改造するのが主な業務ということになりますが、そのために独自の自動車メーカーとしての認可を受けておらず、したがってこの「アレス・パンサー」は車検証上は「ランボルギーニ・ウラカン」。

画像に含まれている可能性があるもの:車

車体重量は1423キロなので「ウラカンよりも1キロ重い」数字となり、そして大幅にパワーアップを果たした割に0-100キロ加速は3.1秒。
これはウラカンより0.1秒速く、640馬力のウラカンEVOより0.2秒遅いタイムです(それを考えるとウラカンEVOの”2.9秒”はパワーのみで達成されたのではないことがわかる)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ボディサイズは全長4668ミリ、全幅1977ミリ、全高1185ミリで、それぞれちょっとづつウラカンよりも大きい数字ですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ちなみにテールランプはシボレー・コルベットからの流用ですが、それとわからないようにルーバーつき。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ぼくとしては、「リトラクタブルヘッドライト採用」がもっとも大きな意義を持つと考えています。
かつて「スーパーカーというとリトラクタブルヘッドライト」だったわけですが、これは当時「スーパーカーのような、ゆるい傾斜を持つフロント部分に収めることができ、かつ十分に前方を照射できる固定式ヘッドライトがなかった」ために採用されたもの(夜はヘッドライトをポップアップさせることになり、空気抵抗とルックスは犠牲になる)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

その後ヘッドライトの性能が向上したり、デイタイムランニングランプが義務化されたりといったことが重なり、「重い開閉機構を持つ」リトラクタブルヘッドライトの採用が減ってゆくにつれ、現代ではついに絶滅してしまった装備ですね(しかもフロントオーバーハングにこれを積むのでスポーツカーとしてはなおさら良くない)。

なお、アレス・パンサーのヘッドライトは「プロジェクター」、そしてベゼルはカーボン製のようです。

写真の説明はありません。

インテリアもウラカンの雰囲気を強く残したもの。
メーターパネルもウラカンのままで、液晶右端に見える車体のアイコンも「ウラカン」。
おそらくはスタート時に表示されるアニメーションもランボルギーニのままなのだと思われます。

なお価格は7800万円、納車は5月末から、とのこと。

デ・トマソ・パンテーラとは?

なお「デ・トマソ・パンテーラ」はデ・トマソがアメリカ市場向けに発売した車で、フォードとの共同開発。
デザインはイタリアのカロッツェリア・ギア(のトム・ジャーダ)、エンジンはフォード由来の5.8リッターV8を採用。

バックボーンフレームやスペースフレームを採用することが多かったイタリアンスーパーカーとしては珍しく量産性に優れる「モノコック」を採用しており、加えてフォードからの流用パーツによって開発コストを抑え、安価な価格設定を実現することでアメリカでは好調なセールスを記録したモデル。

人物としての「デ・トマソ」はかつてマセラティブランドを所有していたこともあり、その頃に大ヒット作「ビトゥルボ」を世に送り出た人物としても知られます。
なんだかんだで商才には長けていたようで、「パンテーラ」においてもうまくコネを使ってフォードを抱き込んでの開発に成功していますが、自動車人というか車への愛情という点では他メーカーの創業者には劣り、あくまでも自動車を「ビジネス」として見ていた模様。
現実的にパンテーラもウエットサンプを採用していたので重心が高く、そのほかにも構造的な欠陥、慢性的なトラブル体質を抱えた車であった、とされていますね。

さらにデ・トマソは人によって評価の分かれる人物でもあり、高くそのビジネス手腕を評価する人もいれば、自動車を「お金儲けの道具」にして色々と台無しにしてしまった、と見る向きも(ぼくは後者)。

なお、今回の「アレスデザイン・パンサー」について、デザイン関係の権利や名称についてはどうなっているのか不明。
デ・トマソの名前は冠していないものの「デ・トマソ・パンテーラ」をイメージしているのは明らかで、これが無断でのプロジェクトだと訴えられても文句は言えないレベル(現在デ・トマソの商標権などは中国企業が購入したと伝えられている)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ランボルギーニ・ウラカン関連, >その他イタリア車
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.