>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

ランボルギーニ1台あたりの平均販売価格は3070万円!2018年の売上高が前年比+40%、14.2億ユーロであったと発表

投稿日:

| 3070万円はランボルギーニの出荷金額なので、ユーザーの購入金額は「もっと高い」 |

ランボルギーニが2018年における売上高につき、前年比+40%の14億2000万ユーロであった、と発表。
これは相当な伸びで、実際に販売台数も前年比51%増の5,750台となっていることもすでに報告されていますね。

なおランボルギーニは創業55周年となりますが、売上高が10億ユーロを記録ししたのは2017年が「初めて」で、2018年はそこからさらに伸ばしてきたということに。
そして2019年は「ウルス」のデリバリーが本格化するため、さらにその販売を伸ばすことになりそうです。

ウルスの登場がランボルギーニの利益を大きく変える

なお、ランボルギーニは「利益」を公表しないので、一台売ってどれくらいの利益を得ているのかを知ることは難しく(上場していないので開示義務がない)、しかしこの14億2000万ユーロを販売台数の5750台で割ると246,956ユーロとなり、これを現在のレートで円に換算すると「30,708,908円」。

つまりランボルギーニの「1台あたりの売上高」は3070万円ということになりますが、これはランボルギーニが”出荷”する際の金額なので、ユーザーが購入する「1台あたりの平均金額」は異なることは要注意(購入金額にはディーラーの利益が乗っているので、もっと高い数字になる)。

加えて、この数字には車体以外の売上、たとえばライセンスやランボルギーニ・ストアでの販売も加味されていることを考慮する必要があります。

ちなみに、昨年の「1台あたり売上」は34,496,327円だったので、「ちょっと減った」ということになりますが、これは「ウルスの平均価格が、アヴェンタドールやウラカンより低く、しかし販売の多くを占めた」ために平均値を引き下げることになったと考えて良さそう。

日本はランボルギーニにとって「3番目」の販売国

販売地域においては、欧州、アジアパシフィック、北米全ての地域で「伸びた」とのことですが、機に別だとやはり北米が大きく1,595台。
次いで英国の636台、日本は3位で559台、次いで中国の342台、カナダ316台、イタリア295台。

モデル別ではウルスが1,761台、ウラカン2,780台(+5%)、アヴェンタドール1,209台(+3%)。

そのほかの数字としては従業員が1750名を超えて2017年の10%プラス、ディーラー数は157を50の国/地域にて展開するに至っている、とのこと。

ランボルギーニの「1台あたり利益」は推測し難い

なお、2018年前半の数字ですが、BOERSE EXPRESSによると、フェラーリの一台あたり利益は「900万円」で、つまり一台売ると900万円の利益が出るとということに(これはフェラーリが”出荷して”稼ぐ金額であり、ディーラーの利益ではない)。※日経新聞では「1200万円」と報じている

その他の統計から計算すると、ポルシェは1台売って210万円、メルセデス・ベンツ、アウディ、BMWは110万円、マセラティは55万円、ジャガー・ランドローバーは10万円、ベントレーはマイナス210万円。

ベントレーは数年前までは「1台売って200万円近くの利益が出る」ブランドでしたが、現在ブランドシフト中のためエレクトリック関連の投資がかさみ、これがまだ回収できていない(エレクトリックカーを発売できていない)ことが”マイナス”の理由のようですね。

なお、フェラーリの2018年における売上高は34億2000万ユーロ、販売台数は9,251台。
1台あたりの売上は369,689ユーロなので邦貨換算だと45,989,311円という数字となり、ランボルギーニの3070万円に比べても1.5倍程度の数字となっています。

これはやはり「ワンオフモデル」「限定モデル」の単価が非常に高いことが関係しているのだと考えていますが、フェラーリワールドなどのライセンス収入、フェラーリストアの売上高なども大きく寄与していそうですね。

VIA:Lamborghini

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等, >フェラーリ(Ferrari), ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.