■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

エヴァイヤ発表のロータス。2021年に新型スポーツカー発表、今後の価格レンジは680-1400万円となること、フェラーリと同じ生産規模を目指すことを公表

| 現在の生産台数は1,700台。1万台を目指すというのはかなり野心的だ | ロータスは数日前に「英国初のエレクトリックハイパーカー」、EVJIA(エヴァイヤ)を発表していますが、その会場は画像の通り「限定されたVIPしか入れない限定空間」。ロータスのVIP顧客や各メディを招いてのイベントであったそうですが、そこでプレゼンテーションを行ったロータスCEO、フィル・ポプハム氏に飛んだのが「エリーゼ、エキシージ、エヴォーラの後継はいつ出るのか」という質問。

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

左右シートは色違い!内外装ともにカスタム満載のフェラーリF12tdfが1億円で販売中

| フェラーリF12tdfの価格はなかなか下がらない | ドイツのエキゾチックカーディーラー、Hollman InternationalにてフェラーリF12 tdfが販売中。フェラーリF12 tdfは799台のみの限定、5230万円で2105年に発売されたクルマ。F12をベースとしており、「究極のロードカー」として生を受けています。なお、「tdf」は「ツール・ド・フランス」の略で、これは自転車レースではなく1950年代〜1960年代に開催された自動車レースの名称。フェラーリはこのレースに250GTOにて参 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >三菱(MITSUBISHI)

三菱がアウディTT/A7のデザイナー獲得!三菱の欧州拠点にて未来のデザインを変革してゆく予定

| 今後の三菱には期待が持てる | このところデザイナーの退任や移籍が相次ぐ自動車業界。ちょっと前にはヒュンダイがランボルギーニやブガッティのデザイナーを大量に獲得していますが、最近だとロールスロイスのジャイルズ・テイラー氏が中国の紅旗へと移籍したり、ジャガーのイアン・カラム氏が退任したり、といった「事件」が起きています。そして今回は三菱がセアト、アウディにてデザイン経験を持つヨルグ・ディエス氏を獲得した、と発表。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスーパーカーやカスタムカ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

英国マツダがロードスターに新OPパッケージ設定。日本にはないマフラー、サスペンションが装着済み

| 意外なことに日本だとマツダ純正ではサスペンションキット、マフラーが用意されていないようだ | マツダの英国法人が、現行NDロードスター向けに2つのオプションパッケージを公開。ひとつは「カップ・パック(Cup Pack)と題されたもので、価格はおよそ28万円ほど。これはアイバッハ製のサスペンション(25ミリダウン)、ステンレス製エキゾーストシステム、17インチサイズのブラック仕上げBBSホイールがセットになったもの。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレ ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ブラジルにてランボルギーニ、フェラーリのレプリカ工場摘発!なんと作っていたのは親子、販売価格は510~720万円(けっこう高い)

| なお親子は「レプリカではなくプロトタイプを作っていた」とシラを切った模様 | ブラジルはサンタカタリナ警察が、ランボルギーニやフェラーリのレプリカを作る工場を摘発した、との報道。この工場はランボルギーニとフェラーリに特化していたようで、警察が踏み込んだときにも「ランボルギーニ・ウラカン/ガヤルド」「フェラーリF430」といったレプリカが製作中であったようですね。 そしてこれらの車両は「受注生産」にて販売されており、古いクルマのパーツや、品質の低いパーツを使用した「安価なレプリカ」。(それでも販売価格は ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET)

新型コルベットのコンフィギュレーター公開。ボディカラーは12色、ブレーキは4色、ストライプやカーボン製エアロなど多彩なオプションを用意

| シートやインテリアカラー、シートベルトなど内装の選択肢も多種多様 | 新型コルベット・スティングレイを発表したばかりのシボレーですが、その後たて続けに動画を公開し、そしてそのオープンモデル、レーシングカー(C8.R)、さらにはカーコンフィギュレーターも公開。まさに情報が一気に出てきて見てゆくのが大変といった状況です。今回は新型シボレー・スティングレーのカーコンフィギュレーターにて、どういった内外装の選択肢、オプションが有るのかを見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿コルベットのオーナーが団体でG ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET)

シボレーは攻勢の手を緩めない!新型コルベット「クーペ」に続いて「オープン」そしてレーシングカー「C8.R」のティーザー画像を公開

| まさにアメリカでは”コルベット祭り” | シボレーはミドシップレイアウトを採用するC8コルベット・スティングレイを発表したところですが、このルーフは「デタッチャブル」。つまりはパカっと取り外してタルガトップ状態にできるということですね。そして、驚くことに新型コルベット・スティングレイのプレゼンテーション終盤に「コルベット・スティングレイ”コンバーチブル”」が紹介された模様。つまり新型コルベット・スティングレイは「クーペ(タルガトップ)とコンバーチブル」がラインナップされるということになりますね。 こち ...

ReadMore

>ランボルギーニの限定車関連 >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJのさらなるレアモデル「63」はこうなっている!ブラックとレッドでまとめられた、目の醒めるような一台

| アヴェンタドールSVJは900台限定、そして”63エディション”はその中で63人の選べれたオーナーのみが入手可能 | おなじみカナダのランボルギーニ正規ディーラーにてセールスパーソンを務める、ヘザー・ボーレンタインさん。これまでも様々なランボルギーニたちを紹介していますが、今回はアヴェンタドールSVJの中でも63台のみが限定販売される”アヴェンタドールSVJ63”を動画にて見せています(今日もまた強烈なファッションに身を包んでいる)。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニ大阪/神戸新サービス工場へ ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET)

コルベットのミドシップ化に要したのは60年。途中で「ロータリエンジン搭載」モデル、「デロリアン」の元祖とも言えるモデルもあった!

| ここまで多くのプロトタイプが作られながらも「60年」かかったのは実に不思議 | さて、シボレーはミドシップレイアウトを採用した新型C8コルベット・スティングレイを発表しましたが、この「ミドシップ化」は、コルベットの主要開発者、ゾーラ・アーカス・ダントフが(イタリアンスーパースポーツに対抗すべく)1950年代終わりから進めてきたもの。ただ、これまでもいくつかのプロトタイプが製造されながらも、結局のところ市販モデルではミドシップ化されるに至らず、今回「ほぼ60年の歳月を経て」ようやくミドシップ化されたわけ ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET)

【動画】新型コルベットの気になるあの部分を解説!ドアの開け方やトランクの中、キーやメーターはこうなっている

| シボレーはコルベット発売に際し、かなりの準備をしていたようだ | シボレーは新型C8コルベット・スティングレイを発表したところですが、続々その情報を公開。その発表の場では多くを語らなかったものの、かわりに新しく公開された20本余りの動画にて、そのデザインや機能、構造を紹介しています。それら一連の動画は「コルベットアカデミー(Corvette Academy)」と第されており、文字通り各動画を見終わればコルベット博士になれる、というもの。ここでその一部を見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿【動画 ...

ReadMore



>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >マツダ(MAZDA) >スバル(SUBARU) ■駄文(日々考えること) ■ニュース

「SUVが飽きられた」?しかしそれでも各メーカーはまだまだSUVを投入し続けるとボクが考える理由

投稿日:

トヨタC-HRの減速はおそらくトヨタとしても「織り込み済み」だ

ミニバンやコンパクトカーは飽和状態だが、SUVはまだ飽和していない

東洋経済にて”「C-HR」が苦戦?人気SUVが飽きられ始めた理由”という記事が掲載。

これはまず、トヨタC-HRが2017年度においては乗用車販売ランキング4位に入ったものの、2018年は35%販売が減って14位に下がったということについて考察を行っています。

加えて、これまで継続して売れてきたトヨタ・ハリアーや日産エクストレイル、スズキ・クロスビーもそれぞれ約15%、30%、13~20%減少したことにも言及。

SUVは趣味性の高い乗り物だ

記事において、この現象は「SUVが飽きられた」という結論となっており、そもそもSUVが売れた理由としては「実用性とカッコよさとを両立したため」だとしており、これはまさにそのとおりかもしれません。

実用性で言うとミニバン、経済性だとコンパクトカーやハイブリッドカーという選択になりますが、SUVは実用性も高く(ミニバンほどではないですが)、かつ最近だと燃費に優れる車種も多数あり、そして何より「妥協して乗ってる」感が少ないのがいい、と考えています。

ちなみにぼくは結果的に「スポーツカーとSUVしか乗らない」といったクルマ遍歴をたどっていますが、スポーツカーもSUVも「趣味性が強い」ことがその理由。
趣味性が高い車はどこかしら独特の雰囲気を持っていて、「日和ってない」ところがイイ、と思うのですね。

そこで今回の記事では、「SUVは趣味性が高いので、クルマ好きが購入する比率が高いが、「それらが購入してしまうと需要が一巡してしまい」ブームが長続きせず、しかし日産ノートやトヨタ・アクア、プリウスは「実需で」伸び続けている、とも。

この状況を打開するには「安価なSUVを投入」して一般性を持たせたり、実需を換気するしか無いとしていて、これもたしかに「そのとおり」でもありますね。

つまり、SUVはイノベーター理論でいうところの、アーリーアダプターもしくはアーリーマジョリティのみで終わってしまう製品なのかもしれません。

メーカー側からの視点からSUVを見てみると

そこで視点を変えて「メーカー立場」ですが、SUVは「非常に儲かる」商材だとも言われます。
プラットフォームはコンパクトカーと同様のものを使用したとしても(フィットとヴェゼルのように)、高い車高やワイルドな風貌によって「高い値付が可能となり」、現時点では「出せば売れる」。

たとえばマツダやスバルはミニバンから撤退してSUVに集中していますが、これはSUVの台数が出るからというよりも、SUVは「発売しても外すことが少なく、既存車種のプラットフォームを活用でき、なにより利益率が高い」。

逆にコンパクトカー市場は「フィットやヴィッツ、ノートなど競合がおり、販売店網の数などから太刀打ちできない」、さらには「軽自動車も競合の対象に入りうる」。

つまりそんな状況の中でコンパクトカーを作ったとしても(ミニバンも状況としてはよく似ている)既存人気車種に勝つことは難しく、そして価格も抑える必要があり(利益が薄い)、しかしもともと趣味性の高いSUVであれば、それなりの「特徴」さえ押し出しさえすれば、とりあえずは売れる可能性が高いわけですね。

たしかに「一般的に」よく売れるのは実用性や汎用性を持つ(没個性な)クルマではありますが、しかしそこでマツダやスバルが戦うのは非常に難しく、そういった「順大手メーカーが」戦える市場がSUVなのだろう、と思います。

よって、SUVが飽きられ、多少販売が落ちようとも「ミニバンやコンパクトカー市場で体力をすり減らすよりはマシ」だとも考えられ、そういった事情もあってまだまだ各自動車メーカーはSUVに力を入れ続けるだろう、と考えています。

トヨタやホンダにとってもこれは同じような状況で、トヨタやホンダがこれ以上ミニバンやコンパクトカーを発売しても自社の市場を侵食するだけですが、毛色の違うSUVを発売してゆけば、他社のシェアを獲得できる可能性が大きく、よっていずれのメーカーにとっても「SUVはまだまだ魅力的な市場」だと言えそう。

なお、ぼくは”製品”について、「消極的選択肢」によって選ばれるものと「積極的選択」にて選ばれるものがあると考えていて、前者は「買う気はないが、必要性に迫られて購入するもの、もしくは本当に欲しいものは他にあるが、様々な理由でそれを買うしかないもの」。

後者は「必要はないが、欲しくて買うものや、必要がある場合であっても、他製品よりもこっちのほうが欲しいから、価格や実用性などを多少ガマンしてでも買う」というパターン。

コンパクトカーやミニバンは前者で、スポーツカーやSUVは後者になるということですが、後者のほうが「お金を払ってもらいやすく」、かつそういったお金を払う人の”ツボ”を抑えた製品さえ作ることができれば「効率のいい商売ができる」とぼくは考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), >マツダ(MAZDA), >スバル(SUBARU), ■駄文(日々考えること), ■ニュース
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.