>スウェーデンの自動車メーカー >ブガッティ(BUGATTI) >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■その車関連のネタなど

ケーニグセグがブガッティ・シロン、ランボルギーニ・ウラカンのデザイナーを獲得!社内の重要職に配置しデザイン変革を狙う

投稿日:2019/08/19 更新日:

| ケーニグセグはあわせてデザインセンターを新設 |

ケーニグセグが、そのデザイン責任者として「サーシャ(アレクサンダー)セリパノフ氏を獲得した」と発表。

サーシャ・セリパノフ氏はフォルクスワーゲングループ在籍中にブガッティ・シロン、そしてランボルギーニではウラカンのデザインに関わったことで知られています。

経歴としてはカリフォルニアのアートセンター・オブ・カレッジを卒業後、2003年にマツダの北米法人にインターンとして参加し、その後2004年にフォルクスワーゲングループへ。

| 数々のブランドで魅力的なクルマを発表 |

その後2010年にサシャ・セリパノフ氏は(フォルクスワーゲングループ内で)ランボルギーニのデザインチームへと加入してウラカンのデザインを担当し、2014年にはブガッティのエクステリアデザイン責任者へと抜擢。

ここではシロンのほか、ヴィジョン・グランツーリスモ(2015)のデザインも担当しています。

そして2017年にはヒュンダイへと移籍してヒュンダイの高級ブランド「ジェネシス」のグローバル・アドバンスト・デザイン部門のトップに任命され、ここではエッセンティア(2018)、ミント・コンセプト(2019)を発表済み。

サーシャ・セリパノフ氏は今年10月からケーニグセグへと加入するそうですが、そのポジションはケーニグセグが新しくスウェーデンに開設するRAWデザインハウスのチーフデザイナーだと報じられています。

ケーニグセグはNEVSとの提携によって多額の資金を得ており、それら資金を有効活用して今後は「これまでにない」展開を行うのかもしれません。

そして同氏は「私はずっとケーニグセグのファンであり、ついにその夢がかなった。ケーニグセグは自由な発想を持ち、たゆまぬ進化を続けている。現代の自動車業界において、ケーニグセグが成し遂げたことはほかに比肩するものがなく、そのケーニグセグにおいて自身の経験を活かせることを誇りに思う」と述べています。

なお、フォルクスワーゲングループはデザイナーや技術者の流出が多く、ランボルギーニ・ムルシエラゴのデザイナーであるルク・ドンカーヴォルケ氏はヒュンダイへ、そしてベントレーのデザインチームもヒュンダイへ、そしてブガッティ・ヴェイロンのデザイナーはロールスロイスへ。

そのほか、グループ傘下にあるイタルデザインからは、設立者であるジョルジエット・ジウジアーロ氏も離脱していますね。

あわせて読みたい、関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->スウェーデンの自動車メーカー, >ブガッティ(BUGATTI), >ランボルギーニ・ウラカン関連, ■その車関連のネタなど
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.