>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■ニュース

ホンダがSEMAに展示する布陣を公開!FR化した926馬力のシビックや、CR-V「ウイークエンド・ウォリアー」など。アメリカっぽいカスタムを見てみよう

投稿日:

| ドリフト用シビックは市販化希望 |

ホンダが11月5日より一般公開されるSEMAにて展示するカスタムカーの布陣を公開。
SEMAはアフターマーケット製パーツやカスタムカーを中心としたショーで、日本のオートサロンやオートメッセに近い性格を持つものの、「メーカー自らが、アフターマーケットパーツメーカーと組んで」車両を作り上げ、展示を行う傾向が強いという相違もあります。

そして今回ホンダがその展示内容を発表したということになり、これまでにもまして豊富なバリエーションを持っていますが、まずはスポーツカーそしてSUVではどんな展示を行うのかを見てみましょう。

ホンダ・シビック Si ドリフトカー

最初はシビックSi ドリフトカー。
これはJeanneret RacingとOlson Kustom Worksとのコラボレーションによって誕生したクルマで、フォーミュラ・ドリフト参戦のため、FFのシビックをなんとFRに改造したクルマです。
エンジンはK24(アコード等に搭載され、チューニングベースとして人気が高い)を使用し、しかしこれをなんと926HPにまでパワーアップさせてドリドリする、ということになります。
シビック「クーペ」は現在日本には輸入されておらず、主に北米市場にて販売されていますが、日本にもぜひ導入してほしいものですね。

24 - Honda Civic Si Drift Car for 2019 SEMA Show-1200x672

外観も大きく変更され、フロントバンパーには突き出したリップ、前後にはオーバーフェンダー、リアにはウイング、サイドとリアアンダーにもエアロパーツ追加。
もちろんガッツリとローダウンされ、ブレーキシステムも強化されているようです。

ホンダ・チューニング 2018 シビック Si プロジェクト・バイ・スーパーストリートマガジン

こちらのシビックは、アフターマーケットパーツを組み込み、「どこまで10世代目のシビックを改造できるのか」という可能性を追求したもの。
不可逆的な改造を必要とせず、ポン付けや入れ替えにて装着できる範囲でのチューン/カスタムが前提だそうですが、見える部分だとエアロパーツやローダウン、タイヤ/ホイール、そして見えない部分だとECUやインタークーラー、インテーク、エキゾーストシステム、ラージサイズのターボ、ダウンパイプがそのカスタム内容となり、インテリアではバケットシートや調整式ペダルスペーサー、調整式シフターが採用されている、とのこと。

2018-civic-si-sedan.jpg

スーパーストリート2000 シビック Si チャレンジ・ウィナー

シビックSi チャレンジ(シビックSiのコンクール)における2000年シーズンにおける優勝車。
車両は1999年製のシビックSiですが、shビックSiチャレンジのレギュレーションは「シビックSiを使用し、改造予算は1万ドル」というものだそう。

25 - 1999 Civic Si Heritage Super Street Build for 2019 SEMA Show-1200x800

なお、これは「ワンメイクレース」とは異なって実際にサーキットを走るわけではなく、「カスタム内容を競う」もの。
よって、その予算を「ドラッグレース用」「サーキット用」「オーディオだけ」「見た目だけ」に突っ込んでもOK、という面白い競技でもありますね。
ちなみにこの「優勝車両」であるシビックSiは、マテル社より、1/18スケールにてモデルカー化されたことがあるそうです。

26 - 1999 Civic Si Heritage Super Street Build for 2019 SEMA Show-1200x800

ホンダCR-V「ドリーム」ビルド・バイ・Jスポーツ・パフォーマンス・アクセサリー

こちらのCR-Vはアドベンチャー風味で、いわゆる「オーバーランダー」。
1.5インチ上げられた車高にホイール(KMC製)とタイヤ(NITTOリッジグラップラー)交換、Jスポーツ製の前後バンパーやサイドステップ、リヤタイヤゲートなどが装着されています。

01 - 2020 Honda CR-V Dream Build by Jsport for 2019 SEMA Show-1200x800

そのほか、LEDワークランプ内蔵ルーフラック、そしてルーフテントが装着され、カーゴスペースには「引き出し」等の実用ギアが追加されているようです。

2020 Honda CR-V Dream Build by Jsport for 2019 SEMA Show

ホンダCR-Vハイブリッド「DO」ビルド・バイ Jスポーツ・パフォーマンス・アクセサリー

こちらのCR-Vは「ウィークエンド・ウォリアー」がテーマ。
週末にそのオーナーが、自身の求めるアクティビティを行うフィールドへとギアを運ぶことを想定。
この車両の場合だと、MTBを山なり荒野なりに運搬するということになりますね。

2020 Honda CR-V Do Build by Jsport for 2019 SEMA Show

やはりサスペンションは1.5インチリフトアップされ、17インチのKMC製ホイール、NITTO製テラ・グラップラータイヤを装着し、前後バンパーやサイドステップなどボディパーツはJスポーツ製、ルーフにはラック付き。

2020 Honda CR-V Do Build by Jsport for 2019 SEMA Show

VIA:HONDA

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.