>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

まさかの超限定モデル、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJの「中古」が市場に登場

ホワイトとゴールド、高貴ささえ感じるカラーコンビネーション すでに完売している限定車、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJですが、なんとドイツにて売り物が登場(James Editionにて掲載中)。 アヴェンタドールSVJはアヴェンタドールの軽量ハイパワーモデルで、「ランボルギーニSV」の後継にあたるモデル。 「SV」=スーパーヴェローチェ(超速いという意味)にランボルギーニのハイパフォーマンスモデルを象徴する「J(もとはFIA競技附則J項に由来)」が付与されるという、名称のみでも”最強”を誇るクルマ ...

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

ポルシェ718ケイマン洗車。ダッシュボード、ドアインナーパネルの素材は汚れやすい

今回は主にインテリアの清掃について触れてみたい さて、ポルシェ718ケイマン洗車。冬季は融雪剤や降雪によって他の季節とはかなり異なる汚れ方をすることになりますが、気をつけないといけないのは「そういった汚れは塗装に対する攻撃性が高いこと」。つまり、融雪剤や雪とともに付着した汚れは「ヤスリ」のように塗装を傷める可能性があるということで、できるだけ多くの水を使用したり、洗剤を泡立ててから洗わなくてはならない、と考えています。 そんなわけで慎重に洗車を行い、そのためかかった時間は今回2時間ほど。 718ケイマンの ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ創業者一族が注文したというブガッティの20億円ハイパーカーはこうなる?なお一族にとって「20億円」は資産4500万円の人の「2000円」と同じレベル

もともとポルシェ創業者の孫、フェルディナント・ピエヒはハイパワー車が大好き ブガッティが先日「20億円のハイパーカーを発売」とも報じられましたが、それを予想したというわけではないものの、デザインスタジオのE.Milanoがシロンをベースに「ブガッティの新しいハイパーカー」をデザイン。主にはリアを延長し、さらにルーフからテールエンドには空力向上のためかカバーが装着され、純正よりも更に大きなサイズのタイヤとホイールを装着してローダウンしています。 つまりはロングテール化というか、マクラーレン「スピードテール」 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >その他他ドイツ車

一見レトロな911、しかし中身はカーボンモノコックフレーム、プッシュロッドサス採用!710馬力、最高速360km/hのルーフCTRアニバーサリーが発表

光見えて灯火類はLED、ドアハンドルはポップアップ式のフラシュマウント ルーフが「見た目は昔の911、中身は最新レーシングカー並みの911」、”CTRアニバーサリー”を発表。なお、これは昨年にプロトタイプとして公開された「RUF(ルーフ)CTR 2017」のプロダクションモデルという位置づけで、ルーフの創業80週年を記念したもの(ポルシェは昨年に70周年を迎えたので、ルーフの歴史はポルシェよりも古いということになる)。 ※「CTR」は「カレラ・ターボ・ルーフ」の略 え?これが2017年の新車?ルーフが驚愕 ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンが新型ハイパーカー「003」のティーザー画像公開。ミドシップレイアウト採用、ヴァルキリーに続く”新たなる神話”がはじまる

デザインはヴァルキリー似、価格は1億円、限定台数は500台 アストンマーティンがコードネーム「003」と題されたハイパーカーのティーザー画像を公開。これはつまり「第三のハイパーカー」となり、ヴァルカン、ヴァルキリーに続く3台目、ということを意味します。ポジションとしてはヴァルキリーの下となりますが、アストンマーティンは「ヴァルキリー」にて初のミドシップスーパースポーツ(過去にはコンセプトカーで”ブルドッグ”-下の画像-なるミドシップもある)に挑戦。

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

これまでフロントにあったNACAダクトが消えた?最新のポルシェ911GT3(992)スパイフォト

ポルシェはいくつかのプロトタイプを用意、もしくはオプションパッケージを準備か 992世代の新型ポルシェ911 GT3が冬季テストを行う様子がスパイフォトとして公開に。これまではニュルブルクリンクを走行する姿が主に目撃されたものですが、今回は比較的鮮明な画質にて捉えられており、これまでになく細部がよく分かる内容となっています。なお、992世代の911においてはフロントフード先端形状に変更があり、「911/930/964世代」に近いデザインとなっていて、これまでの水冷世代の911(996/997/991)とは ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

さよならメルセデス・ベンツSLC。23年の生涯に幕を閉じるにあたり初代をイメージした最終記念モデル登場。同時に現行SLも終了に伴い特別仕様が登場

メルセデス・ベンツSLKは一つの時代を築いたと言っていい メルセデス・ベンツが「中国で売れないから」後継モデルはないとしていたSLC(旧SLK)に「ファイナル・エディション」を設定(日本への導入は未定)。つまりこれで現行SLCの寿命も終了ということになり、ついにその灯火が消えることに。「ファイナル・エディション」が設定されるのはSLC300とAMG SLC43で、面白いのはSLC43ボディカラーが「(初代SLK発表時のカラーをイメージした)サンイエロー」のみ、SLC300のボディカラーがセレナイトグレーで ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■近況について ■ニュース

意外とSクラスっぽい?やっぱりCLSとは別モノの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を見てきた

思っていたよりもかなり大きなクルマだった さて、日本でも発表されたばかりの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」。さっそく大阪はグランフロント内にあるのメルセデス・ミーへと展示車を見にゆくことに。展示車は「メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+」、つまり最強グレードで、ボディカラーはオブシディアンブラック、インテリアはレッドペッパー(AMGスポーツシート仕様)。理由は不明ですが、ショールーム内ではなく地下駐車場にて、施錠した状態かつ内装にはビニールのかかったままでの展示です。 メルセデス「4ド ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】その名は「ヒデト・ブルー」!世界で最も高価なペイントを持ち、オプション総額1億円を超えるブガッティ・シロンが東京にいた!

オーナー友人の開発による、特殊なメタルフレークを使用した「世界にひとつ」の塗装 世界中からスーパーカーのレビューを届けてくれる女性ユーチューバー、スーパーカーブロンディさん。これまでにもケーニグセグ・レゲーラや5000馬力のデヴェル・シックスティーン、アポロ・インテンサ・エモツィオーネ(IE)の試乗レビュー、ピニンファリーナ・バッティスタなどレア中のレア車のを紹介しています。そして今回はなんと「東京」から世界に一台のボディカラーを持つ、そしてオプション総額1億円を超えるブガッティ・シロンをレポート。 こち ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

【動画】アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートのオプショングリルは430万円!デザイン変わらず、しかも重量アップなるも、ここにお金を払うのが真のコレクター

製造にかかるのは3000時間、アルミ製なので見た目はシルバーに 以前に「4種類あるアストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートすべてをコンプリートした男」を紹介しましたが、それに引き続きその中の1台、ヴァンキッシュ・ザガート・ヴォランテが別のオーナーへと納車に。その様子を紹介するのは「4台コンプリート」時と同じくユーチューバーのMr JWW氏。そしてこれらを納車するのはイギリスにある「アストンマーティン最古のディーラー」とのこと。 【動画】総額数億円?アストンマーティン・ザガートシリーズ4台全てを同じカラ ...

ReadMore



■外国ネタ・旅行など

ペニンシュラホテル香港に泊まってみた~チェックインと部屋の様子など

投稿日:2015/10/17 更新日:

DSC01879

さて、ペニンシュラホテル香港へのチェックインと部屋の様子。
ぼくはホテルをさほど気にするわけではない(ホテルにいる時間が短い)ので今まではこういった高級ホテルに宿泊することは稀であったのですが、何処のホテルでもストレスになるのがチェックイン。








というのも、なぜそんなに待つ必要があるのかというほど待たされ、かつ受付の人はやたらカタカタとキーボードを叩いていたり(なにをそんなに入力するのか不思議)、と疲れた状態で荷物を持っているのにウンザリすることがあるのですね。

そこへゆくとペニンシュラ香港は優れており、今回はロールスロイスの送迎を頼んでいたこともあってか、エントランスに到着すると副支配人が出迎えてくれ、車から降りてそのままレセプションをスルーして部屋へ直行。
そしてその部屋の中で副支配人の持つ端末を使用してゆっくりくつろぎながらチェックイン、という流れです。

DSC01881

なお部屋にはウエルカムシャンパンとマカロン、チョコ、ケーキが用意されており、フルーツの準備も。
マカロンやチョコレートはひとつひとつ、バラの花びらの上に載っています。
シャンパンはフルボトルで、ペニンシュラ香港オリジナルのもの。

部屋には無線LANが飛んでおり、無料で使用可能。
また、この無線LANは館内にいれば、スパだろうがサウナだろうがプールだろうが再ログイン無しで利用可能。

だいたいのホテルだとフロアが変わるとログインし直す必要があったり、部屋の外では繋がりにくくなったりするのですが、ペニンシュラ香港ではそれがなく、ネット環境は非常に快適です。

DSC01920

こちらはチェックイン後に持ってきてくれた中国茶。

DSC01894

これはおみやげで、持って帰っても差し支えないもの。
中身は石鹸ですね。

DSC01862

DSC01863

関連投稿:ペニンシュラ香港の部屋の様子〜その他もろもろ、ミニバーなど

ペニンシュラ香港の部屋の様子。
全体的には重厚でありながらもテクノロジーを取り入れたつくり。

ソファの横には雑誌。
ペニンシュラが発行しているもの、ハイブランドのカタログもあります。

DSC0rt1917

クローゼット。
中にはガウンとゴツい木製のハンガー。
ガウン(バスローブ)は比較的薄くて軽く、しかしワッフル地になっているので吸水性が高くなっています。
タオル地でただ重いだけのバスローブが多いですが、このペニンシュラのバスローブは軽さと吸水性のバランスがとても良いと思います。
雨傘、レザー仕上げの靴べらも。

ソファの肘にはコースター。
普段は閉じていますが、引っ張り出すことでグラス類を載せることが可能に。

バッテリーチャージャー。
ライトニング、DOCK、ミニUSBなどiPhone、アンドロイド、デジカメに対応。
200Vなので日本の100Vよりも充電が速く完了するようです。
コンセントについて基本的に香港は三叉式ですが、日本のコンセントもそのまま使えるようになっておりアダプターは不要。
ただし作動電圧が100Vのものについては変圧器が必要となります(基本的に現在の家電はワールドワイド仕様なので変圧器を要するものはほとんど無い)。

DSC01うy915

スリッパ。
しっかりした肉厚の底を持っておりクッション性もあります。
ペニンシュラ香港は客室からスパやジム、サウナにゆくのにスリッパやバスローブでの移動を推奨しているので、こういった「外も歩ける」つくりなのでしょうね。
なお客室からそれらに行くのにロビー等を通る必要はなく、外部の人と顔をあわせることもありません。
ペニンシュラ・マニラの場合は客室からスパやプールに行くのにロビーやレストランを横切る必要があり(そのため一応ちゃんとした服を切る必要がある)、このあたりは構造の差と言えます。

DSC02044

読書灯。
レザー巻きのしっかりしたもの。
LED照明です。

DSC01902毒sy等

デスクに置かれた竹。
竹は客室だけではなく、ペニンシュラ香港のあちこちに置かれています。

DSC01904

ミニバーやおつまみ類。
ポテトチップス、ナッツ、ミント他ディーン&デルーカの製品もあります。
ドリンク類はコカコーラ、ミルク、ココア、ビール、ウイスキー、ワイン、中国のお酒など。


関連投稿:ペニンシュラ香港のトイレはやはりペニンシュラだった件

DSC01856

ペニンシュラ香港の部屋について。
今回はトイレ編です。

トイレも結構広く、専用の洗面台がついています。
洗面台には石鹸がありますが、ペニンシュラ香港ではいたるところに石鹸が。
だいたいのホテルにおいて、石鹸は浴室にひとつあって、他で使うときは自分で持ち運べ的なところがありますが、ペニンシュラ香港は親切ですね。

タオルは全て「P」のマーク。

DSC01926

DSC01855

トイレットペーパーの三角折り部分には「P」の刻印。
これはペーパーを折った後にエンボス加工を施しているようです。

DSC01925

唯一残念なのはシャワートイレではないこと。
ドアは厚く、壁との接触部分には戸袋があるので開閉時の音が小さく、遮音性も高くなっています。

DSC01854

トイレ照明ももちろんタッチパネル式。
トイレ内からの通話も可能です。


関連投稿:ペニンシュラ香港~部屋の様子について。ネスプレッソもある備品について

ペニンシュラ香港の部屋の様子、備品編。

これは専用FAX。
電話は国内無料、海外についてもIP電話を使用(使い方を教えてくれる)すれば無料で国際通話が可能。
ビジネスセンターまで行かなくてもこういった機器が使用できるのはありがたいですね。
マニラのペニンシュラ・ホテルにも同様にFAXが設置されています。

DSC01889

レターセット。
様々な種類の用紙があります。

DSC01890

文具セット。
蛍光ペン、新品の消しゴムも。
鉛筆は手で削っているようです。
はさみがあるのは意外と便利。
こういった用意があるところを見ると、ビジネスにて長期滞在する人も多いのでしょうね。

DSC01891

ドライヤー。

DSC01905

こちらはネイル用ドライヤー。
こういった製品があることをはじめて知りました。

DSC01906

ドレッサー用の鏡。
これは電動で上下します。ライティングもオート。
なかなかに感動的です。

https://www.youtube.com/my_videos?o=U

中国茶用の茶器。
しっかりしたものですね。
当然、お茶も多数用意してあります。

ネスプレッソ。
コーヒーも飲み放題。
なお使用方法はディスプレイに日本語で表示されるなどの親切設計。
デカフェ、エスプレッソなど様々なカプセルがあります。

こうやって見ると、ありとあらゆるものが装備され、部屋を出ずにひたすらくつろげる、という感じですね。
ペニンシュラ香港は非常に高価なホテルではありますが、これらの内容を考えると、コストパフォーマンスはかなりいいんじゃないかと考えています。

関連投稿:ペニンシュラ香港~部屋の様子について。専用タブレットでの操作(動画あり)

DSC0190じ7

ペニンシュラ香港の部屋について。
廊下を歩いているときにも思いましたが、漆塗りのような光沢のある木材の使用が特徴で、これが重厚感と高級感を演出しているように思います。

DSC01884

一方で部屋のカーテン、テレビ、オーディオ等は備えつけのタブレット(部屋に3セットのタブレットがある)もしくは壁面のタッチパネルで操作するという先進性もあります。
タブレットはリモコンとセットで専用スタンドに立てられ、特注のようですね。

DSC02129

予約時に日本人ということが予めわかっていたためと思われますが、タブレットの言語は日本語に(それにあわせて壁面タッチパネルも日本語に)。
もちろん他の国の言語も選ぶことが可能です。

DSC01うy914

DSC01886

DSC01912

タブレットの操作方法はこちら。
観光情報やホテルの情報、スペのメニューやレストランのメニューも見ることが出来ます。
これらはペニンシュラ香港のホームページでも見ることが出来ますが、サイトは英語表記なのに対し、客室のタブレットの表記はすべて日本語化されています。

テレビ番組は相当数あり、映画も全部無料。
ジュラシック・ワールドなど最新作も無料で見ることができ、有名な作品は過去のものも含めてかなりの数が収録されています。
テレビはかなり大きなサイズで音響設備もよく、映画を観るにも迫力の重低音が出ます。

こちらは壁。かなり立体的です。

DSC01916DSC01912

金庫の中。ジュエリーボックスがあるのはペニンシュラならでは。

DSCっj01922

ここに靴を入れておくと、磨いておいてくれるようですね。

DSC01877

扉。重厚ですが滑りがよく、小さな力でも開閉可能。
戸袋が継いており、ドアを閉じた時の音も響かない静音設計です。

DSC01911

なお部屋は密閉性が高いのか非常に静かで、周囲の音は(外部含め)ほとんど聞こえません。
ホテルにありがちな、エレベーターの音や他の部屋の水道の音も聞こえず、非常に快適ですね。

関連投稿:ペニンシュラ香港の部屋の様子~バスルーム編

DSC01871

ペニンシュラ香港の部屋の様子、バスルーム編。
大理石造りで、バスタブとシャワールームは別に(左側のガラス扉がシャワールームになっている)。
もちろんTVもついています。

DSC01859

バスタブに浸かったまま、テレビやラジオ、オーディオなどのコントロール、証明の調整がタッチパネルにて操作可能。

DSC01870

なお洗面台は当初欧米人を対象として設計・建設されたためかけっこう高めの位置にあります。
コンセントは香港式の三叉のほか、日本式のプラグも使用可能。

DSC01861

シェーバーはけっこう立派なもので、良く見かける使い捨てのものとはグレードが異なります。
歯ブラシも比較的しっかりしたもので、数日の使用にも十分耐えうるもの。
歯磨き粉の容量もけっこうありますね。

DSC01860

浴室内には電話用スピーカーもあり、コントロールパネルの設定にて浴室内通話も可能。

DSC01865

アメニティ類は一般的に必要とされるものが揃っており、歯磨きセット、石鹸、シェービングキット、シャワーキャップ、ネイルキット、綿棒、コットン、ソーイングキット、シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ローションなどなど。

DSC02053

DSC02054

DSC01867

DSC01868

DSC01869

DSC01866

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

-■外国ネタ・旅行など
-,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.