>シボレー(CHEVROLET) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >スウェーデンの自動車メーカー >フェラーリ(Ferrari) >日産/インフィニティ(Infinity) >プジョー(PEUGEOT) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

もしも新型スープラがBMWではなく、他メーカーとの共同開発だったら!AMG、フェラーリ、アストンなど「もしも」なレンダリング

| 中には「ないとは言えないな」というものも | 新型トヨタ・スープラは「BMWとの共同開発によるスポーツカー」。その理由としては、トヨタ単独で開発を行うと”とんでもなくお金がかかる”ためで、というのもトヨタはスープラの「魂」とも言える、そしてスープラに”なくてはならない”直6エンジンを持っていなかったから(そしてBMWは直6エンジンを持っていた)。よって、トヨタが単独で新型スープラを開発するとなると、プラットフォームだけではなく直6エンジンも開発しなければならず、よって「そうなれば、とうてい今の価格では ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

自動車のデザインが過去にないほど各社で似てきた件(ハイパフォーマンスモデル編)。「エアインテークを目立たせる」ほか

| 機能を視覚化する方法が確立されてきた | 先日、クルマのデザインがメーカー問わずに似てきたという件について触れましたが、今回は「ハイパフォーマンスモデルのデザインも似てきた」ということについて。ただ、これは「スポーツカーやスーパーカー」ということではなく、主にメルセデス・ベンツ、BMW、アウディなど「ジャーマンスリー」の発売するハイパフォーマンスモデル「AMG」「M」「S」について考察してみたもの。 関連投稿 自動車のデザインが過去にないほど各社で似てきた件(前後バンパー、テールランプ編)。なぜ「細く ...

ReadMore

>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

もはやレンジローバーなみ!より高級に、より洗練された新型ランドローバー「ディスカバリースポーツ」発表

| レンジローバー・ヴェラールのような高級感すら感じられる | ランドローバーが、新しいデザインそして機能を持つ新型ディスカバリースポーツを発表。2020年モデルとしてのアップデート版にはなるものの、その変更内容はけっこう大きいようですね。外観では、各部がリファインされて新しいバンパー、LEDライティングシステムが目に入るところ。そのほかフロントグリル、ホイールも一新(18~21インチまで選べる)されることに。 こちらもオススメ、関連投稿ランドローバーが赤十字のために作ったドローン搭載ディスカバリーを公開 ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

世界に一台!ホンダが公式にカスタムしたシビック・タイプR「ピックアップトラック」が公衆の面前に登場

| ホンダUKはなぜかシビック・タイプRのピックアップトラックを実際に作ったことがある | ホンダは以前に、現行(FK8)シビック・タイプRのリアセクションをカットしてピックアップトラックを製作したことがありますが、なんとその実車が一般人によって目撃されています。このシビック・タイプRはピックアップトラック化されるにあたって2シーター/2ドアへ。さらにロールバーにLEDライトバーが装着され、ヘビーデューティーな雰囲気を持つ半面、特徴的なリアウイングも残されるというユニークな外観を持っています。 こちらもオ ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

ルノー・メガーヌR.S.がシビック・タイプRより3.7秒速く走りニュルFF王者へ。どうするホンダ!

| そのタイムは7:40.1。わずか3年で10秒も短縮 | 長い間沈黙を保っていたルノー・メガーヌR.S.しかしながら今回突如としてホンダ・シビック・タイプRの持つ「ニュルブルクリンクFF最速記録」を破り、王者に返り咲いたと発表しています。なお、「ルノー・メガーヌR.S.」「シビック・タイプR」「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」の3車は、長らくニュルブルクリンクFF最速の座をかけ、抜きつ抜かれつを繰り返してきましたが、新型(FK8)シビック・タイプRが7:43.8を記録し王座奪還したのちはライバルたちも ...

ReadMore

■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■近況について ■ニュース

なぜか「ETCマイレージサービス」から登録取り消しのお知らせが届いた!ETCカードを更新したら忘れずに登録情報も更新しよう!

| 730日間もポイントをロスしてしまっていた | さて、ETCマイレージサービスから封書が届き、開封してみると「登録取り消し予定のお知らせ」。まずETCマイレージサービスとはなんぞやということですが、これは「支払ったETC通行料にあわせてポイントが貯まり、そのポイントを通行料の支払いに充てたりできるもの」。よって、まだETCマイレージサービスの登録をしていない人は登録を強くオススメします。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようや ...

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース ■近況について

誰か一緒に行かん?ポルシェ・エクスペリエンスセンター上海にて、いざ思いっきり走ろうぞ

| 大阪からだと飛行機で2時間以内 | ポルシェ・エクスペリエンス・センター上海を訪問しようと考えています。「ポルシェ・エクスペリエンス・センター」とは、サーキットやスキッドパッド、オフロードコースを併設したポルシェの施設で、そこでポルシェを借り、インストラクターの指導のもと、思いっきりぶっ飛ばせるという夢のような大人のテーマパーク(のようなもの)。 そのほかクラブラウンジ、ブランドラボ、ポルシェ・ドライバーズ・セレクション(グッズ販売)、レーシングシミュレーターなどもあるようです。 そのほかレストランや ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

新型スープラはカタログ値340馬力のところ、実際は400馬力くらい出ていた!「逆トヨタ馬力」を持つトヨタ車がついに登場

| パワーチェックにて345PSを記録。これはエンジン単体だと400馬力前後に相当 | 現在新型トヨタ・スープラは各メディアによって絶賛テスト中ですが、 Car And Driver 誌が新型スープラのパワーチェックを敢行。これによると、カタログ値335HP(340PS)のところ、シャシーダイナモ上では339HP(345PS)を記録。なんだカタログ値よりもちょっと上なだけじゃない、ということにもなりそうですが、実はこの数値をマークしたのは「かなりすごい」こと。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ハイブリッド・フェラーリは「3モーター、4WD、0-100km/加速は2秒、V8エンジン」との報道。なお廉価版としてV6エンジン搭載車も追加

| V6+ハイブリッドモデルは事実上のF8トリブート後継車に? | だんだん近づいてきた、新型フェラーリ発表の「Xデー(5月31日)」。今のところわかっているのは「ミドシップ」「ハイブリッド」「986馬力」ということくらい。逆にわからないのはエンジンや駆動方式、ハイブリッドシステムの内容、そしてその価格といったところです。

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産GT-R開発担当者「次期GT-Rは顧客が望むクルマになる。エレクトリックを望めばEVに、ガソリンを望めばそうなるだろう」。結局何も決まっていなかった?

| GT-Rを復活させたのはカルロス・ゴーンだが、今や日産内部でもGT-Rは支持されていないのか | ニスモビジネスオフィス兼、第一商品企画部 日産GT-Rチーフ・プロダクト・スペシャリストである田村宏志氏によれば、次期日産GT-Rについてはその開発を急いでおらず、エレクトリック技術、そして自動運転技術が投入される可能性がある、とのこと。ただし以前に同氏は「ハイブリッドを使用すればあまりに価格が高くなりすぎる」とも語っており、今回の発言については「あくまでも可能性の一部」ということになりそう。ちなみに次期 ...

ReadMore



■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

特別装備と雰囲気満載。ドイツ車よりもアメリカ車に近い?ビートル・デューンに試乗する

投稿日:2016/08/01 更新日:

img01

【フォルクスワーゲン・ビートル・デューンってどんな車?】

要するに車高を上げた、オフロード風味のビートル。
通常のビートルに比べて15ミリ車高が上げられ、足回りをワイルドに見せるために樹脂製のホイールアーチを装着し、アンダーガード風のデザインを持つ前後バンパーやリアスポイラーが装着されたアクティブさを感じさせるビートルですね。
通常モデルをリフトアップするのはVWが昔から(クロスゴルフやクロスポロなどで)よく使う手法ですが、クロスゴルフでは単に車高を上げるだけではなくジオメトリも変更するなど結構真面目に作っていた印象があります(ビートル・デューンはそのあたり不明)。








エンジンは通常ビートルが1.2リッターと2リッターのラインアップなのに対して1.4リッター(150馬力)。
ただし以前にシロッコで用意されていた「ツインチャージャー(スーパーチャージャーとターボチャージャーの2基がけ)」ではなく、ターボチャージャーのみ。

オフロードっぽい外観を持ちますが駆動方式はFFで、トランスミッションは7速DSGとなります。
燃費は公称値でリッター18キロ(1.2リッターモデルよりも優れる)、価格は321万9000円。
日本での限定台数は500台で、7/末の状態で150台ほど枠が残っている、とのこと。

【外観について】

上述の通り外観はワイルドな仕上げに。
なおビートルは2016年秋以降にフェイスリフトを受けますが、外観に関してはそれを「先取り」した仕様となっています。
左右分割式のエアインテークを持つフロントバンパー、サイドモールディング、ホイールハウスアーチ、ブラック部分が増えたリアバンパーなどはフェイスリフト後のビートル「R-Line」に採用されるもので、これがフェイスリフト前にビートル・デューンに与えられた、ということになります。

ただしフロントバンパー、リアバンパー、サイドステップのストーンガード風の(オフローダー風の)パーツはフェイスリフト後のビートルR-lineにも採用されない、デューンのみが持つ「専用装備」ですね。

デューン専用装備に加えてこれらフェイスリフト後ビートルに採用されるパーツの効果は非常に大きく、というのも現在フォルクスワーゲンの販売は「ジリ貧」と言われ、そして新パーツ群はフォルクスワーゲンがそれを立て直すために投入した肝いりのデザインであり、相当に力が入っている、というわけですね。

実際にこれまでのファンシーな印象から、ずいぶんスポーティーで力強いルックスへと変貌を遂げていると思います。
なお、リアバンパーにおいて下部分をブラックアウトして「視覚的なヒップアップ効果を狙う」のは最近のVWアウディグループ全体にわたりよく見られる手法で、最新のポルシェ、ランボルギーニにおいても採用される手法です。

img02

【内装について】

かなり大きなドアを開けて乗り込みますが、シートは大柄で柔らかく、ソファのような印象。
この辺り比較的タイトで固めの座り心地を持つゴルフとはやや異なるところです。
パっと目に入るのはやはりボディカラー同色塗装がなされたパネル類ですが、これは非常に特別な印象がありますね。
メーターもデザイン性の強いもので、はやりの液晶ではありませんが非常にカラフル。
「いかにも欧州車」的なゴルフに対して、ビートルはかなり「アメリカ的」だと感じます。
なお残念ながらビートルの特徴でもあった「一輪挿し」はオプションに。

ステアリングホイールが細いのはおそらくビートル固有の特徴と思われますが、これは過去のビートルへのオマージュかもしれません(VWの他のモデルに比べてもかなり細い)。
なおステアリングホイールに使用されるスムースレザーは品質が高く、ポルシェだとこのスムースレザーはオプション扱いとなるレベルで、この辺り(手に触れる部分の質感が高い。ウインカーレバーの操作感はポルシェを軽く超える)はゴルフ含めてVWの美点と言えます。
シートのトリムやステアリングホイール、シフトレバーブーツのステッチにもボディカラーが反復され、かなりなスペシャル感もありますね。

パーキングブレーキが電動式でないのは残念ですが、登場年式や価格を考えるとやむをえないところ。

【運転した印象】

1.4リッターエンジンは出だしでちょっとモタつく印象がありますが、いったん走り出せば問題なし。
低回転で負荷がかかるとインジェクターの音が気になる場面もあるものの排気量を考えると許容範囲内といえるでしょう。

乗り心地は非常に柔らかくソフト、しかしカーブでは以外と粘る印象があります。
総じて上品な乗り味ですが、試乗を通じて内装のきしみ音、ステアリングホイールから伝わる微妙な振動が気になりますが、これ室内が快適かつ静かすぎることに起因していると思われ、一般的に考えると総合して高いレベルと考えて良いでしょうね。

このあたりも内装の雰囲気や感触同様、ゴルフとは大きく異るところ。
おそらくはこれもアメリカ市場を意識したものと思われます。

ブレーキには回生システムが備わりますが、違和感の無い自然なフィーリングですね。

img13

【総括】

全体的な印象としては「おおらか」というもので、ゴルフのような精緻さとは(同じVWながらも)対局にあるのかもしれません。
テクノロジーを感じさせるのではなく雰囲気を楽しむ車だと言え、そしてその目論見は達成できていると考えて良いかと思います。

ただビートル自体の登場年がすこし前(2011年)になるので、ゴルフに採用される最新のMQBプラットフォームではなく旧世代のプラットフォームを採用することになり、それに関わるゴルフとの印象の差異は少なからずあります。

かつ、装備の近いゴルフTSIハイラインの価格が328万円、燃費もリッター19.9キロということを考えると、ビートルの不振は「身内のゴルフに食われている」と考えて良いかもしれません。

ビートルそのものは素晴らしい車ですし、価格的にも魅力があると考えていますが、いかんせんゴルフの性能の高さ/価格的訴求力が高過ぎ、「身内に出来過ぎた兄弟」がいるのがその不幸と言えるでしょうね。

ただ、車は性能やテクノロジーのみで語られるものではなく、ゴルフとビートルを比較して「どちらを買うか」と言われた場合、ぼくはビートルを選びます。

試乗記について
ランボルギーニ、AMG、アルファロメオ、VW、ジャガー、ベントレー、ルノー、ミニ、フェラーリ、マクラーレン、テスラ、レンジローバー、スズキ、トヨタ、マツダ、スバル、ホンダ、レクサス、メルセデス・ベンツ、BMWなどこれまで試乗してきた車のインプレッション、評価はこちらにまとめています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。 6000万円くらいを記録していた時期もありますがそれが4500万円くらい(新車価格と同じくらい)になり、 ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。 たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が5 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。 その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが ...

-■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.