>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

スポーツカー×リフトアップ。ワイルドなタイヤを装着したBMW Z3が中古にて販売中

投稿日:2017/04/07 更新日:

フィラデルフィアにて、リフトアップしカスタムしたBMW Z3が中古市場に登場(32万円と安い)。
1997年モデルの車高を上げ、大きなタイヤを装着した車ですが、ボディカラーがミリタリーっぽいつや消しグリーンに塗られていることもあり、軍用ジープのようなワイルドな印象に。

あまり太いタイヤを入れることができなかったようで、それでもタイヤに干渉するリアバンパーとフロントフェンダー、フロントバンパーは取り払われており、ヘッドライトは同じBMWの3シリーズ(E36)のものへ。
ソフトトップは残されているもののリアスクリーンはなくなっており、マフラーも無いようですが、なんとなく魅力的な一台ですね。

アメリカだとこれで合法なのかどうかは不明ですが(一応ナンバープレートはついている)、タイヤの直径が大きく変わることでオドメーターの正確性、スピードメーターも狂うことは確かで、実用には向かないものの、けっこう欲しい人は多いのかもしれません。

なお「スポーツカーのリフトアップ」は残された最後の砦のようなもので、クロスオーバーブームも行くところまで行ってしまった今、「あとはこれしかない」と考えています。

クーペのリフトアップモデル、オープンカーのリフトアップモデルは「意外とイケてるんじゃないか」と考えており、どこかのメーカーが出してヒットすれば(コンセプトカーはけっこう出てくるものの、実際に市販はされていない)、他メーカーもこれに追随するかもしれませんね。

なお、ぼくは一時期BMW Z3(2.2L)に乗っていましたが、それまで所有した車のなかでは「もっとも遅い」と言ってよく、であればこの1.8Lモデルだと「この大きなタイヤを回す(スタートする)のにはけっこう回転数を上げないとダメなんじゃないか」と思います。

VIA:Jalopnik

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.