ad-728

>ポルシェ911関連 >ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・カイエン関連 >ポルシェ・パナメーラ関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェが「開発時に行われる、もっともタフなテスト」5選を公開。思ったより過激だった

2017/04/10

Pocket
LINEで送る

ポルシェが例によって「ベスト5シリーズ」動画を公開。
今回は「ヴァイザッハ(ポルシェの開発センター)で行われる、最もタフなテスト5選」。
まず5番目は「スキッドパッド」ですが、これは水などを撒いて意図的に「低ミュー路」を作り上げ、スリップしやすい状態を作るものですね。

なお、それぞれ「現代」のテストと「昔に行われていた」テストとを動画内で比較しており、「けっこう昔からポルシェはハードなテストをしていた」こともわかります。

4番めは「テストトラック」。
サーキットを走るのかと思いきや、波状路、凹みのある道、逆に突起のある道、水たまりなどかなりタフなコース。
見ていて「911が壊れちゃう」と思うほどのハードなコースです。

3番めはウインドトンネル(風洞)。
ケイマンGT4や最新のパナメーラのテスト風景も見ることができます。

2番めはオフロードテスト。
これはさすがにスポーツモデルに対して適用することはできませんが、カイエンがザバザバと深いプールの中に入ってゆく様子は圧巻。

トップはクラッシュテスト。
見るからに痛々しいものですが、安全性を確保するには避けて通ることができないものですね。
なお、設備の整った現代よりも、専用の検査設備のない昔のほうがハードなテストを行っているのは興味深いところ。

いずれも想像以上にタフなテストですが、こういったテストをクリアして世に送り出されるからこそ、ぼくらユーザーは安心して乗れる、ということですね。



->ポルシェ911関連, >ポルシェ・ケイマン関連, >ポルシェ・カイエン関連, >ポルシェ・パナメーラ関連, >その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , , , ,