■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

オーデマピゲの仕掛け人が立ち上げた腕時計ブランド「ゴリラウォッチ」。その新作発表会へ行ってきた

場所は神戸、カミネ旧居留地店 さて、カミネ旧居留地店にて開催のゴリラウォッチ新作発表記念パーティー「Gorilla Watch New Timepiece Drift-in Party」へ。 これは新進気鋭の腕時計ブランド「ゴリラ」より発売となる新型ウォッチ「ドリフト」の新作発表会ですが、スペシャルゲストとしてゴリラウォッチ設立者であるオクタヴィオ・ガルシア氏、そしてルーカス・ゴップ氏が来場するという豪華イベントです。なお、オクタヴィオ氏はオーデマピゲにて2004年から2015年まで在籍しチーフ・アーティ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー「208」公式画像がリーク。508よろしく「牙」的フロントマスクを持つ男っぽいデザインに変身

新型208のデザインは207、先代208から大きくシフト フルモデルチェンジ版となる新型プジョー208の公式画像がリーク。「プジョー208」はプジョーの発売するBセグメントに位置するクルマで、もともと205→206→207、そして先代208(というか2012年に登場した現行モデル)という流れでモデルチェンジ。つまりこれまではモデルチェンジの都度、一つづつ数字が増えていたものの、今回は「208→208」という同じナンバーの中でモデルチェンジを行うことに。この意図は不明ですが、単に「数字が足りなくなるから」な ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】フェラーリがジュネーブ・モーターショーにて、488GTB上位となる新型ハイブリッドスポーツカーを発表?

以前からフェラーリは488の「上」にみならず「下」にもスポーツカーを投入すると言われてきたが フェラーリがジュネーブ・モーターショーにおいて新型スーパースポーツを公開するのでは、というウワサ。これはカーメディアAutoNewsが報じたもので、488GTBの上位に位置し、ハイブリッドパワートレーンを持つ、と言われます。なお、ほかメディアの報道だとこれはフェラーリ488GTBの「別モデル」ではなく488GTBの後継だという説、そしてV6+ハイブリッドパワートレーンを搭載した「ディーノ」だとする説も。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

プジョーがイケてる5ドアセダン「508スポーツエンジニアード・コンセプト」発表。ワイドボディに過激エアロ装備、市販化も検討中

プジョーが新型コンセプトカー、508スポーツ・エンジニアード・コンセプト(508 Sport Engineered Concept)を公開。実車はジュネーブ・モーターショーにてお披露目されるとのことですが、まずは大量の公式画像をリリースしています。この508スポーツ・エンジニアード・コンセプトは「508ハイブリッド」をベースにしたもので、より「エレクトリック」「パフォーマンス」にフォーカスしていることが特徴。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

日本ではまだ展示車すら配備されていない新型BMW 3シリーズ。早速BMW正規ディーラーが公式カスタムを行う

やはり新型3シリーズのカスタム一番乗りは「BMWアブダビ」だった BMWアブダビが発表されたばかりの3リーズ(G20)、330iを早速カスタムして展示。BMWアブダビは、BMWはもちろんのことロールスロイス、ミニというBMWグループのブランドすべてを扱う正規ディーラーで、ロールスロイスに関しては「世界で最も台数を売る」と言われています(BMWブランド単体だと、アメリカのロングビーチにある正規ディーラーが最大という話)。 まだまだ新型3シリーズについてはディーラーへの配備はもちろん、メディアへの試乗車手配も ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■近況について ■ニュース

アルファロメオ・ステルヴィオの最強モデル「クアドリフォリオ」を見てきた!標準モデル比5センチワイドなフェンダーはダテじゃない

標準(2リッターターボ)モデルのステルヴィオとはずいぶん違う印象 さて、アルファロメオ・ステルヴィオのトップレンジ「クアドリフォリオ」の展示車と試乗車が登場し、さっそく見にゆくことに(後に試乗レポートも公開)。ステルヴィオ・クアドリフォリオは「ジュリア・クアドリフォリオ」同様にフェラーリ設計による2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載して510馬力を発生。 ▲こちらは2リッターモデル アルファロメオは「このエンジンはフェラーリとは全く違う」と主張するものの、一気筒あたりの排気量、ボア&ストロークはカ ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ブガッティの「20億円ハイパーカー」は1930年台のT57SCをモチーフに?世界に3台しかない「T57SC」とは?

T57SCアトランティークは「世界でもっとも美しいクルマ」と言われる ポルシェ創業者であるフェルディナント・ポルシェの孫、フェルディナント・ピエヒ氏が「ブガッティに、20億円にも達するワンオフハイパーカーを注文したのでは」というウワサが出ていますが、どうやらこれは「本当」のようで、そのウワサに呼応するかのように、ブガッティが突如かつての「タイプ57SCアトランティック(アトランティーク)」を起用した動画を立て続けに公開。 ポルシェ創業者一族が注文したというブガッティの20億円ハイパーカーはこうなる?なお一 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

驚くほどキープコンセプト!モデルチェンジ版日産ジュークのプロトタイプが初めて補足される

モデルチェンジを迎える新型日産ジュークのプロトタイプが初めて捕捉。一見するとジュークだと判断することは難しいものの、「細長」デイタイムランニングランプに”バグアイ”ヘッドライト、そしてサイドウインドウの形状を見ると「やっぱりジューク」。つまり新型ジュークは「キープコンセプト」でのモデルチェンジとなり、現在のデザインを引き継ぐこととなりますが、現行ジューク(画像下)と比較するとAピラーの角度、後部ドアハンドルの位置(ピラー内蔵)、盛り上がったリアフェンダー、そして突き出たテールランプなども引き継がれる模様。 ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

何この謎ポルシェ718ボクスター?911の3リッターターボ、つまり「6気筒」搭載の718シリーズが登場する?

ポルシェは911シリーズ並に718のラインアップを拡大するのかも 先日、「謎のポルシェ718ケイマン」が目撃されましたが、今回は「謎のポルシェ718ボクスター」。一体何が謎なのかということですが、これは先日のケイマンと同じく「テールパイプの位置」。現在ラインアップされる718ボクスターはいずれも「センター出しテールパイプ」を持つものの、今回目撃されたボクスターは「微妙に左右へと移動させられた」テールパイプを持っています。 ポルシェ718ケイマン「謎プロトタイプ」が目撃。前はGTS、後ろはウイングなしのGT ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが600LTスパイダー「新色」の画像をリリース。「この位置にマフラーエンドがあるメリット」ほか試乗レポートなど動画も続々公開に

600LTはいろいろな意味でマクラーレンの集大成だ ▲車体真ん中が細くて折れそう マクラーレンが最もハードコアなオープンモデル「600LTスパイダー」のカラフルな画像を公開。撮影されたのはアリゾナで、ボディカラーはマイアンオレンジ、ランタナパープル、ライムグリーンの3色が登場しています。600LTスパイダーは「600LTクーペ」同様に570S/570Sスパイダーをベースにしたスパルタンなモデルで、軽量化に加えて出力向上、エアロダイナミクスの向上が図られたクルマ。 マクラーレン600LTスパイダー参上。グロ ...

ReadMore



>ウラカンの仕様/インプレッション/近況

ランボルギーニ・ウラカン納車から二年。その印象とスーパーカーを考える

投稿日:2017/04/20 更新日:

ランボルギーニ・ウラカンが納車されてはや二年。
ぼく自身そんなに時間が経過したとは信じられないのですが、これはまぎれもない現実でもあります。
さらにいうと、ぼくにとって最初のランボルギーニであるガヤルドを購入してからは8年も経過しているということになりますが、時が経つのは早いものだなあ、とつくづく感じます。








なお「ランボルギーニ」というのは、その購入を考えた時に、価格以外の”障壁”が大きいと考えています。
一旦購入してしまうとその障壁はさほど大きなものではなかったと気づくのですが、購入できるお金があっても「購入しない」のはその障壁によるもの、とぼくは考えているのですね。

その「障壁」とはどんなものか?ということですが、ざっとぼくが考えるものを記載してみます。

1:世間体
2:維持費
3:運転の難しさ
4:リセール

1「世間体」については、「こんなものを自宅に置いていたら悪人と間違われる」という類のものですが、意外と周囲の反応(特に小さな子供がいる家庭だと)好意的な反応が多く、これはまさに杞憂と言えるかもしれません(環境によりますが)。

2「維持費」については購入前における最大不安要素と言えますが、それを払拭するために当ブログでもその詳細を公開。ガヤルド時代はオイル交換だと「フロントデフ、エンジンオイル、リアデフオイル、ミッションオイル」を交換する必要があったのですが、ウラカンだと「エンジンオイル」程度の交換でオーケー。そのほかのオイルはほぼ交換不要かまず「走らないであろう」距離まで交換サイクルが長くなっており、ランニングコストとしては考慮から外せます。加えて、ガヤルドでは必須であった「クラッチ交換(70万円くらい)」もウラカンでは現実的に不要であり、ウラカンは維持費について「かなり安くなっている」と言って良さそうです。
それでもポルシェに比べると維持費は高額ではありますが、「財布に常に100万円は入れていないと安心して乗れない」という一昔前のスーパーカー都市伝説と比較すると、事実はぜんぜん違う、ということになりますね。

3「運転の難しさ」について、これもウラカンではまず心配無用。トランスミッションはデュアルクラッチとなったことでクリープもあり、「ポルシェ・ボクスターと大差ない」と言えます。
低速でもギクシャクすることもなく、バックでの駐車もそのままクリープに任せて下がれば無問題。
変速ショックは通常の速度域だと皆無に近く、サスペンションも(ストロークは短いですが)BMWのM系、メルセデスAMG系よりも柔らかいのでは、と考えています。

ほか運転に関して「難しくない」という例をいくつかあげると、まずは「最低地上高」。
これは意外ではありますがポルシェ911よりもずっと高く、まずフロントバンパーやシャシーをこする場面は無い、と言って良さそうです(フロントバンパー下のストレーキは擦りますが)。

なお、フロントバンパーについて、バンパー尖端中央が「尖ってない(引っ込んでいる)」のは大きく、これによってフロントバンパーをさらに擦りにくくなっていると思います。
これはデザインと実用性とをうまくバランスさせた、ランボルギーニの美点ですね(デザイン最優先ではなく、意外と実用性が考慮されている)。

特定の車名をあげるのはなんとなくそのモデルを批判するようで嫌なので(その意図はもともとありませんが)しませんが、いくつかのスポーツカー、スーパーカーはフロントバンパー中央先端が尖っていることがあり、この場合はもちろんフロントバンパーを「擦りやすく」なります。

フロントの視界についてはダッシュボードが異常に低く、前方の見切りは抜群。
これもポルシェとの比較だと「ポルシェより優れる」と断言できます。
フロントウインドウは左右に広く下側に広いので、とにかく見やすい(ポルシェだと上り坂では背伸びするようにして前を見る必要があるものの、ウラカンではそれがない)ですね。

もう一つ「視界」に触れておくと、「サイドミラー」もデザインと利便性とがうまく考えられた部分。
ミラーが一旦「前に出て」から「横に出ている」のでより広い範囲を映すことが可能となっていますし(フェンダーミラーと同じ理論)、ドライバーからの前後の距離が長くなることで運転中に「左右への視線の移動」が少なくなっています。
これもドアミラーがドライバーに近い位置にあると、首を左右に振るようにしないと両方のミラーを確認できない、ということに。

そんな感じもあって、ウラカンの場合は運転席に座って体を動かさずに前と(ドアミラーで)横を確認でき、これはなかなかに優れているところだと思います(ただし後方視界は苦しいのでカメラに頼ることに)。

こんな感じで特に運転の難しさを感じてはおらず(最小回転半径も小さく、意外と小回りもきく)、スーパーカーとしては望外に乗りやすい、と言ってよいでしょうね。
なお、スーパーカーというカテゴリではフェラーリ488、アストンマーティンDB11、マクラーレン570S/570GT/540Cも同様に乗りやすく快適であり、「スーパーカー=乗りにくい、乗り心地が悪い」という固定概念はすでに過去のもの、と言えそうです。
むしろ乗用車メーカーの作るスポーツカーの方が無理に「スポーツカー感を出そうとして」足回りが硬く、乗り心地が悪かったりする場合があるようですね。

Lamborghini Huracan ランボルギーニ ウラカン

逆に注文してから、また納車されてから驚いたのは「保険」と「エンジンサウンド」。
「保険」については車の価格が価格だけに加入できる保険会社が少なく、保管状況などヒアリングされることも(ランボルギーニは多くの保険会社では保険に加入できない、というのが驚き)。
ただ、これ(保険)は購入するディーラーさんで手配可能なので、特に問題にはならなさそうですね。
なお保険にかかる費用はそれなりに高額ですが、これも「まだ理解可能な」水準であるとは思います。

エンジンサウンドについては「始動時」に関するもので、この際の音量がハンパない、というもの。
これはウラカンに限らずガヤルドでも同じですが、「この音量でなぜ車検に通るのか」というレベルです。
ただし1分ほど経過して触媒が暖まるとその音量はポルシェ981ボクスターよりもずっと静かで、まず迷惑になることはない範囲。
アイドリング時、低速走行時でもそれは同じですね(ただしエンジン回転数が3500回転を越えると、エキゾーストシステムのバルブが開いて轟音を発する)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ウラカンの仕様/インプレッション/近況
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.