>シボレー(CHEVROLET) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >スウェーデンの自動車メーカー >フェラーリ(Ferrari) >日産/インフィニティ(Infinity) >プジョー(PEUGEOT) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

もしも新型スープラがBMWではなく、他メーカーとの共同開発だったら!AMG、フェラーリ、アストンなど「もしも」なレンダリング

| 中には「ないとは言えないな」というものも | 新型トヨタ・スープラは「BMWとの共同開発によるスポーツカー」。その理由としては、トヨタ単独で開発を行うと”とんでもなくお金がかかる”ためで、というのもトヨタはスープラの「魂」とも言える、そしてスープラに”なくてはならない”直6エンジンを持っていなかったから(そしてBMWは直6エンジンを持っていた)。よって、トヨタが単独で新型スープラを開発するとなると、プラットフォームだけではなく直6エンジンも開発しなければならず、よって「そうなれば、とうてい今の価格では ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

自動車のデザインが過去にないほど各社で似てきた件(ハイパフォーマンスモデル編)。「エアインテークを目立たせる」ほか

| 機能を視覚化する方法が確立されてきた | 先日、クルマのデザインがメーカー問わずに似てきたという件について触れましたが、今回は「ハイパフォーマンスモデルのデザインも似てきた」ということについて。ただ、これは「スポーツカーやスーパーカー」ということではなく、主にメルセデス・ベンツ、BMW、アウディなど「ジャーマンスリー」の発売するハイパフォーマンスモデル「AMG」「M」「S」について考察してみたもの。 関連投稿 自動車のデザインが過去にないほど各社で似てきた件(前後バンパー、テールランプ編)。なぜ「細く ...

ReadMore

>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

もはやレンジローバーなみ!より高級に、より洗練された新型ランドローバー「ディスカバリースポーツ」発表

| レンジローバー・ヴェラールのような高級感すら感じられる | ランドローバーが、新しいデザインそして機能を持つ新型ディスカバリースポーツを発表。2020年モデルとしてのアップデート版にはなるものの、その変更内容はけっこう大きいようですね。外観では、各部がリファインされて新しいバンパー、LEDライティングシステムが目に入るところ。そのほかフロントグリル、ホイールも一新(18~21インチまで選べる)されることに。 こちらもオススメ、関連投稿ランドローバーが赤十字のために作ったドローン搭載ディスカバリーを公開 ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

世界に一台!ホンダが公式にカスタムしたシビック・タイプR「ピックアップトラック」が公衆の面前に登場

| ホンダUKはなぜかシビック・タイプRのピックアップトラックを実際に作ったことがある | ホンダは以前に、現行(FK8)シビック・タイプRのリアセクションをカットしてピックアップトラックを製作したことがありますが、なんとその実車が一般人によって目撃されています。このシビック・タイプRはピックアップトラック化されるにあたって2シーター/2ドアへ。さらにロールバーにLEDライトバーが装着され、ヘビーデューティーな雰囲気を持つ半面、特徴的なリアウイングも残されるというユニークな外観を持っています。 こちらもオ ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

ルノー・メガーヌR.S.がシビック・タイプRより3.7秒速く走りニュルFF王者へ。どうするホンダ!

| そのタイムは7:40.1。わずか3年で10秒も短縮 | 長い間沈黙を保っていたルノー・メガーヌR.S.しかしながら今回突如としてホンダ・シビック・タイプRの持つ「ニュルブルクリンクFF最速記録」を破り、王者に返り咲いたと発表しています。なお、「ルノー・メガーヌR.S.」「シビック・タイプR」「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」の3車は、長らくニュルブルクリンクFF最速の座をかけ、抜きつ抜かれつを繰り返してきましたが、新型(FK8)シビック・タイプRが7:43.8を記録し王座奪還したのちはライバルたちも ...

ReadMore

■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■近況について ■ニュース

なぜか「ETCマイレージサービス」から登録取り消しのお知らせが届いた!ETCカードを更新したら忘れずに登録情報も更新しよう!

| 730日間もポイントをロスしてしまっていた | さて、ETCマイレージサービスから封書が届き、開封してみると「登録取り消し予定のお知らせ」。まずETCマイレージサービスとはなんぞやということですが、これは「支払ったETC通行料にあわせてポイントが貯まり、そのポイントを通行料の支払いに充てたりできるもの」。よって、まだETCマイレージサービスの登録をしていない人は登録を強くオススメします。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようや ...

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース ■近況について

誰か一緒に行かん?ポルシェ・エクスペリエンスセンター上海にて、いざ思いっきり走ろうぞ

| 大阪からだと飛行機で2時間以内 | ポルシェ・エクスペリエンス・センター上海を訪問しようと考えています。「ポルシェ・エクスペリエンス・センター」とは、サーキットやスキッドパッド、オフロードコースを併設したポルシェの施設で、そこでポルシェを借り、インストラクターの指導のもと、思いっきりぶっ飛ばせるという夢のような大人のテーマパーク(のようなもの)。 そのほかクラブラウンジ、ブランドラボ、ポルシェ・ドライバーズ・セレクション(グッズ販売)、レーシングシミュレーターなどもあるようです。 そのほかレストランや ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

新型スープラはカタログ値340馬力のところ、実際は400馬力くらい出ていた!「逆トヨタ馬力」を持つトヨタ車がついに登場

| パワーチェックにて345PSを記録。これはエンジン単体だと400馬力前後に相当 | 現在新型トヨタ・スープラは各メディアによって絶賛テスト中ですが、 Car And Driver 誌が新型スープラのパワーチェックを敢行。これによると、カタログ値335HP(340PS)のところ、シャシーダイナモ上では339HP(345PS)を記録。なんだカタログ値よりもちょっと上なだけじゃない、ということにもなりそうですが、実はこの数値をマークしたのは「かなりすごい」こと。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ハイブリッド・フェラーリは「3モーター、4WD、0-100km/加速は2秒、V8エンジン」との報道。なお廉価版としてV6エンジン搭載車も追加

| V6+ハイブリッドモデルは事実上のF8トリブート後継車に? | だんだん近づいてきた、新型フェラーリ発表の「Xデー(5月31日)」。今のところわかっているのは「ミドシップ」「ハイブリッド」「986馬力」ということくらい。逆にわからないのはエンジンや駆動方式、ハイブリッドシステムの内容、そしてその価格といったところです。

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産GT-R開発担当者「次期GT-Rは顧客が望むクルマになる。エレクトリックを望めばEVに、ガソリンを望めばそうなるだろう」。結局何も決まっていなかった?

| GT-Rを復活させたのはカルロス・ゴーンだが、今や日産内部でもGT-Rは支持されていないのか | ニスモビジネスオフィス兼、第一商品企画部 日産GT-Rチーフ・プロダクト・スペシャリストである田村宏志氏によれば、次期日産GT-Rについてはその開発を急いでおらず、エレクトリック技術、そして自動運転技術が投入される可能性がある、とのこと。ただし以前に同氏は「ハイブリッドを使用すればあまりに価格が高くなりすぎる」とも語っており、今回の発言については「あくまでも可能性の一部」ということになりそう。ちなみに次期 ...

ReadMore



>ウラカンの仕様/インプレッション/近況

ランボルギーニ・ウラカン納車から二年。その印象とスーパーカーを考える

投稿日:2017/04/20 更新日:

ランボルギーニ・ウラカンが納車されてはや二年。
ぼく自身そんなに時間が経過したとは信じられないのですが、これはまぎれもない現実でもあります。
さらにいうと、ぼくにとって最初のランボルギーニであるガヤルドを購入してからは8年も経過しているということになりますが、時が経つのは早いものだなあ、とつくづく感じます。








なお「ランボルギーニ」というのは、その購入を考えた時に、価格以外の”障壁”が大きいと考えています。
一旦購入してしまうとその障壁はさほど大きなものではなかったと気づくのですが、購入できるお金があっても「購入しない」のはその障壁によるもの、とぼくは考えているのですね。

その「障壁」とはどんなものか?ということですが、ざっとぼくが考えるものを記載してみます。

1:世間体
2:維持費
3:運転の難しさ
4:リセール

1「世間体」については、「こんなものを自宅に置いていたら悪人と間違われる」という類のものですが、意外と周囲の反応(特に小さな子供がいる家庭だと)好意的な反応が多く、これはまさに杞憂と言えるかもしれません(環境によりますが)。

2「維持費」については購入前における最大不安要素と言えますが、それを払拭するために当ブログでもその詳細を公開。ガヤルド時代はオイル交換だと「フロントデフ、エンジンオイル、リアデフオイル、ミッションオイル」を交換する必要があったのですが、ウラカンだと「エンジンオイル」程度の交換でオーケー。そのほかのオイルはほぼ交換不要かまず「走らないであろう」距離まで交換サイクルが長くなっており、ランニングコストとしては考慮から外せます。加えて、ガヤルドでは必須であった「クラッチ交換(70万円くらい)」もウラカンでは現実的に不要であり、ウラカンは維持費について「かなり安くなっている」と言って良さそうです。
それでもポルシェに比べると維持費は高額ではありますが、「財布に常に100万円は入れていないと安心して乗れない」という一昔前のスーパーカー都市伝説と比較すると、事実はぜんぜん違う、ということになりますね。

3「運転の難しさ」について、これもウラカンではまず心配無用。トランスミッションはデュアルクラッチとなったことでクリープもあり、「ポルシェ・ボクスターと大差ない」と言えます。
低速でもギクシャクすることもなく、バックでの駐車もそのままクリープに任せて下がれば無問題。
変速ショックは通常の速度域だと皆無に近く、サスペンションも(ストロークは短いですが)BMWのM系、メルセデスAMG系よりも柔らかいのでは、と考えています。

ほか運転に関して「難しくない」という例をいくつかあげると、まずは「最低地上高」。
これは意外ではありますがポルシェ911よりもずっと高く、まずフロントバンパーやシャシーをこする場面は無い、と言って良さそうです(フロントバンパー下のストレーキは擦りますが)。

なお、フロントバンパーについて、バンパー尖端中央が「尖ってない(引っ込んでいる)」のは大きく、これによってフロントバンパーをさらに擦りにくくなっていると思います。
これはデザインと実用性とをうまくバランスさせた、ランボルギーニの美点ですね(デザイン最優先ではなく、意外と実用性が考慮されている)。

特定の車名をあげるのはなんとなくそのモデルを批判するようで嫌なので(その意図はもともとありませんが)しませんが、いくつかのスポーツカー、スーパーカーはフロントバンパー中央先端が尖っていることがあり、この場合はもちろんフロントバンパーを「擦りやすく」なります。

フロントの視界についてはダッシュボードが異常に低く、前方の見切りは抜群。
これもポルシェとの比較だと「ポルシェより優れる」と断言できます。
フロントウインドウは左右に広く下側に広いので、とにかく見やすい(ポルシェだと上り坂では背伸びするようにして前を見る必要があるものの、ウラカンではそれがない)ですね。

もう一つ「視界」に触れておくと、「サイドミラー」もデザインと利便性とがうまく考えられた部分。
ミラーが一旦「前に出て」から「横に出ている」のでより広い範囲を映すことが可能となっていますし(フェンダーミラーと同じ理論)、ドライバーからの前後の距離が長くなることで運転中に「左右への視線の移動」が少なくなっています。
これもドアミラーがドライバーに近い位置にあると、首を左右に振るようにしないと両方のミラーを確認できない、ということに。

そんな感じもあって、ウラカンの場合は運転席に座って体を動かさずに前と(ドアミラーで)横を確認でき、これはなかなかに優れているところだと思います(ただし後方視界は苦しいのでカメラに頼ることに)。

こんな感じで特に運転の難しさを感じてはおらず(最小回転半径も小さく、意外と小回りもきく)、スーパーカーとしては望外に乗りやすい、と言ってよいでしょうね。
なお、スーパーカーというカテゴリではフェラーリ488、アストンマーティンDB11、マクラーレン570S/570GT/540Cも同様に乗りやすく快適であり、「スーパーカー=乗りにくい、乗り心地が悪い」という固定概念はすでに過去のもの、と言えそうです。
むしろ乗用車メーカーの作るスポーツカーの方が無理に「スポーツカー感を出そうとして」足回りが硬く、乗り心地が悪かったりする場合があるようですね。

Lamborghini Huracan ランボルギーニ ウラカン

逆に注文してから、また納車されてから驚いたのは「保険」と「エンジンサウンド」。
「保険」については車の価格が価格だけに加入できる保険会社が少なく、保管状況などヒアリングされることも(ランボルギーニは多くの保険会社では保険に加入できない、というのが驚き)。
ただ、これ(保険)は購入するディーラーさんで手配可能なので、特に問題にはならなさそうですね。
なお保険にかかる費用はそれなりに高額ですが、これも「まだ理解可能な」水準であるとは思います。

エンジンサウンドについては「始動時」に関するもので、この際の音量がハンパない、というもの。
これはウラカンに限らずガヤルドでも同じですが、「この音量でなぜ車検に通るのか」というレベルです。
ただし1分ほど経過して触媒が暖まるとその音量はポルシェ981ボクスターよりもずっと静かで、まず迷惑になることはない範囲。
アイドリング時、低速走行時でもそれは同じですね(ただしエンジン回転数が3500回転を越えると、エキゾーストシステムのバルブが開いて轟音を発する)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。 6000万円くらいを記録していた時期もありますがそれが4500万円くらい(新車価格と同じくらい)になり、 ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。 たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が5 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。 その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが ...

->ウラカンの仕様/インプレッション/近況
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.