>ポルシェ911関連

湾岸ミッドナイト風。チューナーがポルシェ911の大半を作り変えた「911RS 3.5エボ」

投稿日:2017/05/05 更新日:

DPモータースポーツが1974年製ポルシェ911RSをチューンし、新たに「911RS 3.5エボリューション」として発表。
これによると「1000箇所以上の変更を加えた」とのことで、確かに見える範囲でも大幅な変更が。
ボディパネルの多くはカーボンファイバーとグラスファイバーによる強化プラスチックで覆われ、サイドウインドウまでプレクシグラスへと変更に。

これら軽量化に加え燃料タンクもカーボン製、バッテリーもレース用へと置き換えることで重量はなんと940キロに抑えることに成功。
一方でエンジンは911RSR用カムシャフトの採用などによって出力は365馬力にまで高められ、ギアレシオをローギアード化することで加速重視のセッティングへと変更している、とのこと。

ブレーキシステムは911ターボ3.3からの移植、サスペンションはH&R製、ホイールはフックス製。
雰囲気的にはなんとなく「湾岸ミッドナイト」のブラックバードのようにも見えますね。

フルロールケージが入りシートもカーボン製(しかも重量を抑えるためにレールを介さず直接ボディに取り付けてある)。

エンジンの各パーツもレッドにペイント。

小ぶりなドアミラー、そして軽量化されたサイドウインドウ。

この画像を見るとドアそのもが丸ごと置き換えられているようにも見えますね。

ダッシュボードもカーボンファイバー製。

当然リアシートは取り払われて軽量化。
「丸ごと作り変えている」と行っても良いほど手の入った車両であり、かかった費用を考えるとちょっと怖くもなりますが、それ以上に高い情熱を持ってカスタムされていることがわかります。

VIA:Motor1

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ポルシェ911関連
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.