>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン・ロンドンが「1万台販売記念」としてスペシャル仕様の600LTを公開。オプション満載、ルーフにはシュノーケルも

| アクセントカラーはマクラーレンのコーポレートカラー「オレンジ」 | マクラーレンは限定モデル(期間限定受注)として600LT(クーペ/スパイダー)を発表していますが、今回はマクラーレン自身のパーソナリゼーション部門「MSO=マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ」にてカスタムしたワンオフ仕様の600LTを公開。これはマクラーレンの正規ディーラー「マクラーレン・ロンドン」のオーダーによって製作されたもので、2011年のマクラーレン取扱以来、10,000台を販売したことを記念したモデルだそう。 こちら ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

| ボディサイズもCクラスとそんなに変わらない | メルセデス・ベンツ日本が「Aクラス・セダン」を発表。Aクラスは「FF」をベースとしたプラットフォームを使用していますが、メルセデス・ベンツがAクラスにセダンを投入するのは今回が「初(CLAは”クーペ”風セダンという扱い)。なお、「Aクラス」と聞くとけっこう小さいように思えるものの、実際のボディサイズは全長4549ミリ、全幅1796ミリ、全幅1451ミリ、となかなかに立派。ちなみに現行Cクラスのボディサイズは4696/1810/1445ミリ、先代Cクラスは ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

世界最速の「防弾車両」、アウディRS7”改”登場。防弾装備に加え煙幕発生、ソニックキャノン、催涙ガスなど「反撃可能」な装備を持ち、0-100km/h加速2.9秒、最高速度325km/hで逃げることも可能

| さすがに「ボンドカー」なみの装備を持った防弾仕様車は見たことがない | APRがアウディRS7スポーツバックを「アーマード・ビークル」へとカスタム。APRはいわゆる「本気の走り系」チューナーですが、こういった「防弾仕様」へのカスタムは非常に珍しいと思います。それでも今回のような改装を行うということは、それだけ世の中が「物騒」になっている、ということなのでしょうね。なお、北米、南米では銃器を使用した凶悪犯罪が急増しており、「防弾防爆仕様」の需要が非常に高くなっているとも報じられています。これを受けてかメ ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

クルマの中で温泉に入れる?「ホンダ・オンセン・コンセプト」はこういったクルマだ

| さすがにこのコンセプトカーは「未来に行き過ぎた」かもしれない | 韓国のCGデザイナー、Hanbeom Lee氏が考えた「ホンダ・温泉コンセプト(Honda Onsen Concept)」。完全自動運転をイメージしており、なんとクルマの中で温泉に浸かるという斬新なコンセプトカーです。構造としては、車内にお湯を満たしたカプセルを設置し、その中に乗員が入るというもの。よくアメリカで「車体後部にプールを設置したリムジン」が観光用に走っていたりしますが、これだと「お湯がこぼれるので」密閉式カプセルを採用したよ ...

ReadMore

■近況について ■ニュース

今週末は神戸に集おうぞ。「ウブロ・デイ(HUBLOT DAY)」が三宮にて開催、ウブロティスタは要注目

| ウブロの新作腕時計を一気に見ることができるチャンス | さて、毎年恒例の「ウブロ・デイ(HUBLOT DAY)」ですが、今年は規模を拡大して三宮のカフェ「THE PLACE」にて開催されることに。正直これまでは参加したことがなかったものの、今年は都合がつきそうなので参加を検討しているところ。なお、同日は大阪でオーデマピゲのイベントもあり、かなり忙しい一日となりそうです。 こちらもオススメ、関連投稿いい腕時計の見分け方を紹介する(2)。「プッシュボタン/リューズ」「針の仕上げ」「文字盤のインデックス」ウ ...

ReadMore

■自動車・バイクの購入検討/比較など ■近況について ■ニュース

「ポルシェ911不買の誓い」を破ってしまいそうだ!新型ポルシェ911の見積もりを取得した(乗り出し2143万円)

| ポルシェ911カレラSもついに2000万円を超えるようになったか | さて、先日試乗した新型ポルシェ911(992)。ぼくは「もう911は買うまい」という911不買の誓いを立てていますが、それは「ぼくの腕が未熟であり、リアエンジンレイアウトの911をうまく走らせることができず、怖い思いをしたため」。よって911(997)を売却した後は同じポルシェでも981ボクスター、718ケイマンというミドシップ、そしてランボルギーニ・ガヤルド/ウラカンという、ミドシップ+4WDといった安定志向のスポーツカーを選んで ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ホンダは2025年までにスポーツカー含む複数のEV発売とのウワサ。初代シビック、S800モチーフのクルマが発売されるならS2000のEV版も登場する?

| ホンダがトヨタに対抗するにはS2000復活しかない | honda sport EV ホンダは市販モデル初のEV「ホンダe」を発表したところですが、その後すぐ、スポーツカーと思われるボディ形状を持ったEVらしきクルマのパテントが出願されたことも明らかに。このスポーツカーらしきEVの詳細は不明ではあるものの、おそらくはホンダeとプラットフォームを共有するものと思われます。 ホンダがミドシップスポーツカーっぽい新型車のパテントを申請。エレクトリックスーパースポーツか?

ReadMore

>ミニ(MINI)

アルピナは過去に「高級なミニ」を作ろうとしていた!ちなみにミニは自身で「ロールスロイス仕様」を限定販売したことも

| ロールスロイス仕様のミニは当時570万円で販売されていた | 先日、アルピナが「i8ベースのハイパフォーマンスハイブリッドカーを発売しようとしていた」という記事をお届けしましたが、今回は「アルピナが、ミニの高級バージョンを作ろうとしていた」というもの。アルピナはBMWに認められて公式にBMW2シリーズからボディやパーツの供給を受け、これに自社開発のパーツを組み込んで完成車を製造する「自動車メーカー」。BMWとは緊密な関係にあり、これまでにも「BMWが生産を終了する”M1”の生産を引き取り、アルピナにて ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:ポルシェ911(992)】 ポルシェはいつも、ボクらの期待の「ずっと上」を行く。これだけバランスの取れたスポーツカーは他にない

| ポルシェはもともと「小型で効率性の高いスポーツカー」を標榜していた。その精神は今も新型911に受け継がれる | さて、待望の新型ポルシェ911(992)カレラSに試乗。ぼくは「もう911を購入することはないだろう」と考えていましたが、それはRRならではの不安定な挙動のため。ただ、ぼくがそう判断したのは997世代の911に乗っていた頃で、それ以降の919、991.2を運転してみると徐々にそういった(不安定な)印象が薄れてきていることにも気付かされます。 最新の992世代ではその傾向がさらに強くなっている ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンがロンドンにて「ラピードE」「ラゴンダ」を展示。両方ともアストンマーティンの未来を示すクルマだが、先行きは不透明

| とくにラピードEはポルシェ・タイカンの影に隠れてしまいそうだ | アストンマーティンが、ロンドンにあるフラッグシップショールームにて「ラピードE」そして「ラゴンダ・ヴィジョン・コンセプト」を展示。いずれも「ピュアエレクトリックモデル」となりアストンマーティンの未来を表すクルマでもありますね。ラピードEのほうはすでに販売が開始されており、限定155台とアナウンスされるも「まだ売れ残っている」と報じられています。 アストンマーティンが「ニュルを一周走るのが限界」なピュアEV、ラピードEを発表!限定155台 ...

ReadMore



>アウディ(Audi) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記)

アウディQ2に試乗。他メーカーでは「この性能でこの価格」は無理。実に「型破る」車だった件

投稿日:2017/06/11 更新日:

さて、アウディQ2に試乗。
かねてより気になっていたQ2ですが、ぼくと同じように気になっていた人も多いようで、発表されたばかりの週末は多くの人々がQ2を見に来ています。
日本でのグレード展開は三種類で、「Q2 1.0TFSI/Q2 1.0 TFSI Sport/Q2 1.4TFSI」。
駆動方式は全てFFとなっており、サスペンション形式やトランスミッションも全グレード通じて同じ。








一番ベーシックな「Q2 1.0TFSI」はヘッドライトがハロゲンになったりと装備が簡略化されている「価格訴求グレード」となり(2,999,000円)、そのほか二つのグレードでは装備は同一ながらも差異はエンジンのみ。
なおQ2 1.0 TFSI Sportの価格は3,640,000円、Q2 1.4TFSIの価格は4,050,000円。

現実的に購入となると、ベースグレードはのちに追加するオプションにかなりお金がかかり、であれば「真ん中のグレードを買うか」ということになりますが、しかしあと40万円出せば排気量が1.4リッターになると考えたりして、結局のところ最も高価なグレードを購入することになる(アウディの戦略にまんまとハマる)ケースが大半と思われます。

ちなみにカーナビゲーションはオプションで、「ナビゲーションパッケージ」を選ぶと追加で35万円必要。
そのほかリヤクロストラフィックアシスト、アクティブレーンアシストなどを含む「セーフティパッケージ(130,000円)」、バーチャルコクピット(50,000円。これはほかモデルに比べると安い)を装備する必要があり、なんだかんだで総額が結構膨らんでしまうことに。

それでも試乗してみると「納得のプライス」と感じたのですが、ここでその内容を見てみましょう。
まずは外観ですが、今までのアウディとは大きく異なるデザイン。
最新のデザイン言語を持っていると言ってよく、多角形をモチーフにした「ポリゴン(懐かしい)」と表現されるデザインが特徴。
今までにないような三角形、それらを組み合わせた六角形のデザインが随所に見られます。

ぼくが驚いたのはプレスラインの鋭さ。
トヨタC-HRはそのエッジの効いたデザインを再現するためにプレスラインを鋭角にすることにこだわり、その「尖り具合」はトヨタ車随一とされていますが、アウディQ2の尖り具合はそれをはるかに超えるほど。

プレスラインを尖らせるには鉄板を薄くするほか工作機械の精度を上げる必要がありますが、例えば薄い紙を折るのとダンボールを折るのとでは「折り目」の尖り具合が異なりますし、厚紙を手で折るのと鋭い定規を添えて折るのとでも「折り目」の尖り具合が変わルことになり、そう言った「尖り具合の差」ですね。

同時に「折り目のあるところから平面に」、またその逆の場面においては歪みが出ることが多いものの、Q2ではそれも非常に少なくなっており(もしくは皆無に近いと言って良い)、これはちょっとほかメーカーでは再現できないだろう、と思われる部分。

その尖りっぷりたるや(尖り具合で有名な)さしものランボルギーニも敵うまいというほどですが、とにかくプレスラインが尖っており、しかも「歪み」がないのがQ2の製造における品質の高さを物語ります(聞けばQ2はアフリカ等本国以外ではなく、ちゃんとインゴルシュタットで製造しているとのこと)。

ちなみにアウディはほかメーカーがそれを考えもしなかった頃からボディパネルの「チリ」にこだわっており、今やそれは品質を表す一つの(自動車業界における)基準にもなったと言えますが、そこでアウディが考えた次の「差別化」がこの「プレスライン」なのかもしれません(新型A5でも同様の印象を受ける)。

これは走行性能に影響はない「どうでもいい」部分ではあるものの、ショールームではなく路上で他の車と並んだ時にけっこう「差」として現れる部分でもあり、実際に多くのQ2が走る欧州において「他の車に混じって走るQ2がなぜか目立って見えた」のはこれが原因だったんだろうなあ、と今更ながらに思うところ。

そのほか気づいたところとしては、前後ランプ類の内部構造もやたらと込み入っており、灯火類はもちろんLEDですが(ベースグレード除く)、その発光方法も透過式となっていて高級感と上品さを兼ね備えたもの。
世代の差があるので仕方がありませんが、上位グレードよりもずっと造形が凝っており品質やデザインに優れるものを持っている、と思わせる部分ですね。

それはテールランピも同じで、光った時に「線」が見えるようにレンズ内に立体的なパーツが仕込まれています。
アウディはA7からこういったデザインを採用しているように思いますが、まさかQ2にもこういった構造を採用してくるとは、という感じですね(ちなみにリアウインカーはシーケンシャル)。
現在ランプ類に関してはメルセデス・ベンツが相当に力を入れており、同様に芸術品のようなランプを持っていますが、それに匹敵するもしくは上回るものをアウディは製品化しているようです。

内装においてもその質感の高さがよくわかり、全体的に凝縮感を感じるデザインとなっています。
内装自体はコンパクトですが(写真を撮る時間がなかった)操作系がステアリングホイールとセンターコンソールに集中しており、機能的な印象を受けるとともに質感の高さも感じます。

スイッチの多くにはメタル調の加飾が施されており(アウディ曰く「アルミルック・インテリア」)、こればBMWだと上位グレードでしかお目にかかれないもの。
試乗車のメーターはオプションのヴァーチャルコクピットが装着されており、ここにはおなじみグーグルアースのマップをやその他情報を表示することが可能(この液晶パネル自体はランボルギーニ・ウラカンと同じ)。



ステアリングホイールは径が小さくセンターパッドも非常にコンパクト。
スポーク部までレザーが巻かれた高級感のあるもので、シフトレバーも同様ですがレザーの品質もかなり高いものが使用されています(ポルシェ含むほかメーカーだとオプションでないとこの品質は望めない)。
手に触れる部分の質感に関してはアウディはピカイチで、ここはいつ、どのモデルに乗っても感心せざるを得ない部分ですね。

キーはもちろんスマートキーになっているのでそのままキーを適当なところへ置いてプッシュボタンを押してエンジンスタート。
振動は非常に小さく、音量もかなり抑えめ。
アウディは振動や音に関しては非常に神経質なメーカーですが、こう言ったエントリークラスにまでその思想が貫かれているのは素晴らしいと思います。

実際に走行してもノイズ、ハーシュネス、バイブレーションつまりNHVはかなり低いレベルに抑えられていて、これは「驚愕」と言っていいレベル。
ジャーマンスリーの中でもアウディはこの部分においてずば抜けており、メルセデス・ベンツが最近になってちょっと近づいたか(BMWはまだ程遠い)、というレベル。
ただ、これはそのメーカーが何を重視するかということの差で、アウディ以外のメーカーはこれを「さほど気にしていない」だけなのかもしれません。

なおアウディに近い考え方を持つメーカー(ブランド)はレクサスではないかと考えており、仕上げや品質も近いものがある、という印象を持っています。

さて様々な環境で走行してみますが、特に1リッターエンジンでも不満はなく、普通に乗るのであれば1.4リッターは不要かもしれない、と思ったほど。
足回りも非常に良くできており、その乗り心地の良さは特筆もの。

大きなうねりのある道路、ダブルレーンチェンジ、鋭い段差のある路面など「どのような」環境においても安定した姿勢を他の地、ドライバーがそれを意識する必要がないというセッティング。
柔らかいというのとはまた違う、しっとりしたしなやかさを感じさせる足回りですね(ボディの仕上げとは異なり、レクサスの足回りはアウディとは大きく差があると考えている)。

なおアウディはQ2においても「S」もしくは「RS」の設定を考えていると思いますが、ハイパワーなエンジンを搭載しても十分に耐えうるようにボディシェルが設計されているのは間違いなく、相当な剛性の高さも感じさせます。

内装も軋み音一つ立てないのは秀逸としか言いようがなく、これは以前にTT(8J)を所有していた頃にも驚かされた部分。
外部からの音の侵入も少なく、それが安心感をもたらしているのだと思いますが、とにかく安心、安全、安定という印象の車ですね。

ステアリングについては「プログレッシブステアリング」を採用しており、これはいわゆる可変レシオですが、ステアリングを切れば切るほどクイックなレシオになるもので、市街地の取り回しのしやすさと安定性両立させたもの(ポルシェの可変レシオに似ている)。
このおかげで採用回転半径は5.1メートル、と極端に小さくなっています。

ブレーキの効きも申し分なく、強く踏んでも姿勢を乱すことなくピッタリ停まる制動力を持っており、基本性能の高さを感じさせる部分。

なお最近の車らしく「ドライブモード」を備えますが、AMGでは上位モデルにしかない、そしてランボルギーニでも(アヴェンタドールだと)アヴェンタドールSにしかない「インディビデュアル」モードを備えており、これはステアリングのパワーアシスト、エンジン、シフトチェンジの特性を個別に設定可能。

反面気になったのはアイドリングストップの作動の速さと復帰時の振動。
作動(エンジンが止まる)が早いのは同じグループのポルシェと同じで、車が停止しようとしているとコンピューターが判断すると時速7キロ以下でエンジン停止。
つまり車が完全に停まらなくてもエンジンは止まるということですが、エンジンが止まると急に重ステになるので停止前にステアリングを切っている途中だとちょっと驚くことに。
復帰時の振動についてはそのまま「振動が大きい」ということですが、これらは「アイドリングストップをオフ」にしておけば良いだけなので特に問題とは言えなさそう。

総合的な印象ですが、Q2はVWアウディグループのマスメリットを遺憾なく発揮した車であり、バーチャルコクピットしかり、内装のレザーやスイッチ類の質感といい、「世界ナンバーワンの販売台数を誇る」フォルクスワーゲンを同じグループに持つからこそ(仕入れ時のコストダウンで)実現できた装備を多数持つ車だと言えそうです。

なおアウディは今後V8エンジンの開発をストップしポルシェが代わりにグループ全体のV8エンジンを設計すると報じられていますが、エンジン以外にもシャシーコントロールやサスペンション、もしかするとプラットフォームにまでポルシェの技術が入っているんじゃないかと感じるところも多数(ステアリングレシオ、スチールに関する技術など。ポルシェはスポーツカーメーカーとしてはアルミ製プラットフォームを使用せず”スチールの可能性”を追求。反面世界で最も早くアルミボディを取り入れたアウディは最近スチールを多用し始めている)。

ポルシェはポルシェで電装品や補記類などの仕入れコストが(VWアウディグループ加入によって)下がっているのではと考えていますが、アウディにおいてもポルシェの技術を車両に反映させているところが多いと考えており、いろいろあった吸収合併ではあるものの、「結果オーライ」だったのでは、と思います。

その意味でも他メーカーがこの品質や装備で作ると「かなり高額になってしまう」と思われる内容となっており、これが「Q2は割安」とぼくが考える所以。
VWアウディグループだからこそ実現できたのがQ2であり、この価格でこの車、そして品質が手に入るのであれば「安い買い物」である、と断言して良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->アウディ(Audi), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.