>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

CG職人がいい仕事をした。新型スープラがオープンになるとこうなる、というレンダリング

トヨタは間違いなく新型スープラにオープンモデルを設定したいと考えているはずだが 新型車が発表されると必ず出てくる、「もしも」系レンダリング。今回もおなじみのX-TOMI DESIGNが「スープラ・コンバーチブル(カブリオレ)」のCG発表一番乗りとなっていますが、なかなかに完成度の高い作品となっており、オフィシャルフォトといっても通用しそう。そしてこの後も続々と同様のレンダリングが登場し、中には「タルガ(エアロトップ)」「ワゴン」「トラック」「オフローダー」といったレンダリングが登場するのは想像に難くないと ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【動画】”世界最速の女性”が教える、メルセデス・ベンツGクラスで「水の中を渡るにはこうする」3つのポイント

この3つを理解しておけば無事に水中を走行可能 様々なメディアに登場し、極限下でのドライブテクニックを披露することで知られる、”4輪を走らせると世界最速の女性”ジェシー・コムズさんがメルセデス・ベンツGクラスにて「簡単に水の中を走る3つの方法」を公開。使用するのは新型メルセデス・ベンツGクラスで、実際にこれでザブザブと水中を走ってみようということですね。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセプト」登場ありそ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >韓国の自動車メーカー ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

BMWとノースフェイスとのコラボ、キャンパーコンセプトが公開。世界で最も進んだ”布”を使った、「テントとクルマの融合」

ただし誰がどういったシーンで使用するのかは謎 BMWがアウトドアブランド、ノースフェース(ザ・ノース・フェイス/THE NORTH FACE)とコラボした「キャンパーコンセプト」を発表。これはラスベガスで開催中の家電見本市「CES」で発表されたもので、なぜ家電のショーで発表されたかというと「素材に”物質”と”デジタル”」とを融合したから(説明を見てもよくわからない)。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

とても純正とは思えない!チューンドカー並の派手なエアロを持つレクサスRC F”パフォーマンスパッケージ”発表

トヨタはときどきこういった派手なクルマを出す会社でもあった すっかり話題はスープラ一色となってしまったデトロイト・モーターショーですが、その影でトヨタは新型レクサスRC Fを公開。もちろんこれはフェイスリフト後の新型RCをベースにしたハイパフォーマンス版ですが、標準モデルのRC Fに加え、カーボン製パーツやセラミックブレーキ、チタンマフラー等を装備する「パフォーマンス・パッケージ(Performance Package)」もあわせて発表しています。 左がRC F パフォーマンスパッケージ、右が通常のRC ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

あの人気ユーチューバーも早速注文!新型トヨタGRスープラのレビュー続々登場。リアハッチ開口部はボディ剛性確保のためかなり狭いつくりに

やはり細かいところは動画でないと伝わりにくい さて、発表されたばかりの新型トヨタ・スープラですが、国内外から動画レビューが続々登場。このタイミングでの公開ということは、事前に各メディア向けには発表が行われ、1/14の「解禁」にあわせて一斉にアップが始まった、ということになりそうです。 こちらもオススメ、関連投稿新型トヨタ・スープラの試乗レポート初登場!「室内に流れるエンジンサウンドはフェイク」「ブレーキには改善余地がある」【動画】レクサスUXの試乗レビュー到着!「レクサスUXは売れる要素を備え、ライバルよ ...

ReadMore

>スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルが北米限定「S209」発表。WRX STIベースでSTI史上最高の341馬力、オーバーフェンダーで殴り込み

北米市場専用なのが残念。日本での発売も期待 スバルが予告していたとおり、デトロイトモーターショーにて「SUBARU WRX STI S209」を発表。これまでの「S207」「S208」同様、スバル・テクニカ・インターナショナルがエンジンやシャシーをチューンしたもので、ドライブトレーン、そして内外装含めた特別仕様となっています(スバルの北米法人による”なんちゃって”ではなく、ちゃんとSTIが手を入れたクルマだと思われる)。 こちらもオススメ、関連投稿スバルが東京モーターショー詳細を公開。「S208/BRZ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウラカン関連

【動画】一般人が偶然ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダーに遭遇し、初めて走行状態を捉える。そのリヤの迫力は想像以上

今までのどんなスパイフォト/動画よりも鮮明 ランボルギーニはつい先日ウラカンのフェイスリフトモデル、「ウラカンEVO」を発表していますが、今回早くも「ウラカンEVOスパイダー」のプロトタイプが目撃に。過去にも一度スパイフォトが公開されているものの、「動画」としての走行状態が捕らえられたのは今回が初めてです。なお、動画を撮影したのはプロのスパイフォトグラファーではなく、偶然これを目撃した「一般の人」。 新型ランボルギーニ「ウラカンEVO」発表!640馬力、加速はフェラーリ488GTB以上、価格は2984万円 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

欧州仕様の新型スープラも発表!ベースグレードでも鍛造ホイール、ハイパフォーマンスブレーキ装着。90台のみの「マットカラー」限定モデルも登場

欧州仕様のスープラは走りに一切の妥協はない デトロイト・モーターショーにて発表されたA90世代の新型スープラですが、北米仕様に続き「欧州スペック」が公開に。現時点で北米ではその限定台数に言及していないものの、欧州仕様のスープラは初年度につき「年間900台」に供給が制限される、と公式発表がなされています。加えて、初回限定モデルとして、90台限定の「スープラA90エディション(Supra A90 Edition )」の発売もアナウンスされており、こうなると日本市場向けの価格や詳細についても発表が待たれるところ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

新型トヨタGRスープラの北米仕様は6気筒のみ。初回限定モデル「ローンチエディション」はこんな装備を持っている

トヨタは各国向けに限定モデルを用意する? トヨタは新型GRスープラを発表したばかりですが、その0-100キロ加速は「4.3秒」とトヨタ車史上最速。なお、日本の自動車メーカーが0-100km/h加速を公開することは非常に稀で、それだけトヨタは今回の新型スープラに自信がある、ということなのでしょうね。現在のところ日本での発売時期は「春」とだけ発表され、その詳細や価格は不明ですが、北米では「3.0」「3.0プレミアム」「ローンチエディション(限定)」の3つとなり、日本で導入される「2リッター4気筒」は販売されな ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

マスターテストドライバーは豊田章男社長!新型トヨタ・スープラは「自信を持ってお届けできる」

新型トヨタ・スープラの加速性能はポルシェ718ケイマンSをも上回る トヨタがデトロイト・モーターショーにて、17年ぶりとなるA90新型スープラを発表。今回公開されたスープラはBMW外共同開発となり、「BMW Z4」とシャシーを共有することが一つの特徴ですが、トヨタいわく「直6」「FR」といういずれの世代のスープラにも通じる特徴を軸に、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つにこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現した、とのこと。 さらに新型スープラの開発主任、 多田哲哉氏は ...

ReadMore



>ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について

ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテを見てきた。カーボンだらけの内装編

更新日:

さて、先日のランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ外装編に続き、今回はインテリア。
外装とくにエアロデバイスとカーボン製エアロパーツだけでも数百万円の価値があるんじゃないかと思いますが、インテリアもさらにカーボンだらけとなっており、これらを見るとウラカン・ペルフォルマンテは「バーゲンプライス」と言って良さそう。








さて、ここでその衝撃のインテリアを見てゆくことにしましょう。
ドアを開けるとボディカラーのオレンジ、サイドステップのブラックとで明確な境界があり、目新しい印象。

フォージドコンポジット製のキックプレート。
なお標準のウラカンでも発表前には「ガラスボンネット」を注文するとフォージドコンポジットのエンジンベイとともにこのキックプレートもフォージドコンポジットになるという噂があったのですが、実際にフォージドコンポジットのキックプレートは付属せず、今回ようやくそれが実現することに。

内装の多くはアルカンターラで覆われます。
アルカンターラはいわゆる「人工スウェード」ですが、実際のところ天然皮革よりも高価で、ウラカンのオプションリストを見ても本革より高価な設定。

なんで本革ではなく人工皮革を使用するの?ということですが、まずアルカンターラは「アルカンターラ社の登録商標」であり、アルカンターラ社の製品。
同様のものだと東レの「エクセーヌ」がありますね。

アルカンターラの特徴は「軽量」であり、これは本革よりも軽量。
よってスポーツカーには非常に向いている素材、ということになります(内装全部が本革、というのと全部アルカンターラ、というのとでは重量がかなり変わる)。

ほかには「滑りにくい」という特徴もありますが、これは表面が毛羽立っているため。
この「毛羽立ち」について、天然スウェードやにバックだとこれだけの面積について「同じ風合いを持つ」材料を確保するのが難しく(毛並みが揃わない)、よって品質の安定、という面からもアルカンターラが優れます。
最近ではアルカンターラ上に”模様”を再現する技術も登場しており、これもランボルギーニが早速使用していますね。

ただ一方で欠点もあり、それは「価格」。
上述のように「高い」ということですが、ウラカン・ペルフォルマンテでは、その高い素材を内装全域に渡って使用している、ということになります。

そしてざっと室内を見渡すとアルカンターラの他カーボンやフォージドコンポジット製パーツが多数。

エアコン吹き出し口、メーターフードの上部はフォージドコンポジット。
軽量化のためか開閉式のアームレストは廃止され、クッションのような可愛らしいパッドが装着されるのみ。

センターコンソールもフォージドコンポジット。

ドアインナーハンドルもフォージドコンポジット。

そしてもっとも羨ましいのは「パドルもフォージドコンポジット」ということ。
ベースモデルのウラカンはここがアルミ製なのですが、常に目に入り、手に触れる部分がフォージドコンポジット、というのはいいですね(このパーツはコラム一体型なので、交換するとなるとトンデモナイ費用がかかるはず)。

手触りや操作感も標準モデルのウラカンとは異なり、ここは頻繁に操作する部分だけに「乗るたびに違いを感じられる」部分かもしれませんね。

ダッシュボード下のハニカムパーツはグロスブラック。

シートは一見座り心地が悪そうにも見えますが、実際に座ってみるとかなり快適。
体を包み込むようにラウンドした形状でホールド性が高く、アルカンターラ張りのために体が動かず、もしかすると標準シートよりも疲れにくいかもですね。
シートのシェルはカーボン製で、これは「織り目」の見えるものとなっています。

ドアを開けるとウラカン・ペルフォルマンテのシルエットがメーターに。
これは標準ウラカンでは見られない部分です(羨ましい)。

そしてこちらがメインのメーター。
本気と書いてマジと読むモードの「コルサ(CORSA)」へ入れると表示が一気に代わり、アヴェンタドールSVやチェンテナリオと同様のグラフィックに。
いかにウラカン・ペルフォルマンテが「特別」であり、ランボルギーニが「特別視」しているかが分かる部分ですね。

この表示はプログラムで変更できるはずなので、標準ウラカンについてもプログラムのアップデートで対応してくれないものか、と思う部分ではあります(が、差別化という観点からすると”できたとしてもやらない”と思われる)。

↓こちらは動画。
ストラーダ(STRADA)、スポルト(SPORT)モード、そしてそれぞれのスピードメーター表示/タコメーター表示を収めています。

これはセンターコンソール上の小さな液晶。
通常版のウラカンでは油温や油圧、電圧が表示される部分ですが、ウラカン・ペルフォルマンテではここにアクティブエアロ=ALAの動作状況が表示されるようですね。

標準ウラカンではオーディオコントロール系がある部分にはフタ。
これはプロトタイプだからだと思われ、日本仕様ではここに標準ウラカン同様のオーディオ/ナビ操作部が設けられると思われます。

こうやってエクステリア/インテリアを見ると、リアのデザイン(タイヤ丸見え)やメーター表示(チェンテナリオと同様)など、「ウラカン・ペルフォルマンテ」にはランボルギーニにおいてもスペシャルモデルにしか採用されない意匠が与えられており、いかにランボルギーニがウラカン・ペルフォルマンテを特別扱いしているかがわかろうというもの。

ウラカン・ペルフォルマンテは単にウラカンの派生モデルというより「ウラカンの名がついただけの”独立したモデル”」と考えてもよいほどで、通常のウラカンとは基本的に異なる存在である、と言ってよさそう。

装備や使用される素材、実際のパフォーマンスを考えるととにかく衝撃的な車で、その価格設定はもっと衝撃的(これからもウラカン・ペルフォルマンテより速い車は出ると思われますが、この価格でこれほどの速い車はおそらく出てこない)。

アヴェンタドールS購入を検討し始めたばかりですが、「いくら追金を払えばウラカン・ペルフォルマンテを買えるのか」と考える自分がいるのは困りモノ。

なお、ぼくが気になったのは「車両保管用のタイヤ載せ(タイヤ・クッション)」。
これは純正オプションとのことですが、こういった製品が揃うのはコレクションに値する車を多くリリースしてきたランボルギーニらしいところですね(他にも保管用のシートカバーやステアリングホイールカバーなどがある)。

ほかの画像は下記にアップしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ランボルギーニ・ウラカン関連, ■近況について
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.