>ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

【動画】やっぱりドバイは凄かった。中古ディーラーにアヴェンタドールSVJが3台、911GT2RSが2台、そのほかにもレアカーが所狭しと並ぶの図

| これはまたドバイに行ってくる必要がありそうだ | ドバイというとスーパーカーやハイパーカーで溢れているといった印象があり、実際に訪れてみた印象だと「まさにそのとおり」。一体どうなってんのドバイというほどですが、今回はユーチューバー、B CHOWN氏がドバイ最大と言われるエキゾチックカーディーラーのショールームを紹介しています。このディーラーとはVIPモータースUAE(VIP Motors UAE)で、スーパーカーディーラー、エキゾチックカーディーラーが多く並ぶシェイク・ザイード・ロードに面しているよう ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェが作ったメルセデス500EをさらにAMGがチューンした「E60 AMG」なるクルマが存在した!そのうちの一台が2000万円で販売中

| 信じられないが、1990年台はじめにポルシェはメルセデス・ベンツ500Eというクルマを生産していた | メルセデス・ベンツ500Eは「ポルシェが設計・製造したメルセデス・ベンツEクラスのハイパフォーマンス版」として知られますが、その500EをベースにAMG(当時はまだメルセデス・ベンツの傘下ではない独立チューナー)がカスタムした「E60 AMG」なるレアモデルが存在した模様。なお、このE60 MAGについて正確な生産量は記録になく、「100台から150台位」と言われているようですね。※500Eは10, ...

ReadMore

■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >ランボルギーニ・ウルス関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・ウルスを悪路でドリフト走行!起伏や波状路、30度以上のバンクに挑戦してきた

| ランボルギーニ・テストドライブ・プラスに行ってきた(2) | さて、ランボルギーニ・ウルスの豪華試乗イベント「ランボルギーニ・ドライブ・プラス」第二弾(第三弾までを予定)。前回は元F1ドライバーである高木虎之介氏のレクチャーのもと、ランボルギーニ・ウルスを走らせる様子をお届けしましたが、今回は「オフロード編」。開催場所となった名阪スポーツランドにはバイク用のオフロードコースがありますが、そのコースを改修し、今回ウルスの試乗に適した形状へと整えてのチャレンジです。 関連投稿【動画】高木虎之介の運転でラン ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >ベントレー(Bentley) >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA)

マッドマックスに出てきそうだ!日産S14シルビアをオフローダーにカスタムした車両が登場

| ネット上での初見は2016年らしい。意外と有名? | 日産シルビア(S14)をオフローダー風、かつピックアップトラックに改造したクルマが画像掲示板Redditに登場。 いったいどういった経緯でシルビアがピックアップトラックになってしまったのかは不明ですが、この個体はかつて2016年に一度、売りに出されたことがあるようです。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!RX-7、GT-Rはじめマツダ、日産の「もしも」系レンダリング13連発マツダRX-7の変遷を動画で見てみよう。FBからFDまででパワ ...

ReadMore

>フォード(FORD) >その他アメリカ車 >ミニ(MINI)

ミニが米にて「学割」に加え「軍人割」が適用される限定モデルを投入。75万円ぶんのオプションが無料に

| 職業対象の「限定」モデルはかなり珍しい | 昨年、ミニは「学生と新卒専用」としてミニ・オックスフォード・エディションを北米で発売していますが(75万円くらいのオプションが無料でついてくる)、今回はそのオックスフォード・エディションにつき、「軍人も買えるようになった」とアナウンス。なお、対象となる軍人は「現役軍人」「12ヶ月以上在籍した退役軍人」で、所属部署に制限はない模様。※学生の場合は現役のほか、12ヶ月以内の卒業生も対象 こちらもオススメ、関連投稿ミニが「学生」「新卒のみ」に購入資格を制限した、割 ...

ReadMore

■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >ランボルギーニ・ウルス関連 ■近況について ■ニュース

【動画】高木虎之介の運転でランボルギーニ・ウルスをサーキット試乗!「ランボルギーニ・テストドライブ・プラス」へ行く(1)

| これまでに無く中身の濃いイベントで、まさに感謝しかない | さて、ランボルギーニ・ウルスをサーキットや特設オフロードコースで試乗するという豪華なイベント、「Lamborghini TEST DIVE PLUS」へ。場所は名阪スポーツランドにて開催され、ここはカートやミニバイク、そしてモタードや二輪用コース、四輪用としてジムカーナやドリフトコースのほか、モトクロスコースも揃う総合モータースポーツ施設です。 こちらもオススメ、関連投稿【試乗:ロールスロイス・カリナン】お金で買える最高の満足がここにある。” ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >中国/香港/台湾の自動車メーカー

メルセデス・ベンツの株が中国企業に買い占められる危機?提携相手の北京汽車がダイムラー株5%を買い進めているとの報道

| 上場している自動車メーカーは常に同様の危機にさらされている | 現在、メルセデス・ベンツは中国において 北京汽車(BAIC)、比亜迪汽車(BYD)というパートナーと提携済み。中国では(外国企業が)提携できるパートナーは2社までと決められているので、メルセデス・ベンツは「枠」を使い切っていることになりますが、ここでややこしいのが、メルセデス・ベンツの筆頭株主が(パートナー会社以外の第三者である)「吉利汽車」CEO、李書福氏である、ということ。つまり2つのパートナー以外、さらに言えばそれらの競争相手とも言 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ本社筋「ウルスのハードコアモデルを開発中」。2年以内に登場するとされるも、その詳細は全く不明

| まさか2シーター化されるようなことはないと思うが | カーメディア「Motor Trend」のライター、ジョニー・リバーマン氏が自身のインスタグラムにて語ったところでは、「ランボルギーニ・ウルスのハイパフォーマンスバージョンはすでに開発途中にある」とのこと。同氏はこの情報を「ランボルギーニの上級役職者から聞いた」としており、二年以内に発売されるだろう、と述べています。

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

こんなモノを買った。「オヴァディア&サンズとポーターとのコラボリュック」。吉田カバンのパーツにOVADIAならではのデザイン性がプラス

| 残念ながら日本未入荷 | オヴァディア&サンズ(OVADIA & SONS)とポーター(PORTER/吉田カバン)とのコラボリュックを購入。オバディア&サンズはちょっと聞き慣れないブランドだと思いますが、ニューヨークにて2010年に設立。スーツ、スポーツウェア、シューズ、アクセサリーなど様々な製品が揃い、基本的にはアメリカ生産にこだわるものの、一部製品はイタリアや日本へと発注しています。 ちなみに「サンズ」とあるので「親子でやってるブランド」というイメージもありますが、実際にブランドを運営する ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「我々はMTとRWDを捨てない。大きなモデルは4WDを採用するが、コンパクトなモデルにはRWDを残す。その理由はこうだ」

| 今後BMWのMモデルはグレード含めると異常な数にまで増えそうだ | BMWは現在「AT+4WD(xDrive)」へとシフト中。以前にBMWは「M3は軽量シンプルであるべきで、4WDは採用しない」と語っていたものの、おそらく新型M3には4WDが採用されそう。トランスミッションについても「MTやDCTはトルコンATに対して優位性を持たない」としてトルコンATを積極的にスポーツモデルへと採用しています。 次期BMW M3には「ピュア」「ベース」「コンペティション」3グレード設定とのウワサ。出力、駆動方式にも ...

ReadMore



>ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について

ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテを見てきた。カーボンだらけの内装編

投稿日:2017/06/16 更新日:

さて、先日のランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ外装編に続き、今回はインテリア。
外装とくにエアロデバイスとカーボン製エアロパーツだけでも数百万円の価値があるんじゃないかと思いますが、インテリアもさらにカーボンだらけとなっており、これらを見るとウラカン・ペルフォルマンテは「バーゲンプライス」と言って良さそう。








さて、ここでその衝撃のインテリアを見てゆくことにしましょう。
ドアを開けるとボディカラーのオレンジ、サイドステップのブラックとで明確な境界があり、目新しい印象。

フォージドコンポジット製のキックプレート。
なお標準のウラカンでも発表前には「ガラスボンネット」を注文するとフォージドコンポジットのエンジンベイとともにこのキックプレートもフォージドコンポジットになるという噂があったのですが、実際にフォージドコンポジットのキックプレートは付属せず、今回ようやくそれが実現することに。

内装の多くはアルカンターラで覆われます。
アルカンターラはいわゆる「人工スウェード」ですが、実際のところ天然皮革よりも高価で、ウラカンのオプションリストを見ても本革より高価な設定。

なんで本革ではなく人工皮革を使用するの?ということですが、まずアルカンターラは「アルカンターラ社の登録商標」であり、アルカンターラ社の製品。
同様のものだと東レの「エクセーヌ」がありますね。

アルカンターラの特徴は「軽量」であり、これは本革よりも軽量。
よってスポーツカーには非常に向いている素材、ということになります(内装全部が本革、というのと全部アルカンターラ、というのとでは重量がかなり変わる)。

ほかには「滑りにくい」という特徴もありますが、これは表面が毛羽立っているため。
この「毛羽立ち」について、天然スウェードやにバックだとこれだけの面積について「同じ風合いを持つ」材料を確保するのが難しく(毛並みが揃わない)、よって品質の安定、という面からもアルカンターラが優れます。
最近ではアルカンターラ上に”模様”を再現する技術も登場しており、これもランボルギーニが早速使用していますね。

ただ一方で欠点もあり、それは「価格」。
上述のように「高い」ということですが、ウラカン・ペルフォルマンテでは、その高い素材を内装全域に渡って使用している、ということになります。

そしてざっと室内を見渡すとアルカンターラの他カーボンやフォージドコンポジット製パーツが多数。

エアコン吹き出し口、メーターフードの上部はフォージドコンポジット。
軽量化のためか開閉式のアームレストは廃止され、クッションのような可愛らしいパッドが装着されるのみ。

センターコンソールもフォージドコンポジット。

ドアインナーハンドルもフォージドコンポジット。

そしてもっとも羨ましいのは「パドルもフォージドコンポジット」ということ。
ベースモデルのウラカンはここがアルミ製なのですが、常に目に入り、手に触れる部分がフォージドコンポジット、というのはいいですね(このパーツはコラム一体型なので、交換するとなるとトンデモナイ費用がかかるはず)。

手触りや操作感も標準モデルのウラカンとは異なり、ここは頻繁に操作する部分だけに「乗るたびに違いを感じられる」部分かもしれませんね。

ダッシュボード下のハニカムパーツはグロスブラック。

シートは一見座り心地が悪そうにも見えますが、実際に座ってみるとかなり快適。
体を包み込むようにラウンドした形状でホールド性が高く、アルカンターラ張りのために体が動かず、もしかすると標準シートよりも疲れにくいかもですね。
シートのシェルはカーボン製で、これは「織り目」の見えるものとなっています。

ドアを開けるとウラカン・ペルフォルマンテのシルエットがメーターに。
これは標準ウラカンでは見られない部分です(羨ましい)。

そしてこちらがメインのメーター。
本気と書いてマジと読むモードの「コルサ(CORSA)」へ入れると表示が一気に代わり、アヴェンタドールSVやチェンテナリオと同様のグラフィックに。
いかにウラカン・ペルフォルマンテが「特別」であり、ランボルギーニが「特別視」しているかが分かる部分ですね。

この表示はプログラムで変更できるはずなので、標準ウラカンについてもプログラムのアップデートで対応してくれないものか、と思う部分ではあります(が、差別化という観点からすると”できたとしてもやらない”と思われる)。

↓こちらは動画。
ストラーダ(STRADA)、スポルト(SPORT)モード、そしてそれぞれのスピードメーター表示/タコメーター表示を収めています。

これはセンターコンソール上の小さな液晶。
通常版のウラカンでは油温や油圧、電圧が表示される部分ですが、ウラカン・ペルフォルマンテではここにアクティブエアロ=ALAの動作状況が表示されるようですね。

標準ウラカンではオーディオコントロール系がある部分にはフタ。
これはプロトタイプだからだと思われ、日本仕様ではここに標準ウラカン同様のオーディオ/ナビ操作部が設けられると思われます。

こうやってエクステリア/インテリアを見ると、リアのデザイン(タイヤ丸見え)やメーター表示(チェンテナリオと同様)など、「ウラカン・ペルフォルマンテ」にはランボルギーニにおいてもスペシャルモデルにしか採用されない意匠が与えられており、いかにランボルギーニがウラカン・ペルフォルマンテを特別扱いしているかがわかろうというもの。

ウラカン・ペルフォルマンテは単にウラカンの派生モデルというより「ウラカンの名がついただけの”独立したモデル”」と考えてもよいほどで、通常のウラカンとは基本的に異なる存在である、と言ってよさそう。

装備や使用される素材、実際のパフォーマンスを考えるととにかく衝撃的な車で、その価格設定はもっと衝撃的(これからもウラカン・ペルフォルマンテより速い車は出ると思われますが、この価格でこれほどの速い車はおそらく出てこない)。

アヴェンタドールS購入を検討し始めたばかりですが、「いくら追金を払えばウラカン・ペルフォルマンテを買えるのか」と考える自分がいるのは困りモノ。

なお、ぼくが気になったのは「車両保管用のタイヤ載せ(タイヤ・クッション)」。
これは純正オプションとのことですが、こういった製品が揃うのはコレクションに値する車を多くリリースしてきたランボルギーニらしいところですね(他にも保管用のシートカバーやステアリングホイールカバーなどがある)。

ほかの画像は下記にアップしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。 6000万円くらいを記録していた時期もありますがそれが4500万円くらい(新車価格と同じくらい)になり、 ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。 たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が5 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。 その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが ...

->ランボルギーニ・ウラカン関連, ■近況について
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.