>ポルシェ(Porsche)

ジンガーがモントレーにて新型車(クラシック911)を2台展示。相変わらずの芸術的な仕上げ

投稿日:2017/08/20 更新日:

クラシックポルシェ専門のチューナー、ジンガー・ビークル・デザインがモントレーに出展した車両をMotor1が公開。
一台はグレーにレッドのアクセントを持つ911タルガ、もう一台はメタリックブルーとオレンジが鮮やかな911クーペという構成です。

こちらは911タルガ。
ファブリック製のルーフ、ホイールディスク部のレッドがボディカラーのグレーとマッチしており、なかなかシックな感じ。

ボディのサイドにはトーンを変えたグレーのストライプ。
フロントバンパーも独特な形状であることがわかりますね。

ヘッドライトはプロジェクター式のLED。
細部が最新の信頼性の高いパーツになっているのがジンガーの特徴。
ドアミラーも独自の形状を持っており、給油口もフロントフード中央へと移動しています。

リアフェンダーは拡大され、エンジンフードはダックテール風。
マフラーはセンター二本出し、そして北米市場には必須の「5マイルバンパー」も装着されています。



こちらはもう一台の911クーペ。
ホイールやサイドの「PORSCHE」文字、内装がオレンジに。
なんとなくガルフっぽいカラーですね。

ジンガーのエンブレム。

エンジンフード奥にはガラスもしくはポリカーボネートのパネル。
ジンガーはこういった細かいところの仕上げが素晴らしいと思います。

美しいエンジン、そしてエンジンルーム。
キルティング加工が施されたレザー張りですね。

美しいインテリア。
ジンガーは「編み込み」レザーを使用することが多いようですが、このレザーのカラーは自由に選べる、とのこと。

ダッシュボードの装飾とエアコン吹き出し口。
装飾部分は編み込みレザーですね。

関連投稿
ジンガーがポルシェ用空冷エンジンを制作。ウィリアムズと共同で、なんとハンス・メツガーも参加
ジンガー・ポルシェを日常の足として乗る男。991GT3からレトロなジンガーへ
ジンガーが新たなカスタム・ポルシェ911を展示。「モナコ/ロンドン・コミッション」
ジンガーの展示会。宝石のようなカスタム・ポルシェ911たちが大集合
唸るほどの美しさ。ジンガーが2台のレストアされたポルシェ911を披露

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5