>パガーニ(PAGANI)

これはアリ?ナシ?CGアーティストがパガーニ・ウアイラ「シューティングブレーク(ワゴン)」のレンダリングを作成

投稿日:2019/03/31 更新日:

| ワゴンボディはルーフが長く空力的には有利だと言われるが |

CGアーティスト、Yasyd Design氏が「パガーニ・ウアイラ・シューティングブレク(ワゴン)」のレンダリングを製作。
これはなかなかに良くできた作品だと言え、ルーフラインを無理なく延長しているように思います。

なお前後フェンダーはリバティーウォーク風の「オーバーフェンダー」が装着されていることもわかりますね(ただしリベットは打ってない)。

スポーツカーとワゴンとは縁遠いわけではない

パガーニはもちろん今に至るまでワゴンを制作したことはなく、しかしパガーニは顧客の要望にあわせて様々なエアロパッケージを用意しており、「無い」とも言えないのもまた事実。

ちなみにアストンマーティンは過去に「V8」をベースにワゴンボディを持つ「スポーツマン」をリリースしたことがありますが、かつて「スポーツ」は狩りをあらわした、と言われます。

そういった流れもあって現代でもアストンマーティンは「ヴァンキッシュ・ザガート」シリーズにシューティングブレーク(ワゴン)を用意しているのだと思われ、よってスポーツカーとワゴンとは「無縁ではない」ということもわかります。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

こちらはリアから見たイラストですが、ルーフ後端には「フラップ」が見られ、これはウアイラのフロントにも装着されるデバイスであり、ちゃんとこれを再現した、ということになりますね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

さらには「クワッドテールパイプ」も再現されているものの、この位置にテールパイプがあれば、そしてそもそもウアイラはミドシップなのでリアゲートが機能するのは難しそう。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ただ、室内空間にほぼモノを置くスペースの無いウアイラに、たとえ狭いと言えども室内(シートの後ろに)に収納場所が増えるのはありがたいことで、欧米だとウアイラで「旅行したい」という人もいくばくは存在するであろう可能性を考えると、やはりこの「ウアイラ・シューティングブレーク」は意外と需要が高いのかもしれません(ただ、エンジンを「フタ」で覆ってしまうことになるので放熱の問題はありそうですが)。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

そしてこちらは同じくYasyd Design作、ポルシェ918スパイダー「シューティングブレーク」。

画像に含まれている可能性があるもの:車

こちらもやはりミドシップカーのワゴン化ですが、ルーフましたらアグレッシブなテールパイプが出ていることがわかります。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ちなみにポルシェは過去に「928」をワゴンに仕立て上げたことがあるほか、そ現代でもパナメーラ・スポーツツーリスモを発売したり、「タイカン」にもクロスツーリスモを投入することは公表するなど、やはりポルシェもワゴンと無縁ではない、ということになりますね(ただ、パナメーラや928はフロントエンジンなのでワゴン化は比較的容易)。

VIA:Yasyddesign

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->パガーニ(PAGANI)
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5