>スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルが「エンジン停止の可能性」として25万大規模のリコール発表。対象はXV、フォレスター、インプレッサ

投稿日:2020/01/04 更新日:

| 昨年に実施された「PCV問題」の追加リコール? |

スバル(SUBARU)が北米にてクロストレック(XV)、フォレスター、アセント、インプレッサに対してリコールを発表。
内容としてはボクサーエンジンの「ポジティブ・クランクケース・ベンチレーション(PCV)」の問題によってエンジンオイルが燃焼室内に入ってしまい、それによって突然エンジンが停止してしまう可能性がある、とのこと。

なお、このPCVは環境対策デバイスの一種で、排ガスをクリーンに保つ装置だとアナウンスされています。

最悪の場合はエンジン交換も

対応については「PCVを交換する」「この問題によってダメージを受けたパーツも交換する」「最悪はエンジン丸ごとを交換する」と発表されていますが、対象となる車種および台数について、クロストレック(XV)では2017年5月9日から2018年4月3日に製造された83,499台、クロストレック・ハイブリッドでは2018年9月11日から2018年10月8日に製造された37台、インプレッサ(ハッチバック)については2016年11月4日から2019年3月5日に製造された80,219台、インプレッサ・セダンについても2016年11月4日から2019年3月5日に製造された個体、そしてフォレスターだと2018年6月4日から2019年3月21日に製造された個体、アセントでは2018年2月22日から2018年8月31日に製造された個体となり、その総数はおよそ25万台。

なお、同様のリコールは北米だと2019年10月31日にインプレッサ、XVを対象にリコールの届け出が北米にてなされているものの、今回は車種や製造期間を拡大しての再届け出ということになりそうです(前回は2016年製造のクルマ、アセントやフォレスターは含まれていなかった)。

スバルが合計67万台ものリコール実施。インプレッサ、XVが対象となり「最悪は走行不能に」

日本においては10月17日にインプレッサ、XVを対象に下記の通り届出済み(83,227台)。

ブローバイガス還元装置において、PCVバルブの材質特性に対する曲げ加工設定値が不適切なため、クランクケース接続部の耐久性が不足しているものがある。そのため、当該接続部の破損により燃焼室にエンジンオイルが浸入し燃焼、マフラーから多量の白煙が発生して、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがある。

SUBARU

スバルは昨年にこれだけのリコールを発表

なお、スバルは2019年にもけっこうな数のリコールを出していて、ざっと見るとエンジン関連(イグニッションやブローバイガス還元装置)の問題が多いようですね。
近年では環境規制に対応するため、どんどんエンジンが複雑化していますが、それによって以前よりは問題が発生しやすいという傾向も見られるように思います。

ポルシェ、スバルがリコール届け出。スバルはXV/フォレスターに対してのべ7万台超、最悪の場合は走行不能に

スバル「インプレッサ / XV / フォレスター」、マツダ「ロードスター」にリコール。スバルはパワステ関連、マツダはATのシフトプログラム不具合

スバルが全世界で230万台規模のリコールを実施、日本国内でも30万台が対象に。不具合の内容は「ブレーキランプ」「イグニッション」

トヨタ86/スバルBRZに新たな問題。米にて「リコール対応後にエンジンが壊れて動かなくなった」例が複数発生。日本でも同様のリコールが実施されているが

スバルWRX、フォレスター、レヴォーグに「ガスが漏れる」問題にて32,224台のリコール届け出。ほかベントレー・コンチネンタルも「スイッチ不良」でリコール

スバルはBRZ/インプレッサ/XVに、トヨタは86他車種、そしてレクサスはCTにリコール/改善対策届け出。スバルは約14万台が影響

VIA:Consumer Reports

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->スバル(SUBARU), ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5