>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】「なぜオレがブガッティを3台も持ってるかって?それは・・・」スーパーのモップがけから富豪にのし上がったコレクターが語る!

投稿日:2020/05/15 更新日:

| 普通に考えると似たようなクルマを3台持つことは理解し難い |

bugatti-chiron

さて、世界で最も有名なブガッティオーナーといえばやはりアメリカのマニー・コシュビン氏。

つい最近納車されたばかりのブガッティ・シロン”エルメス”が彼を一躍有名にしたわけですが、同氏は自身のガレージになんと3台ものブガッティを収めています。

常人では到底考えられないラインアップですが、今回マニー・コシュビン氏は「なぜ3台ものブガッティを所有しているのか」を動画にて語っており、その内容をここで見てみましょう。

1台目はマンソリーカスタムのヴェイロン

動画にて紹介される「第一のブガッティ」は、マンソリーがカスタムした(カスタム費用のみで1億円を超える)、ヴェイロン”Mansory Linea Vincero d'Oro”。

Oro(金)が示すとおりゴールドを多用した仕様が特徴ですが、これは2008年に製造されたワンオフモデル(ほかのクルマを見ても、この人は”ブラック×ゴールド”が好きらしい)。

なお、一時期(2017年に)売りに出していたようですが、現在は販売を取り下げ、手元に保管しているようですね。

10

カーボン×ゴールドのゴージャスなブガッティ・ヴェイロンが中古にて販売。マンソリーのワンオフカスタム

| さすがにヴェイロンをカスタムするチューナーは数少ない | マンソリーがカスタムしたブガッティ・ヴェイロンが中古市場に登場(価格は”ASK”)。これは「Mansory Linea Vincero」と ...

続きを見る

とにかく全身フルカーボンなのが特徴ですが、リアディフューザーもカーボン製。

そしてテールパイプとは別に、下に向けてエキゾーストパイプがあり、これはどうやらヴェイロン/シロンに共通する仕様で、実際にここからも排気がなされるようです(はじめて知った)。

7

2台めは3台のみ製造された「レンブラント」

そしてもう一台は、ヴェイロン・グランスポーツ・ヴィテスに3台のみが設定された「レンブラント」。

「レンブラント」とはブガッティ設立車、エットーレ・ブガッティの弟ですが、そのレンブラントは彫刻家であり、当時「タイプ41ロワイヤル」のボンネットに取り付ける”立ち上がる象”のマスコットをデザインしたことでも知られます。

なお、その(象の)像はブロンズ製だったそうですが、そういった事情もあって、この「ヴェイロン・レンブラント」はブロンズカラーをアクセントに使用しているのかも。

9

ちなみにこちらが「立ち上がる象」をモチーフにしたパネル。

6

【動画】ブガッティ創業者の弟の名が付与された限定モデル「ヴェイロン・レンブラント」。オーナーの俺がその内外装を紹介しよう

フロントグリル、エンブレムはプラチナ製 先日、自身が所有する「5台の」メルセデス・ベンツSLRマクラーレンを公開したアメリカの大富豪、Manny Khoshbin(マニー・コシュビン)氏。今回は自身の ...

続きを見る

トリを飾るのはシロン「エルメス」

そして3台目のブガッティはシロン・エルメス。

これはマニー・コシュビン氏が自身で考えた仕様をエルメスに作らせたもので、世界に一台だけのワンオフモデル。

【動画】ブガッティ・シロン・エルメス納車時にはこんなものが付いてくる!納車キットそしてエルメスからのギフトなど

この記事のもくじ1 | 付属品だけでちょっとした高級車が買えそうだ |1.1 ブガッティの顧客のもてなし方はハンパではない1.2 シロン・エルメス納車時にはエルメスからの「贈り物」も1.3 この記事を ...

続きを見る

単にカラーだけではなく随所がエルメス仕様になっていて、フロントグリルの格子もエルメスの「H」をモチーフにした専用デザインを持っています。

そのほか内外装のいたるところがエルメス仕様へ変更され、随所に「HERMES」のロゴが入っているようですね。

3

ドア内張りは「シルク」、そしてエルメスの「馬」モチーフデザイン。

2

なお、シロンはヴェイロンに比較してさらに高い出力と性能を持ちますが、マニー・コシュビン氏いわく「乗り心地はヴェイロンよりもずっといい」。

さすがに最新モデルだけあって洗練されたフィーリングを持つようですね。

4

インテリアは運転席と助手席とを隔てるように「C」をモチーフにした隔壁が設けられ、その部分のエッジが発光する仕掛け。

1

そして同氏が3台のブガッティを所有する理由について、ひとつめは「成功と達成のシンボルだから(これはブガッティを選ぶ理由だと考えられる)」。

そして2つ目が「見ての通り、それぞれのブガッティに個性があり、まったく別のクルマだから(こちらは複数台所有する意義だと思われる)」。

以前に「オイル交換一回で275万円もかかる」とブガッティの維持費について触れているものの、それを許容し、かつ3台も所有できるというのは羨ましい限りですね。

【動画】ブガッティ・ヴェイロンを2台所有するオレが維持費を語るぞ。オイル交換は毎年275万円、タイヤは2年に一回で415万円、ホイール交換は1.6万キロごとに550万円だ

この記事のもくじ1 | スーパーカー/ハイパーカーを維持するのも楽じゃない |1.1 エンジンオイル含む油脂類の交換は年に一度1.2 ヴェイロンはタイヤ交換のみで415万円1.3 そのほか、ハイパーカ ...

続きを見る

なお、マニー・コシュビン氏はメルセデスSLRマクラーレンを5台も所有しており、これもまた常人離れした感覚だと言えそう。

【動画】パガーニ、ケーニグセグなど多数のハイパーカーを所有する大富豪。「今日は俺が持っている5台のメルセデスSLRマクラーレンを見てってくれ」

どうやらまだ追加でメルセデス・ベンツSLRマクラーレンを買う気らしい パガーニ・ウアイラ・エルメスを注文したことで一躍その名を知られることになったManny Khoshbin(マニー・コシュビン)氏。 ...

続きを見る

どうやってここまでのお金を稼いだのか

そして気になるのが、マニー・コシュビン氏が「どうやってこんなにお金持ちになったのか」。

同氏はイランから戦火を逃れて父親と2人で移住してきた移民で、その際は「ほぼ無一文」。

ポンコツ車で暮らすホームレスで、はじめて得た仕事がスーパーのモップがけとカート集めだったそうですが、その後に起業を考え、自分でピーナッツを仕入れてそれを売り歩くようになっています。

【動画】米富豪「納車されたポルシェ935を紹介する。俺は14歳で戦争から逃れてここに来て、今では37億円の豪邸、33億円のクルマに囲まれている。どうやったかを話そう」

この記事のもくじ1 | ここに至るまでは様々な事業で失敗してきたようだ |1.1 ポルシェ935の細部はこうなっている1.2 マニー・コシュビン氏はこうやって富豪にまで上り詰めた1.3 この記事を読ん ...

続きを見る

その後も持ち前のチャレンジ精神にて様々なビジネスを手掛けるようになり、今では不動産王へと成長したわけですが、もちろんこれまでにも数々の失敗を経験していて、そんな同氏のモットーは「NEVER GIVE UP」。

シロン・エルメス注文時にも、エルメスのスタッフが「NEVER GIVE UP」と手書きされた内装用の皮革を同氏にプレゼントしています。

b

ちなみにマニー・コシュビン氏が成り上がって最初に購入したクルマがこちら。

ボディカラーやホイールカラー、インテリアカラーもシロン・エルメスによく似ており、今回のシロン・エルメスは同氏なりの「過去の自分へのオマージュ」なのかもしれませんね。

q10

VIA:Manny Khoshbin

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ブガッティ(BUGATTI), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5