■近況について ●ランボルギーニ・ウラカン

今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。タイヤの跳ね上げる石等「チョコチョコと気付いたこと」。やはり実際に自分のクルマとして乗らねばわからないことも

投稿日:2021/02/03 更新日:

ランボルギーニ・ウラカンEVO

| やはり試乗だけではわからないことがけっこう多い |

さて、今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。

今回は乗っているうちに気付いた点について述べてみたいと思います。

まず最初は、予め想定できていたものの、「タイヤの跳ね上げる石」。

パフォーマンス向上のためには受け入れなくてはならないことも

ウラカンEVO RWDのリアバンパーは、タイヤハウス内のエアを抜くためのダクトが設けられています。

L1310012

そして実際に走行すると、リアタイヤが跳ね上げた石が盛大にリアバンパーへと排出されることになり、実際に走行後にリアバンパーを見てみると、「結構な量の石が乗っている」ことも。

ただしこの構造はパフォーマンス向上のために採用されたものであり、まさか塞ぐわけにもゆかず、よってそのまま受け入れるしかなさそうですね。

L1310010

ちなみにリアディフューザーの汚れっぷりもかなりのものですが、これも「エアロダイナミクス最適化、そしてルックス向上(ボディカラー同色を選んだので)のための代償」だと割り切り、傷や汚れも勲章のようなものだと考えるようにしています(実際のところ、あまり気にしていない)。

2021-02-01 19.22.20

なお、こういった「ホイールハウス内のエアを抜く構造(後ろから見て”リヤタイヤ丸見え”っぽいスーパーカーも多い)」「ボディカラー同色リアディフューザー」は近年のスポーツカーを中心に幅広く取り入れられており、気になる場合はラッピング等の対策を考えると良いかもしれません。

やたらウインドウ内側が曇る

そのほかウインドウの内側がやたら曇るという状態が何度か発生しており、しかしこれは以前に乗っていたウラカンLP610-4では経験したことがなく、よって「なにかエアコン関係が変更されたのか」と思った部分。

ぼくはいつもエアコンの風量を「2」くらいにして走行しているのですが、それだと曇りが発生し、しかし「5」あたりに強めても曇りがとれず、場合によっては視界を遮ることもあったわけですね。※画像ではフロントウインドウの下が曇っていることがわかる

2021-02-01 19.24.00

どうしたものかと考えていたのですが、インフォテイメントシステムの右上に「車内循環」ボタンがあることに気付き、これをタッチすると曇りがみるみるうちに引くことに。

どうやらウラカンEVO RWDではデフォルトで「車内循環」となっていて、これがウインドウ内側の曇りを発生させる原因となっていたようです。

なお、エアコン自体には改良が施されたようで、ウラカンEVO RWDではちょっと風量を強くするとファンの作動音のようなものが聞こえていましたが、ウラカンEVO RWDではそれが聞こえない模様。

L1300049

ちなみにランボルギーニの属するフォルクスワーゲングループ各ブランドとも(ポルシェやブガッティといったスポーツカーブランドでも)エアコンについては相当に力を入れているようで、車内をより快適に保つため、かなりの力を注いでいるようです。

ポルシェ「911カブリオレには”世界で最もスマートな空調を搭載した”」。センサーの数は20個、0.5秒刻みで室内各部の温度を分析

先日ブガッティは「シロンに採用されているエアコンは、一般的な家族向けマンションをまるごと冷やすくらいのパワーがある」というプレスリリースを公開しましたが、今回はポルシェが「世界で最もスマートな空調シス ...

続きを見る

その力の入れどころとしては、エアコンの出力はもちろん、車内をまんべんなく快適にしたり、作動音を低減したり、乗員に直接風を当てずに冷やしたり暖めたりということですが、ぼくがこれまでに所有してきた中でもっとも優秀だったのはアウディTT(8S)のエアコン(作動している様子を感じさせないのに、いつも車内は快適だった)。※おそらくぼくのなかでは、「エアコンが非常によく効き、快適だったクルマ」として一生記憶に残るだろう

31

ブガッティ・シロン・ピュールスポール
ブガッティ「シロンのエアコンは一般的な家族向けマンション一室、52畳を冷やすだけのパワーがある。時速400キロでも車内を快適に保つにはそれくらいの出力が必要なのだ」

この記事のもくじ1 | たかがエアコン、されどエアコン。エアコンはけっこう奥が深かった |1.1 エアコンは、その存在を感じさせてはならない1.2 エアコンが乗員に与える印象は想像以上に大きい1.3 ...

続きを見る

ウラカンEVO RWDではエアコンが常時ON

そしてもうひとつエアコン関連ですが、ウラカンEVO RWDでは「デフォルトでエアコンがON」。

つまり、エアコンを切った状態でエンジンを停止して再度エンジンを始動させた際、以前の状態を反映させずに「つねにエアコンがON」になっているということですね。

ぼくは省エネのためにエアコンをつけずに走ることもあるのですが、この仕様については、おそらく上述のような「エアコンへのこだわり」が反映されたものだと考えていて、かつ以前に乗っていたウラカンLP610-4では「常時エアコンを入れていないと、異臭がするときがあった」ため、ランボルギーニとしては常時エアコンをONにして乗って欲しいと考えているのだと思われます。

よって、(ぼくの推測ではあるものの)そういった設計時の前提に従い、ウラカンEVO RWDでは常にエアコンONにて乗ろうと考えています。※エアコンをONにしても、コンプレッサーの音が聞こえないので、やはりエアコンにはかなりの心血を注いでいるのだと思う

3K4A3004

合わせて読みたい、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD関連投稿

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD
今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。未だに「ブルー・ル・マン」に慣れず、ガレージに行くたびに「青いクルマがある」ことに驚かされる

この記事のもくじ1 | それだけ新鮮な気分でクルマを楽しむことができ、ある意味で「お得」 | 1.1 クルマのボディカラーは乗っていてもそれとわかる1.2 これまではこんなボディカラーのクルマに乗って ...

続きを見る

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD
今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。スーパーカーに乗っているとこんなことを聞かれる。やはり未知の世界に触れたいという興味を掻き立てるようだ

この記事のもくじ1 | スーパーカーに対する関心は、一般のクルマに対するそれとは異なる模様 |1.1 単純に、自分の知らなかった世界を垣間見たいのだと思う2 人々がスーパーカーにつき、どれくらいの価格 ...

続きを見る

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD
今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。さっそくガソリンスタンドの出口でアンダーボディを擦ってしまう

この記事のもくじ1 | まさかこれくらいの段差でフロントを擦るとは思ってなかった | 1.1 幸いなことにダメージは大きくない1.2 このパーツは「擦る」こと前提2 マメにウラカンの「フロントリフター ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5