>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

ホンダが新型ヴェゼルを発表!トヨタの「濃い口」デザインに対してあまりに「薄味」、このままで大丈夫かホンダ!?なおネット上では「CX-ハリアー」と呼ばれる

投稿日:2021/02/18 更新日:

ホンダが新型ヴェゼルを発表!トヨタの「濃い口」デザインに対してあまりに「薄味」

| ヤリスに対してフィットは大敗を喫しているが、新型ヴェゼルはC-HRを打ち負かすことができるか |

さて、ホンダが新型ヴェゼルをついに発表。

すでにそのデザインはパテント画像によって明確になっていたため、大きな驚きはないものの、やはり先代とは根本的に異るルックスには改めて驚かされます(先代ヴェゼルの特徴であった、躍動感が感じられない)。

なお、ホンダはこれまで「ウェッジシェイプ」を意識したデザインを採用することが多かったように思いますが、先に発表された新型シビック(プロトタイプ)、そしてこのヴェゼルを見るに「水平」に近いデザインを採用してゆくようですね。

新型ホンダ・シビック
【動画】新型ホンダ シビック プロトタイプ正式発表!「薄く軽く水平に」、これは1980-1990年代のホンダデザインのリバイバル?

| ホンダは思い切ったデザインシフトを図ろうとしている | さて、ホンダが先日より予告を行っていた「新型シビックセダン」を公開。現時点では「プロトタイプ」にとどまるものの、これまでの例からすると、ほぼ ...

続きを見る

その意図は不明ではあるものの、現在全世界で求められる「押し出しの強さ」を取り入れたということなのかもしれず、しかしフロントの面積の大きさに比較してヴェゼルの顔つきは「薄味」にて仕立てられているようにも。

なぜホンダ・オデッセイはスマート路線から押し出しの強いデザインへ転じたのか?クルマもいまや「インスタ映え」の時代へ

| ホンダはこれからデザインを大きくシフトさせるかもしれない | さて、ホンダ・オデッセイがフルモデルチェンジ。クルマのスペックについては多くのメディアが報じているので、ここで改めて述べるまでもありま ...

続きを見る

デザイン的には新時代の「クーペSUV」?

なお、先代ヴェセルもクーペ風のルーフラインを持っていましたが、新型ヴェゼルもクーペ風。

ただし、先代のように「なだらかにラインが落ちる」のではなく、特定のところからガクンとルーフが下がっているようです。

テールランプもやはり「水平」を意識しており、ベルトラインが高く、かつキャビンが小さく見える(ウインドウの上下幅が小さい)ため、視覚的な安定性や高級さが感じられるようですね。

kv_img_02b

偶然だとは思いますが、フロントバンパー左右下部にダクトを設けなかったことや、ルーフラインといい、やはり新型ヴェゼルはMX-30に似ている、とも思います(ただし動画を見ると雰囲気はMX-30と大きく異なり、さらにリアは全く異なるデザインを持っている)。

新型ヴェゼルのパワートレーンはガソリンとハイブリッド

新型ヴェゼルにつき、欧州では「ハイブリッドのみ」となる見込みですが、日本だと1.5L DOHC i-VTECとCVTとを組み合わせるガソリンモデル、そしてe:HEVを搭載するハイブリッドモデルとの二本立て。

おそらくメインはハイブリッドモデルとなりそうで、ハイブリッドモデルには3つのドライブモードが設定されるほか、4WDモデルにおいてもモーターを積極的に活用した走りが可能となっているようですね。

グレードは「X」「Z」、そしてハイブリッドのみに「PLaY」が設定され、2トーンカラーやトリコロール加飾など、ガソリン車にはない仕様が与えられている、とのこと。

新型ホンダ・ヴェセルのインテリアはこうなっている

こちらは新型ヴェゼルのインテリアですが、やはり「水平基調」を採用した最新デザイン。

なお、エアコン操作系はタッチパネルではなく「アナログ式」ですが、ホンダはこのアナログ式操作ノブにこだわりを持っており、車種によっては「タッチ式からアナログ式」に戻したものも。

interior_img_01

新型ホンダ・フィット開発時に参考としたのは「タオル」!室内の操作系をタッチからアナログに戻した理由もそこにあった

| さすがはホンダ、目の付けどころが違う | 現在、各自動車メーカーともに操作系を「タッチパネル」に移行させており、どんどん室内からは物理スイッチが無くなっている状態。ホンダも一時は同様の動きを見せて ...

続きを見る

ちょっとおもしろいのは「そよ風アウトレット」で、これはダッシュボード左右に配置された、”そよ風のような心地よい風の流れを生み出す”、独立したエアコン吹出口。

効果としては「穏やかに頬を撫でる風は、風の膜を生み出し、外気の熱や寒さをカットする」と紹介されており、専用のノブがあるところを見ると、どうやらこの部分のみを「独立して」操作することができるようですが、そこまでしてホンダが実現したかったデバイスの効果がどんなものか体感したくなってしまいますね。

新型ホンダ・ヴェセルは発表時の動画はこちら

参照:Honda

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5