>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH)

非公式なのがもったいない!アルファロメオTZシリーズ最新モデル「TZ4」のレンダリングが登場

投稿日:2021/05/12 更新日:

アルファロメオTZシリーズ最新モデル「TZ4」のレンダリング

| たとえ高価であっても、TZ4を現代にて発売して欲しいものだ |

さて、ランボルギーニやジェネシスにて活躍したカーデザイナー、Samir Sadikhov氏が「アルファロメオ TZ4」のレンダリングを公開。

その名から、そしてそのスタイルからもわかるとおり、あの「TZシリーズ」の最新作という位置づけです。

なお、アルフォロメオ「TZ」シリーズは1963年にジュリアをベースとして誕生しており、これを手掛けたのは、かのザガート。

「TZ」とは「Tubolare Zagato(チュボラーレ・ザガート)」を表しており、そのまま訳すと「チューブラーフレームを持つザガート」となります。

元ランボルギーニのデザイナーが考えたハマーH1/ハンヴィー。交換式モジュールを備え、戦場では活躍しそうだ

この記事のもくじ1 | ハマーH1とハマーH2/H3は根本から異なるクルマ |1.1 ハンヴィーはジープの後継1.2 未来のハンヴィーはこうなる1.3 こんな記事も読まれています | ハマーH1とハマ ...

続きを見る

TZシリーズ最大の特徴は「コーダトロンカ」

そしてTZシリーズ最大の特徴と言えば、リアをスパッと切り落とした「コーダトロンカ(断ち切られた尾)」と呼ばれるデザイン。

これは1962年の「アルファロメオ・ジュリエッタ SZ2 コーダトロンカ・ザガート」にも見られる形状で、短いボディにもかかわらず、優れた空力性能、それによる高い直進安定性を獲得することを目的に、ザガートのデザイナーであったエルコーレ・スパーダが考案したと言われます。

L1080905

こちらは1963年の「ジュリアTZ」。

L1080914

なお、2011年にはダッジ・ヴァイパーをベースとした(当時アルファロメオ擁するFCAとクライスラーは提携関係にあった)「TZ3ストラダーレ」なるクルマも製造・販売されていますね。

L1100129

アルファロメオTZ4はこうなっている

そしてアルファロメオTZ3に続く「最新TZシリーズ」として考案されたのが今回のTZ4。

ちなみに手前は1965年の「TZ2」です。

Alfa-Romeo-TZ4-25

こうやって見ると、高い共通性を持つことがわかります。

Alfa-Romeo-TZ4-23

フロントはかなり低く抑えられ、アルファロメオ特有の盾形グリルには独自のアレンジが施され、グリルはザガートの「Z」をあしらったデザインに。

Alfa-Romeo-TZ4-5

リアエンドは当然ながらコーダトロンカ。

テールランプは「インフィニティ」仕様です。

Alfa-Romeo-TZ4-7

フロント~サイド~リアアンダー、そしてテールエンドを見るに、かなり高い空力性能を持っていそう。

Alfa-Romeo-TZ4-2

ルーフからリアウインドウにかけては、ザガート特有の「ダブルバブル」。

Alfa-Romeo-TZ4-27

ヘッドライトはLED、そして上部にはカバー付き。

Alfa-Romeo-TZ4-10

現在アルファロメオはSUVに注力しており、「スポーツ」路線は同じグループ内のマセラティに任せているように見えるため、実際に「SZ」が蘇ることは無いかもしれず、しかしSZ3ストラダーレ同様、高価な限定モデルであったとしても「復活させて欲しい」と考える人は少なくはなさそうですね。

Alfa-Romeo-TZ4-11

合わせて読みたい、アルファロメオ関連投稿

アルファロメオ8C後継、「18C」のレンダリング登場。過去と未来の融合したナイスなデザイン

自動車デザイナー、Antonio Puglia氏がアルファロメオのフラッグシップとなるスポーツカーのレンダリングを公開。アルファロメオは現在8Cの後継を計画しておらず、ジュリアよりも上のスポーツカーが ...

続きを見る

フェラーリやマクラーレンには負けん!もしもアルファロメオが「スピードスター」を作ったらというレンダリングが登場

この記事のもくじ1 | スピードスターは一つの流行 |1.1 しかしデザイナーは諦めていなかった1.2 こんな記事も読まれています | スピードスターは一つの流行 | さて、アルファロメオは昨年末に新 ...

続きを見る

隠れたアルファロメオの名車”モントリオール”!発売50周年の折に「新型モントリオール」のレンダリングが登場

この記事のもくじ1 | モントリオール”らしさ”を感じさせる要素をしっかり押さえているようだ |1.1 ネーミングは「モントリオール万博」から1.2 もしも「新型モントリオール」が登場したら1.3 ほ ...

続きを見る

参照:Samir Sadikhov

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5