ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ(Lamborghini)

ランボルギーニがル・マン「ハイパーカークラス(LMH)」に参戦?LMHと乗り入れ可能なLMDh規定にてIMSAに参戦すると報じられる

投稿日:

ランボルギーニがル・マン「ハイパーカークラス(LMH)」に参戦?LMHと乗り入れ可能なLMDh規定にてIMSAに参戦すると報じられる

| ランボルギーニがル・マンに参戦することになれば、レースが大いに盛り上がることになりそうだ |

しかしランボルギーニは「自社によるモータースポーツ活動を行わない」はずでは?

さて、ランボルギーニのモータースポーツ部門、スクアドラコルセが2024年に、LMDh規定に沿ったマシンを使用し、IMSAに参戦するとの報道(まだ正式発表はない。9月にも公表される可能性があると言われている)。

そしてこれが実現すれば、同じマシンを使用して出場できるルマン24時間レース”ハイパーカークラス(LMH)”への参戦も期待でき、ハイパーカークラスががぜん盛り上がることになりそうです。

LMDhとはなんぞや

そこでこのLMDhですが、これはIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の最高峰クラスで採用されているDPiの発展形規則で、参戦するチームは特定コンストラクターによるLMP2ベースのシャシー(マルチマチック、ダラーラ、リジェ、オレカ)を選択し、そこへボッシュ製の67HPを発生するエレクトリックモーター、そしてウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングが提供するハイブリッドシステム(リアアクスルに取り付け)を搭載する必要があります。

エンジンは自社で開発可能ではあるものの、車輌の開発コストについては制限があり(これが参入障壁を下げている)、その他発表されている規定は下記の通り。

LMDhカテゴリーの車輌規定

  • ダウンフォース:ドラッグの比率は4対1
  • 全長5100ミリ、全幅2000ミリ以下
  • ホイールベースは共通で3150ミリ
  • フロアは変更不要
  • ボディ形状は変更可能
  • 車体重量は1,030kg

なお、このLMDh規定に従って制作されたレーシングカーはル・マン24時間レースの「ハイパーカークラス」にも参加することが可能で、これによって自動車メーカーはアメリカ(IMSA)、ヨーロッパ(ル・マン)市場において存在感を強めることができ、つまりは「より低いコストで、より大きな宣伝効果を得られる」ということに。

よって、このLMDhとル・マン「ハイパーカークラス」の乗り入れが可能となったことで、一気にこれらへと参加する自動車メーカーが増えているわけですね、

ル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」
【動画】あまりに盛り上がらないル・マン・ハイパーカークラス(LMH)!ル・マン24時間レースが公式で「ハイパーカークラスとはなんぞや」を解説

| やっぱり市販車が出場しないと感情移入ができない |この記事のもくじ| やっぱり市販車が出場しないと感情移入ができない |ル・マン・ハイパーカークラスは最高峰カテゴリハイパーカークラスに参戦する方法 ...

続きを見る

現在このLMDhカテゴリについては、アキュラ、アウディ、BMW、ポルシェ、キャデラックの参加が公式に表明もしくは参加が報じられており、そのうちのいくつかはル・マンへと参戦する見込み。

ただしLMDh規定が導入されるのは2023年からだとされているので、実際にレースが盛り上がるのは2023年以降ということになりそうです。

BMWが20年以上を経てル・マンへと復帰
BMWが20年以上を経てル・マンへと復帰!2023年からハイパーカークラスとデイトナを走り、アウディやポルシェ、フェラーリらと戦うことに

| たしかにBMWのル・マン復帰のウワサはデていたが、まさか本当に参戦するとは |この記事のもくじ| たしかにBMWのル・マン復帰のウワサはデていたが、まさか本当に参戦するとは |BMWは1999年に ...

続きを見る

ランボルギーニは「自社でのモータースポーツ活動を行わない」

なお、今回LMDh規定にてIMSAへと参加することになったとしても、ランボルギーニのシニア・モータースポーツ・マネージャーであるクリス・ウォード氏によると「ポルシェや他メーカーのように、メーカー(ランボルギーニ)としての参加は行わない」。

つまりはメーカーの「ワークス」ではなく「プライベーター」チームへとエンジンを供給するということになりそうですが、これについてはいくつか現実的なプランがあるようで、SRO AmericasもしくはK-PAX Racingを「カスタマー」として参戦する可能性が高い、とも。

lamborghini-huracan-super-trofeo-evo2

参考までに、使用するシャシーは「マルチマチック」になるとも言われていますが、「ダラーラ」でないのはちょっと意外。

ちなみにダラーラは1972年にジャンパオロ・ダラーラによって創業されており、このジャンパオロ・ダラーラはランボルギーニにてミウラの開発にかかわった主要メンバーの一人(フェラーリ、マセラティで経験を積んだ後、ランボルギーニにスカウトされている)。

ただし本人はロードカーよりもレーシングカーに対して強い興味を持ち、そこで「モータースポーツ活動を禁止している」ランボルギーニを去って自身のレーシングカーコンストラクター「ダラーラ・アウトモビリ」を設立しています(近年になり、初の市販車を発表した)。

ダラーラEXP
コーナリング時のGはハイパーカーの約2倍!車重890kgなのにダウンフォースは1250kgという規格外のクルマ「ダラーラEXP」が登場

| 2017年の発売以来、バリエーションを増加させるということは「販売は成功している」と考えて良さそうだ |この記事のもくじ| 2017年の発売以来、バリエーションを増加させるということは「販売は成功 ...

続きを見る

そしてランボルギーニはジャンパオロ・ダラーラの独立後も有効な関係を結んでおり(現在でも、ランボルギーニ公式サイトに「キーパーソン」としての記述がある)、実際にウラカンのレーシングバージョン、「ウラカン・スーパートロフェオ」はダラーラとの共同開発。

ちなみにこのウラカン・スーパートロフェオは、ウラカン発表とほぼ同時に公開されているので、ウラカンの設計にもダラーラが関与していると考えるのが自然かもしれません。

そして、そういったダラーラがLMDhのシャシー供給元として存在するにもかかわらず、マルチマチックを選ぶというのがちょっと「意外」だということです。

ランボルギーニが「ウラカン・スーパートロフェオEVO2」を公開
ランボルギーニが「ウラカン・スーパートロフェオEVO2」を公開!リアはカウンタック風、フロントはシアン風のデザインを持ち、「ガソリン世代の集大成」?

| まさかV10モデルにカウンタック風デザインを採用してくるとは |この記事のもくじ| まさかV10モデルにカウンタック風デザインを採用してくるとは |ウラカン・スーパートロフェオEVO2のボディカラ ...

続きを見る

ランボルギーニはなぜ自社でモータースポーツ活動を行わないのか

なお、上述の通りランボルギーニは自社でモータースポーツ活動を行わないというのがその「主義主張」。

これはランボルギーニ創業者であるフェルッチォ・ランボルギーニが決定したことで、その理由としては「モータースポーツをバックボーンとするフェラーリとの差別化を考え、ロードカーに特化する」ためだというのがよく知られるところ。

しかしながら、ランボルギーニが雇い入れた元フェラーリのエンジニア(”宮廷の反逆”にて追い出された)、ジオット・ビッザリーニがフェルッチォ・ランボルギーニに対し、「モータースポーツが企業をいかに疲弊させるか、そしてフェラーリがどうなったか」を説いたため、フェルッチォ・ランボルギーニが”リソースを消費する”モータースポーツ活動を行わないと決定したという説もあるようです。※フェルッチォ・ランボルギーニは、スーパーカーの製造販売を、自身の趣味趣向からではなく、ビジネスとして行っていた

フェラーリ250GTOやランボルギーニV12エンジンを設計した「ビッザリーニ」の名が現代に復活!中心人物は前アストンマーティン重役

| 日本だとビッザリーニと言われてもピンと来ないが、欧州だと相当に高い知名度があるようだ |この記事のもくじ| 日本だとビッザリーニと言われてもピンと来ないが、欧州だと相当に高い知名度があるようだ | ...

続きを見る

合わせて読みたい、ル・マン24時間レース関連投稿

フェラーリがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」の参戦パートナーにAFコルセを選んだと発表
フェラーリがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」の参戦パートナーにAFコルセを選んだと発表!XXプログラムの車両整備も担当する、いわば「セミワークス」

| まさかフェラーリがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」に参戦するとは思わなかった |この記事のもくじ| まさかフェラーリがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」に参戦するとは思わなか ...

続きを見る

ポルシェ
ポルシェがル・マン復帰にあたって選んだパートナーは「チーム・ペンスキー」!アメリカに強いペンスキー、欧州に強いポルシェが手を組んで世界制覇を目指すようだ

| チーム・ペンスキーは「アメリカのモータースポーツ史上、もっとも成功したチーム」と言っていい |この記事のもくじ| チーム・ペンスキーは「アメリカのモータースポーツ史上、もっとも成功したチーム」と言 ...

続きを見る

参照:RACER

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5