ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

ランボルギーニが「新型カウンタック」ティーザー画像第二弾を公開!どうやらデザインイメージはコンセプトカーの「LP500」であるようだ

投稿日:

ランボルギーニが「新型カウンタック」ティーザー画像第二弾を公開!どうやらデザインイメージはコンセプトカーの「LP500」であるようだ

| ノーズには誇らしげに「Countach」の文字 |

細部を見ても、やはりLP500に通じる要素が伺える

さて、数日前にランボルギーニは「新型カウンタック」を登場させると発表したばかりですが、今回は同社のインスタグラム上にて3枚のティーザー画像を公開しています。

これらを見ると、ベースがシアンFKP37になると言われているものの、明らかに固有のデザインを持っていることがわかり、ビッグネームの復活にふさわしいルックスを持つことになりそうですね。

衝撃!ランボルギーニが「21世紀版カウンタック」をまもなく発表!しかもハイブリッドとなって復活するようだ
【動画】衝撃!ランボルギーニが「21世紀版、新型カウンタック」をまもなく発表!しかもハイブリッドとなって復活するようだ

| ただし112台限定、価格は3億3000万円と言われている |この記事のもくじ| ただし112台限定、価格は3億3000万円と言われている |実際に発表されるまでは、それが「カウンタック」と認められ ...

続きを見る

モチーフは「LP500」?

ランボルギーニは今年が「カウンタック誕生50周年」と述べ、様々なキャンペーンを展開していますが、その「50年」は市販モデルのLP400(1973年)ではなく、コンセプトカーとして発表されたLP500(1971年)にさかのぼってのカウントとなっています。

ランボルギーニ・カウンタックは今年で50歳!1971年3月11日、午前10時に公開されたようだ
ランボルギーニ・カウンタックは今年で50歳!1971年3月11日、午前10時に公開されたようだ。なお、ついに公式にて「カウンタック」の名の由来が語られる

| ボクは今までパオロ・スタンツァーニ説を信じていたが |この記事のもくじ| ボクは今までパオロ・スタンツァーニ説を信じていたが |ランボルギーニ・カウンタックは現在にまで通じる画期的なデザインや構造 ...

続きを見る

そして今回公開されたティーザー画像を見ても、やはり1971年に公開された「カウンタックLP400」をモチーフにしていることがわかります。

たとえばノーズだと、縦スリットに加え「Coutach」の文字。

lamborghini-countach

この仕様を持つのはLP500のみで、LP400以降の市販モデル(下の画像)ではランプが埋め込まれたためかこのCountach文字が消滅しているわけですね(1982年に登場したLP5000S以降では縦スリットも消滅)。

021-05-27 20.55.39
ランボルギーニ・カウンタックは今年で50周年!過去を振り返る4本の動画を公開すると発表し、1本目はデザイナーのマルチェロ・ガンディーニ
ランボルギーニ・カウンタックは今年で50周年!過去を振り返る4本の動画を公開すると発表し、1本目はデザイナーのマルチェロ・ガンディーニ

| 「キング・オブ・スーパーカー」の歴史は1971年、3月11日にはじまった |この記事のもくじ| 「キング・オブ・スーパーカー」の歴史は1971年、3月11日にはじまった |カウンタックの歴史に携わ ...

続きを見る

そしてCピラーを見てみると、数本にて再現されたルーバー状のエアインテークが見え、これもまたLP500の持っていた特徴です。

lamborghini (1)

正確に言うならば、1985年発売のLP5000クワトロバルボーレまでは、この”進行方向に向かって縦方面”のルーバー状デザインが採用されているものの、その後ろが平坦なデザインとなっているのはLP500のみ。

021-03-13 17.13.43

市販モデルのLP500以降はこういったボックス型のダクトが装着されています。

L1100024

そしてこちらは新型カウンタックのリアセクション。

この部分については大きく形状を変更することが難しかったのか、カウンタックに採用される「トンネルバック」ではなく、(シアンFKP37よりも)アヴェンタドールに近い形状を持つ模様。

現代のランボルギーニらしい六角形(ヘキサゴン)を用いており、各パネルの内側に黒い縁取りが設けられています。※エンジンヘッドカバー形状はアヴェンタドールSVJ、シアンFKP37と同じであるように見える

lamborghini (2)

参考までに、こちらはLP500(真後ろから見た画像がない)。

ランボルギーニ・カウンタックは今年で50歳!1971年3月11日、午前10時に公開されたようだ

LP400だとこんな感じ。

L1100031

イメージカラーはホワイト?

そして今回公開された一連のティーザー画像を見るに、イメージカラーにはホワイトが用いられる模様。

ランボルギーニがオフィシャルフォトにホワイトを用いるのは非常に珍しく(ガヤルドLP560-4とコンセプトSくらいしか記憶にない)、しかしこれはランボルギーニ創業者であるフェルッチオ・ランボルギーニ自身が「スタークホワイト」のカウンタックを愛用し、常々「カウンタックはこの色であるべき」と語っていたことに由来するのかもしれません。

【動画】ランボルギーニ創業者が乗っていたカウンタック!「カウンタックはやっぱり白であるべきだ」と語っていた模様

| ランボルギーニ夫人が乗っていたのもまたホワイトのカウンタック |この記事のもくじ| ランボルギーニ夫人が乗っていたのもまたホワイトのカウンタック |カウンタックは「ホワイトであるべき」クラシックカ ...

続きを見る

合わせて読みたい、ランボルギーニ・カウンタック関連投稿

ランボルギーニ「カウンタック」はなぜこの名に?そのデザイナーが47年目に真実を語る

| ランボルギーニ・カウンタックのデザイナーが「カウンタック」命名秘話を語る | ランボルギーニが公式にて、「カウンタックの名称の由来」を公開。 これはカウンタックのデザイナー、マルチェロ・ガンディー ...

続きを見る

ランボルギーニ・カウンタックはなぜ17年も継続生産され、なぜ1989年に生産を終了せねばならなかったのか?

| カウンタックは今でもランボルギーニの精神的支柱でもある | 東洋経済にて、”倒産を乗り越えた!「カウンタック」の神通力”という記事が掲載に。これはカウンタックが17年も製造されたことに焦点を当て、 ...

続きを見る

ランボルギーニのデザイナーが「カウンタックのデザインがいかに完璧であるか」を語る
ランボルギーニのデザイナーが「カウンタックのデザインがいかに完璧であるか」を語る!「プロポーションからディティールまでランボルギーニのDNAが詰まっている」

| 自動車史的に見ても、ランボルギーニ・カウンタックほどアイコニックなデザインを持つクルマはそうそう無い |この記事のもくじ| 自動車史的に見ても、ランボルギーニ・カウンタックほどアイコニックなデザイ ...

続きを見る

参照:Lamborghini(Instagram)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ランボルギーニ
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5